50代妻へ贈る、銀婚式プレゼントの失敗しない選び方

妻に喜ばれる銀婚式祝いプレゼントとは


妻への銀婚式プレゼント


結婚祝い

生活を共にしている妻へ


銀婚式といえば、結婚25周年記念。すでに一緒に生活を共にして四半世紀も経つ妻への銀婚式プレゼントとなれば、すでに何を持ち 何が好きで 何が苦手なのか知り尽くしたパートナーへの贈り物。一度悩みだすとキリがありませんよね。


お花やスイーツなど差し障りのないものなら普段からお土産で持って渡したり、毎年のお誕生日や他のご家族に贈ったものと重なるかも。


女性はそういった「誰かと同じプレゼント」にとても敏感なものなのです。例えば、妻として毎晩の夕食も同じような献立が続かないように心配りしたり、夫に似合うネクタイでも全く同じものは購入しなかったりと細やかな気配りをしています。


そんな気配り上手の女性だからこそ、25年間家庭を守り 陰日向なく生活を充実させるために頑張ってこられたのではないでしょうか。そして、銀婚式のプレゼントはそんな妻への感謝の気持ちをこめた夫からのプレゼントのはずです。


妻への銀婚式プレゼント

感謝の気持ちを込めたプレゼントとは


お花が好きな妻なら、いつもより豪華な花束や観葉植物でも銀婚式のプレゼントとしては充分でしょう。ただ、その際にいつも通りプレゼントしてしまったら、その銀婚式のプレゼントに感謝の気持ちがこもっているかとなると、怪しいものです。


メールでも、カードでも、なんでもいいのです。「結婚して25年、銀婚式まで共に一緒に過ごしてくれてありがとう。これからもよろしくね。」の夫からの言葉が、妻にとっては結婚当時のプロポーズと同じぐらいとても重要なのです。


もちろん妻の目を見つめて「ありがとう」と云うだけでもいいでしょう。ですが、レストランに食事に行った際に、レストランのお料理は覚えていても 会話内容まで鮮明に覚えていることはあまりありません。


なにかしらあなたのメッセージが鮮明に伝わるもの、そしてそれが銀婚式のプレゼントを渡した時の言葉とリンクして覚えていられるもの、それが大切なのです。


妻への銀婚式プレゼント

プレゼントとメッセージをリンクさせる


50代の妻ともなると、モノの価値を見抜く力もあります。普段の生活をワンランク引き上げてくれるもの、そしてその場限りで無くなってしまわないものが好まれるのではないでしょうか。


高額なものだったり、趣味のものだと、たとえお互いをわかり合えている思っても妻のものを選ぶのは難しいでしょう。


また、贈られる妻の側も銀婚式という二人の結婚記念日なので、いくら夫が妻への感謝の気持ちから贈ったとしても、妻だけが使えるものだと辛く感じるかもしれません。


夫妻がともに使うことができ、部屋のインテリアにも馴染むプレゼント、その上で妻への感謝の心が伝わる銀婚式のプレゼントが、銀婚式を迎える妻にとっては最上のプレゼントだと思うのです。


プレゼントを選ぶことはとても楽しいことです。相手を想い、喜ぶ姿を想像し、笑顔で「ありがとう」と云ってもらえる。その瞬間は何事にも代え難い至福の時間です。ですが少し間違えると その時間はありきたりの日常の時間になってしまいます。


どうかお二人が無事に銀婚式当日を迎えられ、笑顔の一日になりますように。そして、25年後に再びお二人がともに健康で金婚式を迎えられ、またこのサイトを覗いていただけたら幸いです。


妻への銀婚式プレゼント


妻への銀婚式プレゼント


結婚後もお付き合いしたい二人に贈る結婚祝い

カテゴリー: お気に入りグラス , ブログ
結婚祝い

喜ばれる結婚祝いとは

結婚祝いといえば、すぐに思いつくのはご祝儀やギフトカード。たしかに戴く側も有難く、使い道も広がって便利ですよね。でも、結婚から何年も経ったときに、そのご祝儀の金額やそれで買ったものを思い出すことができるでしょうか?


結婚祝い

結婚祝いの相場とは

それぞれお付き合いや立場、年齢によっても様々でしょうが

友人・同僚なら1~2万円

既婚者なら自分が頂いた額と同額程度

連名のプレゼントなら5000円程度

上記が一応の目安になります。それぞれケースがあるので一概にいえませんがそういったなかでも、せっかくならカタチに残る結婚祝いを贈りたいものですよね。


結婚祝い

お薦めのカタチに残る結婚祝い

一番望ましいのはご祝儀とカタチある贈り物の両方を贈ることではないでしょうか。

食品・食器・電化製品

新生活にかかせないのが家電製品。この場合、すでにあるものと重ならないように。また高機能製品やブランド品だと予算オーバーに注意が必要です。

インテリア・観葉植物・絵画

すでに新居に伺ったことがあるならそのイメージに合ったものを。

世界に一つ、名入れ結婚祝いという選択肢

好みが分かれるところですが、好きなひとには涙がでるほど喜ばれること間違いなしです。


結婚祝い

結婚後も変わらないお付き合いを望むなら

結婚は社会的地位も確立してくる大切なライフイベント。だからこそ、贈る側も華美でなく、また贈られる側もハートフルな想いで受け取って欲しいですよね。例えば、新郎・新婦の似顔絵の色紙や手作りのブーケなどお金よりも一手間かけた贈り物を喜んでくれるお二人なら、これからの末永いお付き合いも楽しくなりそう。


最後にお二人が使えて喜んでいただけそうなペアのビールグラスのご紹介です。お二人がビール好きで一緒に居酒屋やビアガーデンに行ったおとがあったりや、二次会のパーティがビアガーデンやビアホールであったりなど、ビールにご縁があるなら、名入れビールグラスも選択肢として、考えてみてはいかがでしょうか。

ビタミンカラーのテーブルランプ

秋は行楽の季節ですね。

楽しいイベントは、計画するだけでもワクワクしてたのしい心持ちにしてくれますよね。秋はお天気もいい過ごしやすい季節。スポーツに芸術、美術館巡りやハイキングなど、遠出をするのも苦になりません。


でも、イベントが毎週のように続くとさすがに身体には疲れが残るもの。そのうえ、急激な気温の変化が起こりやすいのも秋のお天気の特徴です。体力に自信のある方でも、無理は禁物。夏の疲れも併せてでてくるときもありますから、用心したいものですね。


ビタミンカラーのテーブルランプ


楽しいイベントはそれが始まるまでもワクワクとした心持ちになり、そのイベントが終わってしまうとどっと疲れが出たりするものです。学生時代の学園祭や体育祭、発表会や秋祭りなど、楽しい思い出とともにその後の身体の疲れを思い出す人もいるのではないでしょうか。


そんな時は夜寝る前のホットミルクやいつもより長めのお風呂など、少しの心と体のケアで疲れは取れやすくなるものです。もちろん、疲れが蓄積すればしっかりの休養が必要でしょうが、たのしいイベント後の疲れは休養というよりもほんの少しの自分へのケアが一番の薬。


お風呂や栄養以外にも、揺らぎ効果のある灯りを眺めたり、ほのかな灯りの温もりをかんじることは目や心を休める効果があるそうですよ。


日常生活ではかかせなくなったスマートフォン。今や生活の必需品ですが、そこから流れてくる情報の洪水や視覚を刺激する明るさは、疲れた身体に負担をかけます。かといって、そんなとき、視線を手元のスマートフォンから部屋の片隅に置いたテーブルランプに変えるだけで気分も変わり、疲れも出にくくなるのではないでしょうか。ビタミンカラーのテーブルランプ。そんなランプをお部屋に一つ。ご自分用にもおすすめのテーブルランプです。(ビタミンカラーのテーブルランプはこちらから→山吹柄


商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地