今年は二人だけで祝う結婚記念日

カテゴリー: ブログ

毎年のことだけど、今年は特別な一年に。

結婚記念


結婚記念

こんな時代だからこそふたりだけで。


コロナ禍のなかでお祝いごとのスタイルが変わってきました。例年、家族や多くの友人に囲まれて二人の結婚記念日を祝ってきた人も多いことでしょう。たとえば、成人した娘や息子たちが家に立ち寄ったり、友人夫婦と一緒にご飯をしたり。


でも、ここ一、二年はそんなささやかな一年に一度のお祝いごとさえ外食が阻まれるようになり、子供たちの帰省さえ難しくなる時代になりました。


ですが、そうだからといって夫婦二人にとって大切な結婚記念日をお祝いしないというのはツライものです。夫婦になることを誓いあった記念日をコロナ禍だからといってお祝いしないのは切ないもの。今年は二人だけでもお祝いしましょう


結婚記念

まさかの今年も続くなんて。


2020年のコロナ発生によりいろんなことが自粛を強要されるようになりました。確かに2020年はオリンピックも延期になったし、子供たちの学校の休校、夏には甲子園の高校野球さえ見送られ、当たり前に行われていた結婚式や入学、卒業のセレモニーさえ中止や延期、カタチを変えたスタイルとなりました。


ですが、それは2020年で終わるものと信じて自粛できていたところもあります。それが2021年も続くなんて2020年の時点で誰が想像していたことでしょう。少し落ち着けば また以前の暮らしに戻ることができると信じていた2020年。でも実際にすぎてしまうと2021年は以前の暮らしに戻るのではなく、本当に新しいライフスタイルを身に着けなければならないと実感させられる一年なりました。


一生に一度のお祝いごとである結婚式や学校の入学式、卒業式などを今までのスタイルでできなかった人も多いと思います。でも、毎年のお祝い事である誕生日祝いや結婚記念日祝いは今まさに、新しいライフスタイルを手に入れてでも続けるべきお祝い事。コロナなんかに負けずにしっかりとお祝いしましょう。


結婚記念

今まで違うスタイルこそ自分たち流。


いままでのスタイルを変えることはとても大変なことです。人は新しいことを始めるときにはパワーがいるものです。今まで通りの方が簡単で、楽しくて楽チンなことでしょう。なにより いままで積み重ねてきた経験から自分たちに合ったスタイルになっているからです。


働き方一つをとってもテレワークが普及しづらかったり、海外では命を守るマスクさえつけることを拒否する人たちも。 でも、それは考え方が少しマンネリ化しているといえるのではないでしょうか。今こそ知恵を絞って新しいスタイルを手に入れたいものですね。実はその新しいスタイルが他人の考えに縛られることなく、自分たちらしいスタイルなのかもしれませんよ。


夫婦ふたりのためのワイングラス 結婚記念


人生においてサプライズは嬉しいものです。そのサプライズでものの見方や考え方を見つめ直す機会を得ることができます。それは一冊の本だったり、一本の映画だったり、友達の一言かもしれません。ですが、今回のコロナのサプライズはあまりに大きすぎて受け止めしづらい人も多いことでしょう。


特に学生にすれば、人生においてやり直しのきかないスクールデイズをこのコロナ禍で奪われた人も多いでしょう。ですが、そんな若い学生にさえ、世の中はニュースタイルを求め、コロナ禍においても人とのつながり方や物事を共有する方法を模索させているのです。そんな彼らが社会人になった時こそ、ニュースタイルが定着するのかもしれませんね。大人の私達も負けないようにがんばりましょう。


結婚記念


結婚記念

2020年入籍記念のプレゼントに。

カテゴリー: ブログ

なにもできなかった2020年に。

入籍記念


入籍記念

一生に一度の思い出に。


2020年は大変な年でした。結婚式のキャンセルが起こるなど前代未聞のコロナショック。2020年以前から準備を進めていた結婚式を泣く泣くキャンセルしたカップルも多いのではないでしょうか。


2020年春先の緊急非常事態宣言で春の結婚式は急きょキャンセル。そして2020年内に結婚式を挙行したいと思って再予約した年末の結婚式も不足の事態によりキャンセルしたカップルも多いかもしれません。


それもこれも結婚式に参列してくださる大切な人たちのことを思ってのキャンセル。同年代だかけの招待を考えたなら強行挙式もあり得たでしょう。でも自分たちのルーツであるおじいちゃんやおばあちゃん、親戚のおじちゃんやおばちゃんといった親族にも祝ってもらいたいという結婚式本来の意味を尊重しての勇気あるキャンセルだったと思います。


入籍記念

2020年を思い出の1ページに。


ツライことかもしれませんが、ピンチはチャンスです。こうゆう時だからこそ、この2020年という年に結婚しようと思ったことをカタチに残しませんか。


本来なら晴れ姿をみてもらいたかった結婚式。でも、入籍記念としてご両親や親族に入籍した事実を残した記念品をプレゼントしてみましょう。結婚式を行った場合は、引き出物として結婚記念品をお渡しするシーンがあります。そこには二人の新居の場所やこれからの生活スタイルについてアナウンスすることもできたでしょう。でも、結婚式をあげず入籍だけ済ますとそういったアナウンスをするチャンスはありません。


役所に行って、結婚届けを提出する。そして、今日も変わらず昨日と同じことをする。とてもシンプルな行動パターンです。ですが、親族やご両親に入籍記念をプレゼントするということは幸せになる決意表明をするようなものです。「口にすれば願いが叶う」という言葉がありますが、そうやって入籍記念をプレゼントするだけでもっと幸せになれるのではないでしょうか。


入籍記念

入籍の記念をカタチにしたプレゼント


入籍記念を友人にプレゼントするのと、ご両親・親族に入籍記念をプレゼントするのはちょっと意味が違います。同年代のお友達なら結婚式には招待し、招待されで友人の入籍記念を飾ってくれるような親友はごく限られた人たちになるでしょう。


ですが、あなたのご両親、おじいちゃん・おばあちゃんならその入籍記念のプレゼントを大切に飾ってくれるのではないでしょうか。いま流行りのガラスの結婚証明書などもリビングのインテリアとしてあなたたちの結婚生活を優しく見守ってくれることでしょう。


多くの人に祝福されてスタートさせたい新婚生活。それでも実際は限られた親友やご両親、親族が実際の支えとなり、ずっとこれからもお二人の見守り続けるでしょう。そんな大切な人たちのためにプレゼントしてほしい入籍記念品です。


本当は結婚式のウエルカムスペースに飾りたかったウエルカムボード 入籍記念


人生において しばしば思い通りにならないことはあるものです。でも思い通りにならなかったことで得られた本当に大切なものもたくさんあります。2020年はそういった意味で今までと違う価値観を否でも身につけなくてはならない一年となりました。


2020年に結婚式を挙げたかったカップルには災難の年だったでしょう。ですが、ぜひともこの2020年を忘れない年にしてほしいものです。そしてご両親・親族と今後ずっと縁が続くご両家にとっても特別な年であったことを忘れないように入籍記念をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。


入籍記念


入籍記念

結婚1年目のお祝いが肝心な理由。

カテゴリー: ブログ

結婚2年目、3年目からのお祝いでは遅い

結婚1年目の結婚記念品


結婚1年目の結婚記念品

結婚した意味とは。


最近は結婚する前に一緒に住んだり、入籍だけの結婚もあったりと、離婚同様に結婚が手軽になった時代になってきたのではないでしょうか。それでも結婚は社会人として責任を果たすと宣言するという意味もあり、今も昔もおめでたいと同時に結婚は大切な人生の節目になっています。


ですが、いくらお付き合いが長かろうと、幼馴染のように仲良しであったとしても、結婚して生活を共にするというのはまた別問題ですよね。細かなことですが、どちらがゴミを出すやトイレ掃除の順番など、ゲストとしてお邪魔していた彼氏、彼女の家ではなく、二人の新居で過ごしているわけですから、キモチがついて行かない時もあることでしょう。


ましてや、実家暮らしから突然 二人だけの生活になった新婚生活は不安がつきもの。それでも結婚した理由はお互いの人間的な部分に魅かれ、支え合いたいと思ったからではないでしょうか。それこそが一番大切なことであって、生活を共にすることに疲れてしまうのでなく、仕事から帰って部屋に灯りがついている幸せや、ちょっとした笑いをいつも共有できる幸せが、なによりも大切なのではないでしょうか。


結婚1年目の結婚記念品

お互いの心を確認する結婚記念日。


家族が増えると、夫婦二人だけの時間は少なくなり日々の雑務に追われることも多々増えてきます。それでも結婚記念日は二人の心を向き合わせたいもの。その最初のセレモニーが結婚記念日1年目といえるでしょう。まだ、遅ればせながらの結婚祝いも友人から届く結婚1年目。でも、共に暮らすことを決意した大切な日です。お互いの心を確認する大切な記念日に結婚1年目から整えるようにしておきたいものですね。


お互いの心の確認といっても、それはお互いが感謝の気持ちを伝え合うことでよいのではないでしょうか。特別になにか贈り物を用意するのではなく、「いつもありがとう」の心を形にすればよいと思うのです。プレゼントを贈るシーンはクリスマスプレゼントや誕生日プレゼントなど年に何度か訪れるでしょう。でも、二人共通の記念日は結婚記念日だけなのです。


そして、それは結婚している限り毎年やってきます。結婚1年目こそ 二人が心の確認するためのなにかしらのグッツがあればよいと思いませんか。もちろん、毎年新しくグッツを用意するのもよいでしょう。ですが、使い込んで行く幸せというものもあります。毎年、結婚記念日が近づくたびに、ソワソワするそんな気持ちを味わってみるもの、結婚生活ならではの醍醐味ではないでしょうか。


結婚1年目の結婚記念品

結婚1年目だからこそ贈りたい贈り物


結婚記念日のお祝いを突然、結婚2年目や3年目から始めることは難しいでしょう。仮に結婚1年目のお祝いがないとその次は結婚5年目が多く、それもなければ結婚10年目、そして結婚25年目、となります。そして結婚記念日を結婚1年目から毎年お祝いを続けることは困難なことも多いでしょう。仕事の都合や育児・介護、妊娠、出産、転居などその結婚記念日のお祝いを延期する理由をあげればキリがないくらいです。


でも、お互いを大切に想うなら、一年に一度 しっかりとお互いに感謝の想いを伝えるシーンを作る努力をしたいものですね。よく結婚はゴールではなくスタートと例えられますが、その結婚生活にどのようなストーリーを作って行くのかも「最初が肝心」なのです。


ちなみに、当店では男性(夫)から女性(妻)への結婚記念日の贈物が多いです。結婚前は女性(彼女)から男性(彼氏)が多いのですが、結婚を機に逆転します。もちろん、夫の名前でご購入される方も多いので一概な数字ではないのですが、ペアグラスを自分たち用にお作りになられる方は、そのほとんどが自分たちの結婚記念日用です。


私からのご提案は結婚1年目なら初々しい感じのペアのビールグラスはいかがでしょう。分かりづらいかもしれませんが、お名前部分を男性&女性と、もう一つのグラスは女性&男性に入替ています。 結婚1年目の結婚記念品


いかがでしたでしょうか。結婚1年目は、新婚気分でそんな結婚記念日のお祝いなんかしなくともと思う方が多いかもしれません。でも、学生時代と一緒であっという間にスタート地点は過ぎて行きます。どうぞ悔い無き結婚生活が永遠に続きますように。そして、結婚25周年の銀婚式のお祝いにはお二人のお子様たちにお祝いされるような末広がりなご家族になりますことを心よりお祈り申し上げます。


結婚1年目の結婚記念品


結婚1年目の結婚記念品
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
088-695-4489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地