月が綺麗な夜に。

月が美しい季節になりました。

満月の夜は年間で12~13回あるのに、なぜか秋は「中秋の名月」といって月を愉しむ趣があります。幼稚園の頃にお月見団子を作ったのも秋の月を愛でるためでした。


中国では古くから「望月(月をみる催し)」という行事があって、月を愉しんでいたそうです。日本では季節柄、稲の豊作を祈りの祭りの意味合いが強いそうですが、正確な起源はわかっていないようです。それでも、一年に一度 夜空を見上げる楽しみがあるだけで心豊かになりますよね。


星月夜のテーブルランプ


本当は夜空を見上げるのに なんの口実も決まりも必要ありません。好きな時に好きなだけ夜空を見上げて月や星を愉しめばいいのです。ですが、「好きな時に好きなだけ」と言われると逆に見るのを忘れてしまったりしませんか?「いつでも見れるから、明日でもいいや」「今日は忙しいから、また明日にしよう」そういいながら結局は時機を逸してしまう。そうゆうことは多々あることです。


遠く離れて暮らすご両親に便りを出したり、疎遠になっている友人に連絡をとったり・・・そうゆうことも同じだったりするのではないでしょうか。「便りが無いのは元気な証拠だから、また今度ゆっくり帰ろう」「相手もなにかと忙しいだろうから、また時間のあるときに」「縁があれば、また会えるはず」・・・そうやって月日が経ってだんだんと疎遠になって行く。ちょっと寂しい気がします。


いつも気持ちが傍にある人ほど、気が付けば数か月も会っていない。会わない時間が長くなるほどますます逢い辛くなるものです。今週明けは「敬老の日」。それも三連休!おじいちゃんやおばあちゃんに最近会ったのはいつですか?幼い頃は両親に連れられて会いにいっていたはずなのに、親元を離れると疎遠になってしまうおじいちゃん、おばあちゃん。


心はいつも近くにあっても、ちょっと顔を見せるだけでもきっとビックリするぐらい喜んでくれるはずですよ。会うのに手土産なんか必要ないでしょうが、もしおじいちゃん、おばあちゃんが、傘寿の80才や喜寿77才・米寿88才といった節目のお誕生日なら、月明りが似合う星月夜のランプなんていかがでしょう。(長寿のお誕生日祝いにテーブルランプ→こちら


あなたの宝物になる時間

涼しくなってきたので、お花を楽しむ余裕ができてきました

秋の草花が紅葉を前に咲き始めると秋だなあと思います。沿道のススキの穂が黄金色に輝いていたかと思うと急に真っ白な穂になり、秋を視覚で感じます。


春先の花に比べ、どっしりとした安定感を感じる秋の草花。暑い夏の日を耐えて成長してきた余裕でしょうか。人も若い時より年を重ねた人の方が風格があり、なにかしらの越え難いオーラを感じるときがありますよね。


昔はそんな苦労した人の顔つきがとても苦手でした。いまでもノホホンとした苦労知らずのようなお顔つきの人が居心地よく感じます。


オリジナルフラワーベース


でもそんなノホホンとしたお顔の人こそが本当の人生を知っている人なんだなあと思えるようになりました。学校でいうなら進路指導の先生より校長先生みたいな。ちょっとしたことで動揺してしまう若い頃、いろんなことを経験したからこそ、それぐらいのことで人生何も変わらないことを知っている年長者の余裕。


私も自分より年齢の若い人たちにはほんの少し余裕を見せれるようになってきたかと思うのですが、年長者に対してはやはり太刀打ちできません。どんなに密度の濃い人生を歩んだとしても、歩んだ人生の時間は追い越すことはできないという事実。


もうすぐやってくる敬老の日には、ただただその生き抜かれてきた時間に敬意を込めて、その笑顔の裏にあるストーリーを聞くことができたなら。その時間はあなた自身にとって、かけがけのない一生の宝物になるかもしれませんよ。(敬老の日に尊敬と愛をこめて、オリジナルフラワーベースの贈り物



菊の花

菊は、春の桜と並んで日本人を象徴するような花。

最近では、スプレーマムなどの洋菊も花屋さんの店頭をにぎわし、仏壇のお花というイメージから軽やかで活けやすいお花としても人気です。


それでもお彼岸が近づくと白や黄色の和菊に心惹かれるのは、皇室のご紋に由来するところの「長寿と幸福」、そして先祖を敬う心がなにかしら呼び寄せるのかもしれませんね。ちなみに「菊」という漢字は、中心に向かってまきこむように咲く花の形を、てのひらにお米をおいて握った様子になぞられたものだそうですよ。


フラワーベース


ひさしぶりの新作フラワーベースです。ホワイトベースにマーブルの色使いはポップなスプレーマムとの相性も抜群。お彼岸が近くなると仏壇がお家に無くとも菊の花は飾りたいものですよね。咲いてすぐ散る桜にくらべて、寒さをもろともせず長い間咲き続ける菊の花。元来、「菊」の花の名称は、行き詰まるという意味の「窮まる(きわまる)」を語源とするもので、1年の最後に咲く花から名付けられたそうです。


もちろん、今回のマーブル模様のフラワーベースには菊以外にも丈の高いススキやグリーン鮮やかな枝モノを活けても映えるシリンダー型のフラワーベースです。お色目が白なので、どんな花色でも似合う花入れで、このフラワーベースが1つあるだけでお部屋の雰囲気が明るくなることでしょう。季節柄 イエローのピンポンマムを活けてみましたが、花色よりグリーン多めでもすっきりと味わえる花入れです。年末・年始にかけてお花を飾る楽しみをご家庭にどうぞ。




商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地