結婚式で使ってほしいサプライズギフト

カテゴリー: ブログ

結婚式の感動をいつまでも

結婚祝い


結婚祝い

結婚式は人生の最大イベント


人生において感動するイベントの一つに結婚式があります。結婚した本人はもちろんのこと、新郎、新婦のスピーチで感動したり、ご両家・両親の想いに涙したり、友人のお祝いメッセージに湧き立ったり、それは二人だけのイベントでなく 自分たちに縁のある人が一同に会したイベントであるからこその感動です。


ほかにも学校の卒業式や自分の子供が生まれたこと、会社で昇進したことなど、数えれば多くの感動シーンがあるでしょう。でも、そのなかでも結婚式は二人で支え合ってこれから生きて行くという誓いの儀式。また多くの友人や親類、縁者に囲まれ、自らが主役となるイベントだけに、人生のなかでも最大級の感動シーンでしょう。そんな感動はいつまでも忘れずにいたいものですよね。


結婚祝い

理想の結婚式とは


最近は結婚式を挙げずに入籍だけで済ます人も増えてきました。一時期の派手婚より落ち着いて自分たちらしい結婚の儀を選ぶ選択肢が増えたのはよいことだと思います。


でも、新婦の両親なら娘の晴れ姿は一目みたいもの。晴れの日に自分らしく着飾った娘の姿を見ることは 女の子を持つ両親なら一つの理想でしょう。そんな両親のためにウェディングドレスを着るのも親孝行のカタチ。本当に縁の深い人たちの前で誓う結婚の儀こそが理想の結婚式といえるでしょう。そんな結婚式こそ、一生忘れずにいたいものですよね。


結婚祝い

感動を忘れないために


どれほど感動したとしても翌日にはその想いは半減してしまいます。例えば 映画でどれほど号泣したとしても数年もすれば、泣いたことは覚えていてもその感動理由はさほど覚えていないでしょう。


でもそれとは対照的に、幼い頃体験した経験が年を老いることに鮮明に懐かしく思い出されることがあります。それは 何度も脳裏にその記憶を自分自身で蘇らせるからです。なので、多少なりとも本当の経験が自分の都合のいいように脚色されていることもありますが、記憶を蘇らせる回数が多いほど思い出は鮮明になるのです。


感動も同じことです。その感動を想い起こさせるトリガーとなる記念品を手元に置いておくこと。そして それをみるたびに自分の一番感動した結婚式を思い出すのです。そうすれば、結婚の日に誓った「二人で幸せになる」約束も色褪せることなく、いつまで心の底で願うでしょう。


感動を思い起こさせる記念のシャンパングラス 結婚祝い


トリガーとなる記念品は自分たち自身で揃えてもいいし、ご両親や友人からの結婚祝いでもよいと思うのです。最近では、利便性を計ってなんでもカタログギフトやご祝儀でお喜びを伝えることが多いですが、それでもなにかしらカタチになるものがあれば嬉しいものです。生活に絶対必要というほどでもないけど あれば嬉しい品。そして結婚式当日もその品が写真に写り込んでいるもの。ペアのシャンパングラスはそんな結婚祝いに最適のお品です。そして、そのグラスに刻印するポイントは


タイトルは Happy Wedding。

お名前は、新郎&新婦。

日付は、結婚式の日。


いかがでしたか。結婚は人生の最大イベントです。それはふたりでプロデュースする最初のイベントだから。挙式の場所や衣装、料理などいろいろ比較検討して準備して行ったことも後々幸せな思い出となるでしょう。その一つのゴールが結婚式当日。そんな結婚式当日に使ったお品をなにか一つ、新居にも連れ帰りたいものですね


結婚祝い


結婚祝い

入籍を決めた二人に贈るワイングラス

カテゴリー: ブログ

二人の出会いに乾杯!

結婚祝い


結婚祝い

二人を祝福する気持ちをカタチに


最近は入籍だけで結婚式を終える人も増えてきました。コロナ禍で披露宴も開きにくい状況が続き、そういったシンプルは結婚式も流行っているようです。ひと昔前に海外挙式が流行ったように、結婚式のカタチにもいろいろ選択肢が増えてきました。


いずれにしても、結婚は喜ばしいことです。友人の吉報を聞いたなら、お祝いを贈りたいものですね。披露宴に招待されたならご祝儀を贈るのが一般的ですが、友人主宰の結婚パーティならみんなで一緒にお祝いの品を贈るのも喜ばしいことです。みんなの二人を祝福する気持ちをカタチで届けたいものですね。


結婚祝い

結婚後も大切にしたい友人との絆


結婚後も続く友情はとても大切です。結婚すると家事や仕事、育児に追われ友人との時間が疎かになりがちです。もちろん、二人の時間を大切にするのも重要なことですが、友人との絆は結婚後も深く結んでおきたいもの。いざという時の友人の存在ほどありがたいものはありません。結婚を機に、その絆が薄れることのないようにしたいものですね。


それは、結婚祝いを贈る側の友人も同じこと。自分自身がすでに既婚で在った場合、その結婚する友人との時間を大切に取っていますか?お互いが結婚したことで、新たな家族同士の付き合いが始まります。そんな記念として、結婚祝いを贈るのもいいですね。


結婚祝い

家族ぐるみでの新たなお付き合いに。


結婚前から友人と家族ぐるみのお付き合いができることは、本当に幸せなことです。豪華な結婚披露宴パーティより、毎年友人家族と一緒に過ごすBBQや花火大会、ちょっと遠出のドライブや海水浴、ハイキングなど、自分たち家族だけよりもはるかに楽しいイベントになります。


そんな友人家族はお互いが結婚したことで より深く結びつきます。それを引き合わしてくれる最初が結婚パーティだったりします。だからこそ、結婚祝いをカタチに残し、自分たちの出会いの記念にしましょう。そして、薄れることのない友情の証として大切な思い出の品となる結婚祝いを選びたいものですね。


友人の結婚祝いにペアのワイングラス 結婚祝い


毎年の結婚記念日に二人で使っていただきたいペアのワイングラス。当たり前のように古い記憶は錆びてゆきます。だからこそ、毎年祝うことでその思い出を呼び起こしたいもの。結婚式の思い出は二人だけの出来事でなく、その周りの友人たちの思い出も一緒に思い起こされます。だからこそ、カタチに残る結婚祝いが大切なのです。そんな結婚祝いにお薦めのペアのワイングラスに刻印するポイントは、


タイトルは。Happy Wedding など

お名前は、新郎&新婦。

日付は、結婚した日や入籍日。


人生のなかで数多くの友人たちと巡り合うことでしょう。でも、結婚や引っ越し、転勤であっという間に疎遠になってしまう友人たちもたくさんいるでしょう。そんななかで、学生時代からの友人はとても大切です。実家に帰った時だけに会うや一年に一度、年末にしか会わないという友人もいるでしょう。それでも細く長く友情を続けることで、それがなによりの財産と思う時が来るかもしれないのです。友情はすぐには築けないもの。そして儚いもの。だからこそ、結婚生活と同様、大切に守り育てたいものですね。


結婚祝い


結婚祝い

自分たちに贈る結婚記念祝い

カテゴリー: ブログ

幸せになることを願って

結婚祝い


結婚祝い

親としての役目を終える時


結婚式で新郎、新婦がご両親に今まで育ててくれた感謝を述べる場面、感動的ですよね。ご両親も涙を流して喜んでいるシーンをよくみかけます。ですが、内心は過去を振り返ることよりも、無事に挙式が終えられることや、招待客に失礼はないかなど新郎、新婦に対して心配ばかりしているのでは。


親とはずっとそうやって子供の心配ばかりするもの。結婚してくれて、肩の荷が下りたと思ってはみても、次は新居での隣人関係や孫のことが心配になるものです。昔のように、そういったことを言葉にしていうことは少なくなりましたが、心配のタネは今も昔も変わらないものです。


そんな時こそ、言葉のアドバイスより幸せを願う結婚祝いを自分たち夫婦に記念として贈ってみませんか。そういった贈り物は一つの心の区切りにもなると思うのです。親としての役目を終えたことを祝って自分たちに結婚祝いを贈ってみましょう。


結婚祝い

無事に育てあげた自分へのお祝いとして


子供のエピソードは今よりも幼い時の方が鮮明に覚えているのが親ではないでしょうか。オリンピック選手を会場で見守るご両親も、今のハードな練習より、その競技を始めた頃の泣き虫だった顔ばかり思い出して感極まっているはずです。


子供たちの人生のハレの場での姿をみて どれほど子供が立派に成長しようとも、本人でさえ覚えていない小さい時の姿が脳裏を過るはずです。だからこそ、ハレの場での子供たちが大人になったことをたたえて、お祝いしましょう。


それは子供たちをお祝いするのではなく、無事育てあげた自分自身へのご褒美でもあるのですから。


結婚祝い

新たな家族としてのお付き合いに


結婚したことで、子供たちも自分の家族を持つことになります。いつまでも子供であることに変わりはないのですが、それでも、結婚を機に一人の大人としての付き合いが始まります。


それが大変だったことは経験してきた自分自身が一番わかっていること。それと同時にその大変さを見守る大切さを知っています。昔のような嫁姑問題が減ったのは、その見守ることの大切さを知っていからこその減少といえるでしょう。


そうやって結婚した子供だけでなく、親も子供の結婚を機にステップアップします。そんな結婚記念を自分たちに贈ってみませんか。


子供たちの幸せを願う結婚記念祝い 結婚祝い


記念品というものは有っても無くてもいいものですが、気持ちの整理をするのに役立つ品物です。これからは大人として付き合っていこう、とその時は強く思っても気持ちが揺り戻されることもあります。そんな時、記念品がカタチとして頭によぎったなら、その想いも強く心に蘇ってくるものです。カタチがあるからこそ強い力がある。それが記念品なのです。そんな結婚記念品に刻印するポイントは


タイトルは。Sweets are Forever など

お名前は、&で結ばなくともOK。

日付は、挙式日がベスト。


いかがでしかた。最近は結婚披露宴を行わず入籍だけで済ます結婚も増えてきました。親としては気持ちの切り替えが難しい場合もありますよね。そんな時、結婚記念品を自分たちに贈るだけで気持ちが切り替わることもあります。自分への贈り物は買うのに勇気がいるもの。でも、その勇気がいつか自分を助けることもあるかもしれませんよ。そんなお守りみたいな役目も記念品にはあるのです。


結婚祝い


結婚祝い
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
088-695-4489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地