個性について。

顔や性格が人それぞれ違い、この世の中にウリふたつの人は存在しません。尊敬したり大好きな人を真似たところで、自ずと違いが生じます。それが個性というもの。伝統芸能、お能や歌舞伎は先代の技を模倣し継承することにありますが、それでも同じ芸風にはなりません。その差こそが個性。 ワイングラス 手吹きのワイングラスを手にすると同じカタチで同じ厚みで 同様に作られているはずなのに なにかしら違った感触を受けます。機械づくりのワイングラスはそのような感触はなく均一感がウリになります。どちらのグラスが好きかと問われれば それこそ人それぞれ。その微妙な違いのグラス感を気に入る人もいるでしょうし、まったくの同じ感を重視する人もいるでしょう。 私はその微妙な違い感が大好きです。トマトでも産地違いの食べ比べや蒲萄でも品種違いを選んで「自分ならどっちが好きかなあ」なんて思いながら食べるのが好きです。お陰様で先日の朝食では同様に焼きあがった目玉焼きに対して、長女は「ちょうどいい」といい、次女は「固すぎる」といい(涙 ワイングラスを取り替えてのワインテイスティングも大好きです。ワインを2本開けるよりワイングラス2個の方が経済的ですし。赤ワイン、白ワインの差は男女の差のようにはっきりわかり、同じワインをワイングラス違いで言葉で表すのは難しいように思うかもしれません。ですが一度試されるとどれほどその違いが大きいか分かることでしょう。 一番分かりやすいのは ワイングラスの背丈を変えること。短いものと背丈の高いもので飲み比べると味の違いが分かりやすいです。それはワインを飲むときの顔の角度によりワインが舌のどの辺りを流れるかで酸味や甘味の違いがでてくるからです。ワインの作り手は「この蒲萄なら酸味を効かせたワインが美味しいなあ」や「今年の気候の蒲萄なら甘味が強いほうが美味しいだろう」などと今までの経験からワインを作るのですが、その生産者の思いをしっかり汲み取って飲む方がワインは美味しいに決まっているからです。 リーデルのワイングラスなどはワインの品種ごとにワイングラスを作られてますよね。でも、ここで負けず嫌いに私の個性は、いくらワインがフランスだからといはいえ、ワイングラスは国産のものがいいよね!やっぱり日本の職人技のワイングラスは最高!と、思い それがこのワイングラスを販売している理由なのです(ジャパングラス
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地