60代の男性に贈る退職メッセージ

カテゴリー: ブログ

共に頑張ってきた仲間に

60代の男性退職者メッセージ


60代の男性退職者メッセージ

60代で退職を決めた男性に。


昔は終身雇用という言葉がまかり通っていて 学校を卒業すると同じ会社で定年(当時は60代位)まで働くというのが一般的でした。今も同じ仕事を繰り返して技術を磨いたり、知識を深める分野では終身雇用は当たり前のことかもしれませんね。


企業は賃金を払って、その人の能力を買い、そして高め、製品や商品、職場にそのノウハウを乗せて行くわけですから、大切に育てた技能を持った社員が転職をするのは企業にとって損失になります。ゆえに、最近では60代の定年退職を迎えた人に継続を雇用をお願いしたり、上級職であれば会社が変わってもそのノウハウをグループ企業に活かすために、再雇用というカタチをとったりと色々施策しているのではないでしょうか。


でも60代で迎える「退職」という言葉は、たとえ再雇用されると決まっていても重みがあります。勤めていた企業から継続雇用をお願いされることはとても有難いことだと思います。私の父も学校の教員でしたが、60代の退職の折りに継続雇用の打診がありましたが、全て断り農業を始めました。


それほど、特に男性にとっては60代での退職は、今後もその仕事を続けて行くかまたは体力や社会との繋がりが残っているうちに第二の人生を始めるかの重要な節目。きっとそれは60代の男性特有の退職に対する悩みごとかもしれませんね。


60代の男性退職者メッセージ

継続雇用も独立開業も、なにもしなくても正解。


男性に比べて 女性は結婚や出産、育児の始まりや終わりなどライフステージか変わるタイミングが男性より多くあると思います。その都度 女性は悩みある時は就職したり、起業したり、また専業主婦の道を選択することもあるわけです。


ですが、今の60代の男性で退職を迎えようという方は、「家庭を守らなければならない」や「企業戦士として24時間頑張る」といった時代を会社員時代に過ごしてきました。そして、迎えた定年60代で会社を退職するかどうかが初めての選択という男性もいるのではないでしょうか。


実際は、妻であれ 家族であれ、その選択の正解が分かる人はおらず、またそのような責任を持つこともできません。すべて自分の判断に委ねられるのですが、唯一 応援メッセージを贈ることができるのは、同期入社の同僚や同じ職場の上役、または部下でしょう。そのメッセージは、きっとその後の進路を見つけ 踏み出す大きな原動力となることでしょう。


60代の男性退職者メッセージ

メッセージが作るパワー


「誰かの一言が、自分の背中を押した」というのはよく言われる言葉ですが、実際はその準備は自分のなかですでに出来上がっており、その想いが言葉の端々から溢れ、それを汲み取ってくれた同僚、仲間、家族のメッセージだからこそ「その一言」があったのだと思います。


自分を一番理解してくれるのは やはり同じ釜の飯を食ってきた仲間ではないでしょうか。特に職場は長時間同じ時間を共にする仲間です。また、同じ課題に向かって考えたり、作り上げてきた仲間です。そんな仲間からのメッセージはなによりも心強く その後の進路を歩むパワーを与えてくれることでしょう。


同じ年代、同じ性別、同じような環境にいたからこそ発せられるメッセージがあります。そのメッセージに心の耳を傾ければ、その後の人生も充実したものになると思うのです。もちろん、家族や職場からの「長年、お疲れさま」や「お世話になりました」といったメッセージもそこには退職に向けての感謝の想いがあり、それと同様にその前後の文脈にこそ、本当の意味でのメッセージが込められているのかもしれませんね。


私からのお薦めは本を開くように、人生のページをめくろうのブック型ペーパーウエイトが退職祝いのお薦めです。 60代の男性退職者メッセージ


あなたの周りにも退職について悩んでいる60代の男性はいませんか?昔よりも転職が気軽になったとはいえ、60代の考える転職は若い人と違い、夢の実現や自分への挑戦といった意味が含まれているように思います。そんな想いを汲んで、あなたからのメッセージを届けてみませんか。


人生100年時代と呼ばれるようになりました。60代はまだまだ人生の折り返しを少し曲がったぐらいのところ。人は時として誰かのメッセージを待っているものです。それがまったく違う答えであったとしても、自分の都合のいいように解釈して、人はそのメッセージを受け取ることでしょう。どうかあなたからのメッセージが、大切な仲間の背中を押す「その一言」になりますように。そして、「あの一言があったから、今の自分があるよ」と大切な仲間から云ってもらえたら とても幸せですね。


60代の男性退職者メッセージ


60代の男性退職者メッセージ

先輩上司への退職祝いのプレゼントに。

カテゴリー: ブログ

共に働けたことに感謝!

上司への退職プレゼント


先輩上司の退職記念に

公私ともに相談に乗ってくれた先輩上司へ


今は退職といっても、20代や30代でキャリアアップを目指しての転職や自己実現を達成するための退職など、様々な退職の形が増えてきました。退職という言葉は決してネガティブなものでなく、逆に今の職場からステップアップするための決意表明であったり、その退職は若くとも勇退に近いものがあります。


そんなステップアップを目指す退職に踏み切る先輩には、その先輩上司を慕う後輩部下も多いもの。誰しも社会人一年生の時は、名刺の受け渡しや営業の仕方など基礎的なことを先輩上司に教わることが多く、その経験が一生の会社員人生の基礎を作るといっても過言ではないのではないでしょうか。


そんなお世話になって、人間的に尊敬し、憧れの先輩の退職を耳にしたら「ああ、やっぱりステップアップを目指すんだ」と思うのと同時に心寂しくもなることでしょう。仕事以外にも一緒にプライベートを共にして旅行や飲み会などに行った楽しい思い出、仕事の愚痴をきいてもらったり、上長へのアドバイスをもらったりした学生時代には想像もできなかった悩みへの相談など、いろんな思いが交差するのではないでしょうか。


緒に働けたことの記念に。 先輩上司の退職記念に


そして そんな憧れの先輩の退職日が近づくにつれ、なにかしらお祝いになる記念品を渡したいと思うもの。もちろん、カードに御礼の言葉をしたためるのもよいでしょう。最終出社日が分かっていれば 有志や部下一同で花束なども用意するのもよいでしょう。


そんな記念品を用意する心の底には、「一緒に働けてよかった」や「あなたが自分の先輩上司でよかった」という気持ちがあるのではないでしょうか。先輩上司といえども相性というものがあります。例え仕事がよくできて、営業成績がいい先輩上司であっても、自分に仕事を教えてくれる先輩上司になってもらってよかったと思うかどうかは別の問題です。


仮に、相性の合わない先輩上司なら 退職される日を心待ちにするかもしれない自分がいるかもしれないし、花束や感謝のカードも形式的なものでしかないでしょう。そうではなく、「本当に、この人の部下でよかった」と思えるかどうかで退職記念品の意味も変わってくるのです。

学生時代の先生がよい例ではないでしょうか。授業が面白く、成績が伸びた先生に巡り合うこともあれば、優秀な先生だからといって自分とは相性が合わなかった先生もいたことでしょう。それと同じで 会社員人生を振り返る時に、実際に相性がよく尊敬できる先輩上司というものは数えるほどしか出会わないものです。


●

思い出の退職記念品はあなたと先輩上司の思い出


あなたが先輩上司に憧れの念を抱いているということは先輩上司もそれなりにあなたに目をかけてきたはずです。毎月の営業成績のことや顧客回りなど、細かなことにも目配りしてくれたことでしょう。そして そんな先輩上司とあなたとなら、なにかしら二人の思い出があるのではないでしょうか。


それは、なにかのお祝いの席でハメを外して飲んだとか、コンパや旅行の思い出かもしれません。そんな時はアルコールが手元にあったのでは。例えば退職の日に「また、先輩 飲みに行きましょうね」というならば、ビールグラスやビアジョッキを贈ってみるのはいかがでしょうか。



お薦めのビールグラス ●


次回の「飲み会」へのお誘いもこめて、名前を刻んだビールグラスなどお洒落な退職記念品となることでしょう。そして、先輩上司が自宅に帰ってそのビールグラスを手にしたとき あなたとの思い出が頭を少しでも過ってくれたなら、その退職記念品の贈物は大正解になるはずです。


いつかあなたも会社を退職する日がくるでしょう。それは今年か来年か もしくは定年退職かもしれません。理由は寿退社かキャリアアップか、または留学や起業・開業かもしれません。でも、どんな場合であれ、あなた自身が退社する日に、後輩部下があなたとの思い出を懐かしく思い出し、指導してくれたことに感謝される会社員人生を歩んでくれればと思います。そして、その思い出を想起させるような退職記念品を後輩部下から贈られたら、それはとても幸せな退職ですね。


先輩上司の退職記念に


●

退職日には妻に記念品を贈ろう

カテゴリー: ブログ

支えてくれた妻へのプレゼント

●


●

妻の支えがあったから、退職を迎えることができた。


最近は退職といっても 定年退職として人生の区切りである60才に退職日を迎えるのではなく、そのまま継続雇用になったり、また新たな可能性を求めて早期退職をしたりと、人それぞれの退職の道が広がってきました。


「仕事をする」ということは、自己実現を目指したり 誰かの役に立ちたいと願って仕事に就いたりしますが、基本的には自分の生活もしくは家庭を守るために仕事をしているのではないでしょうか。


でも、「仕事をする」ということはストレスがつきもの。気が付けば、自分が守ろうとしていた家族に自分が守られていたということも往々にあるでしょう。それだけ「仕事を続けてきた」ということは大変なことだったのです。


●

お互いの労をねぎらう。


主婦の仕事を当たり前に思っている男性はまだまだ多いのかもしれません。ましてや育児や家事など慣れないものに対しての苦労は想像さえできないことでしょう。ですが、すでに現在の20代の男性は高校で育児や家事を授業の一環として学習してきた世代もいます。


そんな若い世代は、家事が大変だということを勉強として学んでいるので、自分自身や自分の家族の世話をしてくれるパートナーに対して感謝の気持ちを伝えることが当然という認識が培われています。


ですが、定年退職を迎える世代は、学校の授業で育児や家事を習うことはありませんでした。逆に男性は外にでて「仕事を頑張って、家族を支える」もの、女性は家のなかにいて「家事を頑張って、家族を支えるもの」と役割をわりきってきたのではないでしょうか。でも今や その仕事と家事の垣根は低くなり、互いが支え合って頑張るものとなってきました。だからこそ、仕事の区切りである退職日には、妻にもその労をねぎらい感謝の想いを伝えることが大切なのです。


●

感謝の想いを伝える贈り物


退職日を迎えたあなたは多くの取引先や部下、友人から送別の品として退職祝いを贈られることでしょう。もしくは会社から贈られる場合もあるかもしれません。そんな多くの退職祝いは あなたの仕事に対してのお祝いであったりします。


そして 家に帰ると家族からも「お仕事おつかれさまでした」という退職のお祝いや、夕食の用意があるかもしれません。そんなとき、あなた自身から家族に向けた「今まで支えてくれて、ありがとう」と感謝の想いを伝える贈り物があれば、奥様もご家族もきっと大変驚かれ 喜ばれることでしょう。


どんなお祝いであろうと 一人より二人、ましてや自分一人だけより妻や家族とその退職のお祝いを喜び合いたいものです。


私からのお薦めは、さりげなくペアグラスの底に お互いの名前を刻んだグラス。 ●


いかがでしたか。退職を無事迎えることができたのは 決して自分一人の力ではなかったことはご自身が一番ご存知のはずです。それなのに、なにかしら照れてしまって「ありがとう」の一言ですませてしまうのはもったいない話。


退職記念日や結婚記念日など、お祝いの記念に日が決まっているものほど、名入れしたお祝いのプレゼントが似合うシーンはありません。どうぞ その退職のお祝いの日を大切にご家族の記念日となりますよう あなた自身がその退職日を迎えることを心よりお祈りしております。


● ●

商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地