使う姿を想像する。

カテゴリー: ガラス雑記 , 日々のなかで
パート・ド・ヴェールは フランス語で「ガラスの練り粉」という意味。型を作り、その中に砕いた色ガラスに糊を混ぜたものを敷き詰めて焼く、ガラスの鋳造技法です。吹きガラスは時間との勝負のような作業で、ガラスが冷めたら カタチを変えるためにまたガラスを温めなくてはならないので 忙しく作り上げますが、パート・ド・ヴェールはその点、ゆっくりと作業が進められます。 パート・ド・ヴェール 昔から基本をとばす悪い癖があり、作りたいものを紙に書いてから粘土を練り上げればいいのですが、ついつい疎かにしていまいます。(^^ゞ最初に作りたかったのはカメレオンでしたが、それは早々に諦めて、お刺身用のお皿を作ることにしました。(カメレオンは下からLEDライトで七色に照らすなど出来上がり図だけは完璧に頭にあったのですが、技術が及びませんでした。) それでも心意気は、「鳴門鯛を最高に美味しく見せる皿」です。出来上がりまでは先の遠い作業となるでしょうが、それでもそのお皿で自分が鳴門鯛を食べるところを想像するとワクワクします。私はモノづくりの楽しさは、それを使う姿を想像することにあると思います。どんなものができるかなあと思う楽しさや、使った時の幸せ感。そんなことを考えると時間が経つのがとても早く感じます。 良いお皿は「鳴門鯛」だけのためのお皿ではなく、お料理そのものを美味しく見せるお皿がよいお皿だと思います。お刺身というカテゴリーで限定したとしても ハマチのお刺身やイカのお刺身、マグロのお刺身 そしてそれらの盛り合わせさえも美味しく見せるお皿がプロが作るお皿でしょう。 それでも、個人的に1枚だけ作るとなると私は「鳴門鯛」にまで限定してしまいたくなるのですよね。鯛全般に似合うお皿でもいいのですが、やはりここは「鳴門」(←渦潮が有名)にまでこだわってみたいなあと。鳴門にも鯛にも縁がない人には 「一体これは?」と思うお皿になるでしょうが、少しでも縁がある人にはそこから話に花が咲くというものではないでしょうか。 私たちはサンドブラストのプロです。私が作ろうとしているパート・ド・ヴェールのお皿は、実際に「鳴門鯛」が上手に表現できるかどうか分かりませんが、サンドブラストならきっと上手く表現できると思います。そこがプロとアマチュアの差だと考えています。 記念品は カタチとして残るものです。もちろん、その人を想いつくられた記念品に勝るものはありません。でも、カタチとして美しく表現されたものを贈りたい、残したい、と思うならぜひご相談くださいませ。お使いいただける姿を想像しながら 美しくガラスに絵や文字を表現させていただきます。
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地