退職祝いに名前入り記念品を贈ってみませんか

カテゴリー: ブログ , 未分類

退職する人も、見送る人も心に残るお疲れ様会に。


名前入り記念品


名前入り記念品

退職祝いに名前入り記念品をお薦めする理由


日本の3月といえば年度末。卒業式と同様に会社人にとっても卒業という退職を迎える人が多いのではないでしょうか。


最近では退職も早期退職や勇退職など様々はカタチが増えてきましたが、お世話になった先輩には「今までありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えたいものですよね。今まで言葉に出さずとも仕事上、そのスタイルを「すごいなあ~」「見習いたいなあ~」と尊敬する先輩はいるものです。そういった先輩に出会えたことは人生の財産。自分自身のためにも「感謝」の想いを伝えましょう。


年齢が離れていたり、役職が自分よりかなり上の先輩には、お世話になって憧れていたとしても言葉に出して伝えるのは勇気がいるものです。でも、退職されてもなにかしらご縁を持ちたい(自分の理想としたい)と思う先輩には心に残る記念品を贈ってみてはどうでしょう。


私も自分が社会人に成り立ての頃、教育係の先輩上司が家庭の事情で突然退職されることになりました。社会人として名刺の渡し方からお茶の淹れ方まで教えていただいたのに、急な退職だったのでまともに「お世話になりました」の一言さえ言えずに、お疲れ様会の時に握手をするのが精いっぱいでした。


その先輩上司には仕事上の基本的なワークだけでなく、会社員としての在り方も教えていただいていたので先輩上司の退職後も私の心の中では「先輩だったら、こんなときどうするかな」とよく問い続けたものです。


でも、新入社員だった私は、先輩は退職すれば私のことなんかすぐに忘れてしまうだろうと思い、寂しい気持ちと葛藤しました。なので、しばらくして退職された先輩が再び職場に遊びに来たときに「元気に仕事をしているか心配だった」と声を掛けてくれた時は本当に嬉しかったものです。


退職されてもそれが縁の切れ目ではありません。心の中でつながることで仕事上 安定したワークができるときもあります。そういった意味でも退職祝いにはカタチに残る記念品をぜひお渡しいただきたいと思うのです。


名前入り記念品

名前入り記念品にこだわる理由


記念品が食べて無くなるお菓子や枯れて朽ちる花束より、なにかしらカタチに残るものがよいとお薦めさせていただきました。カタチに残るのではあればなんでもいいのかというと語弊がありますが、残らないものより残るものがいいと思います。


そういったなかで「名前入り」をお薦めするのは受け取った方も心寂しく感じる退職後になにかしらのやすらぎを感じていただければ嬉しいと思うからです。「こんなしんどい会社早く辞めたかった」といいながらも30年40年と勤続された方ならすでに生活のルーティンが出来上がっていることでしょう。それがある日突然終わる。やはりキモチ的に受け入れ難いものを感じることもあるのではないでしょうか。もちろん最初の数日は楽しく過ごされることでしょう。ですが、時間とともに社会に取り残されたキモチになり、就職活動や趣味を探したり、ボランティアに参加したりとなにかしら人との縁を探し始めるものです。


そんなとき、以前働いていた職場からの贈り物は自分を支える品となるのではないでしょうか。会社での功績でたくさんの表彰をされた方ならともかく、普通は会社から表彰されることなど無きに等しいものです。でも、その職で長年頑張ってきたことを知っている同僚・後輩・家族から贈られた記念品はその証のようなものです。


人は自信をつけると活動的になれます。自分の実績を忘れてしまいがちな退職早々の時期こそ、「名前入り」退職記念品の活躍の場だと思うのです。それが「名前入り」のすごいところでもあるのです。



名前入り記念品

退職記念品の名前入りポイント


では、実際に名前入り記念品を贈ろうと思ったときになにを名入れするか。それは決して退職される方の名前である必要はなく、会社の名前だけでもよいのです。ですが、できることなら在職期間を名入れすることは望ましいと思います。

そんな気になる名入れポイントをまとめましたので参考にしていただけると幸いです。


会社名だけでなく所属していた課やチーム名もいれる

会社ロゴを使う場合は会社に許可をとる

お疲れ様会の日付をいれてもよい

贈ったメンバーの個々の名前より○○一同などとする


いかがでしたでしょうか。特に3番目のお疲れ様会の日付は絶対に変わらないということが前提です。もしご本人の体調次第で流動的な場合は名入れすることを辞めましょう。また、贈ったメンバーも絶対不動なら入れてもよいのですが、実際にプレゼントされた瞬間に「私もプレゼントしたかった」などという人が現れそうな場合は、○○一同が無難です。職場というグループは抜き出ることなく収まるのも大切な和の心。名入れせずともメッセージカードや熨斗をつけることでオリジナルメンバーがわかるものです。


そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、退職された先輩と再び会う機会に恵まれ、なにかしらのプレゼント探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、あの時の贈り物がとても心強かったと喜ばれるような退職祝いのプレゼント が贈れますよう心よりお祈りしております。



名前入り記念品



名前入り記念品


取引先の方に名入れの退職記念品を贈ってみませんか

カテゴリー: ブログ

退職時だからこそ作れる人脈がある


退職記念品


退職記念品

人脈こそ社会人としての武器


最近は社会人となってもスキルアップのためにスマホの動画や講習会などで勉強しつづけなくてはならない時代になりました。小さい頃からゲームを使いこなし、SNS全盛期のなかで学生時代を過ごした人にとっては、スマホや料理もメイクも語学だって教えてくれる優れもの。スキルアップのためのツールとしては最高ですよね。


人材サービス会社が実施した労働者意識調査によると日本人の83%の人が「時代に遅れをとらないためにスキルアップが必要」と回答しているそうです。たしかに勉強をし続けることは大切です。でも、学校時代を振り返ると勉強ができた人が人気ものであるという可能性は一握り。同じスキルアップの土俵で戦うには大変な努力が要りそうです。


でも、勉強もスポーツも特別にできなくとも、それなりにみんなと仲良く過ごせることの能力の方が社会人にとっては必要な時もあります。友達が多い人というのはどんな場所にいても人気ものになります。自分が勉強やスポーツが特別にできなくとも、勉強ができる友達やスポーツのできる友達をたくさん持っていた方が人生は豊かになるはずです。


これは会社に入っても同じこと。同じ部署の人とだけ仲良くなるのではなく、同期のメンバーとも仲がいいし、財務や営業といった自分とは違う他の部署の人とも仲良くできるというのは一つの才能です。それは社外でも同じことで それをコミュニケーション能力が高いと評されることもあります。この能力こそが社会人として一番最強の武器ではないでしょうか。


退職記念品

「縁」は自分でつくるもの


そんなコミュニケーション能力を使って人脈を広げると自分自身も仕事がしやすくなります。営業や研究職なら特にそうでしょう。もちろん、相手の話が理解できる程度のスキルがあらゆる分野で必要ではあるので、単に八方美人でないところがコミュニケーション能力の高い人です。


学生時代の部活動の主将やキャプテンでも単にその運動能力が高いだけではなれませんよね。そこには後輩を思いやるやさしさや、先輩を気遣う配慮も備わった人がそのチームを引っ張る人になります。映画監督といった仕事もそういった出演者や制作スタッフを労わる気持ちをもてる人がなる仕事です。


そうやって自分自身の足で稼いだ人の「縁」は一生の財産です。それは自分が困ったときや相談したいときに頼れる仲間を増やして行くことになります。会社関係の特に取引先の方とは利害関係で付き合ってきたこともあるでしょう。そしてそのお互いの利害が「縁」を結んでいるときもあります。


だからこそ、その会社という利害が外れた退職の時にこそ、プレゼントを贈ってその縁が切れないようにすることが大切なのです。特別ななにかでなくとも、今までお世話になった「感謝」の気持ちさえ伝えれば、それだけで人はそのことを忘れないものです。



退職記念品

感謝の気持ちこそなにより大切。


だれかがなにかをしてくれたから「ありがとう」というのは、子供地味ていて、たとえば清掃会社の人が自分の会社を掃除してくれたのは仕事だからではなく、清掃会社という存在があったからこそ掃除を頼むことができたことに感謝なのです。


よく使われる言葉に「おかげさまで」という言葉がありますよね。「おかげさまで健康に過ごすことができました」「おかげさまで無事に仕事を終えることができました」伝えられた方はなにかをしたわけではなく、ただそこに居ただけであったととしても その存在に感謝する気持ちがとても大切だと思うのです。


利害関係がなくなるときこそ、今までお世話になった気持ちを感謝という言葉を贈ってみませんか。


退職記念品

感謝の気持ちを伝える記念品


一般的には花束がよく使われますよね。でも、社内や身内でないからこそ なにかしらカタチに残る記念品がよいと思うのです。ある意味、ずっと残る名刺のようなもの。だからこそ、名入れの記念品を退職記念品にお薦めするのです。いくつか退職記念品の名入れポイントをまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。


取引先の方への退職記念品は個人的に贈る

先方の会社名や自分の会社名は入れない

役職名や肩書もいれない

感謝の気持ちを表す言葉をタイトルに。


いかがでしたでしょうか。2番目の会社名を入れないとしましたが、仮に先方が退職されてもまだ御社と縁がある、もしくは今後も引き続き縁を結んでいたい場合は、前述したように名刺代わりにもなるように会社名をいれることをお薦めします。あくまでケースバイケースなので参考程度にしてくださいね。



そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、多くの縁に結ばれたあなたがより多くの人との縁を結ぶために再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、あの時の退職記念品をいまでも大切にしているとおっしゃっていただけるような退職記念品が贈れますますよう心よりお祈りしております。



退職記念品



退職記念品


退職祝いに名入れ記念品を贈ろう

カテゴリー: ブログ , 未分類

名入れ記念品が伝えるあなたからの想い


退職記念品


退職記念品

退職祝いに名入れ記念品が喜ばれる理由


桜満開の季節。日本では卒業や入学、退職や入社など多くの人の移動がありますよね。すでにご存知の方も多いと思いますが、学校では、入学式よりも卒業式に重きがおかれます。入学式は保護者にもカジュアルな服装が認められていますが、卒業式は礼服がドレスコードとなっているところが多いのではないでしょうか。


企業も同じことです。入社よりも会社になにかと貢献してくれた方に対しての退職のセレモニーが重要とされているのではないでしょうか。ただ、入社式は会社での一斉合同入社式というのが4月1日のニュースでもよく流されているのに、一斉合同退社式というのは見かけませんよね。


よほどの大企業でなければ行われていないのかなと思ったりしますが、官公庁にお勤めの方は3月31日付というのが多いのかもしれませんね。私の義父も学校の先生だったので3月31日、父も公務員だったので3月31日退職のイメージが強いです。


そんな退職の記念として贈っていただきたいのが、名入れ退職記念品です。 退職は第二の人生の始まりだと私は思うのです。企業に時間や服装、職種によっては言葉遣いまでも縛られ、それが知らず知らずに身についてしまい、本来の自分らしさがわかりづらくなる。


そして退職を機に、 本当に自分がやりたかったことや今まで取り組みたかったけどできなかったことに挑戦し始めるのではないでしょうか。そんな第二の人生の始まりの日が退職記念日だと思うのです。なので、その日付を名入れして 、第二の人生を始めようと贈っていただきたいのです。


退職記念品

終わりがあって始まりがある。


どんな物語でも終わりがありますよね。そして、その終わりがキチンと締めくくられているとスタートは早いものです。ご家族からすれば、今まで頑張ってきてくれたのだから、これからはゆっくりしてもらいたいと願うことでしょう。


でも、60歳前後の退職だとまだまだ気力も体力も十分あります。海外旅行やガーデニングといった体力のいる趣味にも挑戦することができるでしょう。仮りに80歳前後での退職となると、本当にお疲れ様、ゆっくりしてね。といったかんじになるのではないでしょうか。退職時の年齢にもよるでしょうが、次のステップにスムーズに移行できるためにも、ご家族や会社から、また同じ部署・仲間から退職の記念品を贈ることは、退職される方にとっても残された者にとってもよい節目となると思うのです。


昔、企業で働いていた頃 70代半ばの会社の理事が退職されました。特に仕事で係わりはなかったのですが、事務所に入ってこられるときのニコっとした笑顔が印象的で、退職の翌日からその笑顔が事務所で見られなくなるとなんだかとても寂しい気持ちになったのを覚えています。


退職祝いは去って行く人だけのためではなく、残されて業務を続ける人の心の区切りでもあると思うのです。その贈り物はなんであったとしても「いままでお世話になりました。ありがとうございました。」と面を向かって伝えれる時間を作るものであればいいと思います。


私もいまなら、会社員時代に退職した理事に「笑顔が大好きでした」と伝えられると思うのですが、当時は役職もない下っ端の社員でしたから理事にそんなことをいうのは恐れ多く・・・でも、もし、そう理事に伝えたなら照れながらいつもの笑顔で「ありがとう」って言ってもらえたような気がします。 そんな 互いの心の交流を持つ時間を作りだしてくれる記念品を退職祝いに贈っていただきたいと心から願うのです。


退職記念品

記念品が伝える退職者の功績


企業への貢献はその人それぞれでしょう。営業なら売上成績、研究開発ならその成果、仲間の調整役として活躍された方もいらっしゃるでしょう。その方が退職されるときには、そのさまざまなシーンでお世話になった方が「ありがとう」の一言を伝えたいはずです。もちろん、ご家族からも家族のために頑張ってきてくれたことに対して感謝の想いを伝えたいことでしょう。


ですが カタチになって初めて伝わる想いもあるのです。言い換えれば、いつ何時だってご家族からすれば会社で働いてくれるお父さん、お母さんに感謝しているはずです。でも日々の生活の中でそれを言葉にすることは少ないのではないでしょうか。だからこそ、退職の時はその想いをしっかりと言葉にして贈ってほしいと思うのです。


そんな退職記念品に名入れする際に気を付けていただきたいポイントがあるのでまとめてみました。参考にしていただければ幸いです。


退職される方の名前を和文にするときは様をつける

退職するグループ・企業・団体名も名入れする

退職日が不確かな場合は、年や月だけでも大丈夫。

タイトルには祝や祝い、Happyをつけて第二の人生を祝う


いかがでしたでしょうか。特に2番目の 所属していた部署をいれることは、退職された方の励みにもなると思うのです。ご依頼いただく企業では入社日と退社日もお知らせいただき、名入れするケースも多くあります。会社からとして贈られるケースをお考えならぜひご検討くださいね。


そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、ご退職された方が第二の人生を踏み出され、開業・開店などの報告を受けふたたびお祝い探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、あの時の退職記念品がとても嬉しかったといっていただけるような退職祝いが が贈れますよう心よりお祈りしております。


退職記念品



退職記念品


商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地