憧れていた先輩上司が婚約したら。

カテゴリー: ブログ , 未分類

先輩の生き方こそ私の理想。

婚約祝い


婚約祝い

社会人として憧れの先輩だった


就職の際に「目標とする人物は」と問われると、父親や母親の名を挙げていた人は多いのではないでしょうか。確かに父母は理想の人間像に違いありません。ですが、会社で働きだすと、もっと身近で、年齢や趣味も近く、よく似た仕事の悩みを共有し理想とする先輩上司に出会うことはありませんか。


そして女性の場合、就職後の自分の仕事とプライベートの関係はとても複雑になります。昔から女性にとって仕事は腰掛けや結婚するまでなど 自分の理想と違う仕事の仕方を推奨される言葉はたくさんありました。そんな言葉、もう死語になってると思っていたのに実際に働きだすと自分の理想が寿退社になっていた、そんなことはないでしょうか。


それほど社会は変わっていると思っても変わっていなかった現実を突きつけられることも多いのでは。そんな中 自分の理想とする仕事とプライベートの関係を上手に作り上げて行く先輩に出会えたならそれはどれほど勇気づけられることでしょう。


婚約祝い

いろんな働き方がある、結婚がある。


生活をするためにはなにかしら働く必要があります。でも生活のためだけに働くのはちょっとしんどい話ですよね。そしてその折り合いの中で悩みは生まれてきます。自分一人では抱えきれずにストレスになっていくことあるでしょう。


結婚したい、仕事をしたい、子供を育てたい、習い事をしたい、いろんな夢は大人になっても消えることはありません。そしてその夢の数だけ実現する方法は昔よりも多くなってきました。でも、その実現方法を一人で探すのはとても大変なこと。そんなとき上手にプライベートも充実している先輩上司に出会えれたなら それはとてもラッキーなことですね。


きっとそんな先輩上司は、その一時期ならず人生において いろんなステージになったとしても充実した人生を送ることでしょう。そんな先輩上司とはできることなら一生お付き合いしたいもの。もし結婚を機に先輩上司が上司でなくなるようになったなら、婚約祝いをプレゼントして自分が憧れていたことをアピールしてみませんか。


婚約祝い

理想とされていたことを知れば嬉しくなる


誰しも、誰かに好意をもたれることは嬉しいことです。ただ、実際には好意を持っていることを告げられることは少ないかもしれません。「あの先輩、本当にセンスいいなあ」とか「仕事のアドバイスがいつも完璧」とかそんな同僚同士の言葉の積み重ねかもしれません。


でも その言葉の積み重ねの中にこそ自分の憧れている姿があるのです。いまはまだ「あの先輩みたいになんかなれない」と言っていたとしても自分はこっそり目指している自分がそこにいます。そんな先輩と職場を離れることはとても寂しいことですよね。 


実際、人はそれほど自分が憧れる人に出会えることは少ないのです。だからこそ、先輩上司の晴れの門出にはなにかしらのプレゼントを贈りたいものですよね。人の縁はもろいようで強いものですが、それは努力あってのこと。縁を紡いで行くためにもなにかしらカタチあるものを婚約祝いに贈りたいですね。


マーガレット柄のリングスタンド 婚約祝い


結婚祝いといえば 親族や同僚・上司からのプレゼントが一般的でしょう。部下である自分が先輩上司にプレゼントするならやっぱり婚約祝いというフレーズがよいかもしれませんね。


また、婚約祝いを贈るということは本当は自分も婚約したいという気持ちがあるのかもしれません。そうった気持ちというのは雰囲気に表れてくるものです。そうった自分に素直な気持ちも大切にしたいですね。


婚約祝い


婚約祝い

入学祝いに託す未来の夢

カテゴリー: ブログ , 未分類

孫の入学祝いに贈りたかった赤いランドセル

入学祝い


入学祝い

入学祝いといえばランドセルが定番だった。


昭和の時代はお父さんの勤め先から入学祝いとして支給されることもあった赤いランドセル。いまでは女の子のランドセルの四分の一程度しか赤いランドセルはおらず、ピンクや茶色、近年ではブルーも人気だそうです。実をいうと我が家の長女は赤いランドセルでしたが次女はピンクを選びました。それだけ個性が尊重される時代になったのかもしれませんね。


自分らしく生きることはとても大切です。その第一歩が子供自身のランドセルの色を選ぶことなら、それはとても貴重な経験かもしれません。なぜなら、その自分が選んだランドセルを6歳から12歳の多感な時期にずっと使い続けることを自ら選択したのですから、たとえその色がクラスで一人しかいなかったとしても、自分の責任で飽きずに使い続けることはなによりもよい教育になるかもしれません。


ですが、子供の個性が尊重されてランドセルの色さえも子供の好みが尊ばれるようになった今、祖父母の入学祝いもその自由が尊重されてよいのではないでしょうか。たとえば、自分の娘の子供ならランドセルを入学祝いに贈ることはなんの抵抗もないでしょう。一緒に選ぶ楽しみさえあります。でも、息子の子供に入学祝いを贈ることは、特に外孫の場合、なにかしらの遠慮があるのではないでしょうか。


入学祝い

なぜ入学祝いを贈りたいのか


子供の成長は早いものです。ついこの前 生まれたばかりと思っていたのに、あっという間にハイハイをしだして、歩いて喋って・・・気が付けば小学校入学です。そんな成長の節目が小学校への入学といえるでしょう。日本は桜の季節に入学を迎えます。祖父母自身、またその子供も桜の下 入学式を迎えたことを懐かしく思いだすでしょう。そういった懐かしい思い出とともに入学祝いを孫に贈りたいと思うのではないでしょうか。


また、入学祝いを贈ることで祖父母の存在感を表したいという思いもあるかもしれません。なんといっても成長の早い小学校6年もの間、毎日使ってくれるわけです。制服や学用品なら成長著しいその頃はもって一年がよいところでしょう。それが6年間使ってくれる、またなにかしらの折りに入学祝いとして贈ったことを思い出してくれる、などと想像さえしてしまいます。


自分のことを折りにふれ思い出してほしいと思うのは自然なことです。ましてや離れて暮らしているならなおさらのこと。逆に毎日顔をあわす間柄ならそのような入学祝いなど必要ないでしょう。ちょっと距離のある関係だからこそ入学祝いにランドセルを贈りたいと願う祖父母は多いのではないでしょうか。


入学祝い

小学校卒業後のランドセルの行方は。


最近の傾向として、小学校卒業後のランドセルを寄付する方が多いそうです。特に発展途上国に手数料がかかったとしても寄付をして役立ててほしいと願うご家族が増えてきたとか。少し前ならそんなランドセルの行方を想像すらできませんでしたが、世界は狭くなりましたね。


もちろん、リメイクして使うや収納として使う方がも相変わらず一定数います。また、卒業後しばらくは手放さなくとも時間の経過とともに廃棄するご家族もあるでしょう。それは住居スペースから考えても致し方ないことですね。ですが、自分たちのことを時々思い出してほしいと願って贈った入学祝いのランドセルは ある意味小学校卒業とともにその役目を終えてお払い箱に入ることも事実です。


自分たちが遠く離れて住んでいてもその存在を忘れずにいて欲しいと願い贈った入学祝いのランドセル。もし、そんな意味が少しでもあって入学祝いを選ぶならずっと変わらずに使え、なくならないもの。そんな桜の風景を入学祝いに贈るのもよいかもしれませんね。


桜模様の名入れテーブルランプ 入学祝い


いかがでしたか。入学祝といえばランドセルや学習机、文房具・制服など実用的なものと考えてしまいがちですが、思い出を彷彿させるインテリアも入学祝いとしてはおすすめです。


ランドセルを入学されるご家庭で購入される方も多いでしょう。お子さまの意見を尊重される方も多いでしょう。ですが、お子様だけでなく祖父母の意見も取り入れられご家族みなさまの絆が強まるようなご入学をお子様が迎えることができたらとてもいい世界になるだろうなと思うこの頃です。


入学祝い


入学祝い

卒業式に贈る親へのプレゼント

カテゴリー: ブログ

学業の締めくくりに親に伝えたい感謝の想い

卒業式プレゼント


卒業式プレゼント

卒業式の晴れ姿は、成長の証。


桜満開の季節、新しい進路を決めてその門出の卒業式の準備をする人は多いのではないでしょうか。幼稚園の卒園に始まり、小学校・中学校・高校と順調に卒業し、この春に大学を卒業する人にとっては、社会人1年目のスタートの年。今まで学費や生活費など親に仕送りや負担をかけてきた人もついに一人立ちの季節です。


もちろん、ご実家から会社に通う人もいるでしょうし、実家から遠い赴任先に向かう人もいるでしょう。なかには、海外に行く人だっているかもしれません。それもこれも自分の夢を叶えるための最初のステップ。自分の可能性を信じて大いに羽ばたいてほしいものです。


母親や父親にとっても この旅立ちの日は待ち遠しかったことでしょう。ご両親揃って子供を養育したご家庭ならまだしも、子供が成人を迎えた頃には なんからの理由でシングルマザーやファーザーになっているご家庭も少なくありません。そういった片親にすれば、子供の成長は最高の喜び。その姿が卒業式の晴れ姿となって脳裏に残る親御さんも多いのではないでしょうか。


卒業式プレゼント

卒業だと浮かれているのは二十歳まで。


高校生までは卒業することは義務教育に近いものがあり、親がかりだったといっても過言ではありません。ですが、大学・大学院の卒業となるとすでに年齢も二十歳を超え、親の有難味が十分に理解できる年齢です。学費や生活費がいかにかかったかも充分に理解できる年齢です。


そんな今までお世話になった父親や母親に卒業を記念してなにかプレゼントをしてみてはどうでしょうか?「卒業するのは自分だから祝ってもらうのは当たり前」という考えは二十歳まで。社会人を目前として、今まで自分を支えてくれた人たちに感謝の想いを伝える日を卒業式の日とするのもよいものですよ。


それは学校を卒業すると同時に親からも卒業するという宣言にもなります。学生から社会人になった時点で、親は一生尊敬するべき人であると同時に社会人として対等に接するべき存在となります。ご自分の職業選択の時点で親の職業がなにかしら自分が選んだ職業の理由になっていることはありませんか?


学校の先生の子供が教師に、政治家や医者の子供が地域のリーダーや医療従事者になったり、専業主婦の母の背中をみて料理研究家を目指したり、自由業の親をみて幅広い視野でフリーランスという道を選択したり、自分自身が気づかないうちに親の職業感を見て育った子供時代。それを纏って社会に出るのです。そして今度は親の受け売りでなく、自らの職業観を育ってて行かねばなりません。それこそが社会人になるということなのです。


卒業式プレゼント

親に贈る卒業プレゼント


親のプレゼントを贈るのは誕生日や父の日、母の日、クリスマスなどがあるでしょう。ですが卒業に贈るプレゼントは特別の意味を持っています。経済的にも精神的にも卒業することを意味し、そしてもちろん今までの感謝の想いも伝えるわけですから、花束やスイーツなど残らないものより、なにかした記念に残るものがいいですね。


残らないものを贈ることはとても勇気のいることです。その今の想いがカタチとなってあるわけですから、逆に記念に残らないものを贈ることが気は楽でしょう。ですが、父親、母親にすればそんなカタチは結局カタチだけであって、その心意気が嬉しいというものです。


そしてそんな風に大人びて成長した我が子を誇りに思うことでしょう。実際は社会にでて なにもかも順調に行くことばかりではありません。早々に転職するかもしれないし、人間関係につまづくかもしれないし、ストレスフルの日々を送ることになるかもしれません。ですが 父親も母親も決して今までと変わらず、あなたを支えてくれると思うです。その支えがあると思うからこそ、人は大きく羽ばたけるのです。


そんなどんな時も支えてくれる父親や母親への卒業のプレゼントにテーブルランプはいかがでしょうか。ランプの灯りが灯るとき、その都度ごとに父親も母親もあなたのことを思い出すでしょう。 卒業式プレゼント


いかがでしたか。卒業祝いといえば、プレゼントされるものと思う卒業生。確かに、卒業をキッカケに部活動の後輩やアルバイトの先輩など または恩師からも卒業プレゼントを贈られるかもしれません。そして父親や母親に卒業プレゼントを贈ることは、とてもサプライズなことかもしれません。でも、そのサプライズこそがプレゼントの醍醐味であることを信じて、自らの卒業式にプレゼントを贈ってみませんか。父親、母親の驚く顔とその眼差しはあなたにとっても宝物になることでしょう。


卒業式プレゼント


卒業式プレゼント
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
088-695-4489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地