娘から母に贈る古稀祝い

カテゴリー: ブログ

娘から母へ、想いを伝える古稀祝い

古稀祝い


古稀祝い

古希の誕生日は古代稀れな古稀と書くこともある。


長寿社会となりました。100歳以上の元気なシニアも多くなり、その昔「人生50年~」と言われていた時代ははるか遠い昔話となりました。ですが残念ながらいつか人は死を迎えます。その事実は不変です。不吉なことをいうように思われるかもしれませんが、そこは必ず人の通る道。ある意味 そのことを意識することで自分自身の生き方や親や他人との接し方が変わってきます


男性であれ、女性であれ、母親には特別な感情があるといわれています。例えば、母親に愛されて育った男性は女性全般に愛されやすい。それは見た目とかだけでなく、母親に愛され育った男性はその愛に応えようと子供の頃から気を使います。その気遣いがいつしか身につき、成人しても自然と女性に対してスマートな気遣いができ愛されるということのようです。


ただ、女性の場合は少し違います。同性がゆえに娘にすれば大好きな父親を奪われないかと防衛本能が働き 前述の男性のように簡単には事はすまないようです。なので、逆に父親という存在を介さない家庭であれば母娘は姉妹のように仲良くなるのです。


古稀祝い

母と娘の関係は少し複雑。


どんな母娘も仲が良い、悪いに関係なく 切っても切れない不思議な関係があります。そのことを辛く感じて生きている娘もいれば、とても幸せに感じている娘もいます。ただ、どちらにしても姉妹のように年齢が近いわけではないので、時として期待に沿ってくれない母親を重く感じたり、娘を冷たく感じたりするという現象が起きたりします。


そんな母と娘は複雑な関係ですが、親子の関係がよくない人は 他人との関係も上手に結べない場合が多いようです。これは人間関係を築く最初の人が親なわけですから致し方ないことですね。なので 母親としっかり向き合うことがその後の娘自身の人生が開けるということはよくあることです。


古稀祝い

いつかは避けられない別れがくる


母親大好きな人も、母親苦手の人もいつかは母親と別れなければならない日が来ます。その日を意識することで いままでの母親との蟠りを捨て新たな関係を母親と結べる日が来るのではないでしょうか。


ただ実際に母親との別れを意識するのは70歳を過ぎてからかもしれませんね。還暦祝いの60歳ならまだまだ母親も若く 娘自身も折り合いがつけれない年齢かもしれません。だた、70歳代に入ると昔から言われたように「古稀は古代稀なり」の言葉通り 体調を崩しやすい年齢になります。そんなとき母親との蟠りを無くすためにも古稀祝いをお母さんにしてはいかがでしょうか。


私からの 古稀祝い


芸能人でも母親との蟠りをカミングアウトする人が増えてきました。でも実際は昔から母娘の関係はなにかしら複雑であり、例えば占いに行っても女性に対して「お母さんとの関係が~~」といえば なにかしら人は思い当たる節をみつけるそうです。でもそんな母親も本当にいつかは別れなければなりません。実際に関係性をもてているのは元気な証拠なのです。だから本当はとても母親に甘えている。そんな娘から母親へ感謝の想いをこめて古稀祝いを贈ってはいかがでしょうか。



古稀祝い


古稀祝い

元気なお父さんに贈る古希祝い。

カテゴリー: ブログ

毎日がんばっているお父さんへの古希祝い。

古希祝い


古希祝い

社会に参加するシニアはかっこいい。


以前と比べて長寿社会となりました。それに伴い、定年退職後も引き続き元気に働くシニア世代が増えてきました。また、早期に会社を退職して地域のボランティアをしたり、趣味の園芸やハイキングを楽しんだりと 少し前のシニア世代と違う生き方をしている人たちが増えたような気がします。


どんな世代であれ 楽しく働く姿は清々しいものです。働くということでなくとも社会に参加していることそれ自体がその人を生き生きとさせているのでしょうね。


そんな元気なシニア世代をみるととても頼もしく感じると同時に、いつまでも頑張ってほしいと願うものです。その想いはご家族ならなおさらのことでしょう。また逆に家族ならではの心配事、たとえば持病はどうかとか 本当に仲良くやっているのかなど不安も感じることがあると思います。家族ならではの気遣いといえるでしょう。


古希祝い

人生100年時代、いつまでも社会に参加してほしい。


70歳を過ぎても元気であるということは それまでの健康の貯金があるということです。若い頃から運動を心掛けたりや食事管理といった自分自身の体調の管理など細やかな自分の身体へのサポートがあるからこそできるものです。


そんな自分管理ができている人は 古希祝いといった70歳のお誕生日も通過点にしかすぎません。なので 大げさな古希祝いを照れてしまうかもしれませんね。それでも内心嬉しいのがお誕生日祝いというものです。これからも頑張ってもらうためにも節目の古希のお誕生日はお祝いしたいものですね。


古希祝い

シニア世代が元気でいてくれることがみんなの幸せ


家族に体調不良がおこると生活パターンが一変することがあります。話しにはきくけれど「自分の父親なら大丈夫、健康だから」と思いこんでいませんか。自己管理のできる人は家族といえども他人に迷惑をかけることを嫌います。なので 少しぐらい身体の不具合がでたとしても頑張って日々過ごす人も多いはず。そんな些細な変化を見過ごさすに元気なお父さんをサポートしたいものですね。


子供にとって親の老いを認めることはキツイことです。自分や自分の子供たちの成長はなんなく認めることができても親だけは以前と変わりなくいてほしいと心より願っているからでしょう。でも実際には親は確実に年をとっているのです。


そんな日々元気に過ごすお父さんの古希のお祝いに毎日使うグラスをプレゼントしてみませんか。そして そのプレゼントの際に「体調は大丈夫、なにかあったら知らせてね」と言葉をかけてみましょう。あなたが知らなかった不調を伝えてくるかもしれませんよ。


私からの 古希祝い


シニア世代は我慢強いです。その強さに甘えている子供世代がいることは事実です。いくつになっても親には甘えていたいもの。でも、甘えがゆえに誤った親の姿をみているということもあります。70歳の古希のお誕生日はそんな都合のよい親の姿から本当の親の姿を直視するよいきっかけかもしれませんね。どうぞ ご家族みなさまがこれからも健康でありますように。不安の種は小さなときに摘んでおきましょうね。



古希祝い


古希祝い

古希祝いに名入れグラスを贈ってみませんか

カテゴリー: ブログ

お父さまへの古希祝いに名入れグラスを。


古希祝い


古希祝い

家族しか贈れないプレゼント


最近は長寿社会となり、昔は定年退職年齢が60歳や62歳であったのが65歳にまで引き上げらるようですね。退職後の生活を支える年金も67歳からの支給になりかねない様子。本当に長生きで健康が大切になってきた時代になりました。


いつまでも健康で仕事を続けられることはとても有難いこと。でも、やはり60歳を越えると身体が思うように動かなかったり、身体にキモチが追いついていかなかったりとなにかと不具合もでてくるものです。


そんな心や体の変化を敏感に感じとれることができるのはご家族だけかもしれません。特に70歳を手前にした年齢になると仕事仲間や趣味の仲間より、ご家族と過ごす時間が長い人も多いのでは。普段一緒に過ごしているからこそ、節目のお誕生日には普段の労をねぎらってお誕生日祝いを贈りたいものですね。


古希祝い

自分のためよりも家族のため


すでに退職してもよい60歳を越えて働いている人のなかには「自分のため」というよりも「ご家族のため」という方も多いかもしれません。それはなにも金銭的だけなものでなく、働いていることで社会と関わりを持ち続け、ご家族の負担にならないようにという配慮があるのかもしれませんよ。


私の義父は60歳で定年退職を迎えたあと、家庭菜園一筋でいつも新鮮な野菜を食卓に用意してくれていました。なにも外に働き行くことばかりが仕事ではなく、庭の手入れやボランティア・家事など、それをやりがいと思って頑張っていると思うと、家族は安心するものです。


そんな気の利いた年の取り方を心得ている人にこそ、普段の感謝の気持ちを込めて家族からお誕生日祝いを贈りたいものですよね。それは毎年でなくとも節目のお誕生日となる70歳の古希祝いや77歳の喜寿祝い、80歳の傘寿祝いなどだけでもよいのではないでしょうか。


古希祝い

なにかと出費がかさむけど


そんな古希や喜寿を迎える年代を支えるのは、50歳前後の世帯。ちょうど子供の学費もかさんだり、仕事も重要な役割を任されたりと、なかなかプレゼント探しなどしている暇はないかもしれませんね。


ましてや親の誕生日祝いとなるとついつい後回しにしがちなものです。なにしろ親が年を取ることを認めることができないのが子供ですから、いつまでも親は健康なものと思いがち。でも、実際に70歳前の身体は丁寧に鍛えてあったとしても、以前より食が細くなったり、体力のリカバリーに時間がかかっていたりするものです。


家族そろってお食事会などの時間をとりたいと思ってもおもうようにならない世代だからこそ、その感謝の想いを名入れグラスに刻んでプレゼントしてみませんか。たとえ、宅配業者さんに送り付けてもらったとしても、「名入れ」だからこそ伝えることができる感謝の想いがあると思うのです。


古希祝い

名入れグラスができること


感謝の想いを伝えることができる「名入れ」アイテム。最近ではお箸や茶わん、またストールや万年筆などいろんなものに名入れができるようになりました。名入れることは「その人だけが使う品」を表します。あまり子供っぽいアイテムだとプレゼント自体が幼稚になりますが、お酒を飲む酒器への名入れなら高級感もあり喜ばれるのではないでしょうか。


そんな名入れグラスに名入れる時に、よいメッセージがありましたので参考にしていただければ幸いです。


Happy 70th Birthday (70歳の誕生日おめでとう)

Birthday greetings 70 years old (70歳のお祝に)

Happy 70th Anniversary (70回目の記念日おめでとう)

70th Birthday Celebration 古希のお祝い

Life Begins At Seventy! 人生は70歳から始まる!


いかがでしたでしょうか。還暦祝いから10年たった古希のお祝いこそ、現代では長寿のお祝いの始まりといわれています。たとえ、70歳の古希のお祝いを逃したとしても、77歳の喜寿祝いや80歳の傘寿祝いは忘れずにお祝いしたいものですね。


そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、無事に古希祝いをすまされたお父さまが幾久しくご健康で88歳の米寿のお祝いを探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、このプレゼントされた名入れグラスで晩酌をするのがたのしみだよと喜んでいただけるようなプレゼントが 贈れますよう心よりお祈りしております。



古希祝い



古希祝い


商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
088-695-4489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地