開店祝いには間に合わなかったけど。

カテゴリー: テーブルランプ , ブログ

友人のサロンが開業したら贈りたい開店祝い


開店祝い


開店祝い

毎日多くのお店がオープンして行く。


毎日通る駅までの商店街の道筋のお店のなかの一つに「閉店のお知らせ」という張り紙がありました。達筆の文字で書かれた縦書きのその手書きの張り紙の内容は、お父さんの代から続いていた理髪店を自分が体調を壊したことをキッカケに閉店するという内容。近所の商店主のおじさんたちが通っていたのでしょうか。閉店を申し訳なく思う店主の言葉が綴られていました。


大手のデパートや百貨店でさえも、閉店することがめずらしくなくなってきた時代。また逆に同じお店なのに、年がら年じゅう「新装開店」を広告に載せているお店。みんなお店を続けるためにたくさんの努力をしています。


でも、世の中は閉店するお店と同じように新しく開店するお店もあります。その商店街の道筋には、新しく「美容鍼(ハリ)」のお店ができました。鍼灸師さんが打ってくれる鍼ですが、健康のためというより美容のためという美容鍼。新しい職種が増えると新しいお店も増えるというものです。



開店祝い

マンションの一室や共有スペースでの開業も。


私が通っている整体は、3棟ぐらい建っている大型マンションの一室です。特に看板があるわけでもなく、口コミで人気の整体です。ベットは1つだけで、その整体にたどり着くまでにマンションの住人の人たちと顔を合わせたりします。


また、ホットペッパービューティ片手にスマホのアプリ地図でたどり着いたネイルサロンは、それまたマンションの一室でした。逆にいえば、別にお店というのは商店街のなかになくとも、コンビニのような広い駐車場がなくとも、仕事としては成り立つわけです。でも、だからこそそういった立地条件で開業した人は、一生懸命営業の努力をされているのではないでしょうか。


春は開業のご案内をいただくことが多い季節です。行きつけの美容室の担当の方が独立されて自分のお店を持つようになったとか、モノを売るお店というよりもサロン(ネイルやエクステ)やジム(ヨガやピラティスなど)のようなプライベートサービスのお店はきっと昔より開店数が増えているのではないでしょうか。



●

頑張っているオーナーさんにこそ贈りたい


小さなお店のオーナーさんこそ、お客様と密接につながって、よりよいサービスを提供してくれていると思うのです。私が通っている整体の先生もそれはそれは勉強熱心でセミナーやら勉強会など出かけては、いろんな知識を吸収してかみ砕いて私に教えてくれます。


そんなサービス業のオーナーさんに出会ったなら、開店早々ならぜひ開店祝いを贈ってよいお客さんになってみるのも楽しいのではないでしょうか。開店祝いでなくとも 開業1周年や3年といった節目に開店祝いを贈るのもよいかも。そんな小さなお店だからこそ、自分たちのお店のためにも、またお客様のためにもと一生懸命サービスを提供してくれていると思うのです。 そこには普段支払う施術料金以上のなにかが得られると思うのです。


開店祝い

開店記念日でなくとも普段のサービスのお礼に。


誰だって、気持ちよくしてくれることは嬉しいことです。ネイルを塗ってくれている時もネイリスト自身が自分の話ばかりするのではなく、美容の悩みの相談ごとにのってくれたり、またそういった関係までになっていると美容以外の困りごとの相談にものってくれたり。それはネイルだけでなく、整体や理髪店・行きつけのコーヒーショップや飲み屋さんといった顔馴染みとして通うようなお店の店主と結んでおきたい関係ですね。


それはお店のためではなく、自分自身がより気持ちいいサービスを受けるためのお布施のようなものだと思ったりもするのです。そんな開店・開業祝いに贈るならお薦めはテーブルランプです。ランプには先を見通すといった日々営業に不安を持つ店主さんにこそ贈りたい意味合いがあるのです。そしてそんなランプに名入れするときのメッセージを上げてみましたので参考にしていただければ幸いです。


Congratulations on ○th anniversary!(○周年記念、おめでとうございます!の意味)

I wish you all the best of success!(今後ますますの成功をの、意味)

Congratulations on ○th.(○周年おめでとう、の意味)

I will hope for your success!(今後のさらなる発展をの意味)


いかがでしたでしょうか。もちろん、お店の名前や開店した日付がわかればそれを刻印すれば、よりオリジナリティが生まれるでしょう。また、贈った当初だけでも飾ってくれるのが 気の利いた店主さんですよね。レジ回りやカウンター、またはトイレのなかやエントランスなど飾っていただけそうな場所を想定して贈るのもよいですね。



そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、開店・開業早々からご贔屓にしてたお店が二号店を出すことになったり、開店10周年といった節目の年まで、よりよいお付き合いが続き、あなた自身もずっとよいサービスが受けることができて、その御礼もかねてお祝いの品を探しにきてくだされば幸いです。



開店祝い



開店祝い


友人・知人の独立開店・開業祝いにプレゼントを贈りませんか。

カテゴリー: ブログ

大変だろうけど、頑張ってほしい願いをこめて


開業祝い


開業祝い

夢をカタチにしたあなたへ


長年お勤めされてその技術をもって開店・開業へ!とても勇気がもらえるストーリーですね。普段ご飯を食べに行っているご飯やさんのシェフも、ラーメン屋さんの大将だって そうやって自分の道を見出してお店を開いたのだなあと思うとスゴイなあと思います。


オープン後に繁盛するかしないかは別として、一国一城の主なわけですから頭が下がる思いです。私も小学生ぐらいまでは「お花屋さんになる!」というのが口癖でしたが、お花屋さんから「早起きできないとお花屋さんにはなれないよ」といわれて早々に挫折しました。


大人になると、その開店・開業までに挫折してしまいそうなことは山のようにあったことでしょう。でも、それらをクリアして開店・開業されたのですから、その「だれかのために」という想いはステキだなと思います。そんな夢を叶えた友人・知人が近くにいたら開店・開業を祝ってプレゼントを贈ってみませんか。


開業祝い

お店の大きさよりも夢の大きさ


自分自身は公務員の両親に育てられたので、お店を開くことに対して不安と抵抗しかありませんでした。ですが、ご商売人さんのお家で育った方なら、そのハードルは低いかもしれませんね。


でも、いくら低いとはいえどんなことも、絶対成功するという保証はないものです。たとえ、どれだけ大きなお店を開いたとしても海図のない海に航海にでる気分ではないでしょうか。それでも、やはり航海にでる姿には憧れと尊敬の念をもってしまいます。


私自身もお店を開いて約20年がたちますが、やはりオープン当初の不安は強かったことをよく覚えています。それは今でも続く不安でもあるのですが、20年もすればそれはお勤めの人も同じ気持ちという風に思えるのですが、当時は「明日はどうなるのかな」とそんな気持ちでした。


そんなとき、起業・開業を手伝ってくださった仲間や友人からの「なんとかなるよ」のメッセージがとても心強かったことをいまでもよく覚えています。そんな人が不安になっている時こそ、カタチに残るプレゼントが力を発揮するとき。なにかしら、カタチの残るプレゼントをあなたも贈ってみませんか。


開業祝い

繰り返し眺めるもの


よく初心忘れずべからず言葉が持ち上げられますが、これは「物事に慣れてくると、慢心してしまいがちであるが、はじめたときの新鮮で謙虚な気持ち、志を忘れてはいけない」という意味だそうです。


開業始めや開店始めは、その志が鋭くまた、自分自身でも熱い意志を持って突き進むものです。ですが、やはり人は疲れてきたり、忙しくなるとどこかしらでその最初の気持ちが褪せることはあるものです。


そういったときに自分は「こんな気持ちでお店を始めて、オープンも友達に応援してもらったんだ」という色褪せない記念品が近くにあると、そんな気持ちが褪せたときも上手にコントロールできるというものではないでしょうか。


人生も商売もよいときばかりではありません。悪い時も良い時もあるのが世の常です。でも、その悪い時こそ、良い時のイメージを忘れずに続けていこうと思うことが大切だと思うのです。だからこそ、開店当初だけに使ってもらう気持ちではなくて、ずっとお店の傍らにあるお店の「初心」のようなプレゼントをあなたの手で贈ってみませんか。


開業祝い

風化しないプレゼント


よくお店に貼られている有名人の色紙。色褪せたものもあり、ちょっと寂しいですよね。お店というのは照明や日光もお家より格段と入ることがあり、紫外線でものが劣化しやすいものです。ずっとお店に飾っていただけるものなら、一目に触れても風化しない素材のものを選びたいですよね。


その点ガラスは埃がついても拭けば新品になりますから、記念品としてよく使われるアイテムです。また、ガラスという透明感がお店のインテリアを邪魔しないということもあり建築業者さんからも施工記念として使われることが多い品です。


そんなガラスに名入れするときに質問される点をまとめてみました。参考にしていただければ幸いです。


お店の開店日をいれる

お店のロゴとよく似た書体で名入れをする

タイトルは、祝 開業(開店)もしくは Congratulations!で


いかがでしたでしょうか。開店・開業祝いは、その時だけの贈り物というよりもずっとお店に飾っていただくという考えで贈られてもいいし、まずはその開店当初の「志」を忘れないための友人として贈られてみてはいかがでしょうか。



そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、開店・開業されたお友達店が繁盛店となり、そのお祝いを探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、あの時の贈り物がずっと心の支えだったと喜ばれるようなプレゼント が贈れますよう心よりお祈りしております。



開業祝い



開業祝い


開店祝いに、名入れのプロが教える名前入りギフトを選ぶコツ

カテゴリー: ブログ

開店祝いに、名前入りギフトを贈ろう


開店祝いに名前入りギフト


開店祝いに名前入りギフト

開店祝いに名前入りギフトが喜ばれる理由


開店祝いといえば、すぐに思いつくのは胡蝶蘭や鉢植えされた観葉植物。どれも、その地で根付くようにと願いを込めた縁起ものの贈り物ですよね。ほかにも開店当初はお祝いのお客さまも多いのでお茶菓子や茶器、時計といった事務所やお店に必要なものを贈られる方が多いのではないでしょうか。


ですが、それは新築祝いも同じことなのですが、 人の目に触れるところには、自分のセレクトしたものを置きたいと思うのはお店の開店や事務所開きでも同じこと。スタイリッシュな設計事務所なら洗練されたインテリアを、つい手を出してしまいそうになるパン屋さんなら温かみのあるプレートを飾ってほしいもの。そこにはオーナーさんらしさが出ているはずです。


そんな開店祝いなのに、なぜ名前入りギフトが喜ばれるかというとそれは会社名や店舗名はそのオーナーさんが一番考えて抜いて決めたものだからです。どんなものも、その名前があっていろんなことが決まってきます。だから名前入りのギフトは出産祝いのごとく、喜ばれるのです。


開店祝いに名前入りギフト

一生懸命に考えた名前に込める想い


人の名前であろうと、会社の名前であろうと必ず名づけ親のような存在はいます。それが占い師であれ、士業のように自分の名前をいれなくてはならないような名前であれ、そこにはなにかしらの強い意志が込められているはずです。 その意志をくみとり、賛同した方たちがお客様になるのですから、名前はとても大切なものです。


そんなお名前の入った開店、開業祝いを贈られたなら誰しも嬉しくなるはずですよね。ましてや開業年・開店年が入っているとそれだけでそれは歴史を語る品になるはずです。そして、そんなプレミアムな品を贈ってくれたあなたのことをきっと忘れないでしょう。


開店・開業するにあたり、またそのお祝いをする人はなにかしらご縁があってのお祝い品を贈る関係になります。例えば、事務所の先輩や後輩が独立した、またその店舗の設計にあたり自分の事務所が担当したなど、開店・開業に伴いご縁が切れてしまう関係ではない方が贈られることが多いのではないでしょうか。


事務所の師弟関係なら独立後も面倒な案件ではお世話になることもあるかもしれないし、施工業者ならリフォームとまではいわずともメンテナンスでお世話になる可能性だってあります。そんな引き続きのご縁の証としても、名前入りギフトは喜ばれる記念品なのです。



開店祝いに名前入りギフト

一番乗りで贈りたい名前入りギフト


お店の名前というものは、最初は印鑑程度しかなくとも、封筒や看板・制服や紙袋などいろいろ増えてくるものです。ですが、最初は本当に印鑑と看板しかないものです。だからこそ、開店・開業当初に名前入りギフトを贈ることが喜ばれるのです。そんな名前入りギフトを名入れする際に気を付けるポイントがありますので まとめてみました。参考にしてみてくださいね。


名入れするものは紙やガラスなど存在感が強くないものがよい

少なくとも開店・開業年はいれる

明るい言葉のメッセージなどをつける

お店のイメージにあった書体で名入れをする


いかがでしたでしょうか。3番目の明るい言葉のメッセージは「Best Wishes(幸福を祈って)」や「Shining Future(光輝く未来を)」などが望ましいでしょう。これが数年経つと、感謝のメッセージがよいと思うのですが、開店当初はできるだけ明るい言葉がよりのではないでしょうか。また、4番目の書体も業種のイメージもありますから、その業種にあったものがいいと思います。士業なら楷書体の方が手堅い感じがして安心できますものね。


そしてこの次にあなたがこのサイトを訪れてくださるときは、開店して10年、節目のお祝いの品を探しにふたたび訪れていただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、ご商売繁盛の記念となるような幸運をよぶお祝い品 が贈れますよう心よりお祈りしております。


開店祝いに名前入りギフト



開店祝いに名前入りギフト


商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地