ガラス工芸の魅力

カテゴリー: 日々のなかで
ガラスの工芸を始める理由の一つに「どうやってそれを作るのだろう?」という疑問から始めた人が多いような気がします。統計をとったわけでもないけど、私自身もそれを不思議に思い始めた想いもあるので、他の多くの人もそう思うことはよくあるのではないかと。 当店のサンドブラストという技法は砂を吹きかけて、ガラスを削ります。エッチングとい技法はガラスに薬品をつけて削る手法なのですが、出来上がりの違いは慣れた人ならすぐにわかりますが、初めてみればどちらも細工をしたガラスです。料理でいうところの炭火で焼くか、ガスで焼くか、食べ慣れたり料理人なら初見で分かる違いも「焼く」という点では同じですから、説明がなければ分からないほど酷似していることもあるかと思います。素材の違いで炭火の方が美味しかったり、ガスが美味しかったりするので どちらが良いか、どちらが難しいかなどは人それぞれでもあり、料理人の腕次第というのが正直な所でしょう。 ただ、いつも炭火で焼いている料理人が初めてガスで焼いた料理を食べたなら、どうやって焼いたか疑問に思うはずです。ガスなのか、薪なのか、それとも電子レンジ(笑 自分でも一度は試してみたくなるのが心情ではないでしょうか。また、その好奇心こそが料理人の向上心の心意気というものでしょう。 ガラス工芸も同じで 工芸展などでみるガラスは「どうやってこれを作ったのだろう?」と首をかしげたくなるものが多々でてきます。吹いて作ったのか、石膏で固めてつくったのか、自分でもその色合いとかを再現したくて作りたくなるのですよね。それでも、「餅は餅屋」で、サンドブラストでの技法はしっかりと抑えつつ、それでもいろんな技法を身につけていきたいなあと秋の夜長に思ったりするわけです(^^ゞ 何事も勉強!勉強!
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地