若い二人を優しく見守って。

風薫る季節ですね。


山々に芽吹く新緑が山の緑のグラデーションを美しく彩り、普段 スマホやパソコンばかり見る目に癒しを与えてくれます。木々を間近で見るのも新緑の勢いを感じて清々しいのですが、遠目から見る山の木々はほどよくオブラートに包まれているようで、なんだかホッとします。


それは物事も同じことが言えるのではないでしょうか。何事もストレートに物事を見ることは大切ですが、時には少しオブラートに包むのも良いかも。特にこの春から社会人になった人たちには、寛大な眼差しを向けることも大人として必要な術かもしれませんよ。


結婚祝いの名入れガラスケース


今はインターネットの婚活が流行っていますが、昔は結婚に関してお見合いが主流だった頃もありました。当時は検索で人のことを調べるなんてことはできませんでしたから、それとなく知り合いの伝手で情報を得たものです。その際、あまり良い縁でなかった場合、「便がよくない」とただそれだけ相手方に伝えました。決してあれこれ詮索じみた会話はせず、便がよくないとだけ。


人は詮索したくなるものですが、なにもかもあからさまにしてしまっては風情がないというもの。人は成長するものです。当時はそうであったとしても数年すれば見違えるほどの立派な人になっている場合も多々あるのですから。中国のことわざで「男子三日会わざれば刮目して見よ」とうのがあります。3日会わないだけで、驚くほど成長していることがあるという意味。


人は成長するから面白い!出会った頃の二人も多々失敗を繰り返しながら、ステキなカップルになるようなもの。だからこそ、そんな二人をオブラートに包んで。そんな想いをこめて、ダブルハートのガラスケースをブラストしてみました。


ダンデライオン

ダンデライオンと聞いてすぐに思い浮かぶのはユーミンの「ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ」。そうゆう発想がすでに生きた時代を象徴しますが(笑)このタイトルで私はたんぽぽの英語をダンデライオンと覚えました。この意味はフランス語からのdent de lionに由来するそうです。つまりタンポポの花弁がライオンの歯に似ているところから命名されたとのことですが、当時はライオンのタテガミからだとばかり思ってました。


そしてこの歌の一節に

「きみはダンデライオン

傷ついた日々は、彼に出逢うための

そうよ 運命が用意してくれた大切なレッスン

今 素敵なレディになる」

というフレーズがあります。


当時は自分をたんぽぽに投影させるより、ライオンになるってことかな。と真剣に思ったものです。


誕生日プレゼントにテーブルランプ


たんぽぽは雑草で生命力の強い草花です。花言葉は「愛の信託」や「真実の愛」。


昔、道端に咲き終わったたんぽぽの綿毛で恋占いをしませんでしたか?一息で全部吹き飛ばしたら、恋が成就するとかしないとか。そんな恋の成就を想像させるダンデライオンのテーブルランプ。


黄色い花びらも印象的ですが 白くなった綿毛もかわいい。それが飛んでゆくさまは、例え1つの花が終わったとしても次のステージが幅広くあることを思わせる生命力の強さを感じさせます。長い人生で花の時代もあれば、一息で吹き飛ばされそうなときもあることでしょう。でも、アスファルトの隙間からさえも咲き誇るたんぽぽの生命力の強さを思い出して。ちょっと恋に疲れたお友達にプレゼントしてはいかがでしょうか。(ダンデライオンをイメージしたランプはこちら


親孝行のカタチ

今年の端午の節句も無事チマキを買い忘れることなく食べ終わることができました(笑


我が家には男の子がいないので想像ですが、今年ご長男やご次男の誕生で初節句を迎えたご家庭ではさぞや忙しかったのでは。お雛祭りと違い、毎日上げ下げをしなくてはならない外飾りの鯉のぼりはご家族全員の協力が必要だろうなあと 天高く舞う鯉のぼりをみて つい微笑んでしまいます。


通常 節句飾りは、ご両親のご実家が贈るもの。そのお返しもお節句が終わると考える頃ですよね。私は実家に弟がいて 弟のために父の実家が購入した鯉のぼりは その願いのほどが伝わるほど立派なものでした。すでにそれを贈った父の母も亡くなり、弟も鯉のぼりを上げてもらう年齢から上げるほうへの年齢となりましたが、いまでも鮮明に残る記憶です。


でも、その記憶はマンションの窓に立てられた鯉のぼりをみても 思い出しますし、川幅いっぱいにかけられたイベントの鯉のぼりを目にしても思い出します。誕生日や結婚記念日と違って 端午の節句やお雛祭りは 日々通る道やお買い物するスーパーでも体感できるシーズンイベントだからかもしれませんね。


節句祝いのお返しに。


節句飾りを飾った家族は、例えよそのお家の節句飾りをみるたびに自分たちの家族の思い出を思い出すことでしょうし、それを贈ったご実家のご両親も孫の成長だけでなく、自分たちの子が幼かった頃の記憶を思い出すことでしょう。そして、そんな自分たちの子供から贈られた節句祝いのお返しは、どんなものでも嬉しいもの。だけど せっかくのシーズンイベントのお返しなら 毎年 この季節に飾りたくなるものを選ばれてはいかがでしょう。そんな思い出を紡ぐようなお返しなら、単なるお返しではなくそれはすでに親孝行の一つのカタチなのかもしれませんよ。(端午の節句のお返しに→

商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地