両親に贈る真珠婚祝い

カテゴリー: ブログ

家族を持って初めて分かること

真珠婚祝い


真珠婚祝い

結婚記念日は家族記念日


ご両親が結婚30周年を迎える頃、子供たちは20代後半。ほとんどの方が学校を卒業し、家庭を持ち始める頃ではないでしょうか。また、ご両親にとって孫が誕生したなら、里帰り出産や初節句など、育児でもいろいろお世話になっている頃。


そんなご両親に感謝の気持ちをこめて結婚祝いを贈ってみませんか?結婚記念を祝うのは夫婦間が一般的ですが、結婚25周年や30周年など節目の結婚記念日には、ご両親に結婚記念祝いを贈りましょう。結婚記念日は家族がスタートした家族記念日です。そんな家族の大切なメンバーだったあなたから結婚記念日祝いをプレゼントされたならご両親も嬉しいはずですよ。


真珠婚祝い

当たり前を続けること


家族生活を続けて行くことは、だんだんと難しくなってきました。当たり前のように夫婦を続けているご両親たちにもそれなりの苦労があったはず。それでも二人仲良く暮らしているということは、とても理想的なこと。


世の中で一番大変なのが当たり前ということ。その当たり前を少しでもできていたなら理想の近づいているといえるでしょう。ダイエットだって、食べないことが当たり前なのに、ついつい食べて減量できないわけですから。


そして、あなた自身も家庭を持ったならその苦労が少しは分かるはず。その苦労を知ってこその結婚記念日祝いはご両親にしてもとても嬉しい贈り物ではないのでしょうか。


真珠婚祝い

いつか自分たちも祝われる立場に


「子供を授かったから離婚しなかった」という夫婦はたくさんいます。結婚30周年を迎える頃になると、子供も独立し、夫婦の絆は夫婦二人で作り上げて行くようになります。その絆のお手本を示してくれるのもご両親です。


それは、若い夫婦にとってまだ遠い先のことでしょう。ですが、いつか「両親は結婚記念日をこんな風に過ごしていたな」と思い出す時がくるかもしれません。自分が育った家庭環境ほど自分を培っているものはありません。だからこそ、独立してもご両親を敬い記念日は大切にしたいものですね。


いつまでも理想の夫婦でいて欲しいと願いを込めて 真珠婚祝い


結婚することで、夫の両親、妻の両親と二つの家族を親しいお付き合いをするようになります。夫婦や家族の在り方に正解はありません。ですが、参考にすることはできます。理想の体型や行動パターンなど、好きなタレントさんを真似することはありますよね。そんな風にご両親を俯瞰してみてみませんか。自分たちが描く理想が見えてくるかもしれませんよ。そんなご両親に贈る結婚記念日祝いに刻印するポイントは


タイトルは Wedding Anniversaryなど。

お名前は、ファーストネームで。

日付は、今年の日付と結婚記念日。


いかがでしたか。好き嫌いを好まず、両親とは体質が似ていたり、クセが同じだったりするものです。それは年齢を重ねるたびに増えてきます、。ふと鏡に写った自分の顔が親に似ていてびっくりすることはありませんか。クセや性格は自分では見出しにくいですが、他人がみると一目で分かるもの。だからこそ、ご両親の夫婦生活をじっくり学びましょう。それを良しとするか、否とするかは別問題なのですから。


真珠婚祝い


真珠婚祝い

ご両親の真珠婚祝いにあなたからのお祝いメッセージを贈ろう。

カテゴリー: ブログ

仲良く暮らすことの大切さ

真珠婚祝い


真珠婚祝い

子はかすがいという言葉


「子はかすがい」という言葉をきいたことはあるでしょうか?かすがいとは材木と材木とをつなぎとめるために打ち込む、 両端の曲がった大きな釘のことで、長年連れそった夫婦でも時にはうまくいかないことがあります。そんな時、縁を繋ぎとめる役割を担った子どものことを「かすがい」に例えて使われる言葉です。


もともとは古典落語の演目からできた言葉で、幼い子供が酒癖が悪く妻に愛想をつかれた大工の父親を母親との縁を取り持つ話ですが、取り持つ子供が幼いため、この「子はかすがい」の言葉を嫌う人もいるようです。


なにぶん、古典落語の世界の話なので、そこまで反応しなくともと思ったりするのですが、それほど夫婦仲というのは当人同士にしかわからない微妙な問題なのでしょうね。


真珠婚祝い

妻がでていった話もある。


そんな「子はかすがい」の古典落語の歴史は古く、明治初期には妻だけが働きの悪い夫の元を去り、息子と父親で暮らすという設定だった時代もあるようです。


その設定はほとんど現代では使われることはないようですが、当時は夫婦が分かれたときに男の子は父親につくという慣習を踏んだものだそうです。落語といえども時代の流れを読み取って演じられていたということですね。


この古典落語ができた時代は人生60年頃ではないでしょうか。いまでは人生100年時代。結婚生活もそれに伴い長くなりました。この演目の子供や両親がもっと年配者として演じられるときがくるかもしれませんね。


真珠婚祝い

長い時の間に不仲なこともある。


どんな船旅だって 順風満帆の楽しい航海ばかりではなく 波が高いときもあれば、荒れ狂う嵐のようなときもあるでしょう。結婚生活も同じで、同じ船にのっているのが家族ならば その嵐で揺れる船にのる家族全員が悪い船酔いをします。


そんなとき 舵をとることに専念している両親にすべてをまかせきるのではなく、同じ船に乗り込んだ一人としてそんな両親をサポートするのが子供の役割ではないでしょうか。


それは 子供は笑っているだけで可愛いという年齢から一歩進んで 「お互いの気持ちを労りあおう」と提案する立場です。そんなサポートができるようになった子供がいると思うだけでご両親は心強く思うことでしょう。


真珠婚祝い


どんなことも普段からの準備が大切です。ご両親の仲が決定的に不仲になる前に ちょっとしたサポートがあれば それは回避できることかもしれません。


人生が長くなったからこそ、結婚30年を迎える頃はなにかと先々を考えてご両親はお互いに進むべき道を模索する年代。子育ても終わり、この先の二人の過ごし方を真摯に考え始めるころです。そんな時だからこそ、子供からのアドバイスは貴重なもの。ご両親の結婚祝いに大人なアドバイスを添えてプレゼントを贈ってみませんか。


真珠婚祝い


真珠婚祝い

結婚30周年のご両親に贈るワイングラス

カテゴリー: ブログ

子供から大人になった私達が贈る両親への結婚祝い

真珠婚祝い


真珠婚祝い

親にとって子供はいつまで経っても子供


もしこのページを読んでいるあなたが20代後半なら、ご両親は50代後半、ご両親が結婚して30年頃でしょうか。ご両親が結婚された頃も昭和から平成へと時代が移り変わり、1990年代は2000年のミレニアムに向かって不安と希望が入り混じっている時代でした。


でも、どれほどの時が経とうとも、時代が平和であれ不安であれ、ご両親にとって子供は永遠に子供です。 ご両親が別々に暮らしたり、それほど仲がよくないように見えたとしても、子供であるあなたに向ける愛情には一点の曇りもないことでしょう。


でもあなた自身はご両親からすれば子供でもすでに学生生活を終えて社会人や家庭人としてひとり立ちし、頑張っているのではないでしょうか。ご両親の心配さえそんな必要はないと心の奥で思っているかもしれませんね。


真珠婚祝い

親だって成長する。


ご両親にとってあなたは永遠の子供ですが、ご両親は大人として成長をとげた30年でした。特に家庭人、社会人として責任も大きくなり、否応なしにしっかりとしてきました。その大きな要因はあなたを通して社会に参加したことでしょう。


昔から「子育ては自分育て」といわれるように、特に初めての子育てはなにもかもが手探りで自分よりも大切な存在に気付く年月だったことでしょう。また、社会人としても 部下を持つ管理職へと変わってきたり、自分で仕事を始めたりと 学生時代とは違う価値観を求められ 戸惑いながらも家族のため、あなたのために頑張ってきた年月でした。


誰も子供が生まれたからといって親にすぐなれるわけはありません。その戸惑いを子供は小さいからわからないだけで本当は日々プレッシャーとの戦いと感じるほど大変と感じる人もいるのです。でも、子供が成長するように、親だって身体的には変わらずとも心は成長します。その心の成長が今のあなたやご両親自身を支えているのです。


真珠婚祝い

成長から成熟の時代へ


すでに大人になったあなたの身長はここ数年伸びていないでしょう。ご両親も心の成長期が終わり、より成熟した年代に入ってきたはずです。それが、結婚30周年頃になるかと思います。


以前は子供と同じだけの食事をとっても平気だったご両親が油ものを控えたり、あっさりしたものを好むようになってきていませんか?親にとってあなたがいつまでも子供のように、あなたにとってもご両親は変わらない存在です。でも、確実にご両親は身体的には守りの時代にはいってきました。それは子供のあなたにはわかることなく、ご両親自身が感じる変化です。


でも、そんな成熟した生活はとても上質なものです。以前なら子供に壊されてもいい食器を使っていたものをブランドものの食器に変えたり、流行を追う洋服からより機能的な洋服に変えたり、家具だって若い時にかった一生モノと思って買ったはずのものがもうワンランク上にあがったり。そうやって生活を楽しむことが成熟したご両親の生活のベースとなっているはずです。


真珠婚祝い


そんなご両親への結婚30周年のプレゼントにブランドのワイングラスはいかがでしょうか。ビールよりもワインを好む人が増えてくる50代。ワインも高価なものがたくさんありますが、ブランドのワイングラスはワインを飲むたびに使ってもらえます。


きっとワインを口にするたびに ご両親はあなたの思い出話に花を咲かせることでしょう。それがご両親二人の生活に彩を添えると思うのです。あなたが実家に帰ったときに、ご両親の生活が上品になっていると感じたら、ご両親の結婚記念日にブランドのワイングラスを贈ってみませんか。きっとそのあなたのセンスの良さにご両親も嬉しく思うはずですよ。


真珠婚祝い


真珠婚祝い
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
088-695-4489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地