古希祝いに名入れグラスを贈ってみませんか

カテゴリー: ブログ

お父さまへの古希祝いに名入れグラスを。


古希祝い


古希祝い

家族しか贈れないプレゼント


最近は長寿社会となり、昔は定年退職年齢が60歳や62歳であったのが65歳にまで引き上げらるようですね。退職後の生活を支える年金も67歳からの支給になりかねない様子。本当に長生きで健康が大切になってきた時代になりました。


いつまでも健康で仕事を続けられることはとても有難いこと。でも、やはり60歳を越えると身体が思うように動かなかったり、身体にキモチが追いついていかなかったりとなにかと不具合もでてくるものです。


そんな心や体の変化を敏感に感じとれることができるのはご家族だけかもしれません。特に70歳を手前にした年齢になると仕事仲間や趣味の仲間より、ご家族と過ごす時間が長い人も多いのでは。普段一緒に過ごしているからこそ、節目のお誕生日には普段の労をねぎらってお誕生日祝いを贈りたいものですね。


古希祝い

自分のためよりも家族のため


すでに退職してもよい60歳を越えて働いている人のなかには「自分のため」というよりも「ご家族のため」という方も多いかもしれません。それはなにも金銭的だけなものでなく、働いていることで社会と関わりを持ち続け、ご家族の負担にならないようにという配慮があるのかもしれませんよ。


私の義父は60歳で定年退職を迎えたあと、家庭菜園一筋でいつも新鮮な野菜を食卓に用意してくれていました。なにも外に働き行くことばかりが仕事ではなく、庭の手入れやボランティア・家事など、それをやりがいと思って頑張っていると思うと、家族は安心するものです。


そんな気の利いた年の取り方を心得ている人にこそ、普段の感謝の気持ちを込めて家族からお誕生日祝いを贈りたいものですよね。それは毎年でなくとも節目のお誕生日となる70歳の古希祝いや77歳の喜寿祝い、80歳の傘寿祝いなどだけでもよいのではないでしょうか。


古希祝い

なにかと出費がかさむけど


そんな古希や喜寿を迎える年代を支えるのは、50歳前後の世帯。ちょうど子供の学費もかさんだり、仕事も重要な役割を任されたりと、なかなかプレゼント探しなどしている暇はないかもしれませんね。


ましてや親の誕生日祝いとなるとついつい後回しにしがちなものです。なにしろ親が年を取ることを認めることができないのが子供ですから、いつまでも親は健康なものと思いがち。でも、実際に70歳前の身体は丁寧に鍛えてあったとしても、以前より食が細くなったり、体力のリカバリーに時間がかかっていたりするものです。


家族そろってお食事会などの時間をとりたいと思ってもおもうようにならない世代だからこそ、その感謝の想いを名入れグラスに刻んでプレゼントしてみませんか。たとえ、宅配業者さんに送り付けてもらったとしても、「名入れ」だからこそ伝えることができる感謝の想いがあると思うのです。


古希祝い

名入れグラスができること


感謝の想いを伝えることができる「名入れ」アイテム。最近ではお箸や茶わん、またストールや万年筆などいろんなものに名入れができるようになりました。名入れることは「その人だけが使う品」を表します。あまり子供っぽいアイテムだとプレゼント自体が幼稚になりますが、お酒を飲む酒器への名入れなら高級感もあり喜ばれるのではないでしょうか。


そんな名入れグラスに名入れる時に、よいメッセージがありましたので参考にしていただければ幸いです。


Happy 70th Birthday (70歳の誕生日おめでとう)

Birthday greetings 70 years old (70歳のお祝に)

Happy 70th Anniversary (70回目の記念日おめでとう)

70th Birthday Celebration 古希のお祝い

Life Begins At Seventy! 人生は70歳から始まる!


いかがでしたでしょうか。還暦祝いから10年たった古希のお祝いこそ、現代では長寿のお祝いの始まりといわれています。たとえ、70歳の古希のお祝いを逃したとしても、77歳の喜寿祝いや80歳の傘寿祝いは忘れずにお祝いしたいものですね。


そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、無事に古希祝いをすまされたお父さまが幾久しくご健康で88歳の米寿のお祝いを探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、このプレゼントされた名入れグラスで晩酌をするのがたのしみだよと喜んでいただけるようなプレゼントが 贈れますよう心よりお祈りしております。



古希祝い



古希祝い


お世話になっている方に名前入りグラスを贈ろう

カテゴリー: ブログ

いくつになっても嬉し、恥ずかし誕生祝い


古希祝い名入れグラス


古希祝い名入れグラス

仲間に誕生日祝いを贈ることをお薦めする理由


お誕生日のお祝いはいくつになっても嬉しいものですよね。それもご家族以外からの贈り物ならなんと嬉しいことでしょう。まだまだ日本は男性社会。会社で男性同士が誕生日のお祝いを祝うなど想像すら難しいですが、いったん退社したあとの居酒屋でビール片手に盛り上がる風景は想像しやすいですね。


家族と一緒にいる時間より会社でいる時間の方が長い方は数多くいます。でも、実際には自宅がどこで、誕生日すら知らないことも多々あるでしょう。これが女性同士だったり、女性の多い職場だと違ってくいるのですが、男性同士ではそういったプライベートの会話、逆に仕事と関係のない話をすることは少ないのではないでしょうか。


でも、なにかのキッカケでプライベートなことを知ったとき、急に仲良くなる感覚は男女に関係ないのかもしれませんよ。たとえば、話の流れで出身大学が一緒だったということが分かった途端、クラブ活動が同様の体育系だったり、同じような場所を旅行していたりで話が盛り上がることはしばしばあるものです。


そんな風にお互いを知ることは、会社という仕組みの中であってもよい影響があるでしょうし、後から思えばもっと早く知っておけばよかったということもあるかもしれません。そして、そうやって知ったお誕生日に誕生日祝いのプレゼントを贈ればより深い絆が結ばれると思うのです。



古希祝い名入れグラス

誕生日祝いこそ名前入りグラスをプレゼント


会社という組織や趣味のグループのなかでは年齢の幅が広かったり、肩書の差があったりで とかくプレゼントを選びにくいものです。そういったなかでも名前入りグラスをお薦めするには理由があります。それは名前入りグラスをプレゼントされて拒む理由がないからです。


よく日本人の悪いクセで「つまらないものですが」と渡すシーンがありますよね。そして必ずそのあとに「つまらないものならいらないよ」なっていうブラックジョークも。私はプレゼントにおいてそうそう大そうなものはないと思っているので、「つまらないもの」ぐらいでちょうどいいと思うのです。


逆に、極端に高価なものやお返しに困るものなどのほうがよっぽど「いらないよ」と思ってしまいます。 だいたい、1回の居酒屋での飲み代位のもの、そうおおよその「つまらないもの」程度の値段のプレゼント。でも、それでありながらしっかりと吟味され思いが込められているものが「つまらないもの」と「センスがあるもの」との違いです。



古希祝い名入れグラス

センスがある贈り物とは。


センスがある贈り物とは普段も使うことができる贈り物といえるのではないでしょうか。会社帰りに一緒によく飲みに行く仲間や先輩上司、取引先の方々。プライベートな話をするのもその飲み屋さんだと思うのです。なので 飲み屋さんで必ず使うグラスとかをプレゼントするのがセンスある贈り物への第一歩と思います。


アルコールは飲み過ぎるとよくないですが、適度なアルコールは人の心を軽くしてストレス解消にもなります。また、本音で話し合うことができる場作りにも使われます。そんな場の雰囲気をそのまま備えたグラスこそお誕生日祝いには最適と思うのです。


役職付きともなると日々の接待も多いことでしょう。そんな仕事上だけの付き合いにみえてもたった一度の誕生日祝いで難航していた話もスムーズに解決できることがあるのではないでしょうか。これが高価なワインやブランドもののグラスだったらお互いが身構えるかもしれませんが お誕生日祝いに自分の名前の入ったグラスをプレゼントされたなら、それはもう嬉し、恥ずかしの楽しい時間になるはずです。



古希祝い名入れグラス

誕生日祝いに名前入りグラスに名入れするポイント


どんなことでも行き過ぎはよくありません。親しき仲にも礼儀ありが日本の社会です。なんでも刻印できる名前入りグラスだからこそ注意していただきたいポイントがあるのでまとめてみました。参考にしていただければ幸いです。


役職名や肩書・会社名は刻印しない

お名前をローマ字でライトなかんじで刻印する

敬称を省いてローマ字のフルネームでフレンドリーさを演出

お誕生日とプレゼントする年をいれる


いかがでしたでしょうか。特に1番目の役職名や肩書・会社名をいれると退職祝いのような感じになってしまいます。あくまでプライべートな誕生日祝いなので Happy Birthday とフルネームのお名前・誕生日がベストです。また、ローマ字表記にすることにより 様や殿といった敬称の心配もなくなりますし、センスもアップしますよ。


そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、お誕生日プレゼントをキッカケにご家族ぐるみでも仲よくなられ、それぞれのご家族へのお祝いを探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、ますます人とのご縁で幸せになれるプレゼント が贈れますよう心よりお祈りしております。



古希祝い名入れグラス



古希祝い名入れグラス


ご両親の古希祝いに名前入りプレゼントを贈ろう

カテゴリー: ブログ

名前入りプレゼントが届けるあなたの想い


古希祝い


古希祝い

古希祝いに名前入りプレゼントが喜ばれる理由


昔、古希祝いは「古代稀なり」(昔からあまり数がいない)と言われるほどの長寿でした。今でも古希とせず、古稀されるのはその名残りです。でも、今ではほとんどが古稀と書かずに古希と書きます。もちろん、古稀も間違いではないのでご安心くださいね。


ただ、最近では人生100年と言われるようになり、70歳といえども元気な方々が大勢います。きっと電車で70歳の方に席を譲ろうものなら拒まれるのではないでしょうか。


それでも年齢には逆らえず時として気力が衰えるときがあるのもこの年代。身寄りが近くに住んでいればよいのですが、仕事の関係で近くに住むことが難しい方も多いのではないでしょうか。そんなとき、気力の助けになるのが、身寄りの存在を近くに感じることができるもの があればなにかと心強いのではないでしょうか。もちろん、メールや電話もすぐに繋がる時代です。ですが、70歳という年代を考えると「子供や孫が心配するから」と差し控える方も多いのではないでしょうか。とくに、なにかしら体に不調があるわけではなく、ただなんとなく物悲しく感じるそんなときに近くに置いていただきたいのが名入れのプレゼントなのです。


古希祝い

刻まれた名前に馳せる思い


名入れの贈り物といえば、贈られた方の名前をメインで刻むものです。多くの贈り物がそのように刻印されます。ですが、その贈り物に離れて暮らす自分の子供の家族の名前が刻まれていたなら、とても心強く感じると思いませんか。もちろん、自分の子供は大切に思われるでしょう。そして、その子供が築いた家族がしっかりと地に足をつけて仲良く暮らしていると思うとそれは 自分の人生を肯定されたかのように嬉しく思うと思うのです。


人生のなかで子育てほど試行錯誤し、正解がないものほどないと思います。それは自分の子供が何歳になったとしても同じこと。親は常に子供のことを心配するものです。でも、その子供も親となり、自分にさえ気遣うほどに成長したと思うととても嬉しいと思うのです。


いつかは年老いてなにかしらの助けを子供に乞うことになるかもしれない。そういった不安を抱えるのもこの古希を迎える年代が始まり。 しっかり成長した自分の子供の存在を頼もしく感じる証こそ名前入りギフトだと思うのです。


古希祝い

一生に一度の古希祝いだからこそ


名入れギフトは毎年贈るものではありません。一生に一度のお祝いに贈っていただきたい贈り物なのです。70歳の古希祝いの次は7年後の喜寿のお祝いとなります。その才は、7年間つつがなく健康で過ごされたことをお祝いすればいいと思います。


名入れプレゼントは離れて暮らす親に、 なにかあった時は必ず力になるからと、親子なら当たり前の感情を形にした贈り物。ただ、言葉だけでなく形に残すことがよりその思いに信憑性を与えるのです。


そんな当たり前の感情を形にした古希祝いの名入れに名入れるときのポイントがあるのでまとめてみました。参考にしていただければ幸いです。


贈る人の名前を入れてもよい

離れて暮らしている場合、宅配で届けてもよい

日付は贈った年と誕生日をいれる

名入れタイトルは古希祝いや70th Anniversaryでよい


いかがでしたでしょうか。とくに1番目の贈る人の名前は通常、出産祝いや結婚祝いの名入れギフトでは刻印しません。また、贈る人の名前は家族一同や兄弟一同と、各々の名前を刻まなくてもよいでしょう。ただ、一緒に 自分の名前とその家族、お子様の名前も刻まれたら刻まれたお子様も嬉しく感じるのではないでしょうか。なにしろ、子供だけでなく「孫は目のなかに入れても痛くない存在」とは、昔からいいますものね。自分の子供たちにもおじいちゃん、おばあちゃんの存在を大切にする自分の姿を示すよい機会なのではないでしょうか。


そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、無事の古希の祝いをすまされ、喜寿のお祝いを探しにまたこのサイトに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、ご家族の絆が強まる古希祝いが贈れますことを 心よりお祈りしております。



古希祝い



古希祝い


商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地