おめでとうを形に。

遠く離れている友人にお祝いごとがあったら、「おめでとう」と伝えたいものですよね。最近では電話よりもメールやLINEといった相手の時間を選ばずメッセージを伝えれるツールがあるので、嬉しいお祝いを知ったその瞬間に「おめでとう!」の一言が伝えれるのは嬉しいもの。


例えば、同じ習い事をしているお友達のお嬢さんや息子さんの縁談が決まったや、同窓会で久しぶりに会った友人がママやパパになったなど、わざわざお祝いをするために駆けつけるほどの人ではなくとも、その吉報を知って自分の心がほんわか温かくなったことは、「おめでとう」の言葉と一緒に伝えたいものです。


おめでとうの贈り物


久しぶりに会う友人への贈り物や、習い事でいつも会う友人のお会いしたことのないご家族の方への贈り物は勇気がいるものです。「どうしていただいたのかしら?」や「お返しはどうしよう?」と逆に気を遣わすのではないかと贈り物をしたい気持ちがあっても行動に移すことにためらいを感じることもあるでしょう。


でも、そういった時は立場を逆に変えて考えてみてはいかがでしょう。自分の親と仲良くしてくださっているお友達からその家族のお祝いということでお歓びが届いたなら、戸惑いというよりもそれほど普段仲良く接してくださっていることを嬉しく、またそんな友人を持つ家族を誇りに思うことでしょう。そして学校卒業以来、何年も会っていなかった友人への贈り物は、会わなかった時間を越えて、お二人の友情の絆は深まるのではないでしょうか。もしかしたら その1つの贈り物がきっかけで、人生でかけがえのない深い友情の始まりになるかもしれませんよ。


贈り物をいただいて、気分を害する人はいないでしょう。もちろん、不相応なほど高価なものだったり、また心のこもっていない形式的な商品券などをいただくと戸惑うことはあるかもしれません。でも、人は人の中で生き、人同士の心のふれあいこそが人の心を豊かにしてくれます。なんだか、いろんなことに疎遠になっているなあと思ったら・・・思いがけずのサプライズギフトを誰かに贈ってみませんか。きっと自分自身が一番幸せな心になれるはずですよ。(気軽な贈り物なら かわいいガラスの小物入れを。)


夢見る心は永遠に。

実はこんな職業に就きたかったや、結婚したらこんな理想的な家族を作りたかった等、人は哀しいかな戻れない過ぎ去った過去のターニングポイントを思い返し愚痴ったりするものです。それでも今ある生活は、それなりに自ら選択してきたことの積み重ねですから まんざら居心地の悪いものでもなく・・・それでもお酒に勢いや友人の武勇伝を聞いたりすると心がざわついたりするのかもしれませんね。


特に結婚生活については、「こんな人と結婚するんじゃなかった。」「今まで離婚を考えたことは数知れず・・」等、「本当にこの人と一緒になって良かった。」や「死が二人を分かつまで添い遂げたい。」など、お酒の席でもそんな惚気(のろけ)話を耳にすることはめったにありません。


結婚生活が長くなると惚気たくとも 周囲への配慮や気恥ずかしさ、また要らぬ噂話しとならないよう言葉を選んで自分たちの結婚生活が平凡であることをアピールすることもあるでしょう。もちろん、そんな言葉を鵜呑みにする人などは居ないでしょうが、人の心は不思議なもので何かしらの拍子にそんな悪気ない言葉さえも信じてしまう時があるものです。


サプライズギフトのビールグラス


それを人は「魔が差した」などと表現しますが、お互いを思いやっていたとしてもマンネリ感があればそういった感情に陥りやすいのかもしれませんね。そんな時大切なのは 時々のサプライズギフト。もちろん あまりにサプライズすぎて「何かあったの?」と勘繰られてしまうかもしれませんが、そんな時こそ しっかりとお互いの心を確認し合うよいチャンス。普段は家でも職場でもお互いが傷つかない程度に軽口をたたいていたとしても、時として本音で語り合うことはとても大切なことです。


人は誰しも夢を見て育ってきましたが、年齢を重ねるとそんな夢を忘れたり 追い続けたり実現させていくことに疲れたり。それでも、時々にはそんな夢をもう一度口に出して語り合えば 結構簡単に実現することは多いかもしれませんよ。本当は惚気たいけど、気恥ずかしい。でも、二人だけの時は惚気ないと幸せがどんどん遠くに行ってしまうかもしれません。お酒の力を借りてでも 夢を語り明かす時間を作ってみてはいかがでしょう。(夢を語るのにとっておきのビールグラスはこちら


心に響くワイングラス。

良いワイングラスを手にされたことはあるでしょうか。きっと思ったより大ぶりでビックリされるかも。大きなものでは1000ml位はいるワイングラスもあります。そんな大きなワイングラスに注がれるワインはなんと120cc程度。720mlのワインボトルのワインをちょうど6杯に注ぎ分けるのもソムリエのお仕事。グラスごとにワインの量が違っていたなら、ワイン好きの方にとっては哀しい事件ですものね。


さて、120ml程度のワインにワインボトル1本も入りそうなワイングラスは必要なのでしょうか?実際に満杯までワインを注ぐとそんなワイングラスは脚が折れてしまうことでしょう。でも、300ml程度入るワイングラスとその2倍の量が入るワイングラスでワインを飲み比べてみてください。きっとその味の違いにビックリされますよ。


良いワイングラス


大きなグラスの割には、手にすると軽やか。なによりもバランスがいいことが大切。ボウル部分が大きいからといってやたらとステムが長いワイングラスは不格好です。ワインを注ぐことによってグラスに安定感が増し、低い位置で手にしても口元までワインを運びやすい高さ。そして何よりも大切なワインの香りをこの上もなく香しいものにしてくれるもの。


ワインの初心者ならばこそ、ぜひとも1つは手にしていただきたい。上級者の方はすでにリーデルやバカラ・ロブマイヤーなどのブランドワイングラスを手にされたことでしょう。でも、当店がお届けするのは純国産の日本人のガラス職人がガラスを吹き、日本人の有名なソムリエ 田崎真也さんが監修されたワイングラスなのです。日本人の心に響くワイングラスです。多くのブランドワイングラスよりたったい1つの価値あるワイングラスを。そのご期待に必ずお応えできるワイングラスです。(田崎真也さん監修のワイングラスはこちら

商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地