古希を祝うなら敬老の日

カテゴリー: ブログ

今年の敬老の日は9月19日

古希祝い


古希祝い

神様、仏様に願う 家族の健康


家族みんなが健康であることほど、幸せなことはありません。家族のなかに病気やケガでダウンしている人がいれば、なんとなく気が晴れないものです。だからこそ、神社やお寺にお参りに行ったときは 自然と境内で神様や仏様に「家族みんなが健康で幸せでありますように」と手を合わせるのではないでしょうか。


ささやかな個人の幸福や目の前の目標達成を願うのも大切ですが、なにもかも健康であればこそ目指せる目標だったりします。神社仏閣にお参りの際は忘れずお祈りしたいものですね。


古希祝い

敬老の日を利用して帰省しよう


そして、今年9月19日は敬老の日です。すでに過ぎ去ってしまった長寿祝いの誕生日も敬老の日にお祝いすればそれなりのカタチになるそんな祝日です。


コロナ禍で祖父母や両親に会うことが遠のいたここ数年。もちろん、いろんなことに配慮する必要はありますが、「会える時に会っておく」ことの重要性を教えてくれたのもコロナ禍ではないでしょうか。


孫やひ孫の顔をオンラインでしかみたことがない祖父母たちがコロナのせいで増えてしまいました。オンラインではわからない、肌のぬくもりや瞳の輝きなど、敬老の日を利用して祖父母に会いに行きませんか。少し過ごしやすくなった秋だからこそ、小旅行もかねて帰省してみましょう。


古希祝い

自分とよく似た親族たち


年齢が離れていても、なんとなく口元が似ているや、目鼻立ちがそれとなく似ている、という会話ができるのは血縁関係にある親族だけです。そしてそんな会話が年長者からすればとても嬉しいことなのです。


DNAとは不思議なもので、直系の孫、ひ孫に似ているというよりも、母方の妹の子供に似ているといった、会ったこともないような親族に似ていると例えられることがあります。昔と違って、遠い親戚に会う機会は減ってしまいましたが、それでも同じDNAが流れていると思うと、話しに聞くだけでも親近感を覚えます。


そんな親族に会えるのも敬老の日や同じ週にある秋分の日などのお墓参りだったりします。自分も時代の流れのなかで生かされているのだなと実感できるそんな秋の一日を過ごすのも趣があって素敵な思い出になることでしょう。


敬老の日の手土産に古希祝いの写真立て 古希祝い


60才の還暦祝いや70才の古希祝い、77才の喜寿祝いなど、まだまだ元気なシニア年齢ですが、80才を過ぎる頃から食事会や旅行が難しくなるシニアが増えてきます。気が付けば、祖父母の体力が衰えていたという話はよくあること。元気な時にいっぱい会話をして、いっぱいその経験や体験談を聞いておきましょう。それがいつか自分の役に立つ時がくるかもしれないのです。赤の他人の経験談より、同じ血が流れている身内の体験談を。それが、いつか自分の行く道になるかもしれないです。そんな会話のきっかけになるのが名入れフォトフレーム。刻印のポイントは、


タイトルは古希祝いや喜寿祝いといったお祝いのタイトル。

お名前は、苗字を含めたフルネーム。

日付は、敬老の日ではなく、誕生日。


先日、ウオーキングでお会いしたご婦人は90才でしたが、とてもお元気でウオーキングを楽しんでいらっしゃいました。そんな元気なシニアに出会うと心から尊敬し、憧れます。もし、そのシニアが自分の親戚だったら、自分にもその年齢でウオーキングを楽しめる何かしらの血筋があるのではないかと つい期待してしまうのです。世の中は多くの人であふれていますが、同じ血筋の人は一握り。そんな自分のルーツに会えるのが敬老の日なのです。


古希祝い


古希祝い

祖父母に贈るお洒落な名入れグラス

カテゴリー: ブログ

祖父母となった両親へ

古希祝い


古希祝い

孫にとって大切な存在


厳格だった両親が、孫を見守る時の眼差しが優しく自分の時とまるで違うことに気づくことはありませんか。子供としては、そうはいってもどこかであの頃のように厳しくなるはずと思いきや、終始優しい両親になにかしら違和感さえも感じるのではないでしょうか。


子供には責任があるけど孫には責任がない、と言われるように祖父母にすれば目に入れても痛くない存在が孫です。自分の子供に対してできなかった愛情を、時間や経済的余裕を背景に思う存分愛情を注ぐ祖父母たち


子供にとって愛情を注いでくれる存在は大切です。それが多少過剰であったとしても、子供の成長のためと思い大目にみたいものですね。


古希祝い

70代になった祖父母に感謝の気持ちを伝えよう


そんな祖父母たちも60代は元気ですが、70代に入ると体力の低下と共に孫のお世話が十分にできなくなります。3人兄弟の子供を出産したなら、長男・長女の時はあれほど愛情を注いでいた祖父母が、三男・三女となるとパワーが減っているような、そんな感じを受けたご両親は多いでしょう。


60代を過ぎると子供の成長の速さと同じように体力・気力とも低下して行く速度が速まります。もちろん、個人差はありますが、疲れや衰えを感じるのは本人が一番わかっていること。ついついパワーをセーブするようになっても仕方ないことなのです。


祖父母が70歳の古希の祝いの誕生日を迎えたなら、日頃の感謝を込めてお祝いしましょう。孫の誕生日は1年ごとに祝っても、祖父母の誕生日のお祝いは70歳の古希祝いの次は77歳の喜寿祝いとなります。健康であれば、そんな間隔でいいのです。だからこそ、父親、母親どちらかが70歳になった誕生日に一緒にお祝いすることも問題ありません。お誕生日でなくともお正月やお盆、敬老の日などに感謝の気持ちを伝えるのもいいですね。


古希祝い

自分の両親ではなく子供の祖父母に贈る


親はいつまで経っても親で在り、子供は子供でその関係は変わりません。ですが、自分を挟んで孫と祖父母の関係になると、感謝の想いは変わってきます。


親がしてくれて当たり前のことを、自分の子供に対して両親がなにかしら行ってくれたなら、お礼を述べるのが大人です。例えば、子供の初節句やお誕生日にお祝いを贈ってくれたなら、お返しをするのが常識です。


また、祖父母は夫の両親と妻の両親、2組の祖父母がいます。両方に同じように行うことも大切です。どうしても相手方の両親に気を遣い、自分の両親に気が回らないもあります。でも、それは親に対していつまでも甘えているのと同じこと。大人として、両家の祖父母に礼を尽くしたいものですね。


祖父母の贈るお洒落な名入れグラス 古希祝い


自分の親の老いを目にするのはツライものです。ましてや孫をかわいがる姿はなぜかしら気丈だった両親の姿と一致せず、物悲しく感じることもあるでしょう。ですが、子供の成長と同じように両親の老いも早いのです。その時々の変化を70歳の古希祝いや77歳の喜寿祝い、80歳の傘寿祝いを通して見守りたいものですね。そんなお誕生日祝いのプレゼントに刻印するポイントは


タイトルはSpecial Thanksなど。

お名前は、なくても大丈夫。

日付は、今年の年とお誕生日。


いかがでしたか。二十歳の成人式を終えると60才の還暦祝いまで暦でのお誕生日祝いは特にありません。その間は健康や経済面も安定した時期と言えるからかもしれません。その20才から60才の間を過ぎると数年単位で大切な人の体力や気力には気を配りたいものですね。たとえ、それを目にするのがツライことであっても、急な変化を目にするよりは余裕を持って接せられるというものです。


古希祝い


古希祝い

自由自適が似合う70代に

カテゴリー: ブログ

憧れのシニアライフを送るあなたへ

古希祝い


古希祝い

上手に社会と関わるシニアに


人生100年時代といいますが、健康でやりたいことを続けられてこその長生きです。そんな夢あるシニアライフを送るためには準備も必要。そうやって準備してきた人こそが、本当の100年の価値を得られるのですしょうね。


社会や家庭のために頑張ってきた現役時代。リタイヤしてからの生き方が、シニアライフの明暗を分けることでしょう。


だれでも人の役に立って生きたいと思うもの。また、人に迷惑かけずに生きたいと思うもの。そう願って、人と疎遠になる人がいます。それは逆効果というもの。人は社会の中でこそ生かされるのです。上手に社会と触れ合いながら過ごすシニア世代をお手本にしたいものですね。


古希祝い

身体と向き合うことで見つかる生涯の趣味


そうはいっても生涯続けられることを見つけるのは容易ではありません。地方では畑づくりや園芸、ガーデニングに人気があり、都市部では語学やボランティアが人気があるようです。


でも、それもこれも健康な身体があってこそ続けられるというもの。その土台となる身体づくりがリタイヤ後の一番の目標ではないでしょうか。だれでも年齢とともにどこかに痛みを持っていたり、上手く動かない身体の部分があります。


そんな自分の身体をケアすることも長生きすることの秘訣。そのケアが実は生涯続けられる趣味になるかもしれないのです。


古希祝い

自分を見極めるシニアに


パラリンピックに出る選手の中には、健康だったのにある日突然障害者となり、そのリハビリの過程でパラスポーツに取り組む人もいます。本が好きだったことで、音読のボランティアを始めるようになる人もいます。


自分の得意、不得意をしっかり見極めてそれを伸ばす、逆に補おうとするところから悠々自適なシニアライフは始まるのです。外の世界ばかりみずに、自分自身を知ることが自分に合うシニアライフを見つける一番の近道かもしれませんね。


だれにでもやってくる「老い」という事象。それとうまく付き合ってこそ、100年生きる意味はあると思うのです。


憧れのシニアライフを送るあなたへ 古希祝い


今や70歳からがシニアの始まりとされています。60代はその準備をする世代といえるでしょう。ただ、年齢は準備ができているかどうかなど関係なしに時は過ぎて行きます。そんななか、楽しそうに過ごしているシニアと出会ったら、これから先も健康で幸せであることを願って古希祝いを贈りたいですね。そんな古希祝いに刻印するポイントは


タイトルは。70th Anniversary など。

お名前は、フルネームで。

日付は、今年の年とお誕生日。


いかがでしたか。見た目が70歳とは思えないほど若々しい70歳がたくさんいます。ですが、身体は年齢とともに衰えるのは事実。見た目が若い人はそれだけ普段から努力しているのです。「なんにもしていないですよ」は学校の試験勉強と一緒。実は、普段の努力こそが楽しいシニアライフを送る秘訣なのです。


古希祝い


古希祝い
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
088-695-4489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地