がんばってきた自分へ。

カテゴリー: ブログ

誰かのためでなく、自分のために。

退職祝い


退職祝い

自分を支えるための仕事


どんな仕事も「誰かの役に立っている」ものです。作る人は使う人のため、販売する人は作る人のため、使う人は社会のためと、巡り巡って社会に役立つことをするのが仕事です。


もちろん、収入を得て家族を支えたり、自分が欲しいものを買ったりすることも仕事をする目的です。そうやって労働で手にいれた収入でなりたい自分になるためのツールを手に入れることが働くことの一番の目的でしょう。


退職祝い

頑張っている自分が好き!


仕事は楽なことばかりではありません。どれだけ好きな職種についてもツライことやシンドイこともあるでしょう。そんな時に思い浮かび頑張らせてくれるのが家族の存在であったり、自分の仕事で喜んでくれる人の顔だと思うのです。こんな時こそ、人は自分の力以上の力が得られるのかもしれませんね。


よくスポーツ選手が「みんなの応援があったからこそ」という言葉を表彰台の上で発することがあります。これはどんな仕事にも置き換えられることができると思うのです。でも、もっと言えば応援されてやり遂げることができた自分が好きということもあるのではないでしょうか。


応援されてもツラくて、シンドくて辞めてしまう場合は多々あります。ある意味、応援に応えることができるのはすばらしい才能の一つといえるでしょう。辞めることなく続けることができたのは そうやって応援されることに対し頑張る自分を愛おしく感じれるからかもしれませんね。


退職祝い

自分をもっと大好きになるために。


退職は一つの人生の区切りです。誰かのため、自分のために頑張ってきた仕事を退く時、家族からの感謝や職場での花道があるのは嬉しいことですが、自分のために頑張ってきた仕事なら自分自身で花道も作りたいものですね。


そして、人生は仕事を退けば終わるわけではありません。またすぐに翌日から別のステージが待っています。それは仕事という名前でなくとも好きなこと究めたり、福祉やボランティアといった奉仕であったり、園芸やスポーツなど今までと違ったフィールドかもしれません。


でも、そこにも終わりはいつかやってきます。頑張って続ける自分が好きな人はどんなフィールドに立ったとしてもきっと望む終わり方ができると思うのです。それが自分らしいと知っているからだと思うのです。そんな自分らしさを追求し続けることが自己実現であり、自分を好きになり、頑張る自分を認める一歩になるのです。


頑張る自分の記録に。 退職祝い


自己実現という言葉は一般的になってきました。どんなことをやっていても「これは自分が本当にやりたいことではない」と思う人がいますが、そうゆう人に限って 本当にやりたいことは うっすらぼんやりしているものです。そんな不確かなものより目の前にあることを一生懸命する自分を好きになるほうがはるかに自己実現は早いでしょう。


自己実現は生涯1つではなく、ちいさなステージがたくさんあります。テストで80点以上取るや海外旅行に行くといった通過点も自己実現です。理想の家族を作ることや離婚することも自己実現であり、仕事においては勤続年数や昇進、転職の数さえも自己実現かもしれません。そんな小さな自己実現を忘れないために、頑張っている自分の記録を残しませんか。記録を残すことが次のステップに繋がる一歩になると思うのです。


退職祝い


退職祝い

お孫さんへの入園祝いに。

カテゴリー: ブログ

子供や孫と一緒に成長し続けたい祖父母世代へ

入園祝い


入園祝い

成長するお孫さんの晴れの日に。


生まれたての頃は元気に健やかにと願っていた赤ちゃんがどんどんしっかりしてきて、いまでは早めに保育園や保育所に預けるご家庭も増えてきたのではないでしょうか。


以前と比べ、0歳児からの保育も多くなりました。おじいちゃんやおばあちゃんの育児の時代にはあまり聞きなれなかった0歳児保育。言葉だけ聞くととても心配になりますが、赤ちゃんはいつまでも家庭で育つわけではないので、0歳児保育を決めたご両親の意見を尊重して温かく見守りたいものですね。


入園祝い

本当は褒めてやりたい自分たちの息子や娘へ


つい先日、出産祝いを贈ったのに、もう入園祝い!?と思うことも祖父母世代では思うことも多いでしょう。自分たちも仕事と育児の両立に悩んできた世代だけに便利なサービスは利用すればいいと思う反面、大丈夫かなと心配せずにはいられないのが祖父母の役割のようなものなのです。


自分たちの世代が苦労したから、学童保育や午後保育、そして0歳児保育とサービスは進化してきました。ある意味、本当は自分たちが利用したかったくらいのサービスのはずです。でも、少し時間にゆとりがでてきた祖父母世代からすれば当時のストレスさえ懐かしく思い出されることでしょう。


そんな新しく便利なサービスを使いこなして育児のストレスを減らし、新しい家族のカタチを作ろうとしている自分たちの息子や娘夫婦にお孫さんへの入園祝いを贈るふりして新家族を応援したいものですね。


入園祝い

卒業するから入学する場所


保育所や幼稚園、学校という場所は成長の場です。入学したての頃は生まれたての子供を見守るがごとく心配ですが、卒業・卒園を迎える頃には立派になって何をそんなに心配していたのか笑い話にさえなります。


そして子供の成長と同じように家族のカタチも成長します。そのうち入学試験や卒業後の進路など、自分自身のことでなく、子供の成長を願ってたくさんのことから選んで行かなければならないことを祖父母世代は知っています。そしてその選択こそが家族としての成長を促すのです。


そんな最初の選択のステップ、入園祝いを息子、娘夫婦に贈りたいものですね。そしていつか、桜の季節にお孫さんの学生生活のすべてが終わる日に今日のこの入園祝いを贈った時の気持ちを懐かしく思い出し、家族みんなでお祝いしたいものですね。


新しい門出のお祝いに。 入園祝い


子供の成長は早いものです。また、身長が伸びるがごとく目に見えてその変化が分かります。大人になるとそうやって目に見える変化は少なくなるものです。だからこそ子供の成長とともに自分自身も成長したいとその家族や周りの大人たちは思うのです。祖父母だって同じことです。年齢を重ねることで、肉体的衰えを感じる世代になってきました。


でも、いつまでも子供たちや孫たちと楽しく過ごしたいと願えば、健康や体力にも気を使うでしょう。そうやって自分を励ますことはとても大事なことなのです。お祝いを贈ることは、自分自身も励ますこと。ご家族みなさまがいつまでも健康で幸せに暮らしてほしいと願っています。


入園祝い


入園祝い

今日も誰かの誕生日。

カテゴリー: ブログ

今年の誕生日は自分を祝おう。

誕生日祝い


誕生日祝い

バースデイケーキを食べた日。


ケーキ屋さんの店先で売られているバースデーケーキ。最近は小さいものも多くなりましたが、それでも丸いままのホールケーキには、買う気はなくとも目を奪われますね。


あなたは最近バースデーケーキを食べましたか?ホールのバースデーケーキを食べる機会も少なくなったのではないでしょうか。


幼い時、家族の誕生日、例えば兄弟姉妹や父母の誕生日、そして自分自身の誕生日まで遡らなければホールのバースデーケーキを食べた記憶はないかもしれませんね。それでも、人生で自分の誕生日や家族の誕生日にバースデーケーキを食べたことはあるはずです。


誕生日祝い

すぐに誕生日が頭に浮かぶ人は誰。


「あなたの誕生日は?」と聞かれて、すぐに答えることができますが、それが「お父さん、お母さんの誕生日は?」や「兄弟姉妹の誕生日は?」となるとだんだんと不案内になるかもしれませんね。


もちろん、あなたが家族をもっているなら子供の誕生日やパートナーの誕生日はすぐに答えられるでしょうが、「友人の誕生日は?」となると、シングルの時よりも時間がかかるかもしれません。


そうやって、すぐに誕生日が浮かんできた人のお誕生日には一年に一度お祝いのメッセージを伝えたいものですね。それは、誰かでなく 自分自身でもいいのです。自分自身のためにバースデーケーキを贈りましょう。


誕生日祝い

祝ってもらうものではなく、祝うもの。


家族の囲まれて暮らしている頃は、家族に誕生日を祝ってもらうことは当たり前でした。そして、学校できた友人や職場の同僚に祝ってもらったり、パートナーに祝ってもらったり。そうやって、祝ってもらうことが当たり前になっていた自分の誕生日


もちろん、だれかに祝ってもらえることはとても幸せなことです。でもその幸せが当たり前すぎて自分自身で誕生日を祝ることを忘れていませんか?今年は自分で自分を祝いましょう。そこで生まれる心の余裕がだれかの誕生日を祝う原動力になるのです


カラフルな春色びいどろグラス 誕生日祝い


自分の誕生日を自分で祝う人は大人になると多くなってきます。それはちょっとした美味しいディナーであったり、自分へのご褒美のようなアクセサリーであったり。でもそんな大人たちも、子供の頃から自分で自分の誕生日を祝ってきたわけではないのです。家族や友人に囲まれて祝われてきた誕生日もあったことでしょう。また多くの家族や友人たちの誕生日も祝ってきたことでしょう。


でも、自分自身がお祝いすることを一番忘れている自分の誕生日。そんなことに気づいた人に自分への誕生日プレゼントを今年は用意してみませんか。春色のグラスは心を和らげます。もちろん、刻印には自分の誕生日を


誕生日祝い


誕生日祝い
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
088-695-4489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地