小さな気泡物語

心地よい季節になったので窓を開けていることが多いこの季節。

稲刈りのあとの、世にいう「田舎の香水」の臭いが鼻を突きます。

有機農法が流行りの昨今ですが、昔から稲刈りのあとはこの有機堆肥を撒いて土に栄養を与えます。この臭いを「クサイ~」とクレームをつける人もいるようですが、有機野菜にはかかせない土のためのサプリのようなもの。以前に農家の方に「クサイ臭いがなくなると肥料効果も薄れる」という話をきいたことがあります。お米や野菜が美味しくいただけるなら、数日の臭いなら我慢したいものですよね。


なにごとも生産現場では当たり前でありながら、消費者側では知りえない事実というものがあります。ガラスだってそうです。ガラスにある小さな気泡、キズや異物混入は別として気泡は紛れもない手作りガラスの証の一つです。(時としてマシン制作のものも気泡が入ってますが)粗悪品だから気泡が入るのではなく、ガラスの温度や巻き方によって入る気泡。このガラスの気泡すべてにクレームが入るとガラスの作り手はいなくなってしまうのではないでしょうか。


ちょっぴり大袈裟な言い方になってしまいましたが、夏場の暑い時なら炉から出したガラスとの温度差がまだ少ない季節、これからはその温度差が開くようになります。ガラスを作るのには適した季節到来なのですが、トラブルもでてきやすくなるのも事実です。


名入れペアワイングラス


一生ものの名入れガラスだからこそ、良いものをお届けしたいと思っています。検品にも気を使っております。ただ、国産の職人が作ったガラスを扱う場合、気泡でクレームを入れてしまうと本当にガラスを納品しくれる国内のガラス工房さんがいなくなるかもしれないのです。


キズや異物混入・がたつきはクレームとして真摯に受け止めさせていただきますが、ちょっとしたマキムラや気泡はお許しいただけたらなと思うところはあります。


工芸品の難しいところではあるのですが、それでも名入れガラスを多くの人に届けたいと思ってお仕事をしているので、どうぞ末永く優しい目でお付き合いいただければ幸いです。(花葵の柄をあしらったワイングラスはこちら


自然が教えてくれること

夏の暑さが落ち着くと色鮮やかなものに焦がれる季節の到来です

暑いと木陰を作ってくれるグリーンの葉っぱや、力強い樹木、また逞しい雑草にさえ力強さを見出し、つい見惚れてしまうのですが、涼しくなると赤や黄色の美しさを暑苦しくなく眺めることがで、また秋空とのコントラストさえ楽しむ余裕がでてきますよね。


自然の移り変わりを楽しむ心はとても大事なことだと思います。それは自然に敏感である必要があるのではなく、時を流れること実感できるからです。どんな人にさえ、等しく与えられている1日24時間という時間。ですが、その人の環境や状況により、その時間を長く感じることもあれば、とても短く感じることもあるでしょう。またものごとには寿命があるように、その一瞬を消費して尽きる命もあるでしょう。


人に例えるのは辛くとも、この間までうるさいほどに鳴いていたセミの声はもう聞こえず、今は草陰から聞こえる鈴虫たちの泣き声が盛大です。


薔薇のワイングラス


不謹慎な言い方かもしれませんが、人の寿命もおなじこと。永遠に生き続けると思っていた大切な人がある日突然、遠い世界に旅立っていってしまった。それもなんの予告もなしに・・・。それは決して他人事ではなく誰の身にも起きること。そんなツライ体験をして初めて「もっと話しておけばよかった。」と人は反省するものです。


なのに、時が経てば、また自分の身近な人たちには永遠の命が与えられているがごとく接してしまう。あれほど、セミの声や向日葵たちが限りある時間を教えてくれているというのに。


でも、そうやっていろんなことを忘れたりしながら人は元気にその日その日を生きているのかもしれませんね。自然は、飽きることなく時間の大切さを教えてくれます。ときどきその教えに耳を傾けて、自分の周りを見回すことが自然を愛でる本当の極意なのかもしれませんね。(大切な方に美しい薔薇の花をあしらったワイングラスをどうぞ


美味しいワインを飲むなら。

9月になり、あっという間に涼しくなりましたね。

先日まで「暑い~暑い~」と、うだっていたのがウソのような朝夕の涼しさ。

涼しくなると、気になるのがお洒落に食欲。暑いとついつい涼しい恰好を選んでしまいますが、一枚上に羽織るものを考えるだけで女の子は幸せ気分になれます。そして、喉越しのよいものばかりたべていた夏から、ガッツリ食べたくなる食欲の秋!美味しいものを食べる予定のある晩は、お昼頃からソワソワ。楽しい気持ちになりますよね。


友人や同僚と食べる外食も楽しいですが、毎日食べるお家での晩御飯。これを考え無くして基本的生活というものは考えられません。若い時ならともかく、年齢を重ねると美味しいものを少し、ヘルシーでバランスのとれた食事を大切にしたいもの。腹八分目は大切な生活習慣です。


名入れペアワイングラス


そんなお家ご飯をより美味しくゴージャスにしてくれるのがワイングラスではないでしょうか。もちろん、ワインがあってのワイングラスなのですが、1本980円のワインも 9800円のワインも、美しいマイワイングラスに注げば魔法にかかったような美味に変身です。


最近ではワイングラスも100円ショップで売られるようになりました。イケアにだって、ニトリにだって使い勝手の良さそうなワイングラスが売られています。ですが、そのワイングラスに安いワインを注げばそれなりのお味に、高価なワイングラスを注いでもワイングラスの値段並みのお味にしかなりません。


食事は雰囲気がなにもよりも大切。ここぞという日には特別なワイングラスでワインを傾けるだけで、お家のお食事のグレードが上がります。毎年の記念日に毎年使うワイングラス。夫から妻へ、子供から親へ、部下から上司へ、生徒から恩師へ・・・・特別なワイングラスだからこそ互いを想う心が刻印された名入れのワイングラス。結婚記念祝いに1セット、ご自宅にいかがでしょうか。(ツインハートが刻印されたペアワイングラスはこちら→


商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地