両親の記念日に兄弟姉妹から贈って喜ばれる名入れギフト

カテゴリー: ブログ

ご両親の記念日に名前入りギフトを贈ろう


記念日の名入れギフト


記念日の名入れギフト

兄弟姉妹からご両親に贈る記念日ギフト


なにかしらプレゼントを贈る機会となる記念日。たとえば、結婚記念日・誕生日・父の日・母の日・クリスマスに、お歳暮・お中元と、挙げればきりがないほどですよね。でも、そういった記念日の贈り物はお互いの関係やお付き合いの潤滑油にもなるし、様子伺いの絶好のチャンスでもあります。できることなら全部にプレゼントを贈りたいけど無理な場合も・・・


例えば、ご両親のなにかしらの記念日。小さいときは「父の日」や「母の日」だけだったのではないでしょうか。それもだんだんと間隔が空き、いまでは節目のお誕生日である還暦祝いや銀婚式・真珠婚式といった結婚記念日だけかも。


でも、それでいいと思うのです。 親子の絆は贈り物などで変わる関係ではありませんから。いっそ、なにもしない方が「便りがないのは無事の便り」と昔から伝えられているくらいです。


そんなご家族関係であっても 数年に一度の節目のお祝いには、なにかしら贈り物を贈りたいもの。そうゆう時に一人っ子なら簡単に自分の想い一つで決められますが、ご兄弟姉妹が多いとなにかと連絡も大変。それでも ご兄弟姉妹で一緒に決めた贈り物というのは親にしてみれば、本当に嬉しい贈り物なのです。どうか、数年に一度と思ってプレゼントしてくださいね。


記念日の名入れギフト

お祝い記念品を1つにまとめるメリット


たとえば、お父様が還暦を迎える年とご両親の節目の結婚記念日、真珠婚祝い(結婚30周年)が同じ年なら それらのお祝いをまとめて1つにしてクリスマスプレゼントや年末・年始、または夏のご挨拶でプレゼントしてもよいと思うのです。お父さまが30歳で結婚したなら、ちょうど真珠婚にあたりますし、その数年前後でもよいでしょう。


その際にお母様が60歳前の57歳が55歳であったとしても一緒に贈ることで、そのお祝いも含めてお祝いできると思います。兄弟姉妹といえども離れて暮らしていると日々の生活だけで大変なことも。いくら Lineやメールなど連絡方法が簡単になったからといって、やはり取りまとめは大変ですものね。


でも、兄弟姉妹で相談して贈られたプレゼントほどうれしいものはないと思います。それは 兄弟姉妹がいまも仲良しで連絡を取り合っているんだという親ならではの安心のプレゼントになるからです。ぜひ、時間を作ってプレゼントしてくださいね。


記念日の名入れギフト

名前入りギフトだからこそできるまとめプレゼント


ご両親への記念日プレゼントは色々あります。家族での食事会や小旅行、名前詩のポエムやリビングに似合うインテリアなど、趣味を知っているご家族だからこそ贈れるプレゼントも多々あることでしょう。


そんななかで名前入りプレゼントをお薦めして、また喜ばれるのは プレゼントをまとめて贈ることができるからです。先ほどのようにクリスマスプレゼントとしてご両親の節目のお誕生日や結婚記念日ギフトを作ることが可能です。


ただ、その際に気を付けていただきたい名入れのポイントがありますので、まとめてみました。参考にしていただければ幸いです。


ご両親のそれぞれの誕生日年は贈る年でなく生まれた年にする

共通のお祝いだけタイトルをいれる

ペアグラスなどそれぞれが使うものを贈る

兄弟姉妹が集まりやすい年末年始、夏季休暇に合わせて贈る


いかがでしたでしょうか。最初にかかせていただいた「ご両親の生まれた年を入れる」は、通常のお祝いであれば、贈った側の記念にもなるように、贈った年をいれます。ですが、お父様・お母様の年齢が離れている場合は、そのまま生年月日でいいと思うのです。親子ですし、そちらの方がしっくりくるかもしれません。また最後の「年末・年始、夏季休暇に合わせて贈る」も敢えて 結婚記念日に宅配したり、誕生日に合わせなくとも、帰省時に渡す方がよいでしょう。一番の親孝行は顔を出すことですから、プレゼントする日は贈る側の都合に合わせることも問題ありません。


そしてこの次にあなたがこのサイトを訪れてくださるときは、ご兄弟姉妹も家庭生活が一段落してお互いが交流しやすくなった時期の誕生日記念品としてお祝いを探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、ご家族の縁が一段と強まりますよう心よりお祈りしております。


記念日の名入れギフト



記念日の名入れギフト


真珠婚祝いに!両親に喜ばれる名入れプレゼントの失敗しない選び方

真珠婚祝いに、両親に喜ばれる名入れプレゼントの選び方


両親の真珠婚祝いに喜ばれる名入れプレゼント


両親の真珠婚祝いに喜ばれる名入れプレゼント

ご両親の結婚記念日はあなたの原点


ご自分のご両親であれ、結婚先のご両親であれ、ご両親の結婚記念日になにかプレゼントしようと考えているあなた。当たり前のことですが、ご両親が結婚されて家族を築き上げたからこそ、いまここにあなたが存在しているのです。


そんなあなた自身の原点でもあるご両親の結婚記念日は、ご両親のお誕生日や「父の日」「母の日」も大切でしょうが、ご夫婦二人揃っ結婚生活を 30年続けられているご両親の記念日にはなにかしらプレゼントを贈りたいもの。


それは、旅行や花束でもいいでしょうし、お食事会やお酒、電化製品などでもいいでしょう。ですが、せっかくプレゼントするならなにかしらカタチに残るものがいいのではないでしょうか。 このプレゼントは真珠婚式のお祝いに子供たちが贈ってくれたなんて、友人が訪問してくれたときに、さりげなく自慢する両親の姿。お正月やお盆の帰省時のたびに あのときの真珠婚祝いのプレゼントは大切に使っているよと話してくれる両親。親というものはいくつになっても自分の子供を自慢したいものなのです。自分たちのために子供たちがなにかしらプレゼントしてくれたことは、他人に自慢したくなる一つのネタ。さりげなくご両親が誰かに話したくなるような真珠婚祝いのプレゼントを贈ってみてはいかがでしょう。


両親の真珠婚祝いに喜ばれる名入れプレゼント

父母に贈るのではなく、ひとりの社会人としてその先輩へ


結婚記念日とあなたの年齢がそれほど違わないなら、ご両親二人だけの結婚生活は短かったのかもしれませんね。子供が生まれるとあっという間に夫婦というより両親となってしまいます。お出かけするレストランも子供も同伴で行けるような場所。乗る車もツーシートではなく、ワンボックスカーのように、そのライフスタイルが激変してしまいます。ですが、それは楽しいことでもあり、幸せな時間でもあったはずです。


結婚30年を超える頃になったいま、子供たちも成長し、逆に夫婦二人だけの生活が戻ってくる時期でもあります。ぜひこの機会に あなたが知っている父母としての両親にはではなく、ひとりの大人から大人の両親へプレゼントしてみてはいかがでしょうか。


ご両親との関係は、一生変わることのない親子の関です。ですが、子から親にプレゼントするということはなにかしら特別な意味を持ちます。生まれたての笑顔に始まり、両親の似顔絵、学校での成績や進学など、自身が知らず知らずのうちにご両親を喜ばせたいと思ってとってきた行動はたくさんあると思うのです。そして、いまこうやってご両親への真珠婚祝いのプレゼントを探していることもその行動の一つだと思うのです。


ですが、いままでは自分が子供という立場からご両親を喜ばせていたことがほとんどでしょう。でも、もしいま あなたが社会人であるならひとりの大人として大人を喜ばせてみるのはいかがでしょうか。その意味で名入れのプレゼントではご両親をお父さん・お母さんではなく、それぞれのご両親のファーストネームで彫刻することが多いでしょう。それは父母にではなく、ひとりの大人に贈る意味もあると思うのです。


両親の真珠婚祝いに喜ばれる名入れプレゼント

新たな夫婦生活の理想のカタチ


結婚生活30年を記念して子供がなにかしら真珠婚祝いのプレゼントを贈ってくれたなら、それだけでそのご両親の夫婦像は理想のカタチになっていることでしょう。ですがこれからは金婚式、結婚50周年に向かって、子供なしであらたな夫婦のカタチを築き上げてゆくスタート地点に立っているはずです。


ご両親が結婚した頃に手探りでいまの生活スタイルを作ったように、いままたあらたに手探りが始まった時。だからこそ、お二人でともに使えるものを贈るのが一番よいと思うのです。どんなことでもトライ&エラーがあるように、すぐに答えが導きだせないのがライフスタイル。またなにが正解でなにが間違いかも人それぞれです。


でもどんな時も子供が望むのはご両親の仲の良い姿ではないでしょうか。そんな思いからペアで使えるお茶碗やお箸を真珠婚祝いに贈るのもよいのではないでしょうか。昔から夫婦茶碗といってお揃いで揃えるアイテムでもあります。でも、昔とライフスタイルが違いますよね。おしゃれなペアのワイングラスやペアグラスなどもいいですよね。もしあなたの将来の夫婦像の姿にあなた自身がワイングラスでお祝いしている姿があるならペアのワイングラスはおすすめかもしれません。


両親の真珠婚祝いに喜ばれる名入れプレゼント

真珠婚祝いは、自分たちの独立宣言。


独立宣言といえば、大袈裟に聞こえるかもしれませんが、結婚後もご実家に頼る新婚ご夫婦は多いのではないでしょうか。ましてや、子供が生まれると、ご実家のご両親に頼りたくもなりますよね。もちろん、私も子供が小さい時はよく両親に子供を預けて気晴らしに外出していたものです。


また、ご両親にしてみてもかわいい孫の面倒をみることは楽しい時間でもあると思います。だからこそ、感謝の心を忘れずに育児などは手伝ってもらうようにしなくてはなりません。その感謝の心の現れの一つに「お礼」があると思います。他人であれば、当たり前のことが自分の両親となるとついついその甘えがち。私自身もそうでしたが「両親も喜んでやってくれているのだから」という気持ちがありました。


でも、実際は親の時間を拘束することにもなってしまうわけですから、感謝の想いは忘れずにいたいですよね。真珠婚祝いのイベントのようなお祝いこそ、その感謝の想いを伝えるのに絶好のチャンスなのです。プレゼントを贈ることは心の潤滑油にもなります。それだけ、贈る相手のことを気にかけているという証のようなものといえるでしょう。だからこそ、普段お世話になっているなあや、これからも義理のご両親や実のご両親とスムーズな付き合いをして行きたいと感じているなら、結婚30周年のお祝いは忘れずに贈りたいものですね。


両親の真珠婚祝いに喜ばれる名入れプレゼント

ご両親の真珠婚祝いに名入れプレゼントを贈る時に注意したい4つのポイント


真珠婚祝いは、結婚30周年の節目のお祝い、結婚記念日は毎年続いてもメジャーなお祝いとなれば次は結婚50周年の金婚式となるでしょう。だからこそ、忘れずにプレゼントしたい真珠婚祝いのプレゼント。よく真珠という名前からパールのネックレスやネクタイピンを贈る方もいらっしゃいますが、ここでは名入れされることを前提としたプレゼントの選び方の注意点を書かせていただきますね。


両親の真珠婚祝いに喜ばれる名入れプレゼントご両親が誰かに話したくなるようなプレゼントを贈る

両親の真珠婚祝いに喜ばれる名入れプレゼント自分が大人として贈るからこそ、両親のファーストネームを彫刻する

両親の真珠婚祝いに喜ばれる名入れプレゼント自分たち夫婦の未来と重ね合わせて、ペアアイテムを贈る

両親の真珠婚祝いに喜ばれる名入れプレゼントプレゼントは心の潤滑油、両親といえども感謝の心を忘れずに


いかがでしたでしょうか。結婚生活も30年となると、ほとんどの持ち物は揃っていると思います。そういったご家庭でもし、両親のファーストネームが入った名入れアイテムがまだないのなら、絶好のプレゼントチャンス。ぜひ一度名入れプレゼントに挑戦してみてはいかがでしょうか。思いもよらなかったプレゼントにご両親がびっくりしたお顔を想像しながら、楽しく選んでくださいね。


そしてこの次はご自身ご夫婦の結婚記念日のお祝い探しにこのサイトを訪れていただければ幸いです。この記事がご両親が笑顔になるプレゼント選びのお役に立てることを心よりお祈りしております。


両親の真珠婚祝いに喜ばれる名入れプレゼント



両親の真珠婚祝いに喜ばれる名入れプレゼント


プレゼントに最適!名前入りギフトの失敗しない選び方5選

失敗しない名前入りギフトの選び方


失敗しない名前入りギフトの選び方


失敗しない名前入りギフトの選び方

名前入りギフトが喜ばれる理由とは


日本には欧米と違い「贈り物文化」があります。例えば、欧米はボディーランゲージが得意で、自分の感情を相手にアクションで伝えますが、日本では「察する心」というものが良しとされる風潮があります。最近流行った「忖度(そんたく)」などもその一つですね。


もちろん、欧米もクリスマスシーズンなど贈り物をする習慣はありますが、日本はお年賀に始まり、お中元やお歳暮、結婚祝いや出産祝いなど、それらが文化と呼ばれるほどルールやマナーも多種多様にあるのです。


お互いのコミュニケーションツールとしての役割も持つ贈り物。贈られることも多く、贈ることも多くあることは、それだけ人脈も広くコミュニケーション能力も高いということではないでしょうか。また、 どのようなものを贈るかでその人なりの姿も成り立つのではないでしょうか。


あなたは「カタチに残るギフト」と「現金」ならどちらを贈られる方が嬉しいでしょう?もし、「現金でもらうほうが嬉しい」と思うなら現金やギフトカードをお包みしてプレゼントすればいいでしょう。でも 自分では買えないような贈り物がいいと思うなら、その候補に「名前入りギフト」をお薦めします。


自分の名前の入った品物を買うのは大人だとどうしても「照れ」があります。私も以前「包丁」を名前入りで自分用に買ったのですが、個人的には嬉しくとも、なぜかしら購入時には照れてしまいました。そしてそれは使うたびに「照れ」てしまいます。これが誰かからの贈り物だとそんな「照れ」はないと思います。そして、贈ってくれた方の顔を思い出して嬉しい気持ちで使えると思います。なので、「名前入り」なら、やはりギフトでいただくのが一番良いのです。


失敗しない名前入りギフトの選び方

プレゼントシーンで約50%の人が使ってる名前入りギフト


ファーストネームだとなぜか照れてしまう日本人ですが、実際には約50%の贈り物が名前入りギフトだという調査結果があります。昔から日本では「熨斗」に自分の名前を書いて贈っていました。それはお返しをする上で、誰からいただいたものかを特定するために便利だったといわれています。


他にも開院記念に出身大学の名前が名前入りされた時計や花瓶が病院に飾られたり、結婚祝いの引き出物にも新郎・新婦の名前が名前入れされたお盆や袱紗などが使われたりしています。実は 日本人は名前入りギフトが好きなんでしょうね。


名前入りだと子供の持ち物のように思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、日本人は昔からその名前に意味を持たせています。アルファベットの1文字ずつに意味はありませんが、日本語の漢字にはそれぞれが持つ意味があるのはなんとなくお分かりではないでしょうか。また、ご自身の名前に託された意味を考えたことがある人は多いと思います。


それほど、名前を大切にする文化は、どこかで「贈り物文化」とシンクロしているかもしれませんね。


失敗しない名前入りギフトの選び方

喜ばれる名前入りギフトとは


名前入りギフトといっても名前入りできるものはたくさんあります。例えば、布製品であるバスタオルや洋服、陶器である茶碗や湯呑み、ガラスのワイングラスやフォトフレーム、木製のお箸やトレイ、他にも時計やキーホルダーなどギフトになりそうなものなら、ほとんど名前入りすることができるでしょう。


それだけ贈り物として オリジナル性が高く需要が多いということでしょうね。また、以前と違って技術の進歩により名前入れする時間も短縮することができ、加えて配送も便利になって簡単に名前入りギフトを買うことができるようになりました。


だからこそ、その種類の多さに戸惑ったり、 手軽だからこそ名前入りギフトを間違って買ってしまうこともあるのではないでしょうか。次では名前入りギフトをオーダーする際に注意してほしい点をご紹介します。。


失敗しない名前入りフォトフレームギフトの選び方

手軽に買えるからこそ、名前入りギフトを失敗しない5つの方法


どんな名前入りギフトであったとしても次の5つを注意していただければ、失敗しない名前入りギフトを購入することができます。


名前入りされる位置やフォントの種類が選べる

刻印前に確認することができる

ラッピングなどで追加料金の発生しない

プレゼントする家の雰囲気にあったものを選ぶ

プレゼントを渡したい日までに刻印してくれる


いかがでしたか?これらを参考にして ぜひあなたらしい名前入りギフトを贈り物に選んでくださいね。そしてまたいつの日か、名前入りギフトを贈りたくなったら、このサイトを覗いていただければ幸いです。この記事があなたの大切な方への贈り物選びにお役に立てますことを、心からお祈りしております。



失敗しない名前入りフォトフレームギフトの選び方


失敗しない名前入りフォトフレームギフトの選び方


商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地