新社会人となった入社記念に名前入り記念品でお祝いを。

カテゴリー: ブログ

新入社会人への入社記念に喜ばれる名前入り記念品


入社記念


入社記念

名前入り入社記念品が喜ばれる理由


毎年変わる就活事情。同様に新入社員の形態も変わってきました。以前なら卒業と同時に4月入社で、同期入社も似たようなタイプの集まりだったのでは。今は外資系なら10月入社もありますし、中途採用も多い。そのうえポスドクに進み戻ってきた人や日本の学校出身でない方も。でも、同じ時期に入った人はいまも変わらず「同期入社」という括りはあるようです。企業にとっては大切な働き手。入社後の活躍を期待しての採用ですからよい成績を残してほしいですよね。


営業であれ、研究職であれ よい企業によい成績を残すのは愛社精神の強い人だと思います。もちろん、中堅社員となってくると実力や人柄など いろんことが加味されるでしょうが、少なくとも入社当時は愛社精神が強いほど自分の才能や時間を会社に尽くすのではないでしょうか。


昔から「好きこそ物の上手なれ」という言葉があります。まずは人間関係の集まりである会社を好きになってもらうこと。そして安心して自分の仕事に取り組んでもらい、よい成績を残してほしい。そう思うのが企業トップの願うところかもしれませんね。


退職記念品はあっても入社記念品はないところが多いかもしれません。入社していつ辞めるか分からない社員のために記念品を用意するのはどうだろうと思う企業も多いでしょう。ただでさえ、ネームプレートや社員証・机や事務用品など揃えなくてはならないものが多くあるはずです。ですが、他ではあまりお渡ししていないからこそ価値が上がると思うのです。入社記念品を渡す目的は愛社精神を育み、同期入社との連帯感を深め会社に功績を残してもらうことです。どんなものでもそうですが、自分の名前が入っているものには愛着が湧くものです。きっとその入社記念品が愛社精神をもつキッカケとなることでしょう。


入社記念

愛社精神が作る強い企業


昔のように終身雇用制や年功序列制に魅かれ一つの企業に勤め続ける人が減りました。また、会社内における人間関係も上下関係というよりパートナーとしてその存在を求められることが多くなりました。それだけ人材が流動化し、よい人材はよい待遇があれば移動しやすい環境ともいえるでしょう。


ですが、手塩にかけて育ててきた社員がそのようなカタチで移動してしまうことはとても会社にとって不利益なことですよね。そのようなことが行らないためにも愛社精神は必要なのです。


会社という集まりは、職種にもよりますが、たった一人の有能な社員が頑張って働くより、その会社が好きな複数の人間が集まって働くことが理想とされています。愛社精神の強い人材の集まりこそ、長期にわたり安定した企業となるでしょう。


入社記念

入社時こそ、愛社精神を作る絶好のタイミング


社員の採用や教育になにかと費用をかける企業。愛社精神も社員教育の一環として取り上げられているところもあるでしょう。ですが、なにごとも最初が肝心です。子育てにおいて「三つ子の魂、百まで」ということわざを使われることがあります。早いうちがなにごとも大切なことを現す言葉としても引用されます。そこで入社時にお渡しする際の入社記念品の名入れのポイントをまとめてみました。参考にしていただければ幸いです。


会社のロゴや名前を入れる

個人名をいれる

入社暦をいれる

企業理念があればいれる


いかがでしたでしょうか。とくに2番目の個人名は量産されたものでないことを指し示すためにも不可欠な要因になると思います。ぜひとも間違わないように名入れしたいですね。


そしてこの次にあなたがこのサイトを訪れてくださるときは、新入社員さんの成績が優秀で表彰品のなにかを探しにふたたび訪れていただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、あなたの属する企業がますます発展されますことを心よりお祈りしております。


入社記念



入社記念


二十歳のお祝いにずっと大切にしてもらえる記念品を贈ろう

カテゴリー: ブログ , 未分類

仕事もスポーツも勉強も頑張っている君へ。


成人祝い


成人祝い

頑張っている君を知っているからこそ


二十歳の成人のお祝いといえば七五三以来の節目のお祝い。しっかりと自立した立派な社会人となることを親や地域、町全体でお祝いする行事。大学生もいれば、社会人もいるだろうし、浪人生やフリーター、また職人として一つの道を極めようとしている人もいることでしょう。


若いということは体力も集中力もあり、人生の間でも無敵の時代。だからこそ、ついつい無理をして頑張っている人も多いのでは。まだまだ大丈夫と思っていても心や身体が悲鳴をあげていることもしばしば。そうゆう時こそ大人がサポートしてあげたいものですよね。


誰しも一時期頑張ることは大切だと思います。そうやって、勉強でもテストがあったり習い事でも昇段試験や昇級審査、発表会があったり。でも 結果が目に見えるのは学生の時ぐらい。社会人となるとその頑張りさえ認めてもらえないことも多々あるはずです。よく、大人になって褒めてもらえなくなったというのはそうゆうこと。でも、人によっては学生の時よりはるかに頑張っている人も多い。二十歳のお祝いは、 頑張っているあなたを知っているというメッセージを贈るのにとてもよい機会だと思うのです。


成人祝い

頑張っていることを知り、見守る想い


大人になると褒めてもらう機会はだんだんと減ってきます。小学生の頃は 上手に字がかけるだけでも褒められたし、テストの点数が上がっただけでも褒められました。誰だって、褒めてもらうと嬉しいもの。その嬉しい気持ちは今でも覚えていることでしょう。


ですが、二十歳を過ぎたり、学校を卒業すると少しぐらいの頑張りで褒めてもらえることはそうありません。比べられる人たちの数も多くなり、ちょっとやそっとでは「頑張っているなあ」など言わることはないでしょう。


そして、その最初の関門が 新社会人になったころが一番しんどいのではないでしょうか。長期休暇の夏休みや冬休みがなくなり、ノルマという目標達成を目の前に掲げられたり、日々単調な繰り返しの作業が続いたり。


でも、実際には とても頑張っていると思うのです。そんな頑張っている人に、そのことを知り見守っている存在がいることを伝えるためにも二十歳のお祝い記念品を贈ってみてはいかがでしょうか。


成人祝い

くじけそうな時こそ手にしてほしい記念品


誰かが自分の頑張っていることを認めてくれ、見守ってくれているという気持ちはとても心を強くしてくれるものです。たとえば、学校を卒業したすぐの頃は卒業アルバムを手にすることも多かったのではないでしょうか。「あいつもきっと頑張っているよな」とメールや会話では軽口をたたいても、卒業アルバムの写真に話しかけるときはお互いの存在を確認しあうようなそんな想いで見ることがあったのではないでしょうか。


時として心はくじけそうになるものです。そんな心を助けてくれるのは自分の存在を大切に見守ってくれる人がいる人を知っていること。


それは両親かもしれないし、会社の上司かもしれないし、ずっと続けている習い事の恩師や先生、また先輩や同僚かもしれません。


そして人は、言葉やモノにその存在を重ね合わせるものです。たとえば卒業アルバムの写真であったり、メールの一文であったり、手紙や贈り物であったり。


またそんな想いを届けるためにも記念品というものが存在したりします。


成人祝い

想いを届ける記念品に名入れするときのポイント


二十歳のお祝いは二十歳になっただけでお祝いされるのではなく、これから自立した社会人として生きてゆくための自覚を促すためでもあります。だからこそ、その自立を両親や地域も見守ってゆく約束をするのが成人式の一つの役割でもあるでしょう。そんな成人のお祝い記念品に名入れするためのポイントがありますので、まとめてみました。参考にしていただければ幸いです。


日付は誕生日よりもその年の成人の日をいれる

贈った人の名前を小さくいれてもよい

成人した人の名前はフルネームが理想


いかがでしたでしょうか。特に日付は二十歳の誕生日をいれてしまうと誕生日プレゼントのようになってしまいます。成人の日はその年によって日付は違いますが 1月の第2月曜日。祝日にもなっていますのでその日をいれるのがベストです。また地域によってはお盆やお正月に成人式を迎える人もいるでしょう。その際はその日付でもいいですし、地域と密接な関係がない(たとえば会社の上司など)なら、前述の成人の日で問題はありません。


そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、成人式から数年を経てよいご縁に恵まれ結婚を報告してきたふたりのために結婚のお祝いを探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、あの時の贈り物がとても心強かったと喜ばれるような成人のお祝いの記念品 が贈れますよう心よりお祈りしております。


成人祝い



成人祝い


ご両親の喜寿祝いに名入れギフトを贈ろう

カテゴリー: ブログ , 未分類

77才のお誕生日だからこそ、必ず贈りたいプレゼント


喜寿祝い


喜寿祝い

喜寿祝いに名入れギフトが喜ばれる理由


人生100年時代を迎えて、長寿のお祝いも70歳の古希祝いや77歳の喜寿祝いが中心になってきました。また、昔から古希祝いより喜寿祝いの方が一般的にも浸透しているせいか、喜寿のお祝いをするご家庭は多いのではないでしょうか。すでに70歳代となると現役でお仕事をされている方も少なくなり、趣味の集まりのお友達やまたご家族だけでもお祝いも多いような気がします。


組織や会社に属していた頃はお祝いごとも、会社の同僚や仲間で行うことが多かったと思うのですが、70歳も後半となると体調を考えながらゆっくり家族でお祝いするのがよいのかなあと思ったりします。お祝いする側もすでに50歳代となり、忙しくともそれなりに時間の都合がつけやすい年代に。いままで疎遠であったご両親にも喜寿のお祝いを機に、じっくりお話しするのもよいのではないでしょうか。


じっくり話す機会を得るにはやはり喜寿のお祝いの席を設けたいもの。兄弟姉妹で話し合って日程を合わせてもよいでしょうし、ご自身の都合に合わせてもよいでしょう。話すことで今まで感じていた「親」という存在の感情が変わったり、「親」の年齢をマジかに感じるとるかもしれません。


子供にとってはいくつになっても「親」は圧倒的な存在です。一生追いつくものでないと思っていた自分が「親」のためにお祝いの席を設けることにより、追いつくことはできなくとも近づいたような感じになるかもしれませんよ。そんな風に感じることができるのも名入れギフトを贈るからかもしれません。


喜寿祝い

似たもの親子だからこそ


時々、ご両親のとの関係が上手く行かずに悩んでいる人の話を聞いたりします。客観的に聞くととても似ている親子だからこそ反発しあうのかなと、第三者の目からは感じることができます。たとえば、当店は名入れのお店ですが「親と仲が悪いけどお祝いは贈りたいので、お店からの配送ということにしてほしい」という依頼を受けたことがありました。いったいお贈りした後は どうなるのだろうとハラハラしながら送ったのですが、その後お客様から「名入れに親が感激して、一気にわだかまりが解消できた」というメールをいただきました。


どのような経緯で親と子にそのようなわだかまりができたのかは察することはできませんが、進学や結婚、就職など人生の節目において、親子の意見が対立したのでしょうね。でも、その後の人生においてきっと成功され、親御さんもいつかそのわだかまりを解消したいと思っていた矢先のプレゼントだったのでしょう。


年月は人の性格のカドをとり、丸くしてくれる力があります。勝手に「親」とはこうゆうものだと決めつけずに一人の大人として接するときに見えてくる姿もあります。そんな機会を与えてくれるのが喜寿や古希のお祝いかもしれませんね。昔からのお祝いにはそれぞれ意味があります。もちろん、長寿や健康、幸福を願うことも大きいでしょう。ですが、親子の対話の時間と考えるのもよいのではないでしょうか。


喜寿祝い

対話の時間を演出する名入れギフトだからこそ


どんなお祝いの席もなによりのプレゼントはその笑顔と楽しい会話でしょう。普段踏み込んだ会話ができなくとも、お祝いの席なら笑顔とともに思いも寄らない話が聞けるかもしれません。たとえば、自分が知りえない自分が生まれてきた当時のエポソードや自分に名付けられた名前の由来、また病気がちだったややんちゃだったなど、今の自分から想像することのできない自分の姿など考えただけでもワクワクしませんか。


そんなお席で渡すプレゼントだからこそ、名入れの気を付けていただきたいポイントがありますのでまとめてみました。参考にしていただければ幸いです。


名前を入れるときは 普段の呼び名、お父さんやお母さんで。

贈り主を入れるときは 家族一同が一般的。

節目のお誕生日に渡さなくとも年末・年始、お盆などでもよい。

名入れ彫刻文ではなく、メッセージカードに想いを綴る。


いかがでしたでしょうか。2番目の家族一同は、今自分が形成している家族というより、自分が育ってきた家族の方を指します。また最後4番目の彫刻文はタイトルと日付、名前ぐらいでよいのですが、「いつまでもお元気で」や「これからもずっと感謝」などというメッセージはモノに名入れするのではなくカードにされた方がいいかと思います。名入れされたプレゼントは事あるごとにお使いいただけたり、飾ったりしていただけるものになるでしょう。そういったものにはシンプルな方が使いやすいと思うのです。ですが、想う気持ちを伝えるのもこういった席ならではのこと。カードやお手紙にありったけの想いをたくさん書き込んではいかがでしょうか。それこそが名入れのプレゼントはあくまで贈り物の象徴であって、そのカードやお手紙が本当のプレゼントになることもあるのです。


そしてこの次にあなたがこのサイトを訪れてくださるときは、喜寿のお祝いを迎えたお父様、お母様がお元気で88歳の米寿のお祝いを探しにふたたび訪れていただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、ご家族の記念になる喜寿のお祝い が贈れますよう心よりお祈りしております。


喜寿祝い



喜寿祝い


商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地