60才を迎える父に贈る還暦祝い

カテゴリー: ブログ

おじいちゃんになった父に

還暦祝い


還暦祝い

祖父になった記念に贈ろう


還暦祝いは二十歳の成人式から数えて40年目にようやく迎えるライフイベントの誕生日です。60才は仕事や家族もようやく一段落した年齢。新たに、父から祖父になったという人も多い世代ではないでしょうか。


祖父と聞けば、年寄り臭く感じるかもしれませんが、当の本人はきっと嬉しいはず。誰でもが祖父になれるわけではありません。心の中では祖父になったことを誇らしく思っていることでしょう。そんな父から祖父になったお父さんに還暦祝いを贈りませんか。きっと喜んでくれるはずですよ。


還暦祝い

大人になった自分を誇らしく感じよう


特に還暦祝いに合わせなくとも、お父さんの誕生日や敬老の日、クリスマス・お正月など家族の集まる日に普段の感謝の気持ちを込めて記念品を贈ればいいと思うのです。ただ、孫が生まれたからすぐに記念品をというのも何かしら可笑しなもの。その可笑しさは、自分を育てた厳格な父親と優しい祖父のギャップにあるからです。


子供の立場からすれば、あれだけ厳しかった父が孫のことになると優しい顔になり、孫と同じ目線で遊ぶ姿にちょっと寂しく感じることもあるでしょう。また、それをお「老い」と感じることもあるでしょう。ですが、祖父となった本人は「子供を教育する」という重圧から解放されて、ただただ「可愛い」という存在の孫を心から愛おしく感じての優しい顔。「老い」というより父親本来の姿と受け止め、その分 父親になった自分を大人になったと感じたいものですね。



還暦祝い

楽しみのタネを今から蒔く


子供の頃に受けた厳しい躾や教育は、深く自分の心に刻まれ、折につけ心をさいなませます。でも、自分が親になったとき、親もまた未熟だったことに初めて気づくのです。


学校に行くまでは親は絶対的存在です。自分を守り、世話をしてくれる必要不可欠な存在です。だからこそ、自分が成長したとしても親には絶対的存在で在って欲しいと、心のどこかで願っています。でも、孫が生まれたことで、その自分が今まで描いてきた親の存在感が大きく変わることがあるのです。


それをさびしくもあり、認めたくない気持ちもどこかしらにあるでしょう。ですが、親となった自分も自分の親と同じ道を辿るのです。あなたが今、親に感謝の気持ちを伝えるなら、その2-30年後には同じように子供から感謝の気持ちを伝えられるでしょう。2-30年なんて、あっという間ですよ。そんな楽しみのタネを今から蒔いておきましょう。


おじいちゃんになった父に贈る還暦祝い 還暦祝い


最近は、出産数が減っているので「祖父」になれる人も減ってきました。少し前は、親なら当たり前に「祖父」になれていたのに、今では「祖父」になれることが人生の誇りともいえるでしょう。それは当の当事者が一番感じていること。だからこそ、誰かに自慢できるような記念品を贈って大いに喜んでもらいましょう。それも一つの親孝行のカタチなのですから。そんな記念品に刻印するポイントは


タイトルは 60th Anniversary や Special Thanksなど。

お名前は、フルネームで。

日付は、今年の日付とお誕生日。


今年の敬老の日は9月19日です。三連休ということもあり、帰省しやすいのでないでしょうか。もちろん、そんな記念品はお父さんの誕生日や父の日、年末・年始、いつお渡ししてもいいのです。ですが、孫が生まれてからしばらく経つとそういった感動も徐々に薄れるもの。感動は熱いうちにカタチにする方がもらった人の喜びもひとしおです。秋の行楽の季節、久しぶりに実家に帰省しませんか。


還暦祝い


還暦祝い

友人や仲間の還暦祝いに

カテゴリー: ブログ

友達がいる幸せ

還暦祝い


還暦祝い

まずがあなたが友人を祝おう


60才の誕生日は、おめでたいものです。普段のお誕生日は一緒にご飯を食べるぐらいであったとしても、60才の還暦祝いはなにかしらプレゼントを贈りたいものですよね。


還暦祝いを子供やパートナーに祝ってもらうのも嬉しいですが、習い事の友人や仕事仲間の同僚が祝ってくれるのは 本当に嬉しいものです。60才を過ぎてから友人と過ごす時間は家族よりも濃密なこともあります


なによりも、誕生日を祝ってくれる友人がいると思えることはとても幸せなこと。誰かを祝わなければ、自分だけが祝われることはありません。まずは最初にあなたが友人の誕生日を祝いましょう


還暦祝い

人との出会いに感謝


例えば、毎朝ラジオ体操をする仲間、ボランティアで花の世話をする仲間、スポーツジムの仲間に習い事や同じ趣味の集まりの仲間など、いろんなグループに人は所属しています。


もちろん、家族はそんな仲間のベースでしょうが、家族同士では話せないことも仲間なら話せることも。それこそがストレス発散になり、心のバランスを保ってくれたります。ほんの少しずつの顔合わせから始まり、挨拶するようになり、世間話しをしたり、同じ趣味のことで情報を交換したりと、気が合ったなら会話も弾み、よき友人になります。


最初は友人を作るつもりなどなく入った趣味のサークルも気が付けば、そのサークルが自分の生活の一部になっていると感じる人も多いのではないでしょうか。それはとても幸せなこと。そんな出会いに感謝しましょう。


還暦祝い

仲間との絆を深める誕生日祝い


誕生日祝いをもらって怒る人など、いないでしょう。ましてや還暦祝いは「赤ちゃん返り」といわれるほどめでたい誕生日祝いです。お花でもスイーツでもほんのちょっとしたプレゼントを贈ってお祝いしたいものですね。


もちろん、もっとその人と深く絆を結びたいと思えば、消えるプレゼントではなくカタチに残るプレゼントを贈りたいもの。例えば、その友人と出会ったきっかけをモチーフにしたもの、花のお世話をするボランティア仲間なら花がモチーフのものを、スポーツジムの仲間ならそのスポーツをモチーフにしたものなど贈りたいですね。


当店でもゴルフ仲間のグラスをお作りしてメンバーが60才の還暦になった時にお祝いとしてプレゼントするといったオーダーや、カラオケの仲間の誕生日にお祝いとしてプレゼントするといったオーダーをいただいたりしています。せっかく紡いだ仲間との絆は一日でも長く続けたいもの。そんなお役に立てれば当店も幸いです。


絆作りに名入れグラス 還暦祝い


メンバーが同年代だと、持ち回りで還暦祝いのプレゼントを贈り合ったりします。もちろん、それが食事会だったり、お花だったりすることも。でも、せっかくの一生に一度の還暦祝い。カタチに残る名入れグラスはいかがでしょうか。そんなグラスに刻印するポイントは


タイトルは Happy Anniversaryなど。

お名前は、フルネームで。

日付は、今年の年と誕生日の日付。


Happy Anniversary をお薦めするのは ちょうど60才でなくともその前後でお祝いしても問題がないようにです。いくつになっても女性の年齢は謎めいています。直接聞くのも失礼だし、また時間とともに1~2年オーバーしてしまうことも。それも、仲間としての繋がりが長く続くからこそのルーズさ。それくらい、60才を過ぎると時間の流れは変わってしますのです。0才と20才はまるで違うのに、40才と60才はそれほど変わらない、そして、60才と80才はもっと変わらない。そんな年の重ね方をしたいものですね。


還暦祝い


還暦祝い

父の60歳を祝う還暦祝いに。

カテゴリー: ブログ

3回目の成人式に。

還暦祝い


還暦祝い

還暦を機に何をしたいか問いかける


人生100年時代。還暦の六十歳は 通過点にすぎなくなりました。でも、二十歳の成人式から40年ぶりのお誕生日祝い。家族みんなでお祝いしたいものですね。


以前は退職祝いと還暦祝いは一緒に行われることが多くありました。でも、健康寿命が延びて60歳を過ぎても現役で仕事を続ける方が増えています。「退職祝いをすればいいだろう」と思っていたら、いつになることやら。還暦のお誕生日祝いは別に行いたいものですね。


還暦祝いは決して老齢期に入った意味ではありません。人生の節目をお祝いするお誕生日祝いです。現役社会人から、退く準備を始める年齢ともいえるでしょう。還暦祝いを機に、どんなことをしたいのか尋ねてみるにもよい機会ではないでしょうか。


還暦祝い

意外な一面を知るチャンス


還暦祝いでなくともお正月やお盆などの家族の会話で「実は畑仕事をしたい」や「お店を始めたい」などお父さんがポロっとこぼすことはありませんか。子供からすれば、冗談か 夢なのか、テレビの見過ぎなのかわからないような内容でも、実は本気なのかも。


一定の年齢を過ぎると生まれ育った土地のものを美味しく感じるように、幼いときに望んでいた夢を追いかけたくなることがあります。「作家になりたい」や「武道を習いたい」など、そんな夢を追いかけるのに60歳はまだ十分体力も気力もある年齢


お父さんがどんな夢を持っているか還暦祝いに話し合ってみてはいかがでしょうか。家族が知らない意外な一面に出会うかもしれませんよ。


還暦祝い

夢を語るお祝いに


ずっと家族のために頑張ってきてくれたお父さん。還暦を超えてお父さんが歩む道は、いつかあなたが通る道。親は亡くなるまで子供の教師なのです。そんなお父さんが還暦を機に何を考えているか気になりませんか。


家族だからこそ、相談や会話をしないことが多々あります。「言わなくとも分かっている」それが家族の在り方と思っている家族もたくさんいます。


でも、父の日やお父さんの誕生日、クリスマスやお正月と違い、還暦祝いは人生に一度きりです。次は10年後の古希祝いとなります。70歳からでは追えない夢もあるのです。還暦祝いは、そんなお父さんの夢を語ってもらうお祝いにしたいものですね。


ガラスギフトの理由 還暦祝い


夢という言葉は漠然としていますが、どこかに旅行に行きたいと思えば、そのために語学を習ったり、体力をつけるのも夢を叶える手段です。夢を一つクリアすれば、次の夢はでてくるものです。ですが、その最初の夢が見つからなければ、残りの人生 時間の消化のみになってしまうかもしれません。そんなことのないように還暦祝いはあるのです。そんな、還暦祝いのプレゼントへの刻印のポイントは


タイトルは 60th Anniversay など。

お名前は、ファーストネームだけで。

日付は、今年の日付とお誕生日。


いかがでしたか。父親の還暦より、自分たち家族の子供や妻の誕生日が大切かもしれません。また、お父さんも還暦祝いなど望んでいないのかもしれません。ですが、「還暦」という言葉にはそれなりの重みがあり、なにかしら人を感慨深くさせるものです。「あかちゃんに戻って」なにかを始められるスタート地点。そんなお父さんのスタートにあなたも立ち会ってみませんか


還暦祝い


還暦祝い
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
088-695-4489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地