金婚式に贈りたい感謝の気持ち

カテゴリー: ブログ

結婚生活50年を迎えた両親へ


金婚式祝い


金婚式祝い

金婚式のお祝いの席を設けること


金婚式といえば夫婦生活50周年のお祝いです。ご夫婦揃って50年を迎えられるのはなんともおめでたいことですね。もちろんその間にはさまざまな苦労や困難もあったことでしょう。ですが、お二人の笑顔をみればそんなことさえ察することができない、そんな熟年のご夫婦が多いように思います。


50年前の結婚事情は今と少し違っているかもしれません。当時はお見合いが多く恋愛結婚は少数派だったのでは?それでも、当時に恋愛結婚をされたお二人はいまでも仲良しなのではないでしょうか。


もしかしたら、金婚式の日付は知っていてもそんな金婚式を迎えるご夫婦の馴れ初めは知らないかもしれないのが現実かもしれませんね。そんな普段なら聞きづらい話も金婚式というお祝いの席だからこそ伺い知ることができるお話。ぜひ、そんなお祝いの席を設けてはいかがでしょう。


金婚式祝い

陰日向なくの応援に。


金婚式を迎えられるご夫婦は70歳台の方々がほとんど。そのような人生の達人に接するときに感じることは、人との距離間をほどよく保つ心得があるということ。実の両親や夫、妻の両親と、遠すぎず近すぎずの関係を築いていられるのはそういった年長者の配慮があるからではないでしょうか。


若い時は、たとえば自分たちが結婚したての頃や孫が生まれた頃には、両親といえどもお互いのライフスタイルがぶつかったりしたものですが、ご両親も70歳台、それを祝う自分たちも40歳台となるとそういったぶつかり合いも少なくなるのでは。


その分、金婚式を迎えられたご両親や父母からの見守ってくれる力を感じることも多いのではないでしょうか。私も義理の父母には、自分の子供が幼いときには意見が対立したこともありましたが、今思うと自分たちのことを思ってくれていたのだなあとつくづく感謝の念を抱くものです。


金婚式祝い

年月を重ねてきたからこその関係


最近では役場や商工会、ボランティアといった団体からも金婚式のお祝いを祝う記念品が届くことがあるのではないでしょうか。実の親子だからこそそういったお祝いに疎いときもありますよね。


また、親子だからこそ敢えて口にして感謝の言葉を述べたり、両親に「おめでとう」なんて恥ずかしくてという想いもあるのではないでしょうか。でも、実際はご両親にとても心から感謝していると思うのです。金婚式は一年に一度の行事ではなく、一生に一度のことです。ぜひこの機会を逃さずに感謝の思いを伝えてみませんか。


金婚式を迎えるご両親にしろ、贈る側にしろお互いが重ねてきた年月はとても貴重なものです。金婚式は一つの通過点でしかないにしろ、喜び事は嬉しいもの。普段の感謝の想いを言葉にして贈ってみましょう。


金婚式祝い

感謝の想いを言葉にすること


日本語で感謝を伝えるのって難しいですよね。たとえば、面と向かって日頃から感謝をしている人に「いつも感謝しています」と会話で伝えても仲が良ければ良いほど、「ああそう」みたいは感じになってしまいそう。


「いつもありがとう」と伝えるのも、なにかしらの事柄に対して「ありがとう」と云われているようでピンとこないかもしれませんね。だからこそ言葉に一度置き換えてプレゼントするのが一番いいと思うのです。


ご年配者だからこそ、敢えての日本語でのメッセージがよいかもしれませんね。いくつか例文をまとめましたので参考にしていただけると幸いです。


いつも若々しくステキなお二人へ、私たちも見習いたいと思います。

お二人の道のりのあとを私たちもたどって いけたら、と願っております。

末ながくお元気でお暮らしください。

お互いにしっかりと支え合ってきた お二人に乾杯!

これからもお元気でお祝いを重ねてくださいね。

毎日が幸せいっぱい。いつまでも愛する人を 大切になさってください。

どうぞいつまでもご夫婦仲良くお元気で。


いかがでしたでしょうか。もちろん、上記の和文の前に「祝 金婚式 〇〇 & 〇〇」とタイトルとお名前も入れてくださいね。そして文面最後に、今年の日付と結婚記念日、お贈りされた方の名前(たとえば家族一同など)をお付けすることをお薦めします。やはり親族からのプレゼントは嬉しいものです。また家族一同という響きには孫やひ孫、まだ見ぬ子孫の陰さえも伺えれて嬉しいのではないでしょうか。


そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、無事金婚式を終えられたお二人が健やかに過ごされれ、米寿のお祝いをご家族で祝うときのお祝いを探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、あの時の金婚式の贈り物が一番うれしかったと喜ばれるようなプレゼントが が贈れますよう心よりお祈りしております。



金婚式祝い



金婚式祝い


友人の銀婚式祝いに贈りたいプレゼント

カテゴリー: ブログ

友人夫妻の銀婚式祝いに。


銀婚式祝い


銀婚式祝い

同世代だからこそ祝いたい


銀婚式といえば結婚25周年。家庭生活も安定し、仕事も楽しい時。地域社会にも根付いて人生においても充実した時期ではないでしょうか。そんな時代は仲間との交流も多く楽しい時期ですよね。


たとえば、子供を通しての学校行事での集まりでの打ち上げ。普段接したことのない職業の人同士が仕事に関係なく、他愛のないことで話をするうちに実は結婚時期が一緒であったり、出身高校が一緒であったり、偶然にも共通の趣味を持っていたり。


なにかしらの利害関係のなかで作られた仲間はそこに居ることさえしんどい時もありますが、なんの束縛もなく集まれる仲間は本当に心から自分を癒してくれる存在になるものです。


ましてや、同世代同士の繋がりは、育ってきた環境が似ており 一つの音楽を聴いても心に響くものが同様になるものです。たとえば、マイケルジャクソンの曲をきいたとしてもLPで聞いた世代と、CDで聞いた世代と、DLで聞いた世代とでは、曲の受け取り方が違うといったものでしょうか。


銀婚式祝い

友人としての付き合い方


最近では 深く付き合うのを敬遠する向きがあるようですが、実はその裏返しで広く浅く付き合うより、適度な距離を保ちつつ深くお付き合いすることが望まれているようです。


たとえば、少し前では一人暮らしが当たり前でしたが、今はシェアハウスのように個室をもつ一方で居住者との共有空間をもつカタチが流行りです。それは友人同士のお付き合いも同じことで、それぞれの家族の在り方を尊重しながらも、ほどよいお付き合いをするというのがベストのよう。


ほどよいお付き合いというのは難しいかもしれませんが、それはお互いのお祝いごとなどの時に「おめでとう」の一言だけでなく一歩踏み込んだお祝いをすることではないでしょうか。お互いの家族の息子さんやお嬢さんの結婚が決まったときに「おめでとう」の一言だけでなく、なにかしら気の利いたプレゼントを。また、お互いの銀婚式へのお祝いも25年に一度のことです。ちょっとしたプレゼントを差し上げるのもよいでしょうね。


銀婚式祝い

同じように生きてきたからこそ


同世代の友人というものは学校を卒業すると出会いにくいものです。ただ、子供のPTAや習い事、旅行などを通して知り合うチャンスはあります。ただ、その一歩踏み込んだ話までする仲になるには時間が必要だったりするもの。でも、そうやって時間をかけて知り合ったからこそそのお付き合いを大切にしたいものですね。


同世代だからこそ話し合える悩み事や相談事はたくさんあります。同じ悩み事を打ち明けても、同様の世代だからこそ悩みを深く理解してくれたりしてくれます。実は人生を振り返るとそんな話をできる人は意外に少なかったりするものなのです。


仮に高校や中学校の同窓会に出席したとしても、同様の世代を生きてきた全員と話しが合うということはありませんよね。よく似た家庭構成や趣味や職種が共通だからこそ意気投合するのです。大人になってからの友人はとかく表面的になりがちですが、一歩踏み込んだお付き合いの中にこそ真の友情は芽生えるのだと思うのです。


銀婚式祝い

友情の証に贈るお祝い


40歳から50歳に迎える銀婚式、結婚生活25年となると子供の結婚や出産・自宅のリフォームや新築・両親の介護や自分の病気などさまざまな側面の問題にあたることが多いでしょう。そういった時こそ同世代の友人との繋がりは有難く感じるものです。


「おめでとう」と言葉で伝えることは簡単ですが、その人だけのオリジナルプレゼントを用意すればきっともっと喜んでいただけるはずですよ。絆を大切にする人だからこそ贈りがいのある名入れのギフトなど、間違いなく喜んでいただけると思います。そんな名入れギフトに名入れるメッセージをいくつかまとめましたので参考にしていただければ幸いです。


Happy Silver Wedding Anniversary!(銀婚式おめでとうございます!)

Happy 25th Wedding Anniversary! (結婚25周年おめでとうございます!)

Congratulations on your 25th anniversary! (25周年記念、おめでとうございます!)

Have a Happy Silver Wedding. (幸せな銀婚式になりますように。)

Happy Silver Jubilee! (25周年記念日おめでとうございます!)


いかがでしたでしょうか。もちろん、例文はタイトルだけですので あとはご夫妻のお名前やご苗字を名入れればいいと思います。ただ、あまり長かったり説明的なものよりシンプルなものがお互いのほどよい関係を保つ上でよいかと思うので、どこまで名入れるかはご判断くださいね。


そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、仲良いご夫婦同士のお付き合いの中で無事の仕事のリタイヤを迎えられ、そのお祝いを探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、あの時の贈り物が縁で今も仲良くお付き合いできるねと話せるようなお祝いのプレゼント が贈れますよう心よりお祈りしております。



銀婚式祝い



銀婚式祝い


両親に贈る結婚記念日祝い。

カテゴリー: ブログ

息子・娘からいつも見守ってくれている両親へ。


結婚記念日祝い


結婚記念日祝い

家族の出発点である両親の結婚記念日に。


家族の始まりがご両親の結婚記念日であることを理解している人はどれほどいることでしょう。ご両親が揃って初めて家族の歴史が始まるわけですが、その両親の結婚記念日を家族皆なで祝うというご家庭は少ないのでは。


きっとご両親も最初は夫婦二人でお祝いしていた結婚記念日。でも、家族が増えるにつれ、子供達の誕生日やら学校行事などで忙しくなり、一度記念日のお祝いを飛ばしてしまうとついついそのままになってしまったご家族も多いのではないでしょうか。


それでも、子供たちが進学や就職でそれぞれ独立し、夫婦二人だけの家族に戻った場合、ご両親はご夫婦二人で結婚記念日のお祝いを復活させていることもあるのでは。たとえば息子・娘たちの結婚が決まったりすると昔を懐かしみ結婚記念日のお祝いを復活されるご夫婦も多いようです。


結婚記念日祝い

ご両親へのサプライズプレゼントに。


結婚記念日は、1年目の紙婚式に始まり75年目のプラチナ婚式まで徐々にその結びつきが強くなる願いを込めて命名されています。たとえば、結婚10年ならアルミ婚式・錫(すず)婚式と呼ばれたり、13年目はレース婚式「レースのようにさらに深く美しく織りなすように」などの意味をもつものもあります。


でも、一般的なのは、25年目の銀婚式と30年目の真珠婚式、あと50年目の金婚式や60年目のダイヤモンド婚式ではないでしょうか。時折り、35年目の珊瑚婚式や40年目のルビー婚式も目にすることがありますが、どちらかというと宝飾店での広告で目にすることが多いよう。


それでも、ご両親にすれば自分たち自身でお祝いしてきた結婚記念日なので、家族から祝ってもらう気がないにしろ、サプライズで子供達から自分たちの結婚記念日をお祝いされたら嬉しいはずです。


結婚記念日祝い

結婚記念日のお祝いに寄せて


両親の結婚記念日を祝おうと思っていたけど忘れていたという人も25年目の銀婚式、次は30年目の真珠婚式、もしくは35年目の珊瑚婚式にはお祝いしたいものですね。これらのお祝いをする年代は自分たち自身も独立したてや結婚したての年代となると思うのです。ご両親の背中をみてこれからも社会で頑張って行く気持ちをお祝いに寄せて伝えたいものですね。


また、50年目の金婚式や60年目のダイヤモンド婚式は自分たち自身も銀婚式や真珠婚式を迎えて、ご両親にすれば、親子といった2世代だけでなく、孫も含めた3世代でのお祝いになると思います。その際にも忘れずお祝いしたいものですね。そういったご両親を祝う姿をみて、自分たちの子供たちが自分たちを祝ってくれる日が来るのです。



結婚記念日祝い

ご両親に贈るメッセージ


結婚記念日のお祝いといえば、銀婚式ならシルバー製品を、真珠婚式ならパール製品をとつい考えてしまいますよね。もちろん、それでもよいのですがそれらは夫婦が互いに贈り合うためのお祝いといえるでしょう。


息子・娘からのお祝いとなるとそういった高価なものよりご両親に向けての「感謝の気持ち」を表すプレゼントがよいのではないでしょうか。もちろん、そこには両親たちが自分たちの理想の夫婦像であることや、いつまでも仲良し夫婦でいてほしい願いを込めての贈り物が望ましいでしょう。


そんな結婚記念日祝いにご両親に贈るメッセージをいくつかまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。


Congratulations on your 〇th anniversary.(〇周年おめでとう。)

We sincerely bless Dad’s and Mom’s love.(私たちは心からパパとママの愛を祝福します。)

Thank you for always supporting me!(いつもありがとう)

I present you the sincere love.(心からの愛を込めて)

〇th Anniversary Celebration.(〇周年目の結婚記念日おめでとう)


いかがでしたでしょうか。日本語にすると、照れくさいような「愛を込めて」や「祝福します」といった言葉も英文に置き換えるとすっきりして伝えやすくなりますよね。金婚式やダイヤモンド婚式といったご年配のご夫妻にも最近では英語でのプレゼントが多くなりました。ぜひ参考にしてみてくださいね。


そしてこの次にあなたが再びこのサイトを訪れてくださるときは、ご両親の結婚記念日祝いも無事終わり、ご両親の健康を願う長寿祝いを探しに再訪していただければ幸いです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、あの時の結婚記念日のプレゼントは本当にサプライズでビックリしたよと家族が集まるたびに話題になるような結婚記念日のプレゼント が贈れますよう心よりお祈りしております。



結婚記念日祝い



結婚記念日祝い


商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地