古希祝いに名入れギフトを贈ろう

カテゴリー: ブログ , 未分類

名入れギフトが伝えるあなたの存在感


古希祝い


古希祝い

名入れギフトが古希祝いに喜ばれる理由


古希祝いといえば70歳のお祝い。まだまだお年寄りという感じではなく、とはいっても60歳代の時よりも体力や気力では翳りがみえるころ。でも、その子供世代の40歳代といえば人生で一番忙しいとき。


子育ても終わりに差しかかりつつ、学費で一番お金がかかるときでもあり、社会人としては責任あるポストにつき始めた頃ではないでしょうか。人生でまさに脂がのっている頃でしょう。


たとえご両親の誕生日を覚えていても、ついつい「次の機会でいいや」と思うのも仕方ない世代ともいえるでしょうね。ですが 離れて暮らしているなら、贈り物を贈って古希祝いを祝いたいものですよね。家族全員の帰省ともなると費用もかかるし、日程調整も難しい。ましてや親といえども、「あなたの誕生日だから立ち寄って」というもの味気ないものです。


最近では宅配で贈り物を贈ることも決して失礼ではありません。目上の上司とかになれば話は別ですが、ご両親なら贈り物を宅配で贈ることは十分許される範囲でしょう。


また、贈り物を贈る機会は 親の声を聞くよいチャンスでもあります。まさに、この声を聞くチャンスを得るために贈り物を送るといっても過言ではないでしょう。


古希祝い

贈り物は気にかけているサイン


古希祝いの贈り物といっても色々ありますが、選んでいただきたいのは その贈り物をみるたびにあなたのことや、あなたの家族が思い出させる贈り物を選んでいただきたいのです。だからこそ、私は名入れギフトをお薦めしているのですが、いくら気にかけていたとしてもカタチに表すのは難しいことです。


ですが、古希祝いのお誕生日のプレゼントとして名入れギフトを贈り、それを手元に置いていただければ、それはあなたからのサインがいつもそこから放たれているということ。 そのサインこそが、あなたの存在感であり、古希を迎えられたご両親の心の拠り所ともなるのです。


「うちの親にかぎって」と思っている方ほど、親御さんはそのサインと欲しがっていると思うのです。親というものはいくつになっても子供に対して強い姿勢を示していたものです。ましてや、70歳代といえば、戦後の日本を支えてきた世代。今の親世代と違って昭和気質の方も多いはずです。


「長寿祝いなんてもっと年寄りになってから」と思うのはいつまでたっても自分が子供であることが変わらない証拠。どこか心の隅で「親が年寄りになる」ことを拒んでいるのかもしれませんね。まずは 古希のお祝いの会など堅苦しく考えず、気軽にプレゼントを贈ってみましょう。きっと親御さんも大喜びのはずですよ。


古希祝い

傍にいる安心感が作りだす幸せ


昔はご近所とのつながりも深く「遠くの親戚より近くの他人」などという言葉がありました。ですが、いまでは田舎であってもご近所とのつながりが薄く地域もたくさんあります。やはりそんなときは離れて暮らしていても親子や兄弟姉妹が安心なのではないでしょうか。


名入れギフトというのは、そこに贈った人の名前を刻むこともできます。名前があることでその贈り物は親御さんに対して贈ったものであったとしても、 あなたの名前が刻まれていることにより、あなたに近い存在です。


そのことで、ずっとあなたの存在を身近に感じ、なにかあっても躊躇なく連絡してくれると思うのです。仮に親御さまの手元にあなたの子供の時の写真しかなければ、親にすればあなたは子供であって頼れる存在とは感じにくいかも。それがご自身の家族一同からの贈り物として親御さんへの古希祝いを贈ったなら、きっとあなたを一人の社会人として頼ってこられるのではないでしょうか。


そんな親御さまへの古希祝いに名入れギフトを贈る際、喜ばれる名入れの仕方をまとめましたので参考にしてみてくださいね。お役に立てれば幸いです。


親の名前は名前だけよりフルネームがいい

贈る人の名前も名入れする

兄弟姉妹で一緒に贈る場合は家族一同でもいい


いかがでしたでしょうか。とくに1番目の親の名前ですが もちろんファーストネームだけでも大丈夫ですが、ファミリーネームの一緒だと敬意を感じると思いませんか。名入れ書体は和文でもローマ字でも大丈夫です。少し改まった感じでファミリーネームを入れることをお薦めします。


そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、無事古希祝いを終えられ、7年後の喜寿のお祝いを探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、あなたの存在感さえも際立たせる古希のお祝い が贈れますよう心よりお祈りしております。


古希祝い



古希祝い


還暦祝いに名入れギフトを贈ろう

カテゴリー: ブログ , 未分類

名入れが伝える想いとは


還暦祝い


還暦祝い

名入れギフトが還暦祝いに喜ばれる理由。


60才のお誕生日、還暦祝いといえば昔は長寿のお祝いのはじまりでした。ですが、それは70才の古希のお祝いを「古代稀なるお祝い」といっていたような時代の話。今や人生100年時代です。60歳は少し折り返したぐらいの年齢でしょうか。


ですが、 いままでの主婦や会社員時代から第二の人生が始まる大切な節目の年であることは今も昔も変わりません。ご家族や会社、趣味のグループなど なにかしらのご縁で60歳を迎えることを知ったならお祝いをしたいものですよね。


私は以前から 一生に一度のお祝いなら名入れギフトが一番喜ばれるプレゼントだと思っています。還暦といっても毎年迎えるお誕生日の延長線上と考えるなら、名入れギフトを贈るほどのこともないでしょう。ですが、二十歳の成人式のお祝いから数えて、40年ぶりの節目のお誕生日祝い。この40年を家族や会社、社会のために頑張ってきたからこそ、次の40年は自分のために輝いてほしいと願って贈っていただきたいのです。


もちろん、プレゼントはインテリアやアクセサリー、お花でもよいでしょうし、還暦のイメージカラーである「赤」に因んだものでもよいでしょう。でも、一番心に響くのは言葉です。どんな贈り物よりも「ありがとう」の一言で心救わる想いをしたことはありませんか。そんな言葉を、ぜひとも贈り物に刻んでほしいのです。


還暦祝い

その人にだけ向けられた贈り物


日本人は文字の意味を察するのが得意です。逆に欧米人はそれほど得意ではありませんが、オーバーアクションでその差を埋めます。日本語は語彙数が多いので、微妙なニュアンスも言葉にして伝えることが多いです。たとえば英語の「ありがとう」は「Thank you」だけですが、日本語だと「アリガトウ」「ありがとう」「有難う」なんとなく文字のイメージだけでも「ありがとう」の程度や使う年代が想像できますよね。


だからこそ、贈り物に文字を刻むのです。その一言が刻まれているだけでその贈り物は、その人にだけ向けられた贈り物になります。


たとえば、美味しいお菓子をあなたのお母さまがどなたからいただいたなら、お母さまは惜しげもなく「みんなでたべましょう」と家族の前に差し出しますよね。いくらその御礼の品がお母さまの労に対して向けられたものであったとしてもお母さまはそうすることにより、家族の笑顔で一番癒されます。


60才といえば何でももっている世代です。好み定着してお気に入りのグッツも多くもっていることでしょう。もちろん、そうった品を増やして差し上げるのもよいでしょうが、好き嫌い関係なく、「いつもありがとう」の心を還暦祝いには贈っていただきたいのです。


相手が欲しいものを贈るだけが贈り物の仕事ではありません。贈り物には自分の心からの気持ちを託すことができるのです。


還暦祝い

自分の気持ちを託すものだからこそ


欲しいものをプレゼントしたいなら、一緒にお店で選んでも良いし、ギフトカードやお祝い金でもよいでしょう。家族みんなで食事会も喜ばれることでしょう。


ですが、そのプレゼント代金を支払ったあとに贈った自分自身の心は満たされているでしょうか。なにが一番喜んでくれるか考える時間こそが 相手を想い自分自身の心を整理する時間でもあるのです。


そんなあなたに選んでほしい名入れギフト。還暦祝いに贈られるからこそ、名入れする際に気をつけていただきたいポイントがあるのでまとめてみました。参考にしていただければ幸いです。


タイトルは還暦祝い、もしくは60th Anniversaryで。

お誕生日の年月日でなくお祝いを贈った年と誕生月日にする。

名前はローマ字でもよいし、特になくてもよい。

1年に一度、誕生日の日に使ってもらえるようなものにする。

贈る人の名はイニシャル程度でもよい


いかがでしたでしょうか。特に4番目の「一年に一度使う程度」というのはお誕生日の延長線上での考えです。たとえば名入れワイングラスを贈って、毎年ワインを飲んでいただくとかをイメージしていただけると嬉しいです。


そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、その後健やかに月日が経ち、10年後の古希のお祝いを再び探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、あの時の還暦の贈り物は今も使っているよと言っていただけるような還暦のプレゼント が贈れますよう心よりお祈りしております。


還暦祝い



還暦祝い


プロポースは二人だけの約束の日、そこから始まる物語。

カテゴリー: ブログ

忘れることのない記念日をプレゼントに刻んで。


婚約祝い


婚約祝い

二人だけの思い出の日だからこそ。


あなたはプロポーズされた日のことを覚えていますか?もちろん、まだ結婚もしていない、彼氏だっていないという人もいるでしょう。最初の結婚に向けてのステップはプロポーズ。


アンケートによるとプロポーズから結婚までの期間は半年から1年。私もプロポーズされた翌年の同日に結婚式を挙げた一人です(笑)学生時代からのおつきあいの人だと、卒業を待っての結婚など、3〜4年の月日をかける人のいるとか。


たしかに、高校の同級生同士の結婚などはそうですよね。お互い結婚したいと18歳のときに思ったとしても実際に結婚までにたどり着くのは大変なことでしょう。


でも、 結婚しようと思った瞬間は二人だけのなにかしらのアクションがあったはずです。その想いをプロポーズの記念品に刻んでみませんか。「笑顔が素敵だった」「優しかった」「楽しかった」「」面白かった」お互いの印象はそれぞれでしょう。それでも、その印象こそ長い結婚生活を支えてくれる大きな役割を果たしてくれます。


「笑顔の絶えない家族を築こう」「いつまでも優しいあなたで」「楽しく暮らそう」「笑いのある人生を」・・その印象を理想とする家族像と重ねて言葉にするときっとあなたの思い描く未来が見えてくると思うのです。


婚約記念

タイミングがなにより大切。


なにもプロポーズをするのは男性からだけではありません。面と向かって女性から「結婚しよう」ということはないにしても、なんとなく二人で結婚の合意はできていても、彼にプロポーズというアクションのプレッシャーを与えたくないのが乙女心。


言葉をオブラートに包みながらも、それでも彼からのプロポーズを待つ。なんとも意地らしいですよね。そんなときこそ、女性の方から「楽しく二人で暮らそう」のような言葉を贈ってみてはいかがでしょうか。


女性から送るのはあくまで未来への提案。それを受け入れて正式にプロポーズするのはやはり男性の役目。もし、それでも彼の心が動かないなら、ゴールインは遠い先になることを覚悟した方がいいかもしれませんね。


婚約記念

婚約記念に名入れ記念品が選ばれる理由


よく芸能人が結婚する際の囲み会見でも、聞かれる質問が「プロポーズの言葉は?」という質問。他人からしてもプロポーズの言葉は気になるところ。それほど、プロポーズの言葉は大切です。一般的なのが「May you marry me?」(あなたは私と結婚してくれますか?) という言葉ではないでしょうか。


その言葉を婚約の記念品に刻むのではなく、やはり ふたりが築き上げたい理想の家族のカタチを言葉にするのが一番よいと思うのです。 だからその言葉を記念品に刻んで忘れないようにする。刻むものはプレートであったり、アクセサリーであったり、なんでもいいでしょう。きっとその言葉は繰り返し目にすることにより、一段と理想の家族に近づけるのではないでしょうか。


そんな婚約記念品だからこそ、刻印の際に気を付けていただきたいことがありますので まとめてみました。参考にしていただければ幸いです。


プロポーズの記念日を名入れする

理想の家族のカタチを名入れする

ガラスや金属など擦り減らないものに名入れする


いかがでしたでしょうか。特に2番目の「理想の家族のカタチ」はとても大切です、もちろん、その後に何度も軌道修正することもあるでしょうが、一番最初に決めたことが一番望むものに近いでしょう。そういった意味でも言葉に残しておきたいものですね。


そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、ご結婚されたふたりが幸せに10年、20年と時を重ね結婚記念のお祝いを探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、あの時の記念品を今も大切にしていると残る品ができますよう心よりお祈りしております。


婚約記念



婚約記念


商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地