敬老の日はケアスタッフさんに感謝を伝えよう

カテゴリー: ブログ

QOLを支えるのは家族だけじゃない。

長寿祝い


長寿祝い

長寿社会だからこそ、みんなで支えよう


昭和の時代は年寄は家族が面倒をみるものでした。でも、平成・令和と平均寿命が延びるにつれそのケアの仕方も変わってきました。


介護や年老いた両親のお世話は誰かが教えてくれるものではありません。赤ちゃんの育児と一緒でそれぞれケースが違うため 一般的なフォームというものさえないでしょう。ましてや どうしても自分の両親が祖父母を世話をしていたなら、その「家が一番」と 思い込んでしまうことさえあります。


でも 家にいることだけが一番いい方法ではなく、ホームや施設で同年代と過ごす方が生き生きとしているお年寄りもたくさんいます。自分たちの祖父母や両親がいつまでも楽しく過ごせるよう、いろんな選択肢を見つけたいものですね。


長寿祝い

ひとりじゃできないことも 誰かと一緒だとできる


朝のラジオ体操も一人じゃ続かないけど、みんなと一緒なら続けれるという人も多いでしょう。若い時はジョギングや サイクリングも一人で続けることが苦ではありません。ですが「老い」は「億劫」との戦いです。


だんだん食事が手抜きになったり、身の回りの片づけが乱雑になったりと それが老いるということです。でも、誰かが一緒に住んでいたり 決まった時間に必ず会う人がいたりすると その他人に合わせて自分を律するようになります。そうやって他人のためが実は自分のためであることが QOL=Quality of life(クオリティ オブ ライフ)「生活の質」を向上させることになると思うのです。


ただ実際 家族といえども一緒に暮らすことができない人は多くいます。だからこそ、そんな時はホームや施設を本人のQOLを上げるための選択肢として選んでみましょう。いまや家族だけが年配者を見る時代は終わったのです。


長寿祝い

ケアスタッフさんへの「ありがとう」も忘れずに


2020年からのコロナ禍により実家や田舎への帰省がままならなくなりました。その代わりに普及したのがオンライン。スマホやパソコンを通した会話はいままでビジネスパーソンや若者たちだけの特権だったイメージから家族の連絡ツールとして一般化しました。


ホームや施設に離れて暮らす家族への実際に訪問しなくとも元気な姿や声を聞くことができるでしょう。そしてそんな元気な姿に会えたなら両親や祖父母をケアしてくださっている人たちにも感謝を伝えましょう。オンラインだからこそ、ついつい本人とだけの会話になりがちです。訪問すれば伝えれるケアスタッフさんへの「ありがとう」の一言もオンラインだからこそ伝え忘れてしまうこともあるでしょう。



「いつもお世話になっています」の、感謝を込めて 長寿祝い


介護や年長者の老後のケアは それぞれの家庭の事情も複雑にあり難しい問題です。でも老後は誰もが通る道。自分がこんな風にケアして欲しいと思い描くスタイルを選ぶのが一番なのかもしれませんね。最後に、ケアスタッフさんへのお礼への刻印ポイントは


送り主の名前はケアされてる人の名に。

施設の名前も刻印できます。

今年の日付も忘れずに。


だれかをケアする仕事はとても大変なことです。「敬老の日」は長寿を祝う日だけでなく、その長寿を支える人たちへの感謝の想いを伝える日にもなればいいなあと思う次第です。


長寿祝い


長寿祝い

2021年は9月20日が敬老の日

カテゴリー: ブログ

ニューノーマルな敬老の日

敬老の日


敬老の日

以前とは違う敬老の日の在り方


敬老の日が定められたのは1947年(昭和22年)。兵庫県で9月15日に村主催の「敬老会」を開催したのがきっかけとされています。9月15日の由来は、お米の収穫も終わり農閑期だったからとか。ちなみにアメリカでは、1978年から9月の第1月曜日の次の日曜日がNational Grandparents Day(祖父母の日)と制定されています。


日本も2003年より第三月曜が「敬老の日」となり、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としています。


何歳からが老人かというのは難しい問題ですが、健康だから大丈夫というだけでは片づけれないのがシニア問題。最近はITの発達により健康だけでは世の中について行けなくなってきました。そういったことを手助けしてあげるのも、敬愛する一つの在り方ではないでしょうか。


敬老の日

インターネットを使いこなせないと生活しづらい


コロナワクチンの予防接種がインターネットのみでの予約という自治体が多かった昨今。「インターネットじゃ予約できない」といったシニアが電話や役所の窓口に殺到していました。


確かにデータを管理するのにインターネットは便利ですが インターネットを使ってこなかったシニア世代にはなにやら信用しがたく、難しく感じるものです。でも、実際にはこれからはもっと多くの連絡事項がインターネットを通して案内される世の中になって行くことでしょう。「使いこなせないから」とう理由では社会において弱者にさえなってしまいます


それが災害の連絡や今回のような大切なお知らせならなおさらのこと。テレビのインタビューではワクチン接種の予約を「息子に頼んだ」や「孫がやってくれた」などの声も多く上がっていました。そういった健康以外の困りごとを聞くのも敬老の日の役目かもしれませんね。


敬老の日

ITを使っておじいちゃん、おばあちゃんがもっと身近に。


コロナで帰省さえもままならない2021年。夏休みや年末年始におじいちゃん、おばあちゃんの家に行くことが当たり前だった年間行事が変わってしまいました。そして、それにかわってインターネットの回線でパソコンやスマホを通しておじいちゃん、おばあちゃんと話す機会ができたご家族も多いかと思います。


以前は「スマホやパソコンを用意してまで連絡しなくともいいだろう」と考えていた方も多いのではないでしょうか。年寄りだからこそ、会って顔を見せるほうがいいだろうと。でも、コロナにより対面であることの方がリスクが生じるようになった今、インターネットをつかった対面が望まれるようになりました。 


そして、インターネットの対面ってなんて便利で簡単なことでしょう。スイッチオン一つで画面越しにすぐ繋がれるのです。少し前は遠距離の恋人同士や単身赴任の家族が当たり前のように使っていたツールを、おじいちゃん・おばあちゃんにも同じように使うことによって身近に接することができるようになったのです。ある意味、これはコロナの功罪かもしれませんね。


パスワードをグラスに刻んで。 敬老の日


これからはスマホやパソコンだけでなく5GによりVRなどもっと立体的な対面も可能になって行くでしょう。「年寄だから使いこなせないだろう」ではなく、「年寄といえども使ってもらわないと」になってきました。固定電話から携帯電話へ、そしてスマホへとどんどん進化するIT。使い方は昔より簡単になってきているのです。


そんなツールをおじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントするのも敬老の日のお祝いにはいいかもしれませんね。そして若い私達世代さえもついつい忘れがちになるパスワード。大切な情報だからこそ、消えないものに刻印を。もちろん、その刻印内容には一ひねりを忘れずに。


敬老の日


敬老の日

おじいちゃん・おばあちゃんの長寿を心から祈って。

カテゴリー: ブログ

人生100年時代だからこそ。

長寿祝いのプレゼント


長寿祝いのプレゼント

80歳、90歳といってもまだまだ現役


最近はテレビのインタビューでも元気に受け答えしているご年配者が多くなってきたと思います。90歳を超えても元気に畑仕事をしたり、趣味の旅行やお洒落を楽しんだり。自分もそんな風に元気に年を重ねたいといつも憧れてテレビをみたりしています。


特に女性向けの健康食品のコマーシャルでは90歳を超えてもすべすべお肌や頭も足腰もしっかりしているなど、本当に90歳?と疑ってしまいそうなほど元気なシニア世代がでていて、コマーシャルとわかっていても嬉しくなります。


同じ年代でも持病や体調不良で悩んでいる人も多いでしょう。もしかしたらテレビでインタビューされていた人や コマーシャルにでている人たちはほんの数パーセントかもしれません。それでも私たちはその数パーセントを目指したいですね。


長寿祝いのプレゼント

健康の裏には努力がある。


若い時は疲れても寝れば治るというものでした。でも実際は60歳になると女性では12%、男性では19%の人が加齢に伴う自立が低下し始め、90歳を超えると男女とも10%前後しか自立した生活をできる人はいないそうです。この自立した生活をできる、できないは 運動をよくする人や前向きな人など色々な要素があるようですが、いずれにしても健康であることを意識して準備してきた人が 90歳以降も自立した生活を手に入れられるようです。


若い人ほど、年寄になればなるほど生活は楽だと思っている人が多いのではないでしょうか。実際は運動すればどれだけ運動能力が高くとも若い時より疲れます。また その疲れの度合いは一年一年と年を追うごとに増してきます。でも、その疲れと上手に付き合いながら運動を続けた人にだけ元気な老後が待っています。


精神面においても、一年ごとに健康や金銭面で不安になったりします。これはいくら準備していても不安なものは不安です。その不安と上手に向き合いながら前向きに考えられる人だけが精神面も安定した老後を過ごすことができます。そう、お年寄りは実はとても大変なのです。


長寿祝いのプレゼント

心寄り添うサポートが一番の薬


でも、どんなに大変なお年寄りでも楽しみなことが子供や孫、ひ孫の自分たちの子孫の成長ではないでしょうか。自分の健康や金銭面よりも子供や孫、ひ孫が元気で豊かに暮らしていることがなによりの喜びなはずです。


お年寄りの健康の秘訣は、自分の子孫が元気でいる姿を何かの折りにつけ、目にすることが一番の健康法だと思います。昔は同居することが美徳のようにいわれた時代もありましたが 今はそれぞれの世代のライフスタイルの違いを尊重する立場から一概に望ましいとは思われてないようです。少し距離があるくらい、それでもなにかしら人生のお祝いごとのときは集まって近況を報告し合いたいものですね。それこそが一番の薬となることでしょう。


長寿祝いのプレゼント


誰しもいつかは必ず老いと対峙するときがきます。そんなとき 一番の敵は孤独や寂しさではないでしょうか。もし、おじいちゃん・おばあちゃんが居てくれたから僕たちがいるとメッセージを伝えられるものが近くにあれば その孤独や寂しさも紛れることでしょう。


遠く離れて住んでいたとしても、また滅多に会えないとしても、そのメッセージがしっかりと心に響いていればおじいちゃん・おばあちゃんも心強く思うことでしょうね。


長寿祝いのプレゼント


長寿祝いのプレゼント
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
088-695-4489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地