日々草

スマホに納められていた1枚の写真から サンドブラストしてみました。 サンドブラスト 写真の整理をしていたら かわいい愛犬マロンを発見!ここはマロンを作りたいところですが、ワンニャングラスはラインナップにあるし。で、日々草をモチーフに。花の愛らしさを表現したいなあと思ったものの、仕上がると花芯のイメージが違う。実際に花芯は小さいからデッサンとしては正解でしたが ガラスの段がつきすぎて、余計に小さくなってしまいました。サンドブラストはデザインしたものと、出来上がったものとでは 「彫る」行程でイメージが変わることがあります。同様のデザインでも うまく強弱がつければ 今ほど花芯のちいささが強調されることはなかったでしょう。でも、そこがブラストの面白いところであり、工夫できる部分でもあり。 今回は透明のガラスに段彫りしましたが、色つきガラスとなるとその違いは歴然です。最近は仕事量にも余裕ができたので 休日は久しぶりに商品ではなく 作品をつくってみようかなと。 サンドブラスト 今年は、今まで定番でお作りしていた母の日ギフトのアロマベースがメーカーの都合で廃番となりました。私としては、捨てがたいガラスだったのですが、素材がなければ作れないのがブラスト屋さんの悲しいところ。なので、もともとあるガラス素材をもとに よい「母の日ギフト」ができるよう・・・・ただいま 試行錯誤中です^_^;

終わってしまったけど。

カテゴリー: 日々のなかで
このシーズンになるとガラス工房の庭がにぎやかになってきます。春を告げる梅に始まり、桃・桜とピンク色の花々が目を楽しませてくれます。 桃の花 ご近所に咲いていた花桃をみて あまりのかわいらしさに庭に植えた桃の花。樹形が今一つ定まらず大きく伸ばし放題ですが^_^; それでも毎年かわいい花を咲かせてくれます。見頃はお雛祭りのある3月上旬から下旬まで。ちょうど梅と桜の橋渡しですね。 この時期 さとうガラス工房は一年に一度の超繁忙期。ブログをかくのも一か月ぶりになるほどのバタバタの日々。(そういえばメールマガジンも お休みが続きまして失礼しました。)オリジナルデザインは、1か月以上お待ちいただく慌ただしさ。そんな中も桃の花は変わらず香り豊かに咲き続けました。 桃の花遠目に写っている桜を見上げると その花が咲きほころぶ頃はだいぶん 気持ちに余裕もでてきます。見下げて眺める梅を見ると 忙しさの始まりを思い身が引き締まります。等身大の桃の花は 知らぬ間に咲き始め、知らぬ間に散り始めます。花にとっては誰かに見られることよりも、自分自身のために咲いているのだから 当たり前のことなのだろうけど、時々目にする桃は、梅よりも桜よりも艶やかです。 人知れず頑張る人たちがいます。その人たちは一言で「自分のために頑張っている。」と軽く言いのけますが、その人たちを影で支えるサポーターの存在を忘れることはないでしょう。だからこそ、頑張れるのです。本当に自分ひとりだけで頑張っていると思っている人。よくよく周りを見渡してみてくださいね。きっと、自分でも気づかないうちに 誰かがあなたを支えているはずですよ。 さあ、忙しさもあと少し、4月からは通常ペースで更新しますので、引き続きよろしくお願いします(^^)v
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地