師との出会い。

今まで15年間、サンドブラストだけをしてきましたが、今夏からはもう一度ガラスを勉強し直し中。そのきっかけとなったのが、サンドブラストガラス工芸の創始者でもある竹内洪先生との出会いでした。 ガラススタジオ 竹内先生は、ガラス界ではゴールドメダリストと呼ばれ、カンヌ国際芸術大賞を始め、英国Middles brought美術館大賞、WGドイツガラス展招待出品など輝かしい受賞歴のほかにも年賀絵はがきの原画も描かれるなどガラス工芸の枠を越えて活躍されていらっしゃる方です。じかに作品を拝見させていただきましたが、最初は本当にサンドブラストで作ってるの?と、思ってしまうほどの作品の緻密さ。私もいろんなガラス作品をみて 大体はその作り方が想像できるのですが 先生の作品はどれも心奪われるものばかりでした。 ガラススタジオ ずっとサンドブラストをやりながら、サンドブラストの技法はアートとは縁遠く、どちらかといえばコールド技法の中でも地味な存在と思い込んでいた私は、なんて愚かだったのだろうと即、竹内先生の門下に入門。私はサンドブラストの勉強自体は独学でやっていたのですがブラストの圧力は1.5~2で作業。それを先生の下では一気に倍の圧力の4から練習。当たり前ですが、同じブラストでもまったく手法が異なり、15年間やってきたことなど先生の前では白紙同然です(^_^.) 本当に先生とお会いするたびにガラスへの世界が広がり、扉がどんどん開かれていく感覚を得て、なんだかとっても幸せで充実したキモチになれるのです。もちろん、日々のガラス職人としてのサンドブラストをすることも私にとっては大切な時間ですが、エミール・ガレの時代に1~2層であった被せガラスを12層まで複層された先生のもと、自分でも被せガラスを作り、ふだんは1段しか彫らないものを2~30段と重ねれるようになれれば楽しいなあと(先生の作品は100段を超えるものばかりですが) こういった師との修行を続けることで 私自身もよりよいガラスをみなさまのお手元にお届けすることができると確信しています。工芸の世界はひらすら丁寧に日々の仕事を続けること。それでも、なにかしらの技術の向上を目指した修行は必要です。それを目指すうえで竹内先生との出会いは感動的でした。よりよいガラスを作るために今日も頑張ります(^^)v
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地