ガラス作家が作るフラワーベース

カテゴリー: ガラス雑記

暑い夏の終わりに ガラス作家のトラビスさんがお願いしていたフラワーべースを持って やってきてくれました。トラビスさんとの出逢いは2年程前になるでしょうか。サンドブラストというガラスの作業でいうところのコールドワークは15年以上続けていましたが、もっとガラスのことを知りたいと思い吹きガラスのようなホットワークに興味を持ち始め、ガラス作家さんの個展に足しげく通っていた頃でした。


ガラス作家さんの命はそのオリジナリティだと思います。ではそのオリジナリティはどこから生まれてくるかというとそのガラス作家さんの見たものや経験したこと、返せば生まれてきた環境や育った地域などがかなり影響してきます。そういった意味でコロラド生まれのトラビスさんのガラスは 今までみた日本のガラスと違うものを感じました。かといってそれが、アメリカっぽいという異文化を強調したものではなく、何かしら和と洋を融合したような感覚。


トラビスさんのフラワーベース


今回お持ちいただいたガラス作品の中でも左端の白いフラワーベースは陶器を思わせるような仕上がりになっていませんか?それでいて色合はとてもポップ。ガラス作品なのに、ガラスらしさにこだわらないその大らかさが私はとても気に入っています。和にも洋にも媚びない、そんなスタンスを私はトラビスさんのガラス作品から受け取ることができます。


トラビスさんの作品は本当に世界に一つしかないガラス作品です。私は趣味で華道を嗜むので ついついお願いしてフラワーベースばかりお作りいただいています。華道の世界では花器をオーダーメイドで作られる方やご自身で作るようになる方も多いのですよ。私自身が花を活けてみたいという花器を これからもトラビスさんにお作りいただいてまた、こうやって皆様にも少しでもガラスの世界を身近に感じていただけるようお伝えできることができれば幸いです。もちろん、身近に置いていただけば もっと幸いです。(販売中のトラビスさんのフラワーベースはこちら

グラスに彫刻するなら。

カテゴリー: ガラス雑記 , 未分類

美しくレリーフした模様をお皿やコップに彫刻したい!そんなことを思ったことはありませんか?私は明るく色付けされたものよりも 同系色で立体的な陰影のでる浮き彫りが好きです。洋服なども刺繍が入っているものが好きですし、白に白糸で美しく刺繍されたハンカチ等をみると今でも衝動買いしてしまいます。


その美しさの根本は光が生み出す陰影感やデコボコした手触り感にあります。例えばカラフルに絵付けされたお皿に盛られたメインディッシュよりも 真っ白のお皿の方が引き立ちます。ですが、フツーに真っ白いだけだとちょっと味気ない。お皿の形が少しいびつであったり、レリーフされていたりすると お料理もお皿も引き立ち 食事自体がワンランクアップするというものです。


きっとそんな食事スタイルがお好きな方は、自分自身でグラスやお皿に彫刻してみたいと思ったことがあるはず、当店でお買い求めのお客様の中にも「サンドブラスト教室に通っていた。」や「グラスリッツエンをしたことがある。」などグラス彫刻に関してコメントいただける方が数多くいらっしゃいます。


ですが、なかなか自分で納得の行くものはできないもの。手作り品は 習熟度によって明らかに出来上がりに違いがでますから。毎日のようにグラスに彫刻している私たちですら 1年目スタッフと10年目スタッフのグラス彫刻の仕上がりの違いは明らかです。また、趣味でグラス彫刻をするなら 納得の行くまで構成して作り上げたいもの。ですが、それを贈り物として 誰かにプレゼントしようと思うとプレゼントのタイミングを逃してしまい、結局既成のプレゼントを贈ることに。


グラスに彫刻するには 当店のようなサンドブラスト以外にも切子やグラヴィールのような技法もあります。極め続けると本当に限りがないのが工芸の世界です。ですが、もし贈り物で グラスにイラストや似顔絵などを彫刻したいと思ったら。当店のオリジナルを作ろうは きっとお役に立てると思いますよ。(オリジナルをつくろうはこちら→

グラス彫刻でオリジナルを作ろう
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地