米寿祝いで伝えたい家族からの感謝の気持ち

カテゴリー: ブログ

米寿祝いができる幸せ


米寿祝い


米寿祝い

平均寿命が延びたとはいえ。


日本人の平均寿命は女性が87歳前後、男性が80歳前後だとか。男女平均で84歳。それから考えると、家族で米寿のお祝いを迎えることができるのはなんと幸せなことでしょう。


なにごともアベレージを超えることは大変な事。ましてやお祝いをできる環境にあるということは、ご本人はもとよりご家族としての在り方も素晴らしいということ。世の中には米寿のお祝いを迎えるつもりでいても、迎えられなかった方も多くいます。


私の義父も亡くなる前日まで 病気の兆候一つ見えず元気そのもので畑仕事をしていましたが、翌朝には帰らぬ人となっていました。他人から考えれば大往生の年齢でしたが、家族にすれば、「あれもしとけばよかった、これもすればよかった」と後悔ばかりが残るものです。


米寿のお祝いは子供や孫・ひ孫も集まれるよい機会。せっかくの長寿のお祝いですから、家族みんなでお祝いしたいものですね。


米寿祝い

末広がりの八並び


米寿は米という文字を分解すると八十八となり、末広がりの八が並ぶことで縁起のいいお祝いだといわれています。その2年後の90歳のお祝いを卒寿といいますが、これは卒という文字が九と十から成っていることからきているとか。


日本人になじみが深いお米も想像できる米寿のお祝い、90歳の卒寿まであと2年だからと考えずに、米寿のお祝いをしたいものですね。もちろん、ご家族が離れて暮らしている場合はそう簡単に集まれるものではないでしょう。ご家族もそれぞれ独立した家庭があるならなおさらのこと。ですが、お正月やお盆などの帰省時に合わせてお祝いしてもよいのではないでしょうか。


ただ、その折りには美味しい食事などはすでに年末・年始など用意されているので、別に米寿のお祝いのプレゼントをご用意することをお薦めします。また、他のご家族一緒の帰省の都合がつかないときも家族一同と記した名入れのお祝いなどをご用意してプレゼントすれば、家族みんなからの気持ちが伝わるのではないでしょうか。


米寿祝い

その笑顔が誰かと似ている


ご家族同士のお祝いの席がにぎわうのが、家族のだれかが似ているということ。初めて会った遠い親戚のおじさんと自分の後ろ姿が似ていたり、若い時は似ているとさえ思わなかった親と自分の顔が似てきたり、また自分のなにかの仕草がおじいちゃんやおばあちゃんと似ていたり。


それは友人同士や会社同士の関係では見つからない血の繋がりの不思議。またそれは外見だけでなく、行動にも現れたりするものです。クシャミの仕方が同じだったり、嫌いな食べ物が同じだったり。


そんなエピソードを一番知っているのはお祝いの主役であるおじいちゃん・おばあちゃん。初めて聞く話もあり、また何度も聞かされる話もあり、でもそれは家族だからの楽しいエピソード。そんな会話の場を作れるのも米寿祝いというお祝いの席があるからではないでしょうか。


米寿祝い

米寿祝いにちなんだ贈り物


家族皆が揃わない場合でも 米寿のお祝いのプレゼントを一つにまとめることでその気持ちを伝えることができると思うのです。日々忙しい暮らしのなかでそういったプレゼント探しは大変かもしれません。ですが、毎年のお誕生日と違った米寿のお祝いには、カタチに残る名入れプレゼントを贈ってみませんか。米寿祝いで多い感謝の気持ちをこめた名入れメッセージをまとめましたので 参考にして頂ければ幸いです。


祝 米寿 名前 日付 一番多い名入れパターンです。

Thank you as always(いつもありがとう)米寿に続けても大丈夫

To the best Grandpa(Grandma)最高のおじいちゃん(おばあちゃん)へ

Love and gratitude! (愛と感謝をこめて!)

Thanks for cherishing me (大切にしてくれてありがとう)


いかがでしたでしょうか。米寿のお祝いの一つ手前は80歳の傘寿のお祝いとなります。80歳といえば最近ではまだ若々しいイメージが強いですよね。でもその後の8年の間の歳月は、体力的に厳しくなる時といえます。卒寿(90歳)を待たずして、米寿祝いをご家族全員でお祝いしてくださいね。


そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、米寿を無事迎えられてから12年後の百寿のお祝いを探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、あの時の家族みんなの贈り物はとても嬉しかったよと喜ばれるような米寿祝いのプレゼント が贈れますよう心よりお祈りしております。



米寿祝い



米寿祝い


新年祝いで紡ぐ絆作りの名入れギフト

カテゴリー: ブログ , 未分類

家族の絆作りに大切な年末・年始のご挨拶


長寿祝い


長寿祝い

年末・年始の手土産に名入れギフトが喜ばれる理由


暮れも押し迫ると気になるのはクリスマスの準備に大晦日、お正月の準備。主婦なら年越し蕎麦やお年玉の用意と普段と違った月替わりに大忙しなのではないでしょうか。そんな準備の一つにお年賀のご挨拶があります。


通常、お年賀の挨拶はご自宅に伺うのがマナーです。もちろん、仕事の都合や遠距離などで一概には決まっていませんが、お歳暮を送っていない方に対して少しの手土産をもってご機嫌伺いをすることです。一番に思いつくのが実家の両親や嫁ぎ先の里なでではないでしょうか。昔は会社の上司のお宅や習い事の先生などということもありましたが、今はご両親宅への訪問がほとんどでしょう。


お子様が小さい家庭では、そこでお年玉という風習に触れることにもなりますし、普段離れて暮らしている兄弟姉妹との集まりの場ともなります。帰省ラッシュなどで2〜3日ずらして帰った方が楽だとわかっていながらも、お正月やお盆に合わせて帰るのはそういった久しぶりの家族との交流もあるからではないでしょうか。


そんなときの手土産で喜ばれるのは人が集まる年始・年末だからこそ小分けのできているお菓子や普段めったに買うことのない高級なお茶や食材、また玄関先を彩るお花などもよいかもしれませんね。


ですが、迎える新年にちょうどご実家や嫁ぎ先のお里の親御さんが節目の誕生日を迎えるなら、そのお祝いも新年に祝うのもよいのではないでしょうか。祝いごとは前倒しで行うことはよいこととされています。たとえば新年の夏や秋に 還暦や喜寿といった節目のお祝いがあるなら、その年のお正月にお祝いしてもよいでしょう。


そして、そんなお祝いのプレゼントとして喜ばれるのが名入れギフトです。なぜなら、お菓子やお花ですと新年からお誕生日まで日数があると日持ちしませんん。また、お誕生日の日付が刻印されていないものですと、「なんのお祝いでいただいたのかしら」なんていうことにもなりかねません。日数があるからこそ、残るお祝いプレゼントを贈ることが大切なのです。


長寿祝い

絆が作る円滑な人間関係


どんな人でも自分のことを覚えてくれてると思うと嬉しいものです。覚えていてくれているというのは、気にかけてくれているという証。特になにかをプレゼントされたり、お祝いしてほしいわけではなく いつも忘れずに頭の片隅で思っていてくれるというのはとても嬉しいものです。


でも、日々忙しいのは事実であり、きがつけば記念日から1日過ぎ、2日過ぎ、、、だんだんと足が遠のいてしまうのも事実。決して忘れているわけではなく、照れもあり疎遠になったりもしてしまいます。でも、そんなときこそ、クリスマスやお正月、お盆に前もってプレゼントをしていれば気が楽だとは思いませんか。また、記念日の後であっても、宅配するのではなく顔を合わすお正月やお盆に手土産でわたせば、それで記念日が遅れてのお祝いでもよいと思うのです。


実際、記念日をお祝いしてもらう本人より、わざと忘れているわけではなくタイミングが合わなくて記念日をお祝いできなった方が精神衛生的にはよろしくないものです。自分のためにもお祝いは早く済ませておきたいものですね。


長寿祝い

新年だからこその新たな誓いとして


昔からお正月には初詣や書き初めなどで一年の誓いを立てたものです。私も何度かお正月早々からの日記に挑戦しては三日坊主で終わっていたりしたのですが、それでもなにかしら新年には心に誓う気持ちを持つものです。


そんななかで円滑な人間関係を築きたいと思うなら、今年からは大切な相手にプレゼントを贈りましょう。もちろん、お祝い当日でもよいのですが、まずは覚えていてまた覚えていることを照れずに行動すること。それが一番大切。どれほど大切に思ってもなにもしなければ なにも思っていないのと変わらないことだってあります。なにも言わなくても分かるというのは一昔以前の考え方。いまや手紙から電話、そしてメールからLineやSNS、そして宅配も頼んだ翌日には届くほど気軽に使えるようになりました。


ただ、名入れギフトは製作するのに時間がかかるものもあります。言い換えれば、思いついたけど贈るのが遅れてしまうのはそのプレゼントの製作に時間がかかったという経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで名入れギフトのオーダーの際に気をつけていただきたいポイントをまとめましたので参考にしていただければ幸いです。


出来上がり日数を確認する

プレゼントラッピングが対応可能か確認する

メッセージカードなどが添えられるか確認する

支払い金額等が先方にわからないようになっているか確認する

配送元がお店からではなく送り主宅になっているか確認する


いかがでしたでしょうか。とくに4番目の支払い金額については、お店によっては納品書とつける場合があるので、必ず金額の分かるものが入っていないようにお願いしておきましょう。また、最後の配送元も配送伝票に送り主の自宅住所や電話番号があると、プレゼントを受け取ったときのお礼の返事するのに便利です。できればお店に確認しておきたいものですね。


そしてこの次にあなたがこのサイトを訪れてくださるときは、新年祝いを贈られたお宅の方がさらなる長寿を迎えられ、ふたたびお祝い探しに訪れていただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、絆が強まるお祝いのお品 が贈れますよう心よりお祈りしております。


長寿祝い



長寿祝い


孫から祖父母に贈る米寿祝いに、絶対喜ばれる名入れプレゼントの選び方

カテゴリー: お気に入りグラス , ブログ

米寿祝いに絶対失敗しない名入れプレゼントの選び方


米寿祝いの名入れプレゼント


米寿祝いの名入れプレゼント

両親と一緒ではなく孫から贈るということ


小さいときにお世話になったおじいちゃん、おばあちゃん。今は離れて暮らしていたとしても元気でいてほしいもの。今は88歳といっても元気なおじいちゃん・おばあちゃんはたくさんいます。ですが、やはり体調に変化はつきもの。節目の長寿のお祝いはかかさず行いたいものですよね。


そんな米寿のお祝いで名入れプレゼントを贈るとき、ぜひとも名入れしていただきたいのは孫の名前です。通常の名入れプレゼントに贈る方のお名前を刻印することは推奨しません。


ですが、米寿祝いのお祝いは家族一同という一括りの刻印ではなく、贈られる方ご自身のお名前を刻印していただきたいのです。それは、幼かった孫が立派に成長してお祝いの品を贈るほどになったという祖父母への報告にもなるからです。


私自身の家族も子供が小さいときは義父母に保育所の送り迎えから幼稚園の発表会への参加、晩御飯やお風呂など多々手伝ってもらいました。仕事をしていると、そういった育児の助けは本当に有難いものでした。


いま、おじいちゃん・おばあちゃんの長寿のお祝いになにかしら贈ろうと考えている方は、記憶は薄れていても幼いときにおじいちゃん・おばあちゃんに色々と面倒をみてもらったのではないでしょうか。


中学生になる頃になると、自立心も芽生え、祖父母の世話なしに生活を送れるようになった人も多くいるでしょう。ですが、それでも祖父母に見守られているという安心感は、両親との存在とも違う、なにかしら大きな温もりがあったと思います。


そうやって接してきてくれた祖父母に一人の社会人として贈り物をすることは、おじいちゃん・おばあちゃんにとって嬉しいことだと思うのです。またご両親もそんな姿をみてきっと嬉しくなるはずでしょう。


なので、ご両親から「おじいちゃん・おばあちゃんの88歳の米寿のお祝いをしたいのだけど」という連絡がきたなら、親まかせにせず、ぜひともご自身でプレゼントを用意してみてはいかがでしょうか。



米寿祝いの名入れプレゼント

名入れプレゼントだからできる大人アピール


米寿のお祝いとなれば家族での会食や旅行、また体調を考えて記念品としてお花や身の回り品などプレゼントには事欠かないでしょう。最近では名前の頭文字をとって詩にする名前詩や似顔絵、名入れ品も湯呑みや茶碗・お箸にお酒などたくさんあります。


でも、それらへの名入れはおじいちゃん・おばあちゃん自身の名前を刻印する品がほとんどなのです。米寿祝いといってもおじいちゃん・おばあちゃんは自分たちが長生きして孫や子の成長を見守れたことがなにより嬉しいのではないでしょうか。


そう考えるなら、ご自身の名前が刻むことができるガラスの写真立てや名入れできる時計やランプなどのインテリアなどがよいかもしれませんね。また、孫自身の名前でなくとも「家族一同」や「親族一同」など贈る人の名前を刻めれるものが望ましいでしょう。


米寿祝いの名入れプレゼント

両親も喜ぶ孫から祖父母へのプレゼント


88歳ともなると体調を崩しているおじいちゃん・おばあちゃんもいるかもいらっしゃることでしょう。外出が難しくお祝いの席など設けにくいこともあるでしょう。本当ならお顔を見せるだけでも米寿のお祝いになるでしょうが、離れて暮らしているとなかなかそうゆう時間を持つことも難しいかもしれません。


そんな体調を崩した祖父母にはご自身のお父さんやお母さんがお世話をされているご家族もあるのではないでしょうか。親の面倒をみるのは子の務めでもあります。そうはいっても精神的に疲れるのも事実です。そんな時、自分の子供が自分の親にプレゼントを贈る姿は介護の励みにもなり、また誇りにもなることでしょう。


米寿祝いのプレゼントは単に祖父母だけを喜ばすものではなく、祖父母の周りにいる人々にも心の安らぎを与えます。その意味は贈る時には分からないとしても時間が経てば感じることではないでしょうか。


米寿祝いの名入れプレゼント

米寿祝いに名入れプレゼントを贈る時に気をつける3つのポイント


いくら平均寿命が延びたとはいえ、88歳を無事迎えられることは素敵なことです。本当に心からお祝いし、またずっと元気でいてほしいと願うものです。だからこそ、そんな気持ちを託す名入れプレゼントへの刻印の注意すべき3つのポイントをまとめてみました。


米寿祝いの名入れプレゼント孫から祖父母に贈るなら孫の名前を刻印する

米寿祝いの名入れプレゼント日付は西暦より和暦が望ましい

米寿祝いの名入れプレゼント酢家族一同や親族一同と刻印するのもOK!


いかがでしたでしょうか。長寿のお祝いは60歳以降、還暦祝い・古希祝い・喜寿祝い・傘寿祝いとありますが、長寿にともない、実際に長寿祝いとなるは80歳を超えた傘寿祝い・米寿祝い、そして卒寿祝い・百寿祝いとなります。あとから悔やんでもお祝いすることができないのが長寿祝い。ご自身に悔いが残らないようにしっかりお祝いしたいものですね。


そしてこの次にあなたがこのサイトを訪れてくださるときは、米寿のお祝いを無事の終えられ、卒寿のお祝いをが贈れるよう、おじいちゃん・おばあちゃん、そしてあなた自身もご健康でふたたび訪れていただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立てますよう心よりお祈りしております。


米寿祝いの名入れプレゼント



米寿祝いの名入れプレゼント


商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地