新しい生活を始めるあなたへ。

カテゴリー: ブログ

暮らし方は生き方。

引っ越し祝い


引っ越し祝い

自分たちの暮らし方に合う場所を求めて


3月は年度替わり。コロナによるリモートワークや郊外での生活を決めて、この3月に引っ越しをする人は多いのではないでしょうか。学校や仕事の都合もあり、4月からの新生活に向けて住む場所を変える人も多いでしょう。


昔は家族みんなで引っ越しするのではなく、会社都合の転勤なら単身赴任も多かったようです。でも、いまは子供の大学進学をきっかけに家族みんなで引っ越したり、郊外や田舎、Uターンで地方に移住する引っ越しも増えているようです。


それは、インターネットや交通の普及により人の移動が簡単になったからでしょうね。確かに密集して刺激的な毎日の地域より空気のきれいな自然多い地方での暮らしは子育てには向いているかもしれません。その時々で自分たちの暮らしに合う場所に住むことが許される社会が近くまできているのかもしれません。


引っ越し祝い

価値観のあう友の大切さ


距離がどれほど離れていようとも、最近ではその距離感を感じることは少なくなりました。東京の情報はインターネットを通して日々得ることができますし、ニューヨークやパリの様子だってリアルタイムで知ることができます。


ただ、どんな場所に住むことになったとしても、価値観が同じ友達は大切です。理想の暮らし方を追求して行けるのはその暮らし方に賛同してくれる友達の力は大きいでしょう。たとえUターンで子供の頃に住んでいた場所で暮らすことになったとしてもそれまでに培ってきた友とは離れがたいものです。


私はいま、小型犬をマンションで飼っていますが、いつか田舎で大型犬と一緒に暮らしたいと思っています。でも、ワンコのお散歩で会うワンコを飼っている人たちとの毎日のワンコについて会話が無くなるかと思うとさびしく思うものです。


引っ越し祝い

暮らし方は生き方そのもの。


「丁寧な暮らし」を目指したり「自家菜園のある暮らし」や「モノにこだわる暮らし」など暮らし方は生活のベースです。仕事のために暮らすのではなく、暮らしのために仕事をするのが理想といえるでしょう。


そんな暮らし方もライフステージによって変化します。独り身の時は刺激的な街に住みたいし、子育ての時は育児や生活環境がいい郊外に、二人だけに戻れば田舎やスマートシティに住みたいと思うようになるかもしれません。


そんな自分らしい暮らし方を求めて引っ越しするのが多い3月。一年中引っ越すことは可能ですが、やはり他人には迷惑はかけたくないもの。仕事や学校の区切りがいい3月が多いのはそういった大人としての配慮も大きいと思います。


引っ越し祝い


どれほど理想の場所をみつけて引っ越しを決めたとしても、住み慣れた街を離れることはつらいものがあります。そこで培った友情や信頼をすべて置き去って行かなければならないのですから、後ろ髪を引かれる想いもあるでしょう。


それでも引っ越す方は、新しい地での新生活に胸をワクワクさせて準備を進めていることでしょうが、見送りだす方もなにかしら寂しさを感じるもの。数多くの出会いのなかで心情を打ち明け合いながら話ができる友達は意外と少ないものです。そんな友達の引っ越しの際にはその縁をカタチにした引っ越し祝いを贈りませんか。きっと新しい地に行っても、あなたとの友情は変わらず続くことでしょう。


引っ越し祝い


引っ越し祝い

お雛祭りのお返しに。

カテゴリー: ブログ

子供の成長を祝って飾るお雛様

雛祭りのお返し


雛祭りのお返し

飾ることも、片づけることも一仕事。


3月3日はお雛祭り。家族や親戚でお雛祭りを祝い、チラシ寿司やはまぐりのお吸い物などで食卓を囲んだご家庭も多いのではないでしょうか。


初節句でお雛さま飾りを飾ったお家では3月3日を過ぎると片づけの準備を考えるご家庭も。お雛飾りは立春の頃から3月3日の一週間前には飾り付けを終り、「早くお嫁さんに行けますように。」と3月3日を過ぎると早々に片づける習慣があります。


もちろん、地方により3月末までや4月上旬まで飾るご家庭もありますが、そもそもお雛様は厄災の身代わりになった人形のため、いつまでも置いておくのはよくないとされています。お天気のよい休日などに家族みんなや、お雛飾りを買って下さったご両親も呼んで一緒に片づけたいものですね。


雛祭りのお返し

ひな飾りは母方の祖父母が贈るもの


以前はお雛飾りは母方の祖父母が用意することがほとんどでした。でもこれは決まりごとではなく、お雛飾りの準備にあたり、母方の祖父母が嫁いだ娘に会いに行くための口実だったと云われています。


令和の時代には考えづらいかもしれませんが、昭和~平成初期にかけては嫁ぎ先への同居も当たり前だった時代です。そう考えると結婚しても子を想う親心の表れといえるでしょう。


現在では、お雛飾りを飾るスペースや収納のこともあり、お雛飾りは必ず用意しなくてはならないものとなってきました。それも、自分たちが飾り付けをするのが大変だったから、娘たち夫婦には苦労させてたくないというご両親の愛かもしれませんね。


雛祭りのお返し

雛飾りを片づける時にこそ、お返しを。


子供が小さい時のお出かけはなにかと大変です。そんな時、ご両親が近くに住んでいてくれたなら少しのことでも応援を頼めるのですが、離れて住んでいる場合はそう簡単にはいかないでしょう。


でも、お雛飾りを買ってくださったご両親にはそのお雛飾りを披露したいもの。お雛様を飾る時か、片づける時はご両親をご自宅にお招きしたいものですね。また、そういった時にこそ、お雛飾りのお礼としてお返しを用意したいものです。ご両親はそんなことなど望まず、孫に会えるだけで十分嬉しいとおっしゃることでしょう。でも、親となったあなた自身も、今後親としての役目を果たす想いの決意としてお返しをしたいものですね。 


雛祭りのお返し


何歳になっても、結婚しても娘は可愛く、心配なものです。ましてや子供ができて「ちゃんと親になれるかしら。」と要らぬ心配さえしてしまいます。それは昔も今も同じこと。そんな自分を大切に想ってくださるご両親に近況報告もかねて、子供の写真を送りたいものですね。


写真はいまではスマホで簡単にメール送信できるようになりました。でも、プリントアウトして飾られた写真はスマホのなかにある写真と違い、インテリアになります。そんな成長を伝えるインテリアをお雛飾りのお返しに贈ってみませんか


雛祭りのお返し


雛祭りのお返し

孫に贈る入学祝い

カテゴリー: ブログ

成長を共に喜ぶ入学祝い

入学祝い


入学祝い

生まれた時から知っているあなたへ。


子供の成長は目覚ましいものです。無事に元気で生まれれくれればと思っていた子供がハイハイをしてつかまり立ちを始め、昔から「這えば立て立てば歩めの親心」と言われるように子供の成長とともに親の期待もどんどん膨らみます


新芽がぐんぐんと伸びるのを見とれるがごとく、大人になってからの成長はそれほど変化が著しくないので、つい子供の成長に見とれてしまうのでしょうね。


入学祝い

期待いっぱい、胸いっぱい。


4月になるとニュース番組でも小学校の入学式の様子を流されることが多くなりますが、元気いっぱいなお子さまと一緒に映し出されるお母さまの顔は不安いっぱい。お父さまは逆にそんな家族のステージアップを誇らしげに支えているような温かみのあるお顔に見えます。


そんな家族の様子を自分の過去と照らし合わせ、「そんなときもあったね」と余裕でニュース番組をみることができるようになるのは、おじいちゃん・おばあちゃんと呼ばれるようになったぐらいからでしょうね。


それほど、子供の誕生、そして保育所や幼稚園への入学が始まり、高校・大学の卒業まではあっという間に時が流れることを知るのは過ぎ去ってからのことなのです。


入学祝い

過ぎ去った日々だからこそ分かること


子育ての時は楽な時間ばかりでなく、メンドウでしんどくて責任もかかってくる時間です。自分自身がどうありたいかも考える時間も心の余裕もないままに過ぎていくこともあるでしょう。でも、そういった追い詰められた時間だからこそ見えてくる自分らしさやこうありたいと願う気持ちも鮮明になってきたはずです。


そうやって子供の成長と共に家族みんなが成長することを知っている世代から、その家族みんなの成長を願う贈り物を入学・入園祝いを通して贈りたいものですね。



ピンクのドライフラワー 入学祝い


家事や育児で忙しいときに手間のかかる贈り物は入学祝いとはいえ避けたいもの。また、あまり大人っぽい入学祝いも子供自身に「私へのお祝いかな」と不安に思われるかもしれません。でも、子供の成長は早いもの。あまり子供っぽいものはすぐに飽きられてしまうので、お薦めできません。


アンティークなガラスボックスなら、ドライフラワーを楽しんだあとは小物入れとして使うことができます。幼い頃、親戚からもらったお菓子のきれいな箱を大事にとっておいて宝箱にした記憶はありませんか。その箱は大きすぎず、小さすぎず、机の中に納めれる程度の大きさ。この箱もそんな子供の宝箱になれば幸いです。


入学祝い


入学祝い
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
088-695-4489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地