ご両親の結婚25周年のお祝いにプレゼントを贈ろう

カテゴリー: ブログ

記念日の日から遅れても贈ってほしい結婚記念祝い


結婚25周年のお祝い


結婚25周年のお祝い

ご両親に贈る結婚記念日祝い


日々なにかと忙しい時を過ごす学生や社会人。いつもご両親には感謝にしている気持ちに偽りはないけどれど「母の日」や「父の日」のようにスーパーマーケットでさえも、プレゼントの押し売りが始まったり、「クリスマス」や「バレンタイン」のように世の中全体がプレゼントムードになるならともかく、ご両親の結婚記念日って忘れてしまいがちですよね。


ご両親の誕生日はすぐに頭に浮かぶ人がいても、ご両親の結婚記念日まではすぐに思い出せる人は少ないのではないでしょうか。ご両親にしても子供の誕生日のついでに自分の誕生日をアピールすることはできますが、子供に自分たちの結婚記念日を教える機会というのはそうないでしょう。


ご両親にしてみても、結婚当初は結婚記念日にお食事に出かけたりプレゼント交換もしたでしょうが、長い年月の間で出産といったライフイベントで一度逃してしまったら、なかなか復活させることが難しいのも結婚記念日のお祝いです。


なにしろ、自分たちのために祝うのですから照れも長年の生活のなかで照れもあるでしょうし、面倒臭さもあったりするものです。そこで、銀婚式(結婚式25周年)を機にご両親に子供達から銀婚式のプレゼントを贈ってみませんか。毎年贈るものではなく、銀婚式のお祝いの25年の次は5年後の真珠婚式、そして25年後の金婚式以外の結婚記念日祝いというのはあまり一般的なものではありません。


なので、気づいたときは結婚記念日から日数が離れていたとしてもご両親に結婚記念日のお祝いを贈ってみてはいかがでしょうか。


結婚25周年のお祝い

思わず両親が涙ぐむ場面も


当店でも銀婚式のお祝いのプレゼントを扱わせていただく機会が多くありますが、ご利用になられた方の多くのコメントに、「自分たちが思ったより両親が喜んでくれた」という言葉。私もこの親の世代と似たような年齢なので分かりますが、なにやら子供が急に大人になったようで嬉しくて喜んでしまうのです。


もちろん、子供がなにをしてくれても嬉しいのが親ですが、それが親のためにお祝いを選んで贈ってくれたという事実は一生の宝のように感じるものです。もちろん、母の日にはカーネーションや、父の日にお酒など子供からプレゼントをもらう機会がないわけではありません。


でも、夫婦お互いがお祝いしあうものと思っていた夫婦の結婚記念日にお祝いをもらうというのは、なにも子供たちに期待していなかっただけにサプライズと思えて、とても嬉しく思うのです。子供からすれば、友達に贈る誕生日プレゼントの延長のように思うかもしれませんが、親というものはそれが子供の成長の証と考え、また自分たちの子育てに間違いがなかったことの確信となって涙がでるほどうれしくなるのです。


結婚25周年のお祝い

たとえプレゼントが遅れたとしても


ご両親と一緒に住まず、独立された生活をされているのも多いこの世代の子供たち。「両親の銀婚式っていつなんだろう」と、考えたときにはすでに自分の年齢が26歳に。普通は長兄・長女の年齢が25歳未満のご家庭が銀婚式を迎えます。でも、もしだいぶん過ぎていたとしても真珠婚式の結婚30周年のお祝いを未来のお祝いとして贈ることもいいでしょうし、何年か前の銀婚式のお祝いを贈ってもよいでしょう。


特に、真珠婚式祝いも銀婚式祝いもと両方贈る必要はないと思うのです。ですが、どちら一つの結婚記念日に贈って欲しいと思うのは、ちょうどその時期が子供たちが自分たちのもとから独立して新しい家族を自らで作りあげる時期だったり、就職して社会人となる時期と重なっているからです。


その時期はご両親にとっても子育てが終わる時期です。そのことに関してなにかしらのポイントがあるわけではないのですが、子供達からの結婚記念日のお祝いというのは、自分たちの子育てに間違いがなかったということの証と受け取ることもできて、嬉しくなるものです。どうか、銀婚式や真珠婚式にお祝いにご両親にプレゼントを贈ってみてくださいね。


結婚25周年のお祝い

カタチに残る記念品を


銀婚式のお祝いの品は花束やシルバー製品などなんでもいいと思うのですが、ずっと残るものがよいと思います。できればインテリアや食器など、家族全員が揃ったときに目にするようなもの


もちろん、そういった点で名入れの写真立てなどご家族全員の写真を飾ってリビングに置くことができるのでいいプレゼントになると思います。そんな名入れの写真立てをオーダーする際に気をつけていただきたいポイントがあるのでまとめてみました。参考にしていただければ幸いです。


両親にプレゼントする時期はその前後でも問題ない

ご両親の名前を&で結ぶ、その場合自分たちの名前も小さくいれる

The ○○ Familyのように家族の記念品としてもプレゼントしても大丈夫

名前は漢字よりインテリア的な感じでローマ字がおすすめ


いかがでしたでしょうか。まずは、自分たちが実家から独立する時期にあわせてご両親の結婚記念日になにかしらのサプライズなお祝いを考えてみてはいかがでしょう。きっとご両親も喜ばれること間違いなしですよ。


そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、ご自分たちもご家庭を持ち、結婚式でご両親にへの感謝の記念品としてのお祝いを探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、ご家族としての記念品がまた一つ増えますことを心よりお祈りしております。


結婚25周年のお祝い



結婚25周年のお祝い


結婚30周年のお祝いに夫から妻へプレゼントを贈ろう

カテゴリー: ブログ

これからも続くふたりの結婚生活のために


結婚30周年


結婚30周年

結婚記念品をプレゼントする意味


結婚生活30年といえば、お互いが忙しく仕事をしたり子育てした時期も過ぎて、二人で向き合う時間が長くなった頃。いままでの会話といえば、仕事の話しや子育てのことがほとんどだったでしょうが、それよりもお互いがいまなにを感じているかを話す時間も長くなったのではないでしょうか。


いまや結婚50周年の金婚式や60周年のダイヤモンド婚式も多くみられるようになりました。それは、お互いが健康で長寿を迎えることができたという証でもあるかと思うのです。でも、金婚式までもあと20年ある真珠婚式。この時期をどうやって過ごすかがこのあと続く結婚生活の礎になると思うのです。


ちょうど、夫や妻がそれぞれ退職を迎えて熟年離婚の危機もあり得るこの時期だからこそ、いままでのライフスタイルをみなおして、二人で新しいスタイルを作りあげるとき。それまでの人生は仕事や子育てでお互いのことを心配するより、家族全体で二人の関係もみてきたと思います。でも、真珠婚式をきっかけに夫婦の関係をじっくりみなおして共にこれからも歩む気持ちを確かめあうよいチャンスだと思うのです。


結婚30周年

夫から妻へプレゼントを贈る意味


長年の結婚生活には楽しいこともあれば、不満もあったでしょう。でも、それをお互いが口にだしていう時間もなったほど、忙しい日々だったのではないでしょうか。


子供がいる家族にしろ、子供がいない家族にしろ、結局のところ子供が独立すれば夫婦二人だけの生活になるわけです。お互いが感謝しあい、支え合うことを確認することがなによりも大切。せっかくここまで二人で築いてきた家族なのですから、それをより良いものにするためにも「よりよいものにしていこうと思っている」という気持ちを伝えることが一番大切だと思うのです。


私の両親もすでに金婚式を迎えましたが、子供の立場からすればすでに結婚して家を出たあとの実家の様子というのは年に数度しか見ることがありません。家族といえども他人のような視点で見ることも多々ありました。でも、お互いがそれぞれの生活を認め合い、そのライフスタイルを尊重するからこそずっと両親の結婚生活は続いたのだなあと感じることが多くありました。


女性というのはプロポーズも同じですが、男性からの提案を待つものが多いものです。マイホーム購入にしろ、決定権は妻であっても提案は夫から、ということがあるのではないでしょうか。だからこそ、これからも二人で「よりよいものにしていこう」という提案も結婚記念日のプレゼントという形で、夫から妻へ提案してもらえたらとても女性は嬉しいと思うのです。


結婚30周年

絆を確認するプレゼント


結婚生活というのは普段は単調な日々の繰り返しでしょう。子供の進学や就職・結婚、それ以外にお互いの両親の健康や親戚付き合いなどを除けば、お互いが健康で仕事も充実していれば、二人のライフスタイルを見つめ直すことなど必要ないかもしれません。


でも、結婚30周年を迎える年齢になると、毎年の人間ドックの結果も年を追うごとに不安があったり、また定年退職の年齢が近づくとその後のライフスタイルを真剣に考える時期。在職中は、仕事や仕事仲間との遊びに追われ、そんなことを考える時間なかったかもしれません。


でも、実際に「あと、2年で退職かあ〜」なんて具体的な数字が見え始めると不安に感じるのも事実です。そして、その後の生活を一人で設計するより、やはり妻と一緒に設計したいもの。そのための時間は長ければ長いほど、良いと思いませんか。


女性はとかく、そういった先々のことを不安に感じたり、心配したりするものです。「夫は退職したらどうするのかしら」。そんな心配を本人には問えず、友人や新聞のコラムで相談したりと、女性の立場からすれば、母親に近い気持ちかもしれません。そんなとき、本人から「いろいろと考えているから心配しないで」の一言はとても安心するのです。そんな言葉を伝えるタイミングとして真珠婚式祝いのプレゼントは一番よいタイミングなのではないでしょうか。


結婚30周年

真珠婚祝いに贈るプレゼント


真珠婚祝いとえば、その名前のとおり真珠を贈られることも多いでしょう。パールのネックレスに、パールのカフスボタンなど、フォーマルシーンの必需品ですね。


もちろん、そういった名前にちなんだ真珠婚式のプレゼントもお互いの記念になりいいでしょう。でも、せっかくなので、結婚30周年と名をいれたプレゼントを贈ってみませんか。世代的に、お互いの名前を呼びあうよりも「お父さん・お母さん」で呼び合うことが多かったり、少し下の世代のような友達カップルとも違う世代。


だからこそ、お互いの名前の入った結婚記念日プレゼントは新鮮だと思うのです。そんな二人のための真珠婚式の記念品に名入れするときのポイントをまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。


夫婦で贈る場合、お互いの名前は絶対必要ではない

真珠婚という呼び名より結婚30周年が分かりやすい

お互いの名前を入れる場合でも & で結ぶ必要はない

いままでありがとう、これからもよろしくの想いを伝える


いかがでしたでしょうか。この世代になると自分が欲しいものは自分で購入することができます。でも、そうだからこそ、自分の名前をいれた品物を購入することはないでしょう。そんなとき、結婚記念日という節目に自分の名前の入ったプレゼントを贈られたなら、とても嬉しいと思うのです。


そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、無事に真珠婚式を終えられ、おふたり仲良く20年後に金婚式のお祝いを探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、あの時の「これからも仲良く」の一言が嬉しかったと後々思い返せるようなプレゼント が贈れますよう心よりお祈りしております。



結婚30周年



結婚30周年


両親の記念日に兄弟姉妹から贈って喜ばれる名入れギフト

カテゴリー: ブログ

ご両親の記念日に名前入りギフトを贈ろう


記念日の名入れギフト


記念日の名入れギフト

兄弟姉妹からご両親に贈る記念日ギフト


なにかしらプレゼントを贈る機会となる記念日。たとえば、結婚記念日・誕生日・父の日・母の日・クリスマスに、お歳暮・お中元と、挙げればきりがないほどですよね。でも、そういった記念日の贈り物はお互いの関係やお付き合いの潤滑油にもなるし、様子伺いの絶好のチャンスでもあります。できることなら全部にプレゼントを贈りたいけど無理な場合も・・・


例えば、ご両親のなにかしらの記念日。小さいときは「父の日」や「母の日」だけだったのではないでしょうか。それもだんだんと間隔が空き、いまでは節目のお誕生日である還暦祝いや銀婚式・真珠婚式といった結婚記念日だけかも。


でも、それでいいと思うのです。 親子の絆は贈り物などで変わる関係ではありませんから。いっそ、なにもしない方が「便りがないのは無事の便り」と昔から伝えられているくらいです。


そんなご家族関係であっても 数年に一度の節目のお祝いには、なにかしら贈り物を贈りたいもの。そうゆう時に一人っ子なら簡単に自分の想い一つで決められますが、ご兄弟姉妹が多いとなにかと連絡も大変。それでも ご兄弟姉妹で一緒に決めた贈り物というのは親にしてみれば、本当に嬉しい贈り物なのです。どうか、数年に一度と思ってプレゼントしてくださいね。


記念日の名入れギフト

お祝い記念品を1つにまとめるメリット


たとえば、お父様が還暦を迎える年とご両親の節目の結婚記念日、真珠婚祝い(結婚30周年)が同じ年なら それらのお祝いをまとめて1つにしてクリスマスプレゼントや年末・年始、または夏のご挨拶でプレゼントしてもよいと思うのです。お父さまが30歳で結婚したなら、ちょうど真珠婚にあたりますし、その数年前後でもよいでしょう。


その際にお母様が60歳前の57歳が55歳であったとしても一緒に贈ることで、そのお祝いも含めてお祝いできると思います。兄弟姉妹といえども離れて暮らしていると日々の生活だけで大変なことも。いくら Lineやメールなど連絡方法が簡単になったからといって、やはり取りまとめは大変ですものね。


でも、兄弟姉妹で相談して贈られたプレゼントほどうれしいものはないと思います。それは 兄弟姉妹がいまも仲良しで連絡を取り合っているんだという親ならではの安心のプレゼントになるからです。ぜひ、時間を作ってプレゼントしてくださいね。


記念日の名入れギフト

名前入りギフトだからこそできるまとめプレゼント


ご両親への記念日プレゼントは色々あります。家族での食事会や小旅行、名前詩のポエムやリビングに似合うインテリアなど、趣味を知っているご家族だからこそ贈れるプレゼントも多々あることでしょう。


そんななかで名前入りプレゼントをお薦めして、また喜ばれるのは プレゼントをまとめて贈ることができるからです。先ほどのようにクリスマスプレゼントとしてご両親の節目のお誕生日や結婚記念日ギフトを作ることが可能です。


ただ、その際に気を付けていただきたい名入れのポイントがありますので、まとめてみました。参考にしていただければ幸いです。


ご両親のそれぞれの誕生日年は贈る年でなく生まれた年にする

共通のお祝いだけタイトルをいれる

ペアグラスなどそれぞれが使うものを贈る

兄弟姉妹が集まりやすい年末年始、夏季休暇に合わせて贈る


いかがでしたでしょうか。最初にかかせていただいた「ご両親の生まれた年を入れる」は、通常のお祝いであれば、贈った側の記念にもなるように、贈った年をいれます。ですが、お父様・お母様の年齢が離れている場合は、そのまま生年月日でいいと思うのです。親子ですし、そちらの方がしっくりくるかもしれません。また最後の「年末・年始、夏季休暇に合わせて贈る」も敢えて 結婚記念日に宅配したり、誕生日に合わせなくとも、帰省時に渡す方がよいでしょう。一番の親孝行は顔を出すことですから、プレゼントする日は贈る側の都合に合わせることも問題ありません。


そしてこの次にあなたがこのサイトを訪れてくださるときは、ご兄弟姉妹も家庭生活が一段落してお互いが交流しやすくなった時期の誕生日記念品としてお祝いを探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、ご家族の縁が一段と強まりますよう心よりお祈りしております。


記念日の名入れギフト



記念日の名入れギフト


商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地