金婚式に贈りたい感謝の気持ち

カテゴリー: ブログ

結婚生活50年を迎えた両親へ


金婚式祝い


金婚式祝い

金婚式のお祝いの席を設けること


金婚式といえば夫婦生活50周年のお祝いです。ご夫婦揃って50年を迎えられるのはなんともおめでたいことですね。もちろんその間にはさまざまな苦労や困難もあったことでしょう。ですが、お二人の笑顔をみればそんなことさえ察することができない、そんな熟年のご夫婦が多いように思います。


50年前の結婚事情は今と少し違っているかもしれません。当時はお見合いが多く恋愛結婚は少数派だったのでは?それでも、当時に恋愛結婚をされたお二人はいまでも仲良しなのではないでしょうか。


もしかしたら、金婚式の日付は知っていてもそんな金婚式を迎えるご夫婦の馴れ初めは知らないかもしれないのが現実かもしれませんね。そんな普段なら聞きづらい話も金婚式というお祝いの席だからこそ伺い知ることができるお話。ぜひ、そんなお祝いの席を設けてはいかがでしょう。


金婚式祝い

陰日向なくの応援に。


金婚式を迎えられるご夫婦は70歳台の方々がほとんど。そのような人生の達人に接するときに感じることは、人との距離間をほどよく保つ心得があるということ。実の両親や夫、妻の両親と、遠すぎず近すぎずの関係を築いていられるのはそういった年長者の配慮があるからではないでしょうか。


若い時は、たとえば自分たちが結婚したての頃や孫が生まれた頃には、両親といえどもお互いのライフスタイルがぶつかったりしたものですが、ご両親も70歳台、それを祝う自分たちも40歳台となるとそういったぶつかり合いも少なくなるのでは。


その分、金婚式を迎えられたご両親や父母からの見守ってくれる力を感じることも多いのではないでしょうか。私も義理の父母には、自分の子供が幼いときには意見が対立したこともありましたが、今思うと自分たちのことを思ってくれていたのだなあとつくづく感謝の念を抱くものです。


金婚式祝い

年月を重ねてきたからこその関係


最近では役場や商工会、ボランティアといった団体からも金婚式のお祝いを祝う記念品が届くことがあるのではないでしょうか。実の親子だからこそそういったお祝いに疎いときもありますよね。


また、親子だからこそ敢えて口にして感謝の言葉を述べたり、両親に「おめでとう」なんて恥ずかしくてという想いもあるのではないでしょうか。でも、実際はご両親にとても心から感謝していると思うのです。金婚式は一年に一度の行事ではなく、一生に一度のことです。ぜひこの機会を逃さずに感謝の思いを伝えてみませんか。


金婚式を迎えるご両親にしろ、贈る側にしろお互いが重ねてきた年月はとても貴重なものです。金婚式は一つの通過点でしかないにしろ、喜び事は嬉しいもの。普段の感謝の想いを言葉にして贈ってみましょう。


金婚式祝い

感謝の想いを言葉にすること


日本語で感謝を伝えるのって難しいですよね。たとえば、面と向かって日頃から感謝をしている人に「いつも感謝しています」と会話で伝えても仲が良ければ良いほど、「ああそう」みたいは感じになってしまいそう。


「いつもありがとう」と伝えるのも、なにかしらの事柄に対して「ありがとう」と云われているようでピンとこないかもしれませんね。だからこそ言葉に一度置き換えてプレゼントするのが一番いいと思うのです。


ご年配者だからこそ、敢えての日本語でのメッセージがよいかもしれませんね。いくつか例文をまとめましたので参考にしていただけると幸いです。


いつも若々しくステキなお二人へ、私たちも見習いたいと思います。

お二人の道のりのあとを私たちもたどって いけたら、と願っております。

末ながくお元気でお暮らしください。

お互いにしっかりと支え合ってきた お二人に乾杯!

これからもお元気でお祝いを重ねてくださいね。

毎日が幸せいっぱい。いつまでも愛する人を 大切になさってください。

どうぞいつまでもご夫婦仲良くお元気で。


いかがでしたでしょうか。もちろん、上記の和文の前に「祝 金婚式 〇〇 & 〇〇」とタイトルとお名前も入れてくださいね。そして文面最後に、今年の日付と結婚記念日、お贈りされた方の名前(たとえば家族一同など)をお付けすることをお薦めします。やはり親族からのプレゼントは嬉しいものです。また家族一同という響きには孫やひ孫、まだ見ぬ子孫の陰さえも伺えれて嬉しいのではないでしょうか。


そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、無事金婚式を終えられたお二人が健やかに過ごされれ、米寿のお祝いをご家族で祝うときのお祝いを探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、あの時の金婚式の贈り物が一番うれしかったと喜ばれるようなプレゼントが が贈れますよう心よりお祈りしております。



金婚式祝い



金婚式祝い


両親や義父母にも忘れず贈りたい金婚式のお祝い

カテゴリー: ブログ

寄り添い続ける夫婦としての理想像に。


金婚式祝い


金婚式祝い

ご夫婦揃って、お祝いできることの幸せ


いまやアメリカでは「二組に一組の夫婦」、日本でも「三組に一組の夫婦」が離婚する時代となりました。その理由は様々でしょうが、一人でも生き易くなった時代ともいえるし、我慢しなくてもよい時代になったともいえるでしょう。


だからこそ、半世紀にわたり夫婦で過ごされているということはなによりもスゴイこととは思いませんか。親子だから、夫の(妻の)両親だからとそういった垣根を払って、人としと当たり前ながらも偉業に近いと思うのです。


単に婚姻生活を続けるのがよいというわけではありませんが、健康で言い合いもするけれどお互いを労わる姿は見ていても微笑ましいものです。そこには50年連れ添ったからこその味わいのようなものさえ滲みでています。


そんな金婚式を迎えられたご両親(義父母)に「おめでとう」の言葉を伝えてみてはいかがでしょう。きっとそんなお二人からこその温かい言葉が返ってくることでしょう。


金婚式祝い

市区町村単位でも祝われる金婚式


最近は多くの市区町村や商工会議所でも、その住民や会員に対して金婚式のお祝いを贈呈するところが増えました。ほとんどが申請制のようですが、自分たちの両親を他人様が祝ってくださるとは有難い話ですね。


金婚式のお祝いは50年に一度のこと。実は私は、私の義父母の金婚式をすっかり忘れていて、役場からの「今年、金婚式を迎えられますがお祝いを申請されますか」との問い合わせに気づいた始末です。義父母の結婚記念日は4月1日で、その問い合わせが6月だったので、すでに2か月以上も過ぎている・・・。


ここで知ってしまったのに知らないふりをするのは自分に悔いが残るというもの。実はその年の7月に母の77才の喜寿のお祝いを迎えることになっていたので、併せてお祝いをすることにしました。なんとかこれで嫁としての面目を保ったものの危ないところでした。


でも、実際はよくあることだと思うのです。そういったときに、たとえば孫にあたる子供の結婚や誕生日、また母の日や父の日、新年のご挨拶に合わせて贈ってもよいと思うのです。長寿のお祝いは指折り数えて考えていたのですが、本当に両親の結婚記念日だけはお祝いの予定にも入れてなくて、今から思い出しても冷や汗です。


金婚式祝い

人生の先輩として


私自身はすでに実の親よりも義理の親との生活が長いので、金婚式のお祝いを忘れていてもあまり気にしないのですが、少し距離がある関係ならこれを機にご両親の金婚式のお祝いについて考えてみるのもよいかもしれませんね。長兄・長女が50才未満ならご両親が金婚式を迎えられる日も、そう遠くないでしょう。


また、仮にすでに過ぎていたなら結婚60周年のダイヤモンド婚式を考えてもよいかもしれませんね。私の義父母はプレゼントしたときに「つぎはダイヤモンド婚式のお祝いを待っているわ」と意気揚々としていました。


ただ、実際にはいつ体調を崩してもおかしくない年齢になっているもの事実です。それほど夫婦ふたりが健康で50周年の結婚記念日を迎えられることは奇跡にも近いこと。ぜひ、忘れずにお祝いをしてくださいね。


金婚式祝い

カタチに残る記念品を


せっかくの金婚式のお祝い。なにかしらカタチに残る記念品を贈りたいものですよね。私どものサイトにも地元以外に他府県の市区町村から金婚式の記念品の制作の仕事のご依頼をうけています。そういった経験から、名入れの記念品にされるならどういった点に気を付ければよいか、いくつかまとめましたので参考にしていただけば幸いです。


祝 金婚式のあとに漢字でご両親の名前を刻む

贈る年と結婚記念日を名入れする

人気なのはペアグラスよりもフォトフレーム

インテリアとして飾るならローマ字の名入れでもいい


いかがでしたでしょうか。実際には結婚されたご夫婦の約30%が金婚式を迎えられるというデータがあります。約三分の一が離婚され、残り三分の一が、夫もしくは妻のどちらかに先立たれているという事実。だからこそ、ご両親の金婚式はまだまだ結婚生活の通過点のお祝いと思ってダイヤモンド婚式を目指してふたり仲良く元気に過ごしてほしいものですね。


そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、10年後のダイヤモンド婚式のお祝い探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、ご両親さまが健康で健やかな日々を送られますよう心よりお祈りしております。



金婚式祝い



金婚式祝い


もらって嬉しい金婚式の名入れ記念品の失敗しない選び方

もらって嬉しい金婚式の名入れ記念品の失敗しない選び方


金婚式の名入れ記念品


金婚式の名入れ記念品

もらってうれしい金婚式の記念品とは


結婚して50年、ご夫婦揃って健康で仲良く金婚式を迎えられることは大変おめでたいことですよね。親族である子や孫・ひ孫からだと、家族旅行でお祝いやお食事会など宴席を作ることが一番のお祝いとなることでしょう。


ですが、親族ではない友人や会社の上席、または町内会や習いごとの集まりなどで、そういった吉報を伺い知ったとしても、旅行や宴席を設けることは少し憚られますよね。また、贈られた方もお返しに困るほどの記念品は受け取りづらいものです。


そこでありふれたプレゼントのようで年長者があまりお持ちでない名入れ記念品がご予算的にも合いやすく、また名入れという一手間が年長者の好みにもあい、近年金婚式の記念品として人気になっています。


年長者だからといって、老け込んだ記念品よりも名入れすることにより記念品に愛らしさがでるのも人気の一つではないでしょうか。


また、若い世代には一般的となった名入れの品も年長者にとってはまだ見慣れぬ記念品の一つです。昔は名入れの記念品といえば、数量がある程度まとまらないと作ることは不可能でした。いまでこそ1個から名入れできる時代ですが、それだけに年長者には貴重な記念品として受け取っていただけるかもしれませんね。


金婚式の名入れ記念品

なんでももっている世代だからこそ


結婚50周年を迎えるご夫婦の身の回り品となるとすでにお気に入りのブランドで埋め尽くされているのではないでしょうか。例えばスイーツひとつとっても、「あのお店の餡は美味しい」など、逆に美味しいお店を教えてくれるほどではないでしょうか。


また、健康にも気を使う世代です。食品や嗜好品などは避けた方が無難でしょう。補聴器や老眼鏡といったものもプレゼントされても使いづらいかもしれません。


なので、いくつあっても困らないもの 例えば食器や置時計、写真立てなどはいかがでしょうか。結婚50周年の金婚式のお祝いといっても、結婚記念日の一つの通過点でしかありません。ご夫婦二人が使えるものが一番よいお祝いといえるでしょう。


また、そういった場合の名入れもお名前を入れることを前提に考えるより、 50th wedding anniversary や Golden Wedding などの英文が洒落ていてカッコいいと思います。お名前を入れるのもよいのですが、その場合もあまり子供っぽくならぬような配慮が必要でしょう。


金婚式の名入れ記念品

敢えて、しっかり名前入りにする


金婚式のお祝いとして、似顔絵やお名前ポエムのようなものも人気があります。こちらのプレゼントは さらりと配慮した名入れ刻印の仕方ではなく、しっかり名前が目立つように刻印する趣があります。


ご親族であるお子様やお孫様からならとても喜ばれるプレゼントだと思います。ですが、ご友人からですとあまりに慣れなれしすぎるのは、年長者にとって失礼になるというものではないでしょうか。


あくまでお受け取りされる方の気持ちを考えて、喜ばれる記念品をお贈りしたいものですよね。


金婚式の名入れ記念品

金婚式の名入れ記念品で失敗しない3つのポイント


金婚式とえいば、ご夫婦二人の生活も長くなり、ご夫婦だからこそ趣味の会や地域の会・ボランティアなどで多方面との交流もある世代。お互いの金婚式の時には贈り合うなんていう関係もステキですよね。そんなご家族・親族からではない場合の金婚式の名入れ記念品だからこそ、気を付けなければならない名入れポイントがあります。そんな注意すべきポイントを3つにまとめてかかせていただきました。


金婚式の名入れ記念品友人ならではのお祝いらしく洒落た感じで名入れする

金婚式の名入れ記念品名入れだからといって 絶対に名前を入れる必要はない

金婚式の名入れ記念品年長者に贈るからこそ、慣れなれしすぎる名入れは配慮する


いかがでしたでしょうか。金婚式のお祝いというのは毎年の結婚記念日があるにせよ、大きな節目の結婚記念日である銀婚式から25年、真珠婚式からも20年経っています。これから先は結婚60周年を迎えるダイヤモンド婚式が節目のお祝いとなります。

どうか、これから先もご夫婦が仲睦ましく暮らされますよう、心を込めてお祝いしたいものですね。 。


そしてこの次にあなたがこのサイトを訪れてくださるときは、結婚記念日のお祝いだけでなく、喜寿祝いや米寿祝いとった長寿のお祝い探しに訪れていただければ幸いです。最後に、この記事が少しでもあなたのお役に立てますよう心よりお祈りしております。


金婚式の名入れ記念品



金婚式の名入れ記念品


商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地