言葉の代わりに送る

夏休みも終わり、いろんなことが平常に戻ってくる季節。

暑い時期はなぜかしら心が浮足だったり、逆に夏バテ、日焼けがコワい、と言い訳をつけてはクーラーのついた部屋に居ついてしまったり。でも、気候がよくなるとお出かけしたくなるのは、夏の反動かもしれませんね。


昔から農作物の収穫を祝い、地域単位で行われてきた秋祭り。日中は暑くとも夕方になれば肌寒くさえ感じるこの季節。稲刈りのあとの鼻をくすぐる匂いとともに、お祭りが気になりだします。


夏の盆踊りのようなアクティブなお祭りというより神様に感謝する意味合いを強く感じる秋祭り。私の住んでいる地域でもお神輿の準備や子供達の舞の稽古など、夕方になるとそれを練習する音が聞こえてきます。また子供が幼い頃、そのお祭りで催された獅子舞を見て子供が大泣きしたことをこの季節なると懐かしく思い出します。


テーブルランプ


そんな子供も、この4月から一人暮らしを始めてそろそろ半年です。夏の暑い時は陽も高く、夕方になっても明るかったのが今ではあっという間に暗くなり、肌寒ささえ感じる気候に。一人で家に帰るのは淋しくないかなと不安に思ったりします。


もちろん、田舎と違って街中は夜中でも明るいほどの街灯が灯されていることでしょう。ですが、部屋の中まで明るいわけではなく、日中の気温を取り込めていない一人暮らしの部屋は底冷えしないかと心配したりします。学生と違い昼間に家にいることのない社会人。たとえ 疲れていても翌日も同じ時間に出勤しなくてはいけない社会人。自分が社会人であることは、慣れもあり苦でもなんでもないのですが、新社会人にとっては初めての秋。まるでテレビ番組の「はじめてのおつかい」のように心配してしまいます。


コンビニでもどこでも買えるようになったお米やお野菜、それでもこの季節には新米を送って季節の変わりを伝えたい。そして手紙なんか書かなくとも、少し暖のとれるテーブルランプを一緒に添えて。いつまでたっても親は子供を心配してしまうのです。(笑)お薦めのテーブルランプはこちらから



月が綺麗な夜に。

月が美しい季節になりました。

満月の夜は年間で12~13回あるのに、なぜか秋は「中秋の名月」といって月を愉しむ趣があります。幼稚園の頃にお月見団子を作ったのも秋の月を愛でるためでした。


中国では古くから「望月(月をみる催し)」という行事があって、月を愉しんでいたそうです。日本では季節柄、稲の豊作を祈りの祭りの意味合いが強いそうですが、正確な起源はわかっていないようです。それでも、一年に一度 夜空を見上げる楽しみがあるだけで心豊かになりますよね。


星月夜のテーブルランプ


本当は夜空を見上げるのに なんの口実も決まりも必要ありません。好きな時に好きなだけ夜空を見上げて月や星を愉しめばいいのです。ですが、「好きな時に好きなだけ」と言われると逆に見るのを忘れてしまったりしませんか?「いつでも見れるから、明日でもいいや」「今日は忙しいから、また明日にしよう」そういいながら結局は時機を逸してしまう。そうゆうことは多々あることです。


遠く離れて暮らすご両親に便りを出したり、疎遠になっている友人に連絡をとったり・・・そうゆうことも同じだったりするのではないでしょうか。「便りが無いのは元気な証拠だから、また今度ゆっくり帰ろう」「相手もなにかと忙しいだろうから、また時間のあるときに」「縁があれば、また会えるはず」・・・そうやって月日が経ってだんだんと疎遠になって行く。ちょっと寂しい気がします。


いつも気持ちが傍にある人ほど、気が付けば数か月も会っていない。会わない時間が長くなるほどますます逢い辛くなるものです。今週明けは「敬老の日」。それも三連休!おじいちゃんやおばあちゃんに最近会ったのはいつですか?幼い頃は両親に連れられて会いにいっていたはずなのに、親元を離れると疎遠になってしまうおじいちゃん、おばあちゃん。


心はいつも近くにあっても、ちょっと顔を見せるだけでもきっとビックリするぐらい喜んでくれるはずですよ。会うのに手土産なんか必要ないでしょうが、もしおじいちゃん、おばあちゃんが、傘寿の80才や喜寿77才・米寿88才といった節目のお誕生日なら、月明りが似合う星月夜のランプなんていかがでしょう。(長寿のお誕生日祝いにテーブルランプ→こちら


あなたの宝物になる時間

涼しくなってきたので、お花を楽しむ余裕ができてきました

秋の草花が紅葉を前に咲き始めると秋だなあと思います。沿道のススキの穂が黄金色に輝いていたかと思うと急に真っ白な穂になり、秋を視覚で感じます。


春先の花に比べ、どっしりとした安定感を感じる秋の草花。暑い夏の日を耐えて成長してきた余裕でしょうか。人も若い時より年を重ねた人の方が風格があり、なにかしらの越え難いオーラを感じるときがありますよね。


昔はそんな苦労した人の顔つきがとても苦手でした。いまでもノホホンとした苦労知らずのようなお顔つきの人が居心地よく感じます。


オリジナルフラワーベース


でもそんなノホホンとしたお顔の人こそが本当の人生を知っている人なんだなあと思えるようになりました。学校でいうなら進路指導の先生より校長先生みたいな。ちょっとしたことで動揺してしまう若い頃、いろんなことを経験したからこそ、それぐらいのことで人生何も変わらないことを知っている年長者の余裕。


私も自分より年齢の若い人たちにはほんの少し余裕を見せれるようになってきたかと思うのですが、年長者に対してはやはり太刀打ちできません。どんなに密度の濃い人生を歩んだとしても、歩んだ人生の時間は追い越すことはできないという事実。


もうすぐやってくる敬老の日には、ただただその生き抜かれてきた時間に敬意を込めて、その笑顔の裏にあるストーリーを聞くことができたなら。その時間はあなた自身にとって、かけがけのない一生の宝物になるかもしれませんよ。(敬老の日に尊敬と愛をこめて、オリジナルフラワーベースの贈り物



商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地