両親や義父母にも忘れず贈りたい金婚式のお祝い

カテゴリー: ブログ

寄り添い続ける夫婦としての理想像に。


金婚式祝い


金婚式祝い

ご夫婦揃って、お祝いできることの幸せ


いまやアメリカでは「二組に一組の夫婦」、日本でも「三組に一組の夫婦」が離婚する時代となりました。その理由は様々でしょうが、一人でも生き易くなった時代ともいえるし、我慢しなくてもよい時代になったともいえるでしょう。


だからこそ、半世紀にわたり夫婦で過ごされているということはなによりもスゴイこととは思いませんか。親子だから、夫の(妻の)両親だからとそういった垣根を払って、人としと当たり前ながらも偉業に近いと思うのです。


単に婚姻生活を続けるのがよいというわけではありませんが、健康で言い合いもするけれどお互いを労わる姿は見ていても微笑ましいものです。そこには50年連れ添ったからこその味わいのようなものさえ滲みでています。


そんな金婚式を迎えられたご両親(義父母)に「おめでとう」の言葉を伝えてみてはいかがでしょう。きっとそんなお二人からこその温かい言葉が返ってくることでしょう。


金婚式祝い

市区町村単位でも祝われる金婚式


最近は多くの市区町村や商工会議所でも、その住民や会員に対して金婚式のお祝いを贈呈するところが増えました。ほとんどが申請制のようですが、自分たちの両親を他人様が祝ってくださるとは有難い話ですね。


金婚式のお祝いは50年に一度のこと。実は私は、私の義父母の金婚式をすっかり忘れていて、役場からの「今年、金婚式を迎えられますがお祝いを申請されますか」との問い合わせに気づいた始末です。義父母の結婚記念日は4月1日で、その問い合わせが6月だったので、すでに2か月以上も過ぎている・・・。


ここで知ってしまったのに知らないふりをするのは自分に悔いが残るというもの。実はその年の7月に母の77才の喜寿のお祝いを迎えることになっていたので、併せてお祝いをすることにしました。なんとかこれで嫁としての面目を保ったものの危ないところでした。


でも、実際はよくあることだと思うのです。そういったときに、たとえば孫にあたる子供の結婚や誕生日、また母の日や父の日、新年のご挨拶に合わせて贈ってもよいと思うのです。長寿のお祝いは指折り数えて考えていたのですが、本当に両親の結婚記念日だけはお祝いの予定にも入れてなくて、今から思い出しても冷や汗です。


金婚式祝い

人生の先輩として


私自身はすでに実の親よりも義理の親との生活が長いので、金婚式のお祝いを忘れていてもあまり気にしないのですが、少し距離がある関係ならこれを機にご両親の金婚式のお祝いについて考えてみるのもよいかもしれませんね。長兄・長女が50才未満ならご両親が金婚式を迎えられる日も、そう遠くないでしょう。


また、仮にすでに過ぎていたなら結婚60周年のダイヤモンド婚式を考えてもよいかもしれませんね。私の義父母はプレゼントしたときに「つぎはダイヤモンド婚式のお祝いを待っているわ」と意気揚々としていました。


ただ、実際にはいつ体調を崩してもおかしくない年齢になっているもの事実です。それほど夫婦ふたりが健康で50周年の結婚記念日を迎えられることは奇跡にも近いこと。ぜひ、忘れずにお祝いをしてくださいね。


金婚式祝い

カタチに残る記念品を


せっかくの金婚式のお祝い。なにかしらカタチに残る記念品を贈りたいものですよね。私どものサイトにも地元以外に他府県の市区町村から金婚式の記念品の制作の仕事のご依頼をうけています。そういった経験から、名入れの記念品にされるならどういった点に気を付ければよいか、いくつかまとめましたので参考にしていただけば幸いです。


祝 金婚式のあとに漢字でご両親の名前を刻む

贈る年と結婚記念日を名入れする

人気なのはペアグラスよりもフォトフレーム

インテリアとして飾るならローマ字の名入れでもいい


いかがでしたでしょうか。実際には結婚されたご夫婦の約30%が金婚式を迎えられるというデータがあります。約三分の一が離婚され、残り三分の一が、夫もしくは妻のどちらかに先立たれているという事実。だからこそ、ご両親の金婚式はまだまだ結婚生活の通過点のお祝いと思ってダイヤモンド婚式を目指してふたり仲良く元気に過ごしてほしいものですね。


そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、10年後のダイヤモンド婚式のお祝い探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、ご両親さまが健康で健やかな日々を送られますよう心よりお祈りしております。



金婚式祝い



金婚式祝い


思い立った日が吉日、忘れず贈りたい喜寿のお祝い。

カテゴリー: ブログ

記念日に贈ってわかるプレゼントの威力


喜寿祝い


喜寿祝い

大袈裟に考えず気軽に贈ろう記念日プレゼント


大切な人の記念日を知ったなら、なにかしらお祝いを贈りたいものですよね。たとえば親子や夫婦など日々顔を合わせたり、友人同士でも仲良しであればプレゼントは気軽に贈れるものですが、少し離れて暮らす祖父母にはプレゼントを贈りづらいものです。


ましてや孫からとなると、小さい時からお年玉や入学祝いなどいつも自分がもらってばかりの祖父母に記念日だからといって贈り物を贈るのは照れるもの。


でもすでに社会人となっていたり、成人式を終えた年齢となっているのなら、一度は祖父母にお祝いを贈ってみてはどうでしょうか。ご両親なら「父の日」や「母の日」で贈る機会もありますが、祖父母への贈り物となると、70歳の古希のお祝いや77歳の喜寿のお祝い、80歳の傘寿のお祝いなどが贈りやすい記念日なのではないでしょうか。また、祖父母ともにとなると結婚50周年記念の金婚式のお祝いになるでしょう。そう考えると贈る機会は意外と少ないものなのです。


喜寿祝い

贈り物はあなたのアイデンティティ


数少ない祖父母へのプレゼントのチャンス。もちろん、大切な孫からのプレゼントならどんな贈り物でも大喜びしてくれるのが祖父母です。プレゼントする日だって、誕生日にこだわることなく、顔を合わす機会があるお正月やお盆でもよいでしょう。また、宅配を利用することもよいでしょうが、それならばご両親に託す方が好ましいかもしれませんね。


プレゼントはお菓子でも花束でも普段から使っている趣味のものでもよいと思います。でも、孫からのプレゼントならずっと大切にしてくれるのがおじいちゃん、おばあちゃんです。そしてせっかく贈るなら、祖父母のお友達がお家を訪ねてきてくれたときに「これは孫からの誕生日プレゼントよ」と自慢するしたくなるようなプレゼントを贈ってみたいと思いませんか。


プレゼントはあなた自身を写す鏡でもあるのです。大切に慈しんで見守ってきれくれたおじいちゃん、おばあちゃんには心を込めた贈り物を贈りたいですね。


喜寿祝い

心を込めたプレゼントとは


世の中にはプレゼントになり得るものはたくさんあります。デパートに行ってもたくさんの素敵なお品がみつかることでしょう。でも、そのなかであなたらしいプレゼントとはいったい何でしょう。それは、あなたが今までもらったなかで一番嬉しかったプレゼントです。


お花が嬉しかったならお花でしょうし、ブランド品が嬉かったならブランド品でしょう。ちなみに私が一番嬉しかったのは母の日に子供が書いてくれた絵です。それはなににも代えがたい宝物のようなものです。そうやってプレゼントを掘り下げてゆくと、あなたらしいプレゼントとはあなたにしか贈れないものになると思いませんか。この世界で祖父母をおじいちゃん、おばあちゃんと呼べる人たちの数は限られています。あなたはそのうちの一人なのです。


だからこそ、おじいちゃん、おばあちゃんと名入れしたプレゼントを祖父母の記念日に贈ってみませんか。


喜寿祝い

名を入れることで強まる絆


あなたはあなたの名前の入った名入れギフトをプレゼントされたことがあるでしょうか。たとえば、コップやキーホルダーなど、友人の旅先からのお土産でさえ自分の名前が刻まれていると簡単には捨てることはないでしょう。


それほど人は自分の名前に愛着を持つものです。もちろん、それは名前でなくとも呼び名にしても同じこと。そんなプレゼントの名入れの仕方をまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。


名入れはフルネームでなくともおじいちゃん、おばあちゃんでもよい

年長者には宅配ではなく、記念日当日よりも顔を合わす日を優先で贈る

日付を刻印するときは、今年の西暦とお誕生日の日付

贈った人の名前を入れてもよい


いかがでしたでしょうか。もし、刻印するスペースが広いものを選ばれるなら「いつまでも元気でいてね」や「いつもありがとう。」などの普遍的なメッセージをいれるのもよいでしょうね。


そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、祖父母が元気で、米寿のお祝い、卒寿のお祝いと探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、あの誕生日の贈り物はとても嬉しかったと祖父母に喜んでもらえるような贈り物が が贈れますよう心よりお祈りしております。


喜寿祝い



喜寿祝い


ご両親の喜寿祝いに名入れギフトを贈ろう

カテゴリー: ブログ , 未分類

77才のお誕生日だからこそ、必ず贈りたいプレゼント


喜寿祝い


喜寿祝い

喜寿祝いに名入れギフトが喜ばれる理由


人生100年時代を迎えて、長寿のお祝いも70歳の古希祝いや77歳の喜寿祝いが中心になってきました。また、昔から古希祝いより喜寿祝いの方が一般的にも浸透しているせいか、喜寿のお祝いをするご家庭は多いのではないでしょうか。すでに70歳代となると現役でお仕事をされている方も少なくなり、趣味の集まりのお友達やまたご家族だけでもお祝いも多いような気がします。


組織や会社に属していた頃はお祝いごとも、会社の同僚や仲間で行うことが多かったと思うのですが、70歳も後半となると体調を考えながらゆっくり家族でお祝いするのがよいのかなあと思ったりします。お祝いする側もすでに50歳代となり、忙しくともそれなりに時間の都合がつけやすい年代に。いままで疎遠であったご両親にも喜寿のお祝いを機に、じっくりお話しするのもよいのではないでしょうか。


じっくり話す機会を得るにはやはり喜寿のお祝いの席を設けたいもの。兄弟姉妹で話し合って日程を合わせてもよいでしょうし、ご自身の都合に合わせてもよいでしょう。話すことで今まで感じていた「親」という存在の感情が変わったり、「親」の年齢をマジかに感じるとるかもしれません。


子供にとってはいくつになっても「親」は圧倒的な存在です。一生追いつくものでないと思っていた自分が「親」のためにお祝いの席を設けることにより、追いつくことはできなくとも近づいたような感じになるかもしれませんよ。そんな風に感じることができるのも名入れギフトを贈るからかもしれません。


喜寿祝い

似たもの親子だからこそ


時々、ご両親のとの関係が上手く行かずに悩んでいる人の話を聞いたりします。客観的に聞くととても似ている親子だからこそ反発しあうのかなと、第三者の目からは感じることができます。たとえば、当店は名入れのお店ですが「親と仲が悪いけどお祝いは贈りたいので、お店からの配送ということにしてほしい」という依頼を受けたことがありました。いったいお贈りした後は どうなるのだろうとハラハラしながら送ったのですが、その後お客様から「名入れに親が感激して、一気にわだかまりが解消できた」というメールをいただきました。


どのような経緯で親と子にそのようなわだかまりができたのかは察することはできませんが、進学や結婚、就職など人生の節目において、親子の意見が対立したのでしょうね。でも、その後の人生においてきっと成功され、親御さんもいつかそのわだかまりを解消したいと思っていた矢先のプレゼントだったのでしょう。


年月は人の性格のカドをとり、丸くしてくれる力があります。勝手に「親」とはこうゆうものだと決めつけずに一人の大人として接するときに見えてくる姿もあります。そんな機会を与えてくれるのが喜寿や古希のお祝いかもしれませんね。昔からのお祝いにはそれぞれ意味があります。もちろん、長寿や健康、幸福を願うことも大きいでしょう。ですが、親子の対話の時間と考えるのもよいのではないでしょうか。


喜寿祝い

対話の時間を演出する名入れギフトだからこそ


どんなお祝いの席もなによりのプレゼントはその笑顔と楽しい会話でしょう。普段踏み込んだ会話ができなくとも、お祝いの席なら笑顔とともに思いも寄らない話が聞けるかもしれません。たとえば、自分が知りえない自分が生まれてきた当時のエポソードや自分に名付けられた名前の由来、また病気がちだったややんちゃだったなど、今の自分から想像することのできない自分の姿など考えただけでもワクワクしませんか。


そんなお席で渡すプレゼントだからこそ、名入れの気を付けていただきたいポイントがありますのでまとめてみました。参考にしていただければ幸いです。


名前を入れるときは 普段の呼び名、お父さんやお母さんで。

贈り主を入れるときは 家族一同が一般的。

節目のお誕生日に渡さなくとも年末・年始、お盆などでもよい。

名入れ彫刻文ではなく、メッセージカードに想いを綴る。


いかがでしたでしょうか。2番目の家族一同は、今自分が形成している家族というより、自分が育ってきた家族の方を指します。また最後4番目の彫刻文はタイトルと日付、名前ぐらいでよいのですが、「いつまでもお元気で」や「これからもずっと感謝」などというメッセージはモノに名入れするのではなくカードにされた方がいいかと思います。名入れされたプレゼントは事あるごとにお使いいただけたり、飾ったりしていただけるものになるでしょう。そういったものにはシンプルな方が使いやすいと思うのです。ですが、想う気持ちを伝えるのもこういった席ならではのこと。カードやお手紙にありったけの想いをたくさん書き込んではいかがでしょうか。それこそが名入れのプレゼントはあくまで贈り物の象徴であって、そのカードやお手紙が本当のプレゼントになることもあるのです。


そしてこの次にあなたがこのサイトを訪れてくださるときは、喜寿のお祝いを迎えたお父様、お母様がお元気で88歳の米寿のお祝いを探しにふたたび訪れていただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、ご家族の記念になる喜寿のお祝い が贈れますよう心よりお祈りしております。


喜寿祝い



喜寿祝い


商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地