結婚記念日に贈る、名入れのプロが教える最高のプレゼント

カテゴリー: ブログ

結婚記念日のお祝いに名前入りプレゼントを贈ろう


結婚記念日のお祝い


結婚記念日のお祝い

結婚記念日祝いに名前入りプレゼントが喜ばれる理由


毎年訪れる結婚記念日。数年も経つと「今年は何を贈ろうかなあ」と悩んだりや、「子供がいるからもういらないかも」なんて思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。でも、それは絶対考えてはいけないことですよね。借りに、なにかの都合で忘れたりしたとしても、必ずお誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントで挽回してほしいもの。それが結婚生活を長続きさせる秘訣でもあると思うのです。


小さな花のブーケ1つ、ショートケーキ1つでもよいのです。ぜひ奥様にロマンティックなプレゼントを贈ってくださいね。たとえばカラフルな花のブーケとインテリアにもなる観葉植物、かわいいショートケーキと美味しいそうなお弁当、どちらも植物にはかわりないし、食べ物としても変わりはない。お値段だって カロリーだって同じ程度。でも、二人がお付き合いしていた頃は屋台のおでんやさんとお洒落なイタリアンのパスタが同じ値段であったとしても、お付き合いの最初の頃はお洒落なイタリアンに行っていたはずです。


もちろん、お付き合いも長くなると居酒屋やおでん屋さんも増えてくることでしょう。ですが、ずっとそればかりでは生活から華やかさがなくなってしまうと思いませんか。日々の暮らしは、定番化されたものであっても 記念日には少し暮らしに彩りをつけてほしいと思うのです。


普段は「妻」やママ、お母さんの役割を果たしていたとしても結婚記念日と誕生日には「恋人」時代の自分に戻りたいと思うのは女性の願いでもあると思うのです。それもその日一日中 そうゆう気分になれるわけでもなく、そんな気分にしてくれるのは「夫」からプレゼントを贈られた時ではないでしょうか。


そしてそんな気分にしてくれるのが名前入りプレゼント。ここ数年プレゼントを贈るのが遅れていたなあと思う男性にこそ、今年の結婚記念日こそは贈っていただきたいと思うプレゼントです。


結婚記念日のお祝い

妻でなく「恋人」に戻ったキモチ・・・・


妻が恋人に戻る瞬間、そうそれは笑顔になる瞬間です。名前入りプレゼントを手にして、恋人時代に呼ばれていた呼び名がそのプレゼントに刻まれていたなら どれほど嬉しいことでしょう。キモチが以前に戻るということは生活スタイルも少し前に戻るということ。


たとえば、普段は帰りが遅くて待ってくれていない晩御飯を、帰ってくるまで食べるのを待っていてくれたり、朝早い日でも朝食を作ってくれていたり。いつもより品数の多い夕食や晩酌の付き合いなど。誰だって、自分に好意をもってプレゼントを贈ってくれた人にはなにかしら優しい気持ちで接するものです。そのプレゼントが普段の生活の中にあるものだと確かに実用的ではあるのですが「華やかさ」に欠けます。そうなると接し方も優しい気持ちがあまりでてこず、普段どおりになるのも仕方ないと思いませんか。


夫が妻へのプレゼントに照れてしまえば照れるほど、妻も同様にその照れくささを感じて優しきキモチになると思うのです。それほどプレゼントの力は偉大なのです。まずは一度名入れプレゼントに挑戦してみませんか。


結婚記念日のお祝い

愉しい日々の生活があってこその人生


誰だって、ギスギスした時間を共に過ごすのはイヤですよね。その場から逃げてしまいたくなります。たとえばケンカした次の日の朝はいつもより出社時間を早めたり、帰宅だって遅くなりがち。でも、愉しい日々の暮らしの積み重ねこそが豊かな人生を作るのです。そんな二人の潤滑油が結婚記念日に互いに贈り合う結婚記念日のお祝いであったり、誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントであったり。記念日はどんなときもより仲良くなれるチャンスの日。そんなチャンスの日の結婚記念日に贈るときに名入れするポイントをまとめてみましたので、参考にしていただければ幸いです。


妻の名前の名入れはファーストネームや結婚前の呼び名で。

いつ贈る時であっても結婚の日付を入れることはあり。

Wedding Anniversary や Happy Weddingのタイトルは無くてもいい。

子供がいても、妻と夫の名前もしくは妻だけの名前を刻印する。


いかがでしたでしょうか。とくに4番目の結婚記念日の夫から妻へのプレゼントを妻が子供に自慢しているシーンはとても心が和みませんか。それが女の子なら「将来はお父さんのような人と結婚したい」なんてお母さんに耳打ちしているかもしれませんよ。


そしてこの次にあなたがこのサイトを訪れてくださるときは、長く続く結婚生活が金婚式(結婚50周年)を迎え子供や親族からお祝いをいただき、そのお返しのお祝いを探しにふたたび訪れていただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、ご夫婦の絆が強まることを心よりお祈りしております。


結婚記念日のお祝い



結婚記念日のお祝い


開店祝いに、名入れのプロが教える名前入りギフトを選ぶコツ

カテゴリー: ブログ

開店祝いに、名前入りギフトを贈ろう


開店祝いに名前入りギフト


開店祝いに名前入りギフト

開店祝いに名前入りギフトが喜ばれる理由


開店祝いといえば、すぐに思いつくのは胡蝶蘭や鉢植えされた観葉植物。どれも、その地で根付くようにと願いを込めた縁起ものの贈り物ですよね。ほかにも開店当初はお祝いのお客さまも多いのでお茶菓子や茶器、時計といった事務所やお店に必要なものを贈られる方が多いのではないでしょうか。


ですが、それは新築祝いも同じことなのですが、 人の目に触れるところには、自分のセレクトしたものを置きたいと思うのはお店の開店や事務所開きでも同じこと。スタイリッシュな設計事務所なら洗練されたインテリアを、つい手を出してしまいそうになるパン屋さんなら温かみのあるプレートを飾ってほしいもの。そこにはオーナーさんらしさが出ているはずです。


そんな開店祝いなのに、なぜ名前入りギフトが喜ばれるかというとそれは会社名や店舗名はそのオーナーさんが一番考えて抜いて決めたものだからです。どんなものも、その名前があっていろんなことが決まってきます。だから名前入りのギフトは出産祝いのごとく、喜ばれるのです。


開店祝いに名前入りギフト

一生懸命に考えた名前に込める想い


人の名前であろうと、会社の名前であろうと必ず名づけ親のような存在はいます。それが占い師であれ、士業のように自分の名前をいれなくてはならないような名前であれ、そこにはなにかしらの強い意志が込められているはずです。 その意志をくみとり、賛同した方たちがお客様になるのですから、名前はとても大切なものです。


そんなお名前の入った開店、開業祝いを贈られたなら誰しも嬉しくなるはずですよね。ましてや開業年・開店年が入っているとそれだけでそれは歴史を語る品になるはずです。そして、そんなプレミアムな品を贈ってくれたあなたのことをきっと忘れないでしょう。


開店・開業するにあたり、またそのお祝いをする人はなにかしらご縁があってのお祝い品を贈る関係になります。例えば、事務所の先輩や後輩が独立した、またその店舗の設計にあたり自分の事務所が担当したなど、開店・開業に伴いご縁が切れてしまう関係ではない方が贈られることが多いのではないでしょうか。


事務所の師弟関係なら独立後も面倒な案件ではお世話になることもあるかもしれないし、施工業者ならリフォームとまではいわずともメンテナンスでお世話になる可能性だってあります。そんな引き続きのご縁の証としても、名前入りギフトは喜ばれる記念品なのです。



開店祝いに名前入りギフト

一番乗りで贈りたい名前入りギフト


お店の名前というものは、最初は印鑑程度しかなくとも、封筒や看板・制服や紙袋などいろいろ増えてくるものです。ですが、最初は本当に印鑑と看板しかないものです。だからこそ、開店・開業当初に名前入りギフトを贈ることが喜ばれるのです。そんな名前入りギフトを名入れする際に気を付けるポイントがありますので まとめてみました。参考にしてみてくださいね。


名入れするものは紙やガラスなど存在感が強くないものがよい

少なくとも開店・開業年はいれる

明るい言葉のメッセージなどをつける

お店のイメージにあった書体で名入れをする


いかがでしたでしょうか。3番目の明るい言葉のメッセージは「Best Wishes(幸福を祈って)」や「Shining Future(光輝く未来を)」などが望ましいでしょう。これが数年経つと、感謝のメッセージがよいと思うのですが、開店当初はできるだけ明るい言葉がよりのではないでしょうか。また、4番目の書体も業種のイメージもありますから、その業種にあったものがいいと思います。士業なら楷書体の方が手堅い感じがして安心できますものね。


そしてこの次にあなたがこのサイトを訪れてくださるときは、開店して10年、節目のお祝いの品を探しにふたたび訪れていただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、ご商売繁盛の記念となるような幸運をよぶお祝い品 が贈れますよう心よりお祈りしております。


開店祝いに名前入りギフト



開店祝いに名前入りギフト


還暦祝いに喜ばれる名入れギフトの選び方のコツ

カテゴリー: ブログ

還暦祝いに喜ばれる名入れギフトを贈ろう


還暦祝いのギフト


還暦祝いのギフト

還暦祝いに名入れギフトが喜ばれる理由


60才の還暦祝いといえば、20才の成人式以来40年ぶりの節目の年齢のお祝い。ご家族はもちろん、親族の方もみなさまお揃いでお祝いしたいものですよね。ですが、最近の60歳といえばまだまだ若く、退職年齢の延長もあったりでいまさらながらの「赤いちゃんちゃんこ」を贈る方は少ないかもしれません。


そこで最近、還暦祝いに人気なのが名入れギフトです。お酒のボトルに名入れしたり、似顔絵や名前の詩などいろんなものに名入れできるサービスがあります。以前ですと万年筆や傘など、インテリア的なものよりも「持ち物への名入れ」という考えがつよかったのですが、<今ではデザイン性も高まり、名入れできる素材もガラスやステンレス、陶器への絵付けなどさまざまなものに行われています。「これなら喜んでもらえる!」と思うものを選んでぜひ名入ギフトに挑戦してみてくださいね。


「名入れギフト」をお薦めする理由に、喜ばれる理由が「父の日」や「誕生日祝い」といった形式のお祝いと趣旨が違うという点があります。「父の日」や「誕生日祝い」は毎年巡ってきますよね。そこには日頃の感謝の気持ちを伝えるものを贈ることが一番望ましいでしょう。ですが、「還暦祝い」は、次の古希のお祝いまで10年、一般的な喜寿のお祝いまでも17年あるのです。お祝いとしての重みも毎年のお祝いとは一線を画すものとなります。



還暦祝いの名入れギフト

長寿と健康を願う気持ちの贈り物


60才代にさしかかると体の衰えというより、女性なら更年期障害など心身ともに大きな変化がある年代です。それが目に見えないのは普段からご本人が体のメンテナンスに気を使っているからであって、誰しもなにかしらの変化があります。


そんな心身の変化をサポートするのは家族の大切な役目。ですがサポートといっても急に「スポーツをしよう」とか「お出かけしよう」といったものではなく、遠くで見守るだけでよいと思うのです。そうやって自分を気遣ってくれていると感じることがすでにその年代にとっては嬉しいことと思うのです。


仮に満員電車やバスで席を譲られたとしても60歳代、70歳代の方でそこに座る方はあまりいないのではないでしょうか。逆に、一日立ち仕事をして疲れていたり、営業でクタクタの30歳代や40歳代の方が心の底では「席を譲ってほしい」なんて思っているかもしれません。


それとおんなじぐらいの表には出ない心の底の声が60歳代では時として「自分は健康や体力は大丈夫なのかな」と思う時があるのです。そんなときに還暦祝いで贈られた家族皆、あなたが元気そうに見えても60歳だと知っているというメッセージは心強くもあり、「今年は健康診断に行こうかな」と無理せず自分の体のメンテナンスに時間やお金を費やせると思うのです。


60才をごえている親に「いつまでたっても若いのだから」と、家族や子供が甘えてしまうと親はいつまでたっても頑張ってなくてはなりません。それでは対等な親子関係とはいいがたいですよね。お互いを支え合うのが一つの家族のカタチ でもあるのですから、そんな親子の絆を確認しあうためにも還暦のお祝いを贈ることはとてもよいチャンスだと思うのです。


還暦祝いの名入れギフト

親子の絆を深めるお祝いだからこそ


お友達や会社の同僚と違い、家族・親子間ならではの還暦のお祝いの仕方があります。それは家族だからこそ、「還暦のお祝い」に 一緒に旅行に出かけたり、お祝いの宴席を設けたりとすることです。そういった思い出はご家族またご本人にとってもかけがえのない貴重な思い出となることでしょう。


ですから、還暦のお祝いの名入れの品もあくまでもそういった思い出をサポートするものが一番よいと思うのです。その宴席で渡した名入れギフトをその場ですぐ使う。たとえば、湯呑やグラス類、ワイングラスとかも洒落ててよいかもしれませんね。また、そのお祝いの席で集まった家族全員の集合写真をその名入れギフトに入れてすぐにプレゼントする。その場合は家族皆がの写真が納まる名入れのフォトフレームや名入れの額がよいかもしれません。


そんなお祝いの席ですぐに使える名入れギフトの名入れのコツをまとめてみましたので、参考にしていただければ幸いです。


還暦祝いという文字がなくとも大丈夫。

10年、20年とこれから先も使ったり飾ったりできるものを。

お誕生日は西暦で名入れする。

明るい未来を想像する言葉を入れる。


いかがでしたでしょうか。4番目の「明るい未来」とは、「ずっとお元気で」や「いつまでも若々しく」など簡単なメッセージでよいと思うのです。ですが それを繰り返し見ることで、キモチが元気になったり若々しくいようと思っていただけたなら、そうゆう気持ちになってくれたことも一つのプレゼントのカタチですよね。


そしてこの次にあなたがこのサイトを訪れてくださるときは、無事の還暦のお祝いをすまされたご家族の次の古希祝い(70歳)のお祝いを探しにふたたび訪れていただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、ご家族の絆が強まる還暦祝いのお品 が贈れますよう心よりお祈りしております。


還暦祝いの名入れギフト



還暦祝いの名入れギフト


最近の記事

カテゴリー

シーン別

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地