ビタミンカラーのテーブルランプ

秋は行楽の季節ですね。

楽しいイベントは、計画するだけでもワクワクしてたのしい心持ちにしてくれますよね。秋はお天気もいい過ごしやすい季節。スポーツに芸術、美術館巡りやハイキングなど、遠出をするのも苦になりません。


でも、イベントが毎週のように続くとさすがに身体には疲れが残るもの。そのうえ、急激な気温の変化が起こりやすいのも秋のお天気の特徴です。体力に自信のある方でも、無理は禁物。夏の疲れも併せてでてくるときもありますから、用心したいものですね。


ビタミンカラーのテーブルランプ


楽しいイベントはそれが始まるまでもワクワクとした心持ちになり、そのイベントが終わってしまうとどっと疲れが出たりするものです。学生時代の学園祭や体育祭、発表会や秋祭りなど、楽しい思い出とともにその後の身体の疲れを思い出す人もいるのではないでしょうか。


そんな時は夜寝る前のホットミルクやいつもより長めのお風呂など、少しの心と体のケアで疲れは取れやすくなるものです。もちろん、疲れが蓄積すればしっかりの休養が必要でしょうが、たのしいイベント後の疲れは休養というよりもほんの少しの自分へのケアが一番の薬。


お風呂や栄養以外にも、揺らぎ効果のある灯りを眺めたり、ほのかな灯りの温もりをかんじることは目や心を休める効果があるそうですよ。


日常生活ではかかせなくなったスマートフォン。今や生活の必需品ですが、そこから流れてくる情報の洪水や視覚を刺激する明るさは、疲れた身体に負担をかけます。かといって、そんなとき、視線を手元のスマートフォンから部屋の片隅に置いたテーブルランプに変えるだけで気分も変わり、疲れも出にくくなるのではないでしょうか。ビタミンカラーのテーブルランプ。そんなランプをお部屋に一つ。ご自分用にもおすすめのテーブルランプです。(ビタミンカラーのテーブルランプはこちらから→山吹柄


新しいランプが仲間入り

秋といえば、行楽のシーズン。そのうえ運動会や発表会に・・・

というのはもう昔の話で、今は大学も世界基準にあわせて「秋入学」を実施している学校もあるとか。就職も春に学校を卒業しておきながら、外資系では「秋入社」も増えているようです。


そんな話を聞くと、それは一部のことだろうと思ったりしますが、その昔インターネットをしていた人たちも一部の人たちであって、youtube をみている人も一部でしたが、今や憧れの職業になるほどに。


一歩先の情報を知ることは これからの時代に大切な力なのかもしれませんね。


ブルースターなランプ


若いということはそれだけで可能性を秘めているものです。何事も力量の差こそあれ、ある程度の経験がなければ芽はでてきません。若いということはすでにその経験を積む時間的余裕があるというだけで、スターになる可能性は十分あるということです。


でも未経験だからこそ、不安はつきもの。ましてや自分の可能性を信じて進める若い人は少数のような気がします。本当に人の可能性って不思議なもので自分に「可能性がある」って信じることができることのはある種の才能だと思うくらいです。


そんな人の可能性を見抜く力があるのは、その分野の経験者ではないでしょうか?たとえば、中学生からみれば、小学生が九九を覚えるのがいかに大変かもわかるし、また必ず覚えられるとも思えるし。自転車を乗ることだって、縄跳びを飛ぶことだって、経験のない分野だとそれは果てしなく大変なことに思えるけど、マスターしたものにすれば「なんとかなる」と思えるもの。


「可能性がある」って、「なんとかできる」に近いものがあると思うのです。その「できる」ことを伝えてあげるのはとても大切なこと。仕事であれ、勉強であれ、一歩前行く人からその「できる」と思う心を形にしてプレゼント。そうやって心にバトンを繋いで行けたら 仕事も勉強も楽しくなるはずですよ。(心のバトンとともに渡したいブルースターのテーブルランプ→こちら



言葉の代わりに送る

夏休みも終わり、いろんなことが平常に戻ってくる季節。

暑い時期はなぜかしら心が浮足だったり、逆に夏バテ、日焼けがコワい、と言い訳をつけてはクーラーのついた部屋に居ついてしまったり。でも、気候がよくなるとお出かけしたくなるのは、夏の反動かもしれませんね。


昔から農作物の収穫を祝い、地域単位で行われてきた秋祭り。日中は暑くとも夕方になれば肌寒くさえ感じるこの季節。稲刈りのあとの鼻をくすぐる匂いとともに、お祭りが気になりだします。


夏の盆踊りのようなアクティブなお祭りというより神様に感謝する意味合いを強く感じる秋祭り。私の住んでいる地域でもお神輿の準備や子供達の舞の稽古など、夕方になるとそれを練習する音が聞こえてきます。また子供が幼い頃、そのお祭りで催された獅子舞を見て子供が大泣きしたことをこの季節なると懐かしく思い出します。


テーブルランプ


そんな子供も、この4月から一人暮らしを始めてそろそろ半年です。夏の暑い時は陽も高く、夕方になっても明るかったのが今ではあっという間に暗くなり、肌寒ささえ感じる気候に。一人で家に帰るのは淋しくないかなと不安に思ったりします。


もちろん、田舎と違って街中は夜中でも明るいほどの街灯が灯されていることでしょう。ですが、部屋の中まで明るいわけではなく、日中の気温を取り込めていない一人暮らしの部屋は底冷えしないかと心配したりします。学生と違い昼間に家にいることのない社会人。たとえ 疲れていても翌日も同じ時間に出勤しなくてはいけない社会人。自分が社会人であることは、慣れもあり苦でもなんでもないのですが、新社会人にとっては初めての秋。まるでテレビ番組の「はじめてのおつかい」のように心配してしまいます。


コンビニでもどこでも買えるようになったお米やお野菜、それでもこの季節には新米を送って季節の変わりを伝えたい。そして手紙なんか書かなくとも、少し暖のとれるテーブルランプを一緒に添えて。いつまでたっても親は子供を心配してしまうのです。(笑)お薦めのテーブルランプはこちらから



最近の記事

カテゴリー

シーン別

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地