孫が贈る結婚50周年のお祝いプレゼント

カテゴリー: ブログ , 未分類

孫から贈られる幸せ。

孫が贈る金婚式祝い


孫が贈る金婚式祝い

家族の幸せを実感!結婚50周年のお祝い。


昔から「孫は目に入れても痛くない」などといいますが、子供と違って無条件に可愛がれる存在に孫がいます。もちろん、両親にすれば子供も大切な自分の一部ですが、子供と共に成長してきた自分を顧みる時、なにかしらの反省すべき点もあり、やはり孫との接し方のように素直になれないものがあったりもします。


そんな無条件で可愛がってきた孫から自分たちの結婚50周年のお祝いをもらえたらなら、それはなんと嬉しいことでしょう。孫の成長が嬉しいとともに、素直に育ってくれた孫に対して、その両親でもある自分たちの子供にも感謝の念をいだくことでしょう。


結婚50周年のお祝いは、お祝いされて当たり前のごとく神聖なお祝いですが、実際には子供や孫が居ずに結婚50周年を迎えられるカップルも多くいることでしょう。また、仮りに子供や孫がいたとしても、結婚50周年を覚えられてなかったり、すでにシングルになってしまったカップルもいるかもしれません。それだけ貴重な結婚50周年のお祝いだからこそ、家族みんなでお祝いしたいものですね。


孫が贈る金婚式祝い

ちょっと自慢できる自分の人生


そんな結婚50周年を迎えたご両親、祖父母に、子供達や孫たちからすれば、お二人が元気なら食事会や旅行をプレゼントすることも多いのではないでしょうか。最近のシニア世代、結婚50周年を迎えられるなら、70代後半か80代前半でしょうが、まだまだ若い方も多いでしょう。逆に趣味にボランティアにと忙しいぐらいの方もいらっしゃるのではないでしょうか。


そんな多趣味で交友が広いシニア世代の方にこそ、ちょっぴり結婚50周年を迎えられたことを自慢できるプレゼントを贈ってはいかがでしょうか。お食事や旅行も記念に残るプレゼントですが、その家族の楽しそうな写真をスマホやケータイでお友達にみてもらう、というのは気恥ずかしいものです。それよりも、お家を訪ねた友人が「ステキな写真ですね」と声をかけてくれるような写真立てにそのベストショットを収めてみませんか。


そして「結婚50周年おめでとう 子供・孫より」と刻んだフォトフレームはとても品のある贈り物になると思うのです。結婚50周年を迎えることは、一昔と違いとても貴重なことです。平均寿命が延びたからといって得られる幸せではありません。いろんな幸せが重なり合って迎えることができる大きな喜び。その幸せのシーンを写真に残して、部屋に飾ってもらえたなら、それはご家族みんなにとっても幸せなことだと思うのです。そしてその写真をみるたびに結婚50周年を迎えられた老夫婦が、自分たちの結婚生活は色々あったけど後に引き継げた幸せな人生だと、時折思ってくれたら それこそが最高の結婚記念祝いになることでしょう。


孫が贈る金婚式祝い

孫ができる祖父母孝行


結婚50周年を迎える両親の子供達からすれば、親孝行は当たり前のことで、幼い時から「母の日」や「父の日」にプレゼントしたり、結婚25周年や結婚30周年という節目の結婚祝いにはすでに子供達一同として、結婚祝いをプレゼントしてきたかもしれません。


しかし、孫が自らの意志で祖父母にプレゼントを贈る機会はそうたくさんありません。幼い時は両親に云われてプレゼントをしたことがあったかもしれまえんが、祖父母が結婚50周年を迎える頃は、子供達が40歳後半なら、孫たちは20代前後の年齢。自分たちの稼いだお金で、自分たちの意志で祖父母にプレゼントできる年齢です。あの「目に入れてもいたくない」ほど可愛がってくれた祖父母に祖父孝行してみませんか。


気が付けば、そんな恩返しができる期間が短いのも祖父母たちです。孫として祖父母がいたから、二人が結婚してくれたから私たちがいるそんな、当たり前の感謝の想いを言葉にして伝えてみましょう。


私からの提案は、ベストショットが飾れる写真立て。子供・孫一同の言葉を刻むことを忘れずに。 孫が贈る金婚式祝い


いかがでしたでしょうか。祖父母の存在というのは成長するにつけ忘れてがちですが、幼い時は自分の心の安全基地であったりもします。おじいちゃん、おばあちゃんに育てられた子は心も安定しているとか。いまでこそ核家族化が進んで、1年に数度しか祖父母と会わない孫たちも多いことでしょう。


でも、実は生まれたての頃は、仕事で忙しい両親の代わりに祖父母によくお世話になっていたり、また孫の世話をしに祖父母が出向いてくれていたりしたのを、忘れてしまっている時間がたくさんあるのではないでしょうか。そんな時間の隙間をこの結婚50周年のプレゼントを贈る際に紐解くこともステキなプレゼントの在り方と思います。


そして、このプレゼントを贈った時に 祖父母から「いいプレゼントをありがとう」と一言云ってもらえたらなら、ご両親も孫であるあなたを存在を誇らしく感じることでしょう。どうかこのプレゼントがご家族の絆を深める贈り物になりますように。 孫が贈る金婚式祝い


孫が贈る金婚式祝い

60代の男性に贈る退職メッセージ

カテゴリー: ブログ

共に頑張ってきた仲間に

60代の男性退職者メッセージ


60代の男性退職者メッセージ

60代で退職を決めた男性に。


昔は終身雇用という言葉がまかり通っていて 学校を卒業すると同じ会社で定年(当時は60代位)まで働くというのが一般的でした。今も同じ仕事を繰り返して技術を磨いたり、知識を深める分野では終身雇用は当たり前のことかもしれませんね。


企業は賃金を払って、その人の能力を買い、そして高め、製品や商品、職場にそのノウハウを乗せて行くわけですから、大切に育てた技能を持った社員が転職をするのは企業にとって損失になります。ゆえに、最近では60代の定年退職を迎えた人に継続を雇用をお願いしたり、上級職であれば会社が変わってもそのノウハウをグループ企業に活かすために、再雇用というカタチをとったりと色々施策しているのではないでしょうか。


でも60代で迎える「退職」という言葉は、たとえ再雇用されると決まっていても重みがあります。勤めていた企業から継続雇用をお願いされることはとても有難いことだと思います。私の父も学校の教員でしたが、60代の退職の折りに継続雇用の打診がありましたが、全て断り農業を始めました。


それほど、特に男性にとっては60代での退職は、今後もその仕事を続けて行くかまたは体力や社会との繋がりが残っているうちに第二の人生を始めるかの重要な節目。きっとそれは60代の男性特有の退職に対する悩みごとかもしれませんね。


60代の男性退職者メッセージ

継続雇用も独立開業も、なにもしなくても正解。


男性に比べて 女性は結婚や出産、育児の始まりや終わりなどライフステージか変わるタイミングが男性より多くあると思います。その都度 女性は悩みある時は就職したり、起業したり、また専業主婦の道を選択することもあるわけです。


ですが、今の60代の男性で退職を迎えようという方は、「家庭を守らなければならない」や「企業戦士として24時間頑張る」といった時代を会社員時代に過ごしてきました。そして、迎えた定年60代で会社を退職するかどうかが初めての選択という男性もいるのではないでしょうか。


実際は、妻であれ 家族であれ、その選択の正解が分かる人はおらず、またそのような責任を持つこともできません。すべて自分の判断に委ねられるのですが、唯一 応援メッセージを贈ることができるのは、同期入社の同僚や同じ職場の上役、または部下でしょう。そのメッセージは、きっとその後の進路を見つけ 踏み出す大きな原動力となることでしょう。


60代の男性退職者メッセージ

メッセージが作るパワー


「誰かの一言が、自分の背中を押した」というのはよく言われる言葉ですが、実際はその準備は自分のなかですでに出来上がっており、その想いが言葉の端々から溢れ、それを汲み取ってくれた同僚、仲間、家族のメッセージだからこそ「その一言」があったのだと思います。


自分を一番理解してくれるのは やはり同じ釜の飯を食ってきた仲間ではないでしょうか。特に職場は長時間同じ時間を共にする仲間です。また、同じ課題に向かって考えたり、作り上げてきた仲間です。そんな仲間からのメッセージはなによりも心強く その後の進路を歩むパワーを与えてくれることでしょう。


同じ年代、同じ性別、同じような環境にいたからこそ発せられるメッセージがあります。そのメッセージに心の耳を傾ければ、その後の人生も充実したものになると思うのです。もちろん、家族や職場からの「長年、お疲れさま」や「お世話になりました」といったメッセージもそこには退職に向けての感謝の想いがあり、それと同様にその前後の文脈にこそ、本当の意味でのメッセージが込められているのかもしれませんね。


私からのお薦めは本を開くように、人生のページをめくろうのブック型ペーパーウエイトが退職祝いのお薦めです。 60代の男性退職者メッセージ


あなたの周りにも退職について悩んでいる60代の男性はいませんか?昔よりも転職が気軽になったとはいえ、60代の考える転職は若い人と違い、夢の実現や自分への挑戦といった意味が含まれているように思います。そんな想いを汲んで、あなたからのメッセージを届けてみませんか。


人生100年時代と呼ばれるようになりました。60代はまだまだ人生の折り返しを少し曲がったぐらいのところ。人は時として誰かのメッセージを待っているものです。それがまったく違う答えであったとしても、自分の都合のいいように解釈して、人はそのメッセージを受け取ることでしょう。どうかあなたからのメッセージが、大切な仲間の背中を押す「その一言」になりますように。そして、「あの一言があったから、今の自分があるよ」と大切な仲間から云ってもらえたら とても幸せですね。


60代の男性退職者メッセージ


60代の男性退職者メッセージ

社会にデビューする娘、息子たちへ

カテゴリー: ブログ

家族として過ごしてくれてありがとう

社会人デビューのお祝い


社会人デビューのお祝い

この春、一人暮らしを始めるあなたへ


幼い手を握り、「大丈夫だよ」と公園デビューした日は遠く、弥生3月には 仕事や進学で家を出て一人暮らしを始める人も多いのではないでしょうか。親の心配というのはいくらインターネットが普及したところで変わらぬもの。旅立つ本人より、残される親の方が心配のタネは尽かないものです。


思い返せば、寝返りできただけで一喜一憂し、そして学校での成績や身体の成長など、365日24時間心配し見守り続けてきた子育て。でも、その旅立ちの時には 親にもプライドというものがあり、涙はみせたくないものですね。


云いたい事は山のようにあるけれど、言葉にすることは難しいとはこうゆう時ではないでしょうか。未来に向かってワクワクしている娘、息子たちにかける言葉は「悔い無きように楽しんで」。本当は「野菜もたべて」や「ご近所と仲良く」、「たまには帰っておいで」などなど。いままで大切に育ててきただけに、一人での大丈夫だろうと思う反面、自分たちの子育ては大丈夫だったのかと試されているような気持ちになったりするものです。


社会人デビューのお祝い

言葉の代わりに伝えたい想い。


どれだけ言葉を重ねても、その親の想いを伝えることはできないでしょう。今、自分たちの娘、息子たちは目の前に広がる未来に向かって気持ちはただ前進あるのみ。そんな時こそ慎重に、と思う親心とは裏腹に新しい生活に胸躍る日々ではないでしょうか。


そんな子供達の姿を目にする時、寂しさ半分また前向きに挑戦しようとする子供達の姿を誇らしく思うことでしょう。公園デビューした頃は、親の手が離れるだけで泣いていたのに、気が付けば せっせとお砂場で一人遊びを始め、同年代のお友達と仲良くなったり、日が暮れて暗くなるまで公園で遊び続けていたり・・・そうやって成長してきた過程を知っているからこそ、心底その社会人デビューを応援できるのかもしれませんね。


でも、本当に困った時は相談していいよと伝えるのは大切なこと。それがこの社会人デビューの瞬間でしょう。「困ったとき」というのは、焦ってしまうもの。そんなとき、親の顔を思い出す、家族の存在を思い出す、そんなアイテムをこの社会人デビューの記念に贈ってはいかがでしょうか。


社会人デビューのお祝い

親が最初に贈ったのはあなたの名前


社会人デビューする子供たちに最初に親として贈ったのはその名前。どんな子供にだって名前があり、その名付けの経緯は人それぞれであっても、それを名前にしようと決めたのは両親である親です。そんな「名は体を表す」がごとく、想いや願いをこめてつけた名前。その名前を刻印して、社会人デビューの記念アイテムとして贈ってみませんか。


なにか困りごとがあったとき、自分の名前が刻まれたなにかが手元にあれば、そしてそれが両親からのプレゼントであったなら、そう考える余裕が生まれると自然と困りごとは解決されて行くもの。自分一人ではない、どんな時も家族や両親があなたを支えて見守っているというメッセージを伝えることはとても大切なことです。


私からのお薦めは二十歳を過ぎたら 使えるグラスはいかがでしょう。親子で一緒に飲み交わしたい想いを込めて贈ってみませんか。 社会人デビューのお祝い


家を出て一人暮らしを始めるタイミングは18歳や22歳。考えこそ大人びているのに、その行動はまだまだ子供。それはこれからの社会経験のなかで磨かれてゆくことでしょう。正論だけが通らない社会を目の当たりにした時、子供たちがパニックにならないよう、たとえ離れて暮らしていても心をサポートできる親でありたいものですね。


そして、いつかこのグラスで親子でお酒を酌み交わしながら、「プレゼントされたすぐは、よく分からなかったけど やっぱり家族っていいよね」と子供たちに云ってもらえたなら、それはとても素敵な家族がまた次世代に繋がる証。そんな幸福の瞬間が訪れますよう願いながら、今日も名入れグラスを作ります。 社会人デビューのお祝い


社会人デビューのお祝い
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地