結婚1年目のお祝いが肝心な理由。

カテゴリー: ブログ

結婚2年目、3年目からのお祝いでは遅い

結婚1年目の結婚記念品


結婚1年目の結婚記念品

結婚した意味とは。


最近は結婚する前に一緒に住んだり、入籍だけの結婚もあったりと、離婚同様に結婚が手軽になった時代になってきたのではないでしょうか。それでも結婚は社会人として責任を果たすと宣言するという意味もあり、今も昔もおめでたいと同時に結婚は大切な人生の節目になっています。


ですが、いくらお付き合いが長かろうと、幼馴染のように仲良しであったとしても、結婚して生活を共にするというのはまた別問題ですよね。細かなことですが、どちらがゴミを出すやトイレ掃除の順番など、ゲストとしてお邪魔していた彼氏、彼女の家ではなく、二人の新居で過ごしているわけですから、キモチがついて行かない時もあることでしょう。


ましてや、実家暮らしから突然 二人だけの生活になった新婚生活は不安がつきもの。それでも結婚した理由はお互いの人間的な部分に魅かれ、支え合いたいと思ったからではないでしょうか。それこそが一番大切なことであって、生活を共にすることに疲れてしまうのでなく、仕事から帰って部屋に灯りがついている幸せや、ちょっとした笑いをいつも共有できる幸せが、なによりも大切なのではないでしょうか。


結婚1年目の結婚記念品

お互いの心を確認する結婚記念日。


家族が増えると、夫婦二人だけの時間は少なくなり日々の雑務に追われることも多々増えてきます。それでも結婚記念日は二人の心を向き合わせたいもの。その最初のセレモニーが結婚記念日1年目といえるでしょう。まだ、遅ればせながらの結婚祝いも友人から届く結婚1年目。でも、共に暮らすことを決意した大切な日です。お互いの心を確認する大切な記念日に結婚1年目から整えるようにしておきたいものですね。


お互いの心の確認といっても、それはお互いが感謝の気持ちを伝え合うことでよいのではないでしょうか。特別になにか贈り物を用意するのではなく、「いつもありがとう」の心を形にすればよいと思うのです。プレゼントを贈るシーンはクリスマスプレゼントや誕生日プレゼントなど年に何度か訪れるでしょう。でも、二人共通の記念日は結婚記念日だけなのです。


そして、それは結婚している限り毎年やってきます。結婚1年目こそ 二人が心の確認するためのなにかしらのグッツがあればよいと思いませんか。もちろん、毎年新しくグッツを用意するのもよいでしょう。ですが、使い込んで行く幸せというものもあります。毎年、結婚記念日が近づくたびに、ソワソワするそんな気持ちを味わってみるもの、結婚生活ならではの醍醐味ではないでしょうか。


結婚1年目の結婚記念品

結婚1年目だからこそ贈りたい贈り物


結婚記念日のお祝いを突然、結婚2年目や3年目から始めることは難しいでしょう。仮に結婚1年目のお祝いがないとその次は結婚5年目が多く、それもなければ結婚10年目、そして結婚25年目、となります。そして結婚記念日を結婚1年目から毎年お祝いを続けることは困難なことも多いでしょう。仕事の都合や育児・介護、妊娠、出産、転居などその結婚記念日のお祝いを延期する理由をあげればキリがないくらいです。


でも、お互いを大切に想うなら、一年に一度 しっかりとお互いに感謝の想いを伝えるシーンを作る努力をしたいものですね。よく結婚はゴールではなくスタートと例えられますが、その結婚生活にどのようなストーリーを作って行くのかも「最初が肝心」なのです。


ちなみに、当店では男性(夫)から女性(妻)への結婚記念日の贈物が多いです。結婚前は女性(彼女)から男性(彼氏)が多いのですが、結婚を機に逆転します。もちろん、夫の名前でご購入される方も多いので一概な数字ではないのですが、ペアグラスを自分たち用にお作りになられる方は、そのほとんどが自分たちの結婚記念日用です。


私からのご提案は結婚1年目なら初々しい感じのペアのビールグラスはいかがでしょう。分かりづらいかもしれませんが、お名前部分を男性&女性と、もう一つのグラスは女性&男性に入替ています。 結婚1年目の結婚記念品


いかがでしたでしょうか。結婚1年目は、新婚気分でそんな結婚記念日のお祝いなんかしなくともと思う方が多いかもしれません。でも、学生時代と一緒であっという間にスタート地点は過ぎて行きます。どうぞ悔い無き結婚生活が永遠に続きますように。そして、結婚25周年の銀婚式のお祝いにはお二人のお子様たちにお祝いされるような末広がりなご家族になりますことを心よりお祈り申し上げます。


結婚1年目の結婚記念品


結婚1年目の結婚記念品

両親に贈る結婚記念日祝い。

カテゴリー: ブログ

息子・娘からいつも見守ってくれている両親へ。


結婚記念日祝い


結婚記念日祝い

家族の出発点である両親の結婚記念日に。


家族の始まりがご両親の結婚記念日であることを理解している人はどれほどいることでしょう。ご両親が揃って初めて家族の歴史が始まるわけですが、その両親の結婚記念日を家族皆なで祝うというご家庭は少ないのでは。


きっとご両親も最初は夫婦二人でお祝いしていた結婚記念日。でも、家族が増えるにつれ、子供達の誕生日やら学校行事などで忙しくなり、一度記念日のお祝いを飛ばしてしまうとついついそのままになってしまったご家族も多いのではないでしょうか。


それでも、子供たちが進学や就職でそれぞれ独立し、夫婦二人だけの家族に戻った場合、ご両親はご夫婦二人で結婚記念日のお祝いを復活させていることもあるのでは。たとえば息子・娘たちの結婚が決まったりすると昔を懐かしみ結婚記念日のお祝いを復活されるご夫婦も多いようです。


結婚記念日祝い

ご両親へのサプライズプレゼントに。


結婚記念日は、1年目の紙婚式に始まり75年目のプラチナ婚式まで徐々にその結びつきが強くなる願いを込めて命名されています。たとえば、結婚10年ならアルミ婚式・錫(すず)婚式と呼ばれたり、13年目はレース婚式「レースのようにさらに深く美しく織りなすように」などの意味をもつものもあります。


でも、一般的なのは、25年目の銀婚式と30年目の真珠婚式、あと50年目の金婚式や60年目のダイヤモンド婚式ではないでしょうか。時折り、35年目の珊瑚婚式や40年目のルビー婚式も目にすることがありますが、どちらかというと宝飾店での広告で目にすることが多いよう。


それでも、ご両親にすれば自分たち自身でお祝いしてきた結婚記念日なので、家族から祝ってもらう気がないにしろ、サプライズで子供達から自分たちの結婚記念日をお祝いされたら嬉しいはずです。


結婚記念日祝い

結婚記念日のお祝いに寄せて


両親の結婚記念日を祝おうと思っていたけど忘れていたという人も25年目の銀婚式、次は30年目の真珠婚式、もしくは35年目の珊瑚婚式にはお祝いしたいものですね。これらのお祝いをする年代は自分たち自身も独立したてや結婚したての年代となると思うのです。ご両親の背中をみてこれからも社会で頑張って行く気持ちをお祝いに寄せて伝えたいものですね。


また、50年目の金婚式や60年目のダイヤモンド婚式は自分たち自身も銀婚式や真珠婚式を迎えて、ご両親にすれば、親子といった2世代だけでなく、孫も含めた3世代でのお祝いになると思います。その際にも忘れずお祝いしたいものですね。そういったご両親を祝う姿をみて、自分たちの子供たちが自分たちを祝ってくれる日が来るのです。



結婚記念日祝い

ご両親に贈るメッセージ


結婚記念日のお祝いといえば、銀婚式ならシルバー製品を、真珠婚式ならパール製品をとつい考えてしまいますよね。もちろん、それでもよいのですがそれらは夫婦が互いに贈り合うためのお祝いといえるでしょう。


息子・娘からのお祝いとなるとそういった高価なものよりご両親に向けての「感謝の気持ち」を表すプレゼントがよいのではないでしょうか。もちろん、そこには両親たちが自分たちの理想の夫婦像であることや、いつまでも仲良し夫婦でいてほしい願いを込めての贈り物が望ましいでしょう。


そんな結婚記念日祝いにご両親に贈るメッセージをいくつかまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。


Congratulations on your 〇th anniversary.(〇周年おめでとう。)

We sincerely bless Dad’s and Mom’s love.(私たちは心からパパとママの愛を祝福します。)

Thank you for always supporting me!(いつもありがとう)

I present you the sincere love.(心からの愛を込めて)

〇th Anniversary Celebration.(〇周年目の結婚記念日おめでとう)


いかがでしたでしょうか。日本語にすると、照れくさいような「愛を込めて」や「祝福します」といった言葉も英文に置き換えるとすっきりして伝えやすくなりますよね。金婚式やダイヤモンド婚式といったご年配のご夫妻にも最近では英語でのプレゼントが多くなりました。ぜひ参考にしてみてくださいね。


そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、ご両親の結婚記念日祝いも無事終わり、ご両親の健康を願う長寿祝いを探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、あの時の結婚記念日のプレゼントは本当にサプライズでビックリしたよと家族が集まるたびに話題になるような結婚記念日のプレゼント が贈れますよう心よりお祈りしております。



結婚記念日祝い



結婚記念日祝い


ご両親の結婚記念日に名入れ記念品を贈ってみませんか

カテゴリー: ブログ

自分たちの想いを両親にプレゼントする日。


結婚記念日祝い


結婚記念日祝い

子供だからこそ贈れるプレゼント


小さい頃から「母の日」や「父の日」、またご両親の誕生日やクリスマスにご家族の間でプレゼントを贈り合った記憶はありませんか?最初は、自分たちの意志というより学校の宿題や、お友達の家族がされているのを真似てということだったかもしれません。


ですが、進学や就職で家を離れるとそういったイベントもついつい億劫になったり、またご両親からも「仕事や勉強で忙しいから気を使わなくてもいいよ」の一言でいつのまにか中断したり。


本当は親としてはいつまでも小さなものでいいからプレゼントを贈って欲しいと思っているかもしれませんが、親だからこそ口に出して言えない想いというのもあるものです。ましてや、兄弟姉妹が賑やかに暮らしていた家に、気がつけば自分たち夫婦しか残っていないというのは当たり前で喜ばしいことながら寂しい気持ちを時として感じることもあるでしょう。


そんなとき、子供達からプレゼントされた品は心の拠り所として心を癒してくれます。ましてや兄弟姉妹が考えて自分たち両親のために贈ってくれたプレゼントならなおさらのことでしょう。ご両親ふたりともに向けたプレゼントを贈る機会というのはご両親の結婚記念日しかありません。


もし、今年一番下の妹さんや弟さんまで家を出て自活を始めたなら、その記念に兄弟姉妹でご両親に自分たちの名前の入ったプレゼントを贈りませんか。それはきっとずっと家族が集まったリビングに飾られることでしょう。


結婚記念日祝い

表札だけにある名前


以前の表札というのは、家族全員の名前を入れたものも多くありました。いまでは苗字だけやマンションでは表札さえないお家も多くありますが、ご家族全員の名前が入った表札のようなものはお家にありますか。


ご両親の結婚記念日はご家族のスタート地点です。最初は二人だけだった家族が一人増え、また一人、と増えることはなによりも嬉しいこと。ただ、それと同時に父親にすれば家族を養わなくてはならない重責感じたり、母親も育児に始まり子供の健康や学業をサポートする役割の多くを担ってきたことでしょう。


そんな仕事と育児の忙しさの中で気が付けば子供達は成長し、自分たちに余裕がでてくる年代になるとすでに家を出てるということはよくあることです。表札の名前まで手が回るほどの余裕などありませんよね。


だからこそ、表札でなくとも家族が帰省したときに集まるリビングにご家族みんなの名前が入った記念品を飾って欲しいのです。その名前一つ一つには、ご両親の想いがたくさん詰まっているはずです。その想いをカタチにしてリビングに飾ってみませんか。


結婚記念日祝い

子育てが終わった証として


子供が何歳になっても親の心配は尽きることはありません。家を出て進学しても「ちゃんと食べているかな」や、就職したとしても「会社のみなさんにご迷惑をかけていないだろうか」など、口に出さずとも心の片隅で案じているものです。


ですが、ご両親自身もご実家を出た頃は、そんな大人の心配など気にもせず日々の生活を満喫していたことでしょう。またそんな親の心配も電話や手紙でしか伝える手段はなく、耳にさえ届かなかったでしょう。でも、今はインターネットがあり、地球の裏側にいてもメールやテレビ電話で気軽に時代になりました。


逆にいえば、親の心配をいつでも子供に伝えられる時代になったのですが、それは子供にとって付加が大きいときもあります。そんな時は 自分たちの名前の入ったプレゼントを贈って「もう大丈夫だよ、だけど困ったことがあったら相談にのってね」と伝えてみるのも良いかもしれませんね。



結婚記念日祝い

ご両親の結婚記念日に贈る記念品の名入れポイント


家族全員の名前を入れたプレゼントをご両親に贈れるのはその子供達しかいません。成人した子供の名前を勝手に刻印する親はそういないでしょう。


だからこそ、価値があるご両親への名入れの結婚記念祝いプレゼント。名前入れする際に気を付けていただきたいポイントがあるのでいくつかまとめてみました。参考にしていただければ幸いです。


兄弟姉妹の名前を入れる

父母の名前を大きめでいれても、いれなくてもよい

贈る年と両親の結婚記念日をいれる

リビングに似合う感じのものを選ぶ


いかがでしたでしょうか。名前の表記に関しては名付けてくれた「漢字」か洒落たかんじに仕上がる「ローマ字」かは悩みどころですが、リビングに似合う雰囲気にしあがるように考えられたらよいと思います。



そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、ご両親の結婚50周年の金婚式のお祝いを探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、父母兄弟姉妹の名前が全部入った品物ってこれだけだよねと、家族が集まるたびに話題ののぼるようなご家族の記念品 が贈れますよう心よりお祈りしております。



結婚記念日祝い



結婚記念日祝い


商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地