もらって嬉しい金婚式の名入れ記念品の失敗しない選び方

もらって嬉しい金婚式の名入れ記念品の失敗しない選び方


金婚式の名入れ記念品


金婚式の名入れ記念品

もらってうれしい金婚式の記念品とは


結婚して50年、ご夫婦揃って健康で仲良く金婚式を迎えられることは大変おめでたいことですよね。親族である子や孫・ひ孫からだと、家族旅行でお祝いやお食事会など宴席を作ることが一番のお祝いとなることでしょう。


ですが、親族ではない友人や会社の上席、または町内会や習いごとの集まりなどで、そういった吉報を伺い知ったとしても、旅行や宴席を設けることは少し憚られますよね。また、贈られた方もお返しに困るほどの記念品は受け取りづらいものです。


そこでありふれたプレゼントのようで年長者があまりお持ちでない名入れ記念品がご予算的にも合いやすく、また名入れという一手間が年長者の好みにもあい、近年金婚式の記念品として人気になっています。


年長者だからといって、老け込んだ記念品よりも名入れすることにより記念品に愛らしさがでるのも人気の一つではないでしょうか。


また、若い世代には一般的となった名入れの品も年長者にとってはまだ見慣れぬ記念品の一つです。昔は名入れの記念品といえば、数量がある程度まとまらないと作ることは不可能でした。いまでこそ1個から名入れできる時代ですが、それだけに年長者には貴重な記念品として受け取っていただけるかもしれませんね。


金婚式の名入れ記念品

なんでももっている世代だからこそ


結婚50周年を迎えるご夫婦の身の回り品となるとすでにお気に入りのブランドで埋め尽くされているのではないでしょうか。例えばスイーツひとつとっても、「あのお店の餡は美味しい」など、逆に美味しいお店を教えてくれるほどではないでしょうか。


また、健康にも気を使う世代です。食品や嗜好品などは避けた方が無難でしょう。補聴器や老眼鏡といったものもプレゼントされても使いづらいかもしれません。


なので、いくつあっても困らないもの 例えば食器や置時計、写真立てなどはいかがでしょうか。結婚50周年の金婚式のお祝いといっても、結婚記念日の一つの通過点でしかありません。ご夫婦二人が使えるものが一番よいお祝いといえるでしょう。


また、そういった場合の名入れもお名前を入れることを前提に考えるより、 50th wedding anniversary や Golden Wedding などの英文が洒落ていてカッコいいと思います。お名前を入れるのもよいのですが、その場合もあまり子供っぽくならぬような配慮が必要でしょう。


金婚式の名入れ記念品

敢えて、しっかり名前入りにする


金婚式のお祝いとして、似顔絵やお名前ポエムのようなものも人気があります。こちらのプレゼントは さらりと配慮した名入れ刻印の仕方ではなく、しっかり名前が目立つように刻印する趣があります。


ご親族であるお子様やお孫様からならとても喜ばれるプレゼントだと思います。ですが、ご友人からですとあまりに慣れなれしすぎるのは、年長者にとって失礼になるというものではないでしょうか。


あくまでお受け取りされる方の気持ちを考えて、喜ばれる記念品をお贈りしたいものですよね。


金婚式の名入れ記念品

金婚式の名入れ記念品で失敗しない3つのポイント


金婚式とえいば、ご夫婦二人の生活も長くなり、ご夫婦だからこそ趣味の会や地域の会・ボランティアなどで多方面との交流もある世代。お互いの金婚式の時には贈り合うなんていう関係もステキですよね。そんなご家族・親族からではない場合の金婚式の名入れ記念品だからこそ、気を付けなければならない名入れポイントがあります。そんな注意すべきポイントを3つにまとめてかかせていただきました。


金婚式の名入れ記念品友人ならではのお祝いらしく洒落た感じで名入れする

金婚式の名入れ記念品名入れだからといって 絶対に名前を入れる必要はない

金婚式の名入れ記念品年長者に贈るからこそ、慣れなれしすぎる名入れは配慮する


いかがでしたでしょうか。金婚式のお祝いというのは毎年の結婚記念日があるにせよ、大きな節目の結婚記念日である銀婚式から25年、真珠婚式からも20年経っています。これから先は結婚60周年を迎えるダイヤモンド婚式が節目のお祝いとなります。

どうか、これから先もご夫婦が仲睦ましく暮らされますよう、心を込めてお祝いしたいものですね。 。


そしてこの次にあなたがこのサイトを訪れてくださるときは、結婚記念日のお祝いだけでなく、喜寿祝いや米寿祝いとった長寿のお祝い探しに訪れていただければ幸いです。最後に、この記事が少しでもあなたのお役に立てますよう心よりお祈りしております。


金婚式の名入れ記念品



金婚式の名入れ記念品


真珠婚祝いに!両親に喜ばれる名入れプレゼントの失敗しない選び方

真珠婚祝いに、両親に喜ばれる名入れプレゼントの選び方


両親の真珠婚祝いに喜ばれる名入れプレゼント


両親の真珠婚祝いに喜ばれる名入れプレゼント

ご両親の結婚記念日はあなたの原点


ご自分のご両親であれ、結婚先のご両親であれ、ご両親の結婚記念日になにかプレゼントしようと考えているあなた。当たり前のことですが、ご両親が結婚されて家族を築き上げたからこそ、いまここにあなたが存在しているのです。


そんなあなた自身の原点でもあるご両親の結婚記念日は、ご両親のお誕生日や「父の日」「母の日」も大切でしょうが、ご夫婦二人揃っ結婚生活を 30年続けられているご両親の記念日にはなにかしらプレゼントを贈りたいもの。


それは、旅行や花束でもいいでしょうし、お食事会やお酒、電化製品などでもいいでしょう。ですが、せっかくプレゼントするならなにかしらカタチに残るものがいいのではないでしょうか。 このプレゼントは真珠婚式のお祝いに子供たちが贈ってくれたなんて、友人が訪問してくれたときに、さりげなく自慢する両親の姿。お正月やお盆の帰省時のたびに あのときの真珠婚祝いのプレゼントは大切に使っているよと話してくれる両親。親というものはいくつになっても自分の子供を自慢したいものなのです。自分たちのために子供たちがなにかしらプレゼントしてくれたことは、他人に自慢したくなる一つのネタ。さりげなくご両親が誰かに話したくなるような真珠婚祝いのプレゼントを贈ってみてはいかがでしょう。


両親の真珠婚祝いに喜ばれる名入れプレゼント

父母に贈るのではなく、ひとりの社会人としてその先輩へ


結婚記念日とあなたの年齢がそれほど違わないなら、ご両親二人だけの結婚生活は短かったのかもしれませんね。子供が生まれるとあっという間に夫婦というより両親となってしまいます。お出かけするレストランも子供も同伴で行けるような場所。乗る車もツーシートではなく、ワンボックスカーのように、そのライフスタイルが激変してしまいます。ですが、それは楽しいことでもあり、幸せな時間でもあったはずです。


結婚30年を超える頃になったいま、子供たちも成長し、逆に夫婦二人だけの生活が戻ってくる時期でもあります。ぜひこの機会に あなたが知っている父母としての両親にはではなく、ひとりの大人から大人の両親へプレゼントしてみてはいかがでしょうか。


ご両親との関係は、一生変わることのない親子の関です。ですが、子から親にプレゼントするということはなにかしら特別な意味を持ちます。生まれたての笑顔に始まり、両親の似顔絵、学校での成績や進学など、自身が知らず知らずのうちにご両親を喜ばせたいと思ってとってきた行動はたくさんあると思うのです。そして、いまこうやってご両親への真珠婚祝いのプレゼントを探していることもその行動の一つだと思うのです。


ですが、いままでは自分が子供という立場からご両親を喜ばせていたことがほとんどでしょう。でも、もしいま あなたが社会人であるならひとりの大人として大人を喜ばせてみるのはいかがでしょうか。その意味で名入れのプレゼントではご両親をお父さん・お母さんではなく、それぞれのご両親のファーストネームで彫刻することが多いでしょう。それは父母にではなく、ひとりの大人に贈る意味もあると思うのです。


両親の真珠婚祝いに喜ばれる名入れプレゼント

新たな夫婦生活の理想のカタチ


結婚生活30年を記念して子供がなにかしら真珠婚祝いのプレゼントを贈ってくれたなら、それだけでそのご両親の夫婦像は理想のカタチになっていることでしょう。ですがこれからは金婚式、結婚50周年に向かって、子供なしであらたな夫婦のカタチを築き上げてゆくスタート地点に立っているはずです。


ご両親が結婚した頃に手探りでいまの生活スタイルを作ったように、いままたあらたに手探りが始まった時。だからこそ、お二人でともに使えるものを贈るのが一番よいと思うのです。どんなことでもトライ&エラーがあるように、すぐに答えが導きだせないのがライフスタイル。またなにが正解でなにが間違いかも人それぞれです。


でもどんな時も子供が望むのはご両親の仲の良い姿ではないでしょうか。そんな思いからペアで使えるお茶碗やお箸を真珠婚祝いに贈るのもよいのではないでしょうか。昔から夫婦茶碗といってお揃いで揃えるアイテムでもあります。でも、昔とライフスタイルが違いますよね。おしゃれなペアのワイングラスやペアグラスなどもいいですよね。もしあなたの将来の夫婦像の姿にあなた自身がワイングラスでお祝いしている姿があるならペアのワイングラスはおすすめかもしれません。


両親の真珠婚祝いに喜ばれる名入れプレゼント

真珠婚祝いは、自分たちの独立宣言。


独立宣言といえば、大袈裟に聞こえるかもしれませんが、結婚後もご実家に頼る新婚ご夫婦は多いのではないでしょうか。ましてや、子供が生まれると、ご実家のご両親に頼りたくもなりますよね。もちろん、私も子供が小さい時はよく両親に子供を預けて気晴らしに外出していたものです。


また、ご両親にしてみてもかわいい孫の面倒をみることは楽しい時間でもあると思います。だからこそ、感謝の心を忘れずに育児などは手伝ってもらうようにしなくてはなりません。その感謝の心の現れの一つに「お礼」があると思います。他人であれば、当たり前のことが自分の両親となるとついついその甘えがち。私自身もそうでしたが「両親も喜んでやってくれているのだから」という気持ちがありました。


でも、実際は親の時間を拘束することにもなってしまうわけですから、感謝の想いは忘れずにいたいですよね。真珠婚祝いのイベントのようなお祝いこそ、その感謝の想いを伝えるのに絶好のチャンスなのです。プレゼントを贈ることは心の潤滑油にもなります。それだけ、贈る相手のことを気にかけているという証のようなものといえるでしょう。だからこそ、普段お世話になっているなあや、これからも義理のご両親や実のご両親とスムーズな付き合いをして行きたいと感じているなら、結婚30周年のお祝いは忘れずに贈りたいものですね。


両親の真珠婚祝いに喜ばれる名入れプレゼント

ご両親の真珠婚祝いに名入れプレゼントを贈る時に注意したい4つのポイント


真珠婚祝いは、結婚30周年の節目のお祝い、結婚記念日は毎年続いてもメジャーなお祝いとなれば次は結婚50周年の金婚式となるでしょう。だからこそ、忘れずにプレゼントしたい真珠婚祝いのプレゼント。よく真珠という名前からパールのネックレスやネクタイピンを贈る方もいらっしゃいますが、ここでは名入れされることを前提としたプレゼントの選び方の注意点を書かせていただきますね。


両親の真珠婚祝いに喜ばれる名入れプレゼントご両親が誰かに話したくなるようなプレゼントを贈る

両親の真珠婚祝いに喜ばれる名入れプレゼント自分が大人として贈るからこそ、両親のファーストネームを彫刻する

両親の真珠婚祝いに喜ばれる名入れプレゼント自分たち夫婦の未来と重ね合わせて、ペアアイテムを贈る

両親の真珠婚祝いに喜ばれる名入れプレゼントプレゼントは心の潤滑油、両親といえども感謝の心を忘れずに


いかがでしたでしょうか。結婚生活も30年となると、ほとんどの持ち物は揃っていると思います。そういったご家庭でもし、両親のファーストネームが入った名入れアイテムがまだないのなら、絶好のプレゼントチャンス。ぜひ一度名入れプレゼントに挑戦してみてはいかがでしょうか。思いもよらなかったプレゼントにご両親がびっくりしたお顔を想像しながら、楽しく選んでくださいね。


そしてこの次はご自身ご夫婦の結婚記念日のお祝い探しにこのサイトを訪れていただければ幸いです。この記事がご両親が笑顔になるプレゼント選びのお役に立てることを心よりお祈りしております。


両親の真珠婚祝いに喜ばれる名入れプレゼント



両親の真珠婚祝いに喜ばれる名入れプレゼント


両親に感謝!家族が贈る真珠婚プレゼントに託す想い

子供から両親へ!感謝の想いを届ける真珠婚祝いのプレゼント。


両親に贈る真珠婚祝いのプレゼント


両親に贈る真珠婚祝いのプレゼント

娘・息子たちから両親に贈る真珠婚祝いのプレゼント


真珠婚とは結婚30周年のお祝い。30年間夫婦として家族を作り上げ、ちょうどその家族である子供達も結婚や就職・進学で独立し始める年頃。再び、夫婦二人の生活が始まったご夫婦も多いのではないでしょうか。


家族を守り、子供達を社会人として一人前に育て上げることはとても大変なこと。でも、その大変さを楽しみに変え、愛情いっぱいに育ててきた子供達だからこそ、ご両親を敬い尊び、そして仲の良いご夫婦・ご家族でもあると思うのです。


そんなご両親の愛情を受けて育った子供たちもそれぞれが家族を持つようになった今、ご両親の愛情がいかに大きかったか肌身で感じている年頃ではないでしょうか。


ご両親の愛情を受けているときには分からなかった家族としての苦労や喜びを知るのは実際に家族を持つ身になってから。一言で結婚30年といってもその30年の間には多くの喜びや苦労があったことでしょう。自分たちが幼い子供を育て始めてようやく分かる育児の大変さ、ご近所とのお付き合い、親戚との関わり方など実際はご両親が様々は家族の楯となり自分たちを守ってきてくれたのです。


両親に贈る真珠婚祝いのプレゼント

銀婚式-真珠婚式-金婚式と続く家族の歴史


ずっと仲良しで理想の両親でいてほしい。子供たちからすれば、それは永遠の願いですよね。ご両親が築き上げてきた歴史が自分たち自身の歴史でもあるわけですから、その歴史は大切にしたいものです。


ですが、幸せな家族の歴史は夫婦二人だけで紡いできたものではなく、家族の一員である子供たちと共に家族として成長してきたのです。子供達がいたからこそ、家族として、夫婦として充実した生活を送ってきたご家族も多いのではないでしょうか。


そんな家族の一員である子供達が巣立ち始める、結婚25年目や30年目の節目の年。ご夫婦二人だけの生活に戻りはじめる今こそ、子供達からご両親へ感謝の気持ちを伝える真珠婚祝いのプレゼントを、贈ることをお薦めします。


両親に贈る真珠婚祝いのプレゼント

尊敬する両親に喜ばれる真珠婚祝いのプレゼントとは


子供たちからご両親へのプレゼントならどんなものでも喜ばれることでしょう。旅行や花束・お食事会なども良いのではないでしょうか。


ですが、私がお薦めするのはご夫婦だけがペアで使うものがよいと思うのです。昔からある夫婦箸や夫婦茶碗などいまさらペアで揃えるのも・・・とためらっているご両親にこそお薦めです。


ご両親お二人だけの生活ならそのペアの真珠婚祝いのプレゼントから家族の思い出話とつながり、楽しいひと時を過ごしてくださることでしょう。よくあるのが、真珠婚祝いなので真珠の贈り物、たとえば真珠のネックレスや真珠のタイピンなどがありますが、それよりも普段使いできるものの方が実用的でよいのではないでしょうか。


ですが、せっかく贈るなら記念になるものという考え方もありますよね。あまりに普段使いすぎると、毎年のお祝いである父の日や母の日のプレゼントと被ってしまいますから。なんといっても真珠婚祝いは30年に一度だけのお祝いなのです。大切にお祝いしたいですよね。


両親に贈る真珠婚祝いのプレゼント

記念品にもなる真珠婚祝いのプレゼント


それでは記念品にもなるプレゼントとは、どういったものがあるでしょう。たとえば、ペアの湯のみだと普段使いですが ペアのワイングラスだと滅多に使わないけど大切にする記念品ですよね。結婚記念日は毎年訪れます。ただ、結婚25年、30年、40年、50年、60年は区切りもよく、例年とは少し違ってお祝いをする年回りです。


ペアのワイングラスだと毎年の結婚記念日にも使えて真珠婚祝いの記念のプレゼントにもなるといえるでしょう。他にも長いこと使ってもらえるインテリア、時計やランプなどもお薦めです。家の歴史は、家族の歴史でもあるわけですから。


家族を新たに持った自分たちの子供達から結婚記念日をお祝いされるご夫婦。なんとも羨ましい光景ですよね。でもそこに至るまではご夫婦のお互いを労わり合う努力があったからこそ。お互いを大事にしてきたからこそ今の家族があると思うのです。


一人の社会人として、どうか今までのご両親の苦労をねぎらってくださいね。

そしてこの次は、ご両親の金婚式やご自分たちの結婚記念日の記念品探しに、このサイトを覗いていただけたら幸いです。どうぞ、この記事がお役に立てて、また新たな家族の歴史が刻まれますように、心からお祈りしております。


両親への真珠婚祝いプレゼント


商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地