傘寿祝いのお返しに、名入れ記念品を。

カテゴリー: ブログ

傘寿祝いに名入れ記念品を。


傘寿祝い


傘寿祝い

円滑な関係を築くために。


傘寿のお祝いといえば80歳のお祝い。本格的な長寿のお祝いですね。普段、疎遠であったとしてもそういった節目のお祝いには親族・親戚ならお祝いしたいものですね。


特に、離れて暮らしている妻の実家や夫の実家などのお祝いも、こうゆうときにこそ しっかりとお祝いしたいものです。なにしろ、親戚付き合いというのは、冠婚葬祭が無くならないかぎり、そのお付き合いもなくなることはありません。


また年齢を重ねるほど冠婚葬祭でのお付き合いは大切になってきます。本格的な長寿のお祝いは77歳の喜寿祝い、80歳の傘寿祝い、88歳の米寿祝いと云われていますが、どれか一つだけでもお祝いをすれば、急な冠婚葬祭のお呼ばれでも気持ち良く行事が運ぶのではないでしょうか。


傘寿祝い

お祝いをする意味


親戚が集まるお祝いといえば、結婚に出産、法事供養などでしょうか。お友達同士のお付き合いというのはなにか揉め事が起これば、疎遠になるだけで済みますが、血縁関係となるとそうゆうわけにはいきませんよね。仲たがいしている親戚であっても、冠婚葬祭時には必ずお知らせするというのがマナーです。


でも、そういったスペシャルな時にだけ顔を合わせても上手く行かないのが親戚づきあいではないでしょうか。よく話してみると、気が合う叔父さんや叔母さんであったりするものです。そして、親戚同士が集まるとなんとなく みんな顔が似ているというのも血縁関係ならではのお話ではないでしょうか。


特に両親の兄弟姉妹というのは結婚してしまうと疎遠になりやすいものです。従兄弟や従姉妹も、小さいときは一緒に遊んでいても大人になって住んできる地域が違っていると何年も何十年も会わないこともあるでしょう。でも、せっかく血の繋がりがあるのなら、長寿の祝いのお知らせとともに近況も報告したいものですね。それがご縁でまた親戚づきあいに深みがでてくるかもしれませんよ。


当店のお客さまでも御自身の傘寿祝いのお祝いの記念品返しに、ランプに名入れをされて親戚に送られた方もいらっしゃいます。そういったお祝い返しを通じて、より一段と親族が結束するのもステキなことですよね。


傘寿祝い

思いも寄らぬ贈り物


傘寿のお祝いの会あとになにかしら贈り物が贈られてきたら、それはとても嬉しいことではないでしょうか。よく昔から半返しという言葉がありますが、そういった金額にこだわることなく、自分のお誕生日を祝ってくださった方に御礼と感謝の気持ちをこめて、名入れの贈り物を贈ってみてはいかがでしょうか。


その贈り物が親戚みんな、同じものだと楽しいと思いませんか。もちろん、まったく一緒というのではなく、例えばテーブルランプの色違いなど、アイテムは同じものでもカラーが異なるだけで雰囲気が変わるものなどいかがでしょう。


傘寿を迎えられたご自身からとしてのお返しでもよいし、一緒に住んでいるご家族からでもよいでしょう。お祝いしていただいた気持ちをカタチにしてお贈りすることは、逆に新鮮かもしれません。血縁関係といったことを古めかしく感じる世代も増えてきましたが、そのカタチある贈り物一つでそういった意識も変わるかもしれませんよ。


●

傘寿記念の名入れ品


お返しにはいろんなものがありますが、一番のお薦めはカラー違いで同じものが一番いいかなと思います。その人それぞれに合ったストールをカラー別に選ぶとか、マグカップも色別にするとか。でも、家単位で贈りものを贈る場合、個別のイメージを優先させるより、記念品のカラーを変更して同様の名入れをすることで 記念品としての統一感がでると思うのです。その際に名入れするメッセージをピックアップしましたので、参考にしていただければ幸いです。


傘寿記念 お名前 日付と和文に

80th Anniversary お名前 日付と英文で

長寿記念 ○○家 年のみを名入れる

感謝 お名前 日付とシンプルに


いかがでしたでしょうか。人生80年を迎らた幸福をぜひこの機会に他のご家族にも届けたいものですよね。血縁関係の繋がりは体質的にも似ているところがあります。これを機にご自身の健康法を伝えることはご家族のためにもなるのではないでしょうか。



そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、88歳の米寿のお祝いを探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、「どの親戚にいってもこれがあるよね」と喜ばれるような記念品が 贈れますよう心よりお祈りしております。



●



●


新年祝いで紡ぐ絆作りの名入れギフト

カテゴリー: ブログ , 未分類

家族の絆作りに大切な年末・年始のご挨拶


長寿祝い


長寿祝い

年末・年始の手土産に名入れギフトが喜ばれる理由


暮れも押し迫ると気になるのはクリスマスの準備に大晦日、お正月の準備。主婦なら年越し蕎麦やお年玉の用意と普段と違った月替わりに大忙しなのではないでしょうか。そんな準備の一つにお年賀のご挨拶があります。


通常、お年賀の挨拶はご自宅に伺うのがマナーです。もちろん、仕事の都合や遠距離などで一概には決まっていませんが、お歳暮を送っていない方に対して少しの手土産をもってご機嫌伺いをすることです。一番に思いつくのが実家の両親や嫁ぎ先の里なでではないでしょうか。昔は会社の上司のお宅や習い事の先生などということもありましたが、今はご両親宅への訪問がほとんどでしょう。


お子様が小さい家庭では、そこでお年玉という風習に触れることにもなりますし、普段離れて暮らしている兄弟姉妹との集まりの場ともなります。帰省ラッシュなどで2〜3日ずらして帰った方が楽だとわかっていながらも、お正月やお盆に合わせて帰るのはそういった久しぶりの家族との交流もあるからではないでしょうか。


そんなときの手土産で喜ばれるのは人が集まる年始・年末だからこそ小分けのできているお菓子や普段めったに買うことのない高級なお茶や食材、また玄関先を彩るお花などもよいかもしれませんね。


ですが、迎える新年にちょうどご実家や嫁ぎ先のお里の親御さんが節目の誕生日を迎えるなら、そのお祝いも新年に祝うのもよいのではないでしょうか。祝いごとは前倒しで行うことはよいこととされています。たとえば新年の夏や秋に 還暦や喜寿といった節目のお祝いがあるなら、その年のお正月にお祝いしてもよいでしょう。


そして、そんなお祝いのプレゼントとして喜ばれるのが名入れギフトです。なぜなら、お菓子やお花ですと新年からお誕生日まで日数があると日持ちしませんん。また、お誕生日の日付が刻印されていないものですと、「なんのお祝いでいただいたのかしら」なんていうことにもなりかねません。日数があるからこそ、残るお祝いプレゼントを贈ることが大切なのです。


長寿祝い

絆が作る円滑な人間関係


どんな人でも自分のことを覚えてくれてると思うと嬉しいものです。覚えていてくれているというのは、気にかけてくれているという証。特になにかをプレゼントされたり、お祝いしてほしいわけではなく いつも忘れずに頭の片隅で思っていてくれるというのはとても嬉しいものです。


でも、日々忙しいのは事実であり、きがつけば記念日から1日過ぎ、2日過ぎ、、、だんだんと足が遠のいてしまうのも事実。決して忘れているわけではなく、照れもあり疎遠になったりもしてしまいます。でも、そんなときこそ、クリスマスやお正月、お盆に前もってプレゼントをしていれば気が楽だとは思いませんか。また、記念日の後であっても、宅配するのではなく顔を合わすお正月やお盆に手土産でわたせば、それで記念日が遅れてのお祝いでもよいと思うのです。


実際、記念日をお祝いしてもらう本人より、わざと忘れているわけではなくタイミングが合わなくて記念日をお祝いできなった方が精神衛生的にはよろしくないものです。自分のためにもお祝いは早く済ませておきたいものですね。


長寿祝い

新年だからこその新たな誓いとして


昔からお正月には初詣や書き初めなどで一年の誓いを立てたものです。私も何度かお正月早々からの日記に挑戦しては三日坊主で終わっていたりしたのですが、それでもなにかしら新年には心に誓う気持ちを持つものです。


そんななかで円滑な人間関係を築きたいと思うなら、今年からは大切な相手にプレゼントを贈りましょう。もちろん、お祝い当日でもよいのですが、まずは覚えていてまた覚えていることを照れずに行動すること。それが一番大切。どれほど大切に思ってもなにもしなければ なにも思っていないのと変わらないことだってあります。なにも言わなくても分かるというのは一昔以前の考え方。いまや手紙から電話、そしてメールからLineやSNS、そして宅配も頼んだ翌日には届くほど気軽に使えるようになりました。


ただ、名入れギフトは製作するのに時間がかかるものもあります。言い換えれば、思いついたけど贈るのが遅れてしまうのはそのプレゼントの製作に時間がかかったという経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで名入れギフトのオーダーの際に気をつけていただきたいポイントをまとめましたので参考にしていただければ幸いです。


出来上がり日数を確認する

プレゼントラッピングが対応可能か確認する

メッセージカードなどが添えられるか確認する

支払い金額等が先方にわからないようになっているか確認する

配送元がお店からではなく送り主宅になっているか確認する


いかがでしたでしょうか。とくに4番目の支払い金額については、お店によっては納品書とつける場合があるので、必ず金額の分かるものが入っていないようにお願いしておきましょう。また、最後の配送元も配送伝票に送り主の自宅住所や電話番号があると、プレゼントを受け取ったときのお礼の返事するのに便利です。できればお店に確認しておきたいものですね。


そしてこの次にあなたがこのサイトを訪れてくださるときは、新年祝いを贈られたお宅の方がさらなる長寿を迎えられ、ふたたびお祝い探しに訪れていただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、絆が強まるお祝いのお品 が贈れますよう心よりお祈りしております。


長寿祝い



長寿祝い


傘寿祝いに喜ばれる名前入りギフトの名入れのコツ

カテゴリー: ブログ

80歳のお祝いに名前入りプレゼントを贈ろう


傘寿祝いプレゼント


傘寿祝いプレゼント

傘寿祝いに名前入りプレゼントが喜ばれる理由


80歳のお祝いといえば傘寿。日本人の寿命は伸びて、今や長寿のお祝いと呼ばれるのはこの傘寿祝いや米寿祝いと云われるようになりました。喜寿(77歳のお祝い)や古希(70歳のお祝い)は、まだまだこれからも頑張ってというメッセージが喜ばれるようですが、80歳を過ぎるとさすがに体も無理がきかなくなる年代。「健康に気をつけて」や「お元気に」といった身体を労わるメッセージの方が好まれるようですね。


もちろん、80歳を過ぎてもまだまだいろんなことに挑戦して若々しくあってほしいもの。ですが、無理をして追い込むのはよくありません。80歳のお祝いにウオーキングが趣味だからといって新しいシューズやゴルフ道具よりも、落ち着いたものの方がプレゼントとしてもよいでしょう。


またすでにお持ちのものも自分の体にあったものをお持ちの年代です。食べ物やインテリアなど本人からのリクエストがない限り避けた方が無難でしょう。


そうなるとプレゼントの幅がだいぶんと狭まってきます。例えば「お誕生日新聞」や「似顔絵ギフト」、無難な「フラワーギフト」にお祝いの傘寿にちなんで「傘」のプレゼントなどです。特に傘は末広がりで縁起がいいのと名前入りなどにして他の場所にお出かけしたときも、他人とものと自分のものが区別できるようにするなどの気配りで一番人気です。


「傘」はお出かけすることを前提に贈るものですから、その点は要注意が必要ですね。自分の両親や祖父母など容易に様子伺いができる場合はよいですが、嫁ぎ先のご両親や少し間柄が離れた方など、贈ったことによって負担にならない配慮が必要といえるでしょうね。


ただ、「傘」に名前入れするのはとてもよいプレゼントだと思うのです。明らかに自分のものであり、それは誰かしらのプレゼントであることが名入れからして察することができます。もちろん、ご自身のものに名入れされることもあるでしょうが、ご年配の方にとって「名入れ」というのはあまり馴染み深いものではありません。いろんなものに「名入れ」が簡単にできるようになったのはここ最近のことですから、同年代の方からみると「名入れ」されたものはプレゼントと考えるでしょう。それはちょっとご本人にとっても嬉しいことではありませんか。ご年配者にとってプレゼントしてくれた方の顔が思い浮かべれるプレゼントほどうれしいものはないはずです。そういった意味でも「名入れ」プレゼントは特別な存在感があると思うのです。



傘寿祝いプレゼント

名前が入った特別な存在感のある贈り物


プレゼントに名前が刻まれているとそれは世界で一つだけのその人のためだけのモノになります。そういったものが身の回りにあるととても心が落ち着くと思うのです。ファッションやインテリアもそうでしょうが「その人らしい」ものというものがあります。それは年配者になっても変わることなく、若い時からその人自身が築き上げてきた自分のブランドです。


そのイメージに沿った贈り物が贈られるということは、その人自身を回りの人がよく理解しているということだと思うのです。たとえば、お花の好きな人に花を贈るということよりも あの人は紫の色がすきだから紫の花を贈るとか、好きなものをより一歩踏み込んで考えた贈り物こそ本当に喜んでもらえる贈り物と思うのです。


そう考えたときにご年配者が一番大切に思い、好きなものとはなんでしょう。それはご家族や親族の方の健康や幸福だと思うのです。すでになんでも持っている世代です。モノよりもそれを贈ってくれたご家族や親族の心がなによりも嬉しいと思うのです。なので、傘寿の贈り物の名入れにはぜひ贈られる方々のお名前も連ねたいものですよね。


傘寿祝いプレゼント

傘寿祝いの名入れポイント


長寿のお祝いの最初となる傘寿のお祝い。長寿祝いだからこそ、名入れにも気をつけていただきたいポイントがありますのでまとめてみました。傘寿祝いの参考にしていただければ幸いです。



賞状風に名入れする

お名前には様や殿など和文の場合、敬称をつける

いつまでもお元気でなどメッセージをつける

贈った人の名前、家族一同なども入れる

和暦より西暦が望ましい


いかがでしたでしょうか。一番最後の和暦/西暦はその贈り物を受け取った方の背景に因るものもあります。たとえば公務員や役所関係のお勤めされたことがあるなら和暦が親しみやすいでしょう。すべての名入れにおいて、受け取った方が「こんなところに気を使ってくれたんだなあ」と感じていただける部分があればいいと思います。また、プレゼントされるときに「こんなところがあなたっぽくて」と会話にしていただければプレゼントする場も和むのではないでしょうか。


そしてこの次にあなたがこのサイトを訪れてくださるときは、無事傘寿祝いを済まされ、次の8年後の米寿のお祝いをさがしにふたたび訪れていただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、また贈られた方、贈った方のご健康とご長寿を 心よりお祈りしております。


傘寿祝いプレゼント




商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地