還暦祝いに名入れグラスのプレゼント

カテゴリー: ブログ

還暦祝いに贈る名入れグラス

還暦祝い


還暦祝い

還暦祝いは大人のお誕生日会


小さい頃にお誕生日会をご両親に開いてもらったことはありませんか?学校の友達を呼んだり、家族で少し豪華な夕食を囲んだり、もちろんバースデーケーキも食べたり・・・それがいつごろからか開かれなくなり 自分の誕生日といっても友人たちと騒いで終りというかんじに。


もちろん、いまも変わらずお誕生日会を開いているご家族もあるでしょう。特になにかはなくともケーキだけは、というご家族もいることでしょう。でも、ご両親のお誕生日会となると開いた記憶がない人も多いのではないでしょうか。


どんな会でも、主催する人と招かれる人がいます。小さい頃からお誕生日会をしていたご家庭は主催する人がご両親で招かれる人が子供。そんな状況が生まれたときから続いてきたなかで立場が逆転するのは難しいといえるでしょうね。だからこそ還暦祝いを境にご両親に大人のお誕生日会を開いていただきたいのです。


還暦祝い

60歳の還暦を過ぎれば、あとは10年後の70歳の古希祝い。


還暦とはいってもご両親のお誕生日会となれば億劫になるかもしれませんね。なぜなら、それは親が老けたことを認めることになるからです。最近では60歳を過ぎても現役で会社員を続けたり、スポーツやボランティアと元気に動く60歳がたくさんいます。そんななかで還暦という言葉だけが年寄くさく感じるかもしれません。


それがご両親の還暦祝いのお誕生日会を遠ざけている理由かもしれませんが、この還暦祝いのチャンスを逃すと次は10年後の70歳になるのです。自分自身の10年後も想像できない20代ではご両親の70歳の姿など想像することさえ難しいでしょうね。


毎年開かれていた子供の頃のお誕生日会と違い 大人のお誕生日会は節目の年齢だけでよいと思うのです。 60歳、70歳 次は77歳・80歳・88歳と節目のお誕生日は続きます。その時々のお誕生日会が大人にはちょうどよい間隔だと思うのです。


還暦祝い

いつも同じものを贈る


子供のお誕生日は1歳の時と10歳の時ではその誕生日プレゼントはまったく違うものになります。それは子供が成長するので洋服のサイズも変わったり、読む本の内容も変わったりします。


ですが、60歳も70歳も逆に洋服のサイズも変わらないし、読む本だって そう変わりません。逆に変わらないように現状を維持する努力をするのが大人です。 


なので、大人の誕生日プレゼントは第一回目の還暦祝いとなにかしら少しだけ変えてほぼ同様のものをプレゼントするといいかと思うのです。そうすることで、ご両親自身も「以前と私は変わらないはずだ」とちょっと自信をもったりするのではないでしょうか。


還暦祝い


当店の名入れグラスでも日付やタイトルだけを変えて節目のお誕生日ごとにプレゼントされる方がたくさんいらっしゃいます。毎年プレゼントされる方もいらっしゃいますし、なにかしらライフイベントがあった(子供の結婚とか出産とか)時に贈られる方もいます。


それはその年の持つ意味があってよいプレゼントだと喜ばれています。実際に60歳をこえると自分自身の変化より子供や孫の成長に伴う変化を見守ることが楽しみになるものです。そんな優しいご両親に第一回目の大人のお誕生日会を家族みんなで祝ってみませんか。


還暦祝い


還暦祝い

父に贈る退職祝いのメッセージ入りグラス

カテゴリー: ブログ

退職するお父さんに感謝の想いを刻んで。

退職祝い


退職祝い

感謝の想いをカタチに。


ずっと頑張って仕事を続けてきたお父さんが退職するとなれば家族としてなにか退職祝いを贈りたいものですね。


人気なのは いままでスーツばかりだったお父さんへ普段着使いのポロシャツやカジュアルウエア、また趣味の品や新たに運動を始めてという想いをこめてスポーツ用品なども人気のようです。


でもあなたが一番贈りたいのは感謝の気持ちではないでしょうか。たしかにこれからはいままでと違ったタイムスケジュールで過ごすお父さんに新たな生活への贈り物を退職祝いとして贈りたい気持ちはわかりますが、退職する間際までが仕事を頑張る男の姿。なので退職した早々に新たなものを用意するより、まずは感謝の想いを伝えたいものですね。


退職祝い

想いをこめた手紙やメッセージ


退職祝いは決して高価なものがいいわけではありません。感謝の想いを伝えたいわけですから手紙やメール、簡単なLineからのメッセージでもよいと思うのです。きっとそのメッセージはお父さんにとってかけがえのない退職祝いとなることでしょう。


最近ではそんな言葉を絵にしたり、書にするサービスもあるようです。メールや手紙だけでは退職祝いを贈った気にならない贈り手側の気持ちを汲み取ったサービスなのでしょうね。また感謝の想いは言葉だけで十分、きっとわかってくれているという想いもあるのかもしれませんね。


でも、本当はお父さんへの感謝の想いを言葉として残すのが照れ臭いと感じているのかもしれませんよ。家族のものが贈った品はどんな些細なものでも大切にしまっておいてくれるお父さんを知っているからこそ余計に照れてしまうのかもしれませんね。


退職祝い

記憶は風化するからこそカタチに残そう


どれだけ「大事なことは忘れずに覚えておこう」と思っても時として忘れるものです。また逆に美化したり風化したりもします。よくあるのが以前好きだったお店の味が久しぶりに行くと違って思えたり、歩いていた時は広いとおもっていた道も車で走ると狭く感じたり。


大切なメッセージも同じこと。ありがとうと一緒にいくら感謝の想いを述べてもその感謝の言葉は本や雑誌の言葉にすり替えられたり、記憶の引き出しの奥深くにしまわれたりします。 


なにかを残すことはとても照れてしまうことです。でもお父さんの退職をねぎらう感謝のメッセージはどんなカタチでもいいので残したいものですね。そのメッセージはちょっとしたことでもいいのです。でもそのカタチになったメッセージを見るたびにお父さんの頭のなかにはその感謝のシーンが鮮明に蘇ってくることでしょう。


退職祝い


人は年齢を重ねるたびに思い出に浸ることが多くなります。若い時はなにをみても目新しくそのことを覚えたり挑戦したりしますが、年配になるとそうしたことが億劫になったりします。スマホの機種を古い型のまま使うのと一緒です。慣れ親しんだものほど愛おしく感じるようになるのです。


退職祝いのメッセージをカタチにしたものがいますぐにお父さんの思い出になることはないでしょう。でも十年、二十年と時が経つほどにその記憶は鮮明となり 大切な思い出の一部となることでしょう。そんな退職祝いのメッセージをカタチに残してプレゼントしてくださいね。


退職祝い


退職祝い

おしどり夫婦のふたりに金婚式のお祝いを。

カテゴリー: ブログ

絵にかいたようなおしどり夫婦のおふたりに

金婚式祝い


金婚式祝い

50年連れ添ったふたりに敬意をこめて


人生の大半を一緒に過ごして金婚式、結婚50周年を迎えるふたりに家族から金婚式のお祝いをプレゼントしませんか。一言で50年といってもその道のりは気の遠くなるような年月。子供や孫でさえ知らない二人だけの生活の歴史があるはず。そんな歴史を敬意をこめてお祝いしましょう。


いつも仲がよいように見えてもお互いになにかしら不満に思うこともあったはずです。でも、そこを上手に乗り越えてきたふたり。ある意味、人生の達人といってもいいでしょう。


ひと昔前なら二人が寄り添うという関係よりもどちらか一方のパートナーが頼り切っているという感じのご夫婦が多かった気がします。でもいまは80歳を超えてもお互いが平等であることを大切にする老夫婦が増えているようです。そしてまさしくそういった夫婦のカタチが私たちの目指す夫婦の在り方かもしれませんね。


金婚式祝い

おしどり夫婦が理想の在り方


仲良し夫婦であることは他の人からみても感じがよいものです。若い時からずっと仲良し夫婦であることは望ましいことですが、逆になかなかできないものですよね。


でも、そんな夫婦の在り方を支えてきたのは夫婦ふたりだけではなく私たち家族や周囲の力かもしれません。長い時の流れのなかでお互いを思いやれない時期もあったかことでしょう。ですが、子供たちや職場の仲間、趣味の友達や環境がお互いを思いやれない時期を支えてきたのかもしれません。


金婚式祝い

支える立場から支えられる側に。


結婚50周年は本当におめでたいことです。最近では市区町村で金婚式やダイヤモンド婚式のお祝いの会が催されることも多くなりました。その背景には 長年連れ添ったお二人を敬いたいという気持ちと同時に支える自分たちが支えられていると思うことが多くなってきたからではないでしょうか。


簡単に離婚できる時代です。シングルライフも気楽なものです。以前よりそういった生き方を肯定してくれる風潮や社会保障も充実してきました。でも仲良しのご夫婦は近くで見ているだけでも 心がほっこりしてきます。できることなら自分たち夫婦もそうなりたいと思うこともあるのではないでしょうか。


そう思う心が夫婦の絆を深めると思うのです。思いやれない時期もあるでしょう。まわりに振り回される時期もあるでしょう。そういったことを乗り越えて得られるもののなかに夫婦だからこそ得られる幸せもあると思うのです。


金婚式祝い


夫婦二人の幸せが本当は周りの人を幸せにします。なぜならその姿を目指そうと思うモデルになっているからです。


夫婦にはいろんなスタイルがあると思います。仲良しという概念は周りが作るものでなく夫婦だけがわかることもあります。でも、50年連れ添ったご夫婦はどんなスタイルであれ仲良しです。そんなご夫婦を祝って金庫式のお祝いを贈ってみませんか。


金婚式祝い


金婚式祝い
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
088-695-4489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地