父に贈る退職祝いのメッセージ入りグラス

カテゴリー: ブログ

退職するお父さんに感謝の想いを刻んで。

退職祝い


退職祝い

感謝の想いをカタチに。


ずっと頑張って仕事を続けてきたお父さんが退職するとなれば家族としてなにか退職祝いを贈りたいものですね。


人気なのは いままでスーツばかりだったお父さんへ普段着使いのポロシャツやカジュアルウエア、また趣味の品や新たに運動を始めてという想いをこめてスポーツ用品なども人気のようです。


でもあなたが一番贈りたいのは感謝の気持ちではないでしょうか。たしかにこれからはいままでと違ったタイムスケジュールで過ごすお父さんに新たな生活への贈り物を退職祝いとして贈りたい気持ちはわかりますが、退職する間際までが仕事を頑張る男の姿。なので退職した早々に新たなものを用意するより、まずは感謝の想いを伝えたいものですね。


退職祝い

想いをこめた手紙やメッセージ


退職祝いは決して高価なものがいいわけではありません。感謝の想いを伝えたいわけですから手紙やメール、簡単なLineからのメッセージでもよいと思うのです。きっとそのメッセージはお父さんにとってかけがえのない退職祝いとなることでしょう。


最近ではそんな言葉を絵にしたり、書にするサービスもあるようです。メールや手紙だけでは退職祝いを贈った気にならない贈り手側の気持ちを汲み取ったサービスなのでしょうね。また感謝の想いは言葉だけで十分、きっとわかってくれているという想いもあるのかもしれませんね。


でも、本当はお父さんへの感謝の想いを言葉として残すのが照れ臭いと感じているのかもしれませんよ。家族のものが贈った品はどんな些細なものでも大切にしまっておいてくれるお父さんを知っているからこそ余計に照れてしまうのかもしれませんね。


退職祝い

記憶は風化するからこそカタチに残そう


どれだけ「大事なことは忘れずに覚えておこう」と思っても時として忘れるものです。また逆に美化したり風化したりもします。よくあるのが以前好きだったお店の味が久しぶりに行くと違って思えたり、歩いていた時は広いとおもっていた道も車で走ると狭く感じたり。


大切なメッセージも同じこと。ありがとうと一緒にいくら感謝の想いを述べてもその感謝の言葉は本や雑誌の言葉にすり替えられたり、記憶の引き出しの奥深くにしまわれたりします。 


なにかを残すことはとても照れてしまうことです。でもお父さんの退職をねぎらう感謝のメッセージはどんなカタチでもいいので残したいものですね。そのメッセージはちょっとしたことでもいいのです。でもそのカタチになったメッセージを見るたびにお父さんの頭のなかにはその感謝のシーンが鮮明に蘇ってくることでしょう。


退職祝い


人は年齢を重ねるたびに思い出に浸ることが多くなります。若い時はなにをみても目新しくそのことを覚えたり挑戦したりしますが、年配になるとそうしたことが億劫になったりします。スマホの機種を古い型のまま使うのと一緒です。慣れ親しんだものほど愛おしく感じるようになるのです。


退職祝いのメッセージをカタチにしたものがいますぐにお父さんの思い出になることはないでしょう。でも十年、二十年と時が経つほどにその記憶は鮮明となり 大切な思い出の一部となることでしょう。そんな退職祝いのメッセージをカタチに残してプレゼントしてくださいね。


退職祝い


退職祝い

一年の計は元旦にあり

カテゴリー: ブログ

何歳からでも始められる就職活動

上司の退職


上司の退職

退職することがステップアップに繋がる時代


終身雇用という言葉が死語になりつつある社会となりました。私自身も大学をでて最初に就職した会社はもうありません。それほど世の中のニーズに合わない仕事は無くなっているということです。


平成の時代にインターネットやスマホは急速に普及しました。令和の時代は一体なにが広まって行くのでしょうか。終わったことを検証するのは簡単ですが、これから起こる未来を予測することはとても難しい。新しい仕事につくというのもそうゆうことではないでしょうか。


今の時代、優秀な人こそ抜きでて新しい未来を見据えてチャレンジして行きます。あなたのまわりに早期に退職して新しい仕事に就こうとしている先輩上司がいるなら、その先輩上司はとても優秀な方かもしれませんね。


上司の退職

仕事ができるからこそ会社という枠に留まらない。


令和に入り、テレワークや在宅勤務をする人が増えてきました。以前は会社に行って仕事をすることが当たり前でしたが、自宅やリゾート地などで仕事をすることが認められる社会になりつつあります。


会社自体も本社機能を地方に移転したり、副業や兼業を認めたりと柔軟な雇用になってきました。そうした時代の流れをいち早く読み取り、「今年、退職して仕事を変えよう」と思っている人は仕事のできる人なのかもしれませんね。


昔から「一年の計は元旦にあり」という言葉があります。実はこれは「一日の計」「一年の計」「一生の計」「一家の計」と合わせて「四計」のうちの一つです。何事もまずは計画が大切。未来を自分なりに予測して行動するための計画を立て実行できる人こそ、仕事のできる人といえるでしょう。


上司の退職

一年の始まりに思う自分と仕事。


すべての人にとって2021年の幕開けは先が読めない年始となりました。それだからこそ、「今年は仕事を変えよう」と退職を考えている人は自分の頭で考えている人といえるでしょう。そんな優秀な先輩上司が身近にいるなら先輩上司の退職をきっかけにその仕事ぶりを学んでみましょう。 


先輩上司が退職する際に あなたらしい退職祝いを贈ることでその先輩上司の縁が繋がるというものです。縁を繋いでいることが社会ではとても重要なことになります。あなた自身が退職して仕事を始めてようと思ったときも「あの退職祝いを贈ってくれた後輩」となるとなにかと相談しやすいものです。


もちろん、会社の仲間みんなで先輩上司の門出を祝して退職祝いの会を開くことも大切でしょう。でもそれではあなたの存在がみんなの中にかき消されてしまいます。また食事やお酒の席の会話もその場で忘れられてしまうことが多いものです。なにかしら明るい未来を予感さす退職祝いをプレゼントしたいものですね。


未来を照らすテーブルランプ 上司の退職


退職祝いは平成の時代と変わって 未来を明るく照らすものがいいと思います。キャリアアップが自由になった時代がいま 始まろうとしています。そういった時代に乗っていこうとしている先輩上司がいるなら そのご縁は大切にしたいものですね。


次の時代は会社の枠を超える人こそが生き残れる社会が待っているでしょう。そこには絆や縁を大切にできるコミュニケーション能力を求められる時代となるはずです。そんな時代の要望にこらえられる絆ギフトをお届けできれば幸いです。


上司の退職


上司の退職

60代の男性に贈る退職メッセージ

カテゴリー: ブログ

共に頑張ってきた仲間に

60代の男性退職者メッセージ


60代の男性退職者メッセージ

60代で退職を決めた男性に。


昔は終身雇用という言葉がまかり通っていて 学校を卒業すると同じ会社で定年(当時は60代位)まで働くというのが一般的でした。今も同じ仕事を繰り返して技術を磨いたり、知識を深める分野では終身雇用は当たり前のことかもしれませんね。


企業は賃金を払って、その人の能力を買い、そして高め、製品や商品、職場にそのノウハウを乗せて行くわけですから、大切に育てた技能を持った社員が転職をするのは企業にとって損失になります。ゆえに、最近では60代の定年退職を迎えた人に継続を雇用をお願いしたり、上級職であれば会社が変わってもそのノウハウをグループ企業に活かすために、再雇用というカタチをとったりと色々施策しているのではないでしょうか。


でも60代で迎える「退職」という言葉は、たとえ再雇用されると決まっていても重みがあります。勤めていた企業から継続雇用をお願いされることはとても有難いことだと思います。私の父も学校の教員でしたが、60代の退職の折りに継続雇用の打診がありましたが、全て断り農業を始めました。


それほど、特に男性にとっては60代での退職は、今後もその仕事を続けて行くかまたは体力や社会との繋がりが残っているうちに第二の人生を始めるかの重要な節目。きっとそれは60代の男性特有の退職に対する悩みごとかもしれませんね。


60代の男性退職者メッセージ

継続雇用も独立開業も、なにもしなくても正解。


男性に比べて 女性は結婚や出産、育児の始まりや終わりなどライフステージか変わるタイミングが男性より多くあると思います。その都度 女性は悩みある時は就職したり、起業したり、また専業主婦の道を選択することもあるわけです。


ですが、今の60代の男性で退職を迎えようという方は、「家庭を守らなければならない」や「企業戦士として24時間頑張る」といった時代を会社員時代に過ごしてきました。そして、迎えた定年60代で会社を退職するかどうかが初めての選択という男性もいるのではないでしょうか。


実際は、妻であれ 家族であれ、その選択の正解が分かる人はおらず、またそのような責任を持つこともできません。すべて自分の判断に委ねられるのですが、唯一 応援メッセージを贈ることができるのは、同期入社の同僚や同じ職場の上役、または部下でしょう。そのメッセージは、きっとその後の進路を見つけ 踏み出す大きな原動力となることでしょう。


60代の男性退職者メッセージ

メッセージが作るパワー


「誰かの一言が、自分の背中を押した」というのはよく言われる言葉ですが、実際はその準備は自分のなかですでに出来上がっており、その想いが言葉の端々から溢れ、それを汲み取ってくれた同僚、仲間、家族のメッセージだからこそ「その一言」があったのだと思います。


自分を一番理解してくれるのは やはり同じ釜の飯を食ってきた仲間ではないでしょうか。特に職場は長時間同じ時間を共にする仲間です。また、同じ課題に向かって考えたり、作り上げてきた仲間です。そんな仲間からのメッセージはなによりも心強く その後の進路を歩むパワーを与えてくれることでしょう。


同じ年代、同じ性別、同じような環境にいたからこそ発せられるメッセージがあります。そのメッセージに心の耳を傾ければ、その後の人生も充実したものになると思うのです。もちろん、家族や職場からの「長年、お疲れさま」や「お世話になりました」といったメッセージもそこには退職に向けての感謝の想いがあり、それと同様にその前後の文脈にこそ、本当の意味でのメッセージが込められているのかもしれませんね。


私からのお薦めは本を開くように、人生のページをめくろうのブック型ペーパーウエイトが退職祝いのお薦めです。 60代の男性退職者メッセージ


あなたの周りにも退職について悩んでいる60代の男性はいませんか?昔よりも転職が気軽になったとはいえ、60代の考える転職は若い人と違い、夢の実現や自分への挑戦といった意味が含まれているように思います。そんな想いを汲んで、あなたからのメッセージを届けてみませんか。


人生100年時代と呼ばれるようになりました。60代はまだまだ人生の折り返しを少し曲がったぐらいのところ。人は時として誰かのメッセージを待っているものです。それがまったく違う答えであったとしても、自分の都合のいいように解釈して、人はそのメッセージを受け取ることでしょう。どうかあなたからのメッセージが、大切な仲間の背中を押す「その一言」になりますように。そして、「あの一言があったから、今の自分があるよ」と大切な仲間から云ってもらえたら とても幸せですね。


60代の男性退職者メッセージ


60代の男性退職者メッセージ
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
088-695-4489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地