おじいちゃん・おばあちゃんの長寿を心から祈って。

カテゴリー: ブログ

人生100年時代だからこそ。

長寿祝いのプレゼント


長寿祝いのプレゼント

80歳、90歳といってもまだまだ現役


最近はテレビのインタビューでも元気に受け答えしているご年配者が多くなってきたと思います。90歳を超えても元気に畑仕事をしたり、趣味の旅行やお洒落を楽しんだり。自分もそんな風に元気に年を重ねたいといつも憧れてテレビをみたりしています。


特に女性向けの健康食品のコマーシャルでは90歳を超えてもすべすべお肌や頭も足腰もしっかりしているなど、本当に90歳?と疑ってしまいそうなほど元気なシニア世代がでていて、コマーシャルとわかっていても嬉しくなります。


同じ年代でも持病や体調不良で悩んでいる人も多いでしょう。もしかしたらテレビでインタビューされていた人や コマーシャルにでている人たちはほんの数パーセントかもしれません。それでも私たちはその数パーセントを目指したいですね。


長寿祝いのプレゼント

健康の裏には努力がある。


若い時は疲れても寝れば治るというものでした。でも実際は60歳になると女性では12%、男性では19%の人が加齢に伴う自立が低下し始め、90歳を超えると男女とも10%前後しか自立した生活をできる人はいないそうです。この自立した生活をできる、できないは 運動をよくする人や前向きな人など色々な要素があるようですが、いずれにしても健康であることを意識して準備してきた人が 90歳以降も自立した生活を手に入れられるようです。


若い人ほど、年寄になればなるほど生活は楽だと思っている人が多いのではないでしょうか。実際は運動すればどれだけ運動能力が高くとも若い時より疲れます。また その疲れの度合いは一年一年と年を追うごとに増してきます。でも、その疲れと上手に付き合いながら運動を続けた人にだけ元気な老後が待っています。


精神面においても、一年ごとに健康や金銭面で不安になったりします。これはいくら準備していても不安なものは不安です。その不安と上手に向き合いながら前向きに考えられる人だけが精神面も安定した老後を過ごすことができます。そう、お年寄りは実はとても大変なのです。


長寿祝いのプレゼント

心寄り添うサポートが一番の薬


でも、どんなに大変なお年寄りでも楽しみなことが子供や孫、ひ孫の自分たちの子孫の成長ではないでしょうか。自分の健康や金銭面よりも子供や孫、ひ孫が元気で豊かに暮らしていることがなによりの喜びなはずです。


お年寄りの健康の秘訣は、自分の子孫が元気でいる姿を何かの折りにつけ、目にすることが一番の健康法だと思います。昔は同居することが美徳のようにいわれた時代もありましたが 今はそれぞれの世代のライフスタイルの違いを尊重する立場から一概に望ましいとは思われてないようです。少し距離があるくらい、それでもなにかしら人生のお祝いごとのときは集まって近況を報告し合いたいものですね。それこそが一番の薬となることでしょう。


長寿祝いのプレゼント


誰しもいつかは必ず老いと対峙するときがきます。そんなとき 一番の敵は孤独や寂しさではないでしょうか。もし、おじいちゃん・おばあちゃんが居てくれたから僕たちがいるとメッセージを伝えられるものが近くにあれば その孤独や寂しさも紛れることでしょう。


遠く離れて住んでいたとしても、また滅多に会えないとしても、そのメッセージがしっかりと心に響いていればおじいちゃん・おばあちゃんも心強く思うことでしょうね。


長寿祝いのプレゼント


長寿祝いのプレゼント

代々受け継がれる家族の在り方。

カテゴリー: ブログ

年始のご挨拶に祖父母の誕生日を祝おう。

傘寿祝い


傘寿祝い

年末・年始の過ごし方は・・・


年末・年始といえば、クリスマスに初詣、大晦日のカウントダウンパーティに、同級生たちとの同窓会や 友人・同僚との忘年会に年始会など。なにかと人が集まることが多い季節。それでも、「元旦は祖父母の家で過ごす」という方は多いのではないでしょうか。


昔から日本にはクリスマスプレゼントと同じぐらい、年長者から「お年玉」を渡すという風習がありました。その名残がいまでも色濃く残り、それとセットのように 元旦は祖父母の家でおせちを食べるという慣例が多く見受けられるのかもしれませんね。


もちろん 時代の流れとともに祖父母の実家に行くことが少なくなる家族もいることでしょう。昔のようにお正月三が日はお休みという職種も少なくなり、オンラインでのコミュニケーションも容易となったいま、わざわざお金と時間をかけて田舎に出向くのは面倒と思う方もいるかもしれません。


それでも、日本人の多くの家族は敢えて年末年始は田舎に帰省する人は多いと思います。そこにはお年玉やおせち料理をたべるという風習を重んじるということよりも、昔からそうしてきたからという慣例に近いものがあるかもしれませんね。


傘寿祝い

自分たちも子供の頃、帰省していたから


祖父母の家が両親の実家に近い、遠い関係なく帰るのは ご両親が自分たちも子供の頃に祖父母の実家に帰省してたのしい思い出があるから、という人も多いのではないでしょうか。


昭和の頃は いまのようにオンラインがあるわけでもなく、強いていえば年末・年始にお休みのお店は多かったですが、かといってまったく他に遊ぶことがあったわけではなく、一定の年齢を超えると敢えて友人たちの誘いを断って親に連れられて、祖父母の家に年始の挨拶に行った人もいるでしょう。


年始を祖父母の家で過ごすことが当たり前と思う人は、それぐらい幼いときから両親が身につけさせた家族の恒例行事なのかもしれませんね。


  傘寿祝い

代々受け継がれる家族の行事


祖父母の家に行くことは 実家に帰るのと違い ふらっと立ち寄るよりも少し敷居が高いものです。それでも敬老の日や祖父母の誕生日、夏のお盆の季節など祖父母の家に行くことは多いでしょう。


それでも、年始の挨拶は 祖父母の家に行くよい機会です。人はあっという間に年をとります。祖父母の背中が毎年少しづつ小さく感じることもあるでしょう。年齢が上がるほどそのスピードは増すいっぽう。そんなとき 年始の挨拶に祖父母のお誕生日も一緒に祝ってはいかがでしょうか。


誕生日を祝うチャンスはお誕生日当日やその前後とは限りません。ましてや、米寿(88歳のお誕生日)や傘寿(80歳のお誕生日)など、現在の長寿祝いと呼ばれるような節目のお誕生日はお正月に祝ってもなんら問題はないお祝いです。


家族みんなの名前を刻んだフォトフレームをお誕生日に贈ってみませんか。 傘寿祝い


80歳を超えると体調の変化も大きくなり、先月までなんら問題もなかった祖父母も「腰が痛い」だの「ひざが痛い」だの不調を訴えることも多いでしょう。ですが、年始のお正月はそうはいっても華やいだ気分になり、今年一年も上部に乗り切ろうと気合が入っているものです。


そして 祖父母の一番の願いは家族みんなが健康で幸せであること。その姿をお正月の華やいだ雰囲気のなかで年始の挨拶というカタチで伝えることができれば、それはとても幸せなことですね。


ご家族にはそれぞれのカタチがあることでしょう。それでも「年始は祖父母の家で」と無条件に思っている人はそれはご両親があなたに刷り込んできたあなたご自身の家族のカタチなのです。そのカタチを受け継ぐことができるのはあなたしかいません。そして、あなた自身も年長者になり 孫やひ孫を年始に迎えいれることを当たり前と思うでしょう。それって 実はとても素敵なことだと思いませんか。そんな素敵なワンシーンに家族写真を飾れるフォトフレームを 今年の年始は用意してみませんか。


傘寿祝い


傘寿祝い

新年祝いで紡ぐ絆作りの名入れギフト

カテゴリー: ブログ , 未分類

家族の絆作りに大切な年末・年始のご挨拶


長寿祝い


長寿祝い

年末・年始の手土産に名入れギフトが喜ばれる理由


暮れも押し迫ると気になるのはクリスマスの準備に大晦日、お正月の準備。主婦なら年越し蕎麦やお年玉の用意と普段と違った月替わりに大忙しなのではないでしょうか。そんな準備の一つにお年賀のご挨拶があります。


通常、お年賀の挨拶はご自宅に伺うのがマナーです。もちろん、仕事の都合や遠距離などで一概には決まっていませんが、お歳暮を送っていない方に対して少しの手土産をもってご機嫌伺いをすることです。一番に思いつくのが実家の両親や嫁ぎ先の里なでではないでしょうか。昔は会社の上司のお宅や習い事の先生などということもありましたが、今はご両親宅への訪問がほとんどでしょう。


お子様が小さい家庭では、そこでお年玉という風習に触れることにもなりますし、普段離れて暮らしている兄弟姉妹との集まりの場ともなります。帰省ラッシュなどで2〜3日ずらして帰った方が楽だとわかっていながらも、お正月やお盆に合わせて帰るのはそういった久しぶりの家族との交流もあるからではないでしょうか。


そんなときの手土産で喜ばれるのは人が集まる年始・年末だからこそ小分けのできているお菓子や普段めったに買うことのない高級なお茶や食材、また玄関先を彩るお花などもよいかもしれませんね。


ですが、迎える新年にちょうどご実家や嫁ぎ先のお里の親御さんが節目の誕生日を迎えるなら、そのお祝いも新年に祝うのもよいのではないでしょうか。祝いごとは前倒しで行うことはよいこととされています。たとえば新年の夏や秋に 還暦や喜寿といった節目のお祝いがあるなら、その年のお正月にお祝いしてもよいでしょう。


そして、そんなお祝いのプレゼントとして喜ばれるのが名入れギフトです。なぜなら、お菓子やお花ですと新年からお誕生日まで日数があると日持ちしませんん。また、お誕生日の日付が刻印されていないものですと、「なんのお祝いでいただいたのかしら」なんていうことにもなりかねません。日数があるからこそ、残るお祝いプレゼントを贈ることが大切なのです。


長寿祝い

絆が作る円滑な人間関係


どんな人でも自分のことを覚えてくれてると思うと嬉しいものです。覚えていてくれているというのは、気にかけてくれているという証。特になにかをプレゼントされたり、お祝いしてほしいわけではなく いつも忘れずに頭の片隅で思っていてくれるというのはとても嬉しいものです。


でも、日々忙しいのは事実であり、きがつけば記念日から1日過ぎ、2日過ぎ、、、だんだんと足が遠のいてしまうのも事実。決して忘れているわけではなく、照れもあり疎遠になったりもしてしまいます。でも、そんなときこそ、クリスマスやお正月、お盆に前もってプレゼントをしていれば気が楽だとは思いませんか。また、記念日の後であっても、宅配するのではなく顔を合わすお正月やお盆に手土産でわたせば、それで記念日が遅れてのお祝いでもよいと思うのです。


実際、記念日をお祝いしてもらう本人より、わざと忘れているわけではなくタイミングが合わなくて記念日をお祝いできなった方が精神衛生的にはよろしくないものです。自分のためにもお祝いは早く済ませておきたいものですね。


長寿祝い

新年だからこその新たな誓いとして


昔からお正月には初詣や書き初めなどで一年の誓いを立てたものです。私も何度かお正月早々からの日記に挑戦しては三日坊主で終わっていたりしたのですが、それでもなにかしら新年には心に誓う気持ちを持つものです。


そんななかで円滑な人間関係を築きたいと思うなら、今年からは大切な相手にプレゼントを贈りましょう。もちろん、お祝い当日でもよいのですが、まずは覚えていてまた覚えていることを照れずに行動すること。それが一番大切。どれほど大切に思ってもなにもしなければ なにも思っていないのと変わらないことだってあります。なにも言わなくても分かるというのは一昔以前の考え方。いまや手紙から電話、そしてメールからLineやSNS、そして宅配も頼んだ翌日には届くほど気軽に使えるようになりました。


ただ、名入れギフトは製作するのに時間がかかるものもあります。言い換えれば、思いついたけど贈るのが遅れてしまうのはそのプレゼントの製作に時間がかかったという経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで名入れギフトのオーダーの際に気をつけていただきたいポイントをまとめましたので参考にしていただければ幸いです。


出来上がり日数を確認する

プレゼントラッピングが対応可能か確認する

メッセージカードなどが添えられるか確認する

支払い金額等が先方にわからないようになっているか確認する

配送元がお店からではなく送り主宅になっているか確認する


いかがでしたでしょうか。とくに4番目の支払い金額については、お店によっては納品書とつける場合があるので、必ず金額の分かるものが入っていないようにお願いしておきましょう。また、最後の配送元も配送伝票に送り主の自宅住所や電話番号があると、プレゼントを受け取ったときのお礼の返事するのに便利です。できればお店に確認しておきたいものですね。


そしてこの次にあなたがこのサイトを訪れてくださるときは、新年祝いを贈られたお宅の方がさらなる長寿を迎えられ、ふたたびお祝い探しに訪れていただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、絆が強まるお祝いのお品 が贈れますよう心よりお祈りしております。


長寿祝い



長寿祝い


商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
088-695-4489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地