妻に贈る結婚記念日祝い

カテゴリー: ブログ

初めて指輪を買ったあの日から

結婚記念日


結婚記念日

女性は記念日を大切にする


プロポーズが成功して二人で初めて買うのが、婚約指輪。そして結婚指輪と結婚当初は指輪選びが続いたのではないでしょうか。男性にとってはアクセサリーは縁遠いもの。指輪選びも大変だったことでしょう。


そんな期間が過ぎれば、日常の生活が待っています。1年目の結婚記念日はワクワクと過ごしたものの、子供を授かったり、仕事が忙しくなると毎年の結婚記念日もついつい疎かに。


でも、女性はそういった記念日を大切にするものです。結婚記念日は毎年遅れずにお祝いしたいものですね。


結婚記念日

記念日を忘れない工夫を


誰だって大切な記念日は忘れずにお祝いしたいものです。ですが、子供の誕生日は覚えていても自分の誕生日は忘れてしまう男性のなんと多いことか。そんな大人にはなりたくないものですよね。


忙しい日常生活で、大切な記念日を忘れても妻はそれを咎めたりしないものです。ですが、いつもより晩御飯をちょっと豪華にしたり、テーブルに花を飾ったりと演出はしているもの。夫にはそういったサインを見逃さずにいてほしいものですね。


大切な記念日をカードなどの暗証番号にしたり、車のプレートにすることはよくあることです。それは、やはり目につくとこに置くことで忘れないようにするからかも知れません。もちろん、誰しも記念日を忘れずはずがない!と思うのです。でも、一度忘れた失敗をするとその経験から忘れない工夫として見えるところに記念日を置くのです。


結婚記念日

ずっと仲良しでいるために


些細な行き違いからケンカは始まります。最初は許してもらっていたことがだんだんと許してもらえなくなくなるか、諦められるか、特に子供を育て始めた夫婦にすれば、そういったルール違反は厳しく対処しようとするでしょう。


妻の顔から母の顔に変わる時、女性はそういったルール違反に一段と厳しくなるのかもしれませんね。男性は夫の顔から父の顔に変わるのに時間がかかります。子供が学校に通いだし、社会に参加しだした時にからの方が父親としての自覚が生まれるでしょう。ですが、妻は出産を機に母になることも多いのです。


夫婦の理想はずっと仲良しでいること。そのためにもできるだけルール違反はしないようにしないといけません。あなたの妻は記念日を大切にしているなら、忘れないように工夫しましょう。人の記憶ほどあてにならないものはないのですから。


結婚指輪を買ったあの日を忘れないリングスタンド 結婚記念日


アクセサリーのなかでも指輪は特別な存在です。でも、普段からつけなれていない人には結構ハードルが高いアクセサリーでもあります。特に仕事柄、仕事中は指輪をつけれないやサイズが変わってしまったなど、一度外すと迷子になりやすいのも指輪。そんな指輪のためにリングスタンドを結婚記念日にプレゼントしてはいかがでしょう。もちろん、結婚記念日の刻印もお忘れなく、そのほかの刻印のポイントは


タイトルは Sweets are foreverなど。

お名前は、&で繋げても、なくても大丈夫。

日付は、入籍日でも結婚記念日でも大丈夫。


いかがでしたか。指輪を二人で選んでいた頃はふたりだけの幸せな時間だったといえるでしょう。それが家族が増えるに従い、二人だけの時間はどんどんと減って行きます。その分二人でいる時は濃密な時間を過ごしたいもの。そんな時間を作ってくれるのも結婚記念日です。あの頃を忘れない気持ちをいつまでも大切にしたいものですね。


結婚記念日


結婚記念日

両親に贈る結婚記念のお祝い

カテゴリー: ブログ

結婚式で両親に贈りたい記念品

結婚記念品


結婚記念品

両親に感謝の気持ちを込めて


結婚式で両家の両親に感謝の言葉を述べるシーン。参列者も思わず静まり返るワンシーンですよね。いままで大切に育ててきた子供が自分自身の人生を切り拓くことを宣言する場でもある結婚式。いつか結婚をしてくれることを心から願っていたはずなのに、なにやら物悲しい表情のご両親たちはとても印象に残るシーンです。


その場で披露されるのは、花束や手紙など。いずれもご両親に語りつくせぬ感謝の想いを託した新郎・新婦からのおもてなし。ご両親にすれば、花束や手紙よりも、その二人の気遣いがなによりも嬉しいことでしょう。


結婚記念品

親は子供が結婚しても心配なもの


晴れの結婚式に心配顔のご両親は、成長した子供たちの姿が嬉しい反面、自分たちの子育てが間違ってなかったかという不安にも駆られています。


学生時代や独り身であれば、なにかしら本当に困ったことがあったら相談しにくるのは親元。それが結婚を機に独立するとなにもかも自分たちで解決して行かねばなりません


人生は、結婚してからのほうが波乱万丈ば待ち受けるもの。それを人生からすでに学んだご両親たちにすれば、心配のタネは尽きません。また、二人で歩むと決めた二人に口出しするのも筋違いとそれも自分たち自身の結婚生活から知っています。ただただ、子供たちの幸せを願って参列しているのがご両親なのです。


結婚記念品

過去よりも未来を誓う結婚記念の品


結婚するまでは、そのあとにどれだけいろんなことが起こるかなど想像するだけで実際は分かっていません。それは、ご両親が心を尽くして育てたからでとても幸せなことです。


子供に恵まれるか、二人ともが健康であるか、など当たり前の生活がいかに奇跡の連続かは結婚してから知りえる真実です。でも今、結婚が決まったなら、そんな奇跡の連続を淡々と乗り越えてきたご両親に結婚の記念品を贈りませんか。


それは、ご両親に単に感謝の想いを伝えるだけでなく、自分たちもご両親のように淡々と平和に、平穏な家庭を築くことを誓う記念の品でもあります。過去よりも未来に、その未来をカタチにする結婚記念の品は独立した子供たちを見守るご両親の支えともなることでしょう。


二人の名前を刻印して結婚式でプレゼント 結婚記念品


いかがでしたか。確かに花束は結婚式を豪華にし、手紙は涙を誘います。ですが、結婚はスタートに過ぎないのです。二人の結婚生活のベースになるのは二人を育ててくれたご両親の家庭生活。そんなご両親の家庭生活を理想にすると誓うほど、ご両親にとって誇らしいことはないでしょう。それは自分たちの結婚生活が間違ってなかった証でもあるのですから。そんな結婚式にご両親に贈ってほしい記念品の刻印ポイントは、


タイトルは。Happy Weddin や Anniversaryなど

お名前は、新郎&新婦。

日付は、結婚した日付、入籍日でもあり。


結婚が決まって一番喜んでくれるのはご両親でしょう。口では「肩の荷が下りた」や「ようやく一人前だ」とは言っているものの、心のなかでは心配でいっぱい。ご両親の結婚生活はすべてが順調ではなく、時に反面教師だったこともあるでしょう。でも、それらすべてを含めて、これから二人が築く結婚生活のベースとなっているのです。何事も育ってきた環境がベースになります。それを踏まえてよりよい二人らしい結婚生活が築けるといいですね。


結婚記念品


結婚記念品

永遠の幸せを誓う結婚記念祝い

カテゴリー: ブログ

幸せの象徴に、ウェルカムボード

結婚記念祝い


結婚記念祝い

ゲストをおもてなしするウェルカムスペース


結婚式の披露宴会場でゲストをお迎えするウエルカムスペースには新郎・新婦からの大切な親族や友人をもてなす心づくしの想いがいっぱい飾られています。


そのウェルカムスペースをみることで、結婚式や結婚披露宴に参列するゲストもほっこりすることでしょう。中には、二人が出会った馴れ初めを知らない親族や、初めて新郎・新婦に会う会社関係の同僚・上司などもいるでしょう。


でもウェルカムスペースで会場に入るまでの間、二人の出会いやいまの幸せな感情を知って、心から二人の幸せを願う気持ちが一段と高まるはず。そんなスペースがウエルカムスペースなのです。


結婚記念祝い

ウェルカムスペースの余韻をそのまま新居へ


そんなウェルカムスペースに主役になるのがウエルカムボードです。ウエルカムボードには二人の名前やゲストをお迎えする言葉が刻まれているのが普通です。でも、それがすぐに消えしまう文字なら少し悲しいかも。


せっかくのウエルカムボード。結婚披露宴後も新居に飾って余韻を楽しみたいものですね。ウェルカムスペースは片付けられてしまうものですが、一緒にその想いまで片づけられたくないもの。新居にも飾れるウェルカムボードを二人の結婚記念にオーダーしませんか。


結婚記念祝い

友人が集まる家に


結婚披露宴のウェルカムスペースは差し詰め、お家の玄関といえるでしょう。そんな玄関にも飾れるウェルカムボード。マンション暮らしでは表札を作る家が減ってきました。その分、玄関には誰か住んでいるのかが分かるウェルカムボードがあれば嬉しいですね。


一人暮らしなら、そんなゲストをお迎えする玄関構成を考える必要はなかったでしょう。なぜなら家にお招きするのは自分の友人たちだけなのだから。でも、結婚を機に、妻の友人や夫の会社関係の上司、同僚、部下など、面識のない人たちも新居を訪れてくるかもしれません。


そんなときもウェルカムボードは大切なお客様をおもてなしする心を伝えます。友人たちに祝福されてふたりがとても幸せな結婚式を挙げたことがそのウエルカムボードから計り知れるからです。そんなウェルカムボードを自分たちの結婚記念としてオーダーしませんか。


結婚式の余韻をそのままに伝えるウェルカムボード 結婚記念祝い


結婚披露宴では引き出物やら豪華な食事、趣味嗜好を凝らした新郎・新婦からのサプライズ出し物などとても楽しいパーティ。でも、ほとんどのものが写真として残るだけでモノとしては手元に残らないのです。ウェディングドレスだって、パーティで使ったグラスだって その場限りのもの。でも、自分たちで持ち込んだウエルカムボードは写真に収められたうえに、自分たちの新居にも飾れます。そんな余韻を楽しむためにもカタチに残るウエルカムボードを作ってみませんか。そして、そんなウエルカムボードに刻印する文字のポイントは


タイトルは Welcome to Our Wedding Party が一般的

お名前は、新郎&新婦で、&やハートでつなぐ

日付は、披露宴会場に飾るなら披露宴日


いかがでしたか。結婚式の写真は前撮りも含めてたくさん手元に残ります。青空高く舞ったバルーンやゲストにお配りしたスイーツなど、その写真からいろんなことを思い出すでしょう。でも、家に帰るたびその場にあったウェルカムボードが出迎えてくれたなら、あの幸せな気持ちは家に帰るたび蘇るのです。結婚式は一大イベント。結婚式が終わってホッとするカップルも多いはず。それほど、二人にとって最初の試練。そんな試練を共に乗り越えたウェルカムボードはまさに幸せの象徴なのです。


結婚記念祝い


結婚記念祝い
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
088-695-4489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地