箱根。

カテゴリー: ガラス雑記

新春を彩る風物詩。箱根駅伝が1月2日にありました。
昨秋に、箱根ガラスの森美術館に行った時に 箱根の町のステキさにどっぷりはまり、ぜひとももう一度訪れてみたいと思っているのが箱根の町です。


箱根をバスや電車で移動した際のあのアップダウンの多さ。こんなに坂が大変なら あの有名な箱根駅伝もさぞや大変な走りなのだろうなあと思い、今まで箱根駅伝に興味はなかったのですが、今年のお正月は学生さんたちを応援しようと。


ですが、箱根駅伝は関東大学マラソン選手権。必然的に関西方面の大学は出場していません。馴染みの少ない大学名に想い入れが続かず、観戦早々30分ぐらいでチャンネルを変えてしまいました。やはり、好きなものや興味あるものは時間を忘れて見入りますが、駅伝はマラソンと違い観戦の仕方がよくわからないこともあって、早々に挫折(笑)それでも久しぶりにみた箱根という響きは 箱根にあった多くの美術館を思い出させてくれました。



もともと美術とは関係のない私でしたが、この仕事を始めてから多くの美術館を巡るようになりました。基本的にガラス系の美術館を選んで足を運ぶのですが 長野にあった安曇野アートヒルズミュージアムのエミールガレの収蔵作品や諏訪湖近くの北澤美術館のガラスはどれもステキでした。箱根のガラスの森美術館などはガラスの歴史をさかのぼるようなガラスの展示の仕方をしているので、美術館というより博物館のような感じがしますが、ガレやドーム兄弟に特化した収集物のあるガラス美術館は、クラッシック音楽の作曲家に会うためにコンサートに行くような心持ちと似ている気がします。


私はランプでいうとティファーニーよりもガレの人間臭い感じが好きですが、花や鳥など自然と題材とした作品はヨーロッパでは人気であってもアメリカではあまり人気が無いそうです。アメリカではガラスをクラフト(お皿や鉢などの食器)という感覚で見ることがあり、ヨーロッパのような教会にあるステンドグラスに代表される美術工芸品としての価値に重きを置いていないからかもしれませんね。


日本は茶の湯や生け花のように 昔から工芸品に対する人気は高かった国です。薩摩切子に代表される繊細なカット技術などは日本人の器用さと色彩感覚は絶品です。ですから、サンドブラストを施したガラスも実際に普段使いするガラスよりランプのようなものが好まれるのかもしれませんね。


“Ma Racine est au Fond des Bois”(我が根源は森の奥にあり)
ガレの工房の扉に刻まれていた言葉です。やはり、ガラスと自然は相性がいいのでしょうね。


クリスマスプレゼント

今年も終わりつつありますね。
終わりつつあるこのクリスマスの近づいた年の瀬に イタリアから終了証が送られてきました。
終了証
そうです。今年の9月から10月にかけて 私はイタリアにガラス工芸を学びに行ってました。
通常 ガラス教室に通うと1年~2年かかるカリキュラムを1か月の間にびっしりと凝縮して学ぶというもの。


その最終課題提出がなかなかできなかったので、終了証到着も遅かったのですが なんとか無事にこれでやり残したことなく新年を迎えれそうです。そもそも、なぜイタリアに行ったかというのもたった3か月前なのに忘れてしまいそうなくらい遠い出来事のようになっているのですがそれでも、こうやってカタチに残ると記憶が鮮明に蘇ってきます。

イタリアでは、フュージングを履修してきました。同じ徳島ガラススタジオに通っていた方が学校事務局に在籍していらして なにかと便宜を図っていただき 良い先生にも恵まれて多くのフュージング作品を作ることができました。ただ、私の場合、フュージングして終わりではなく そこからサンドブラスト加工をする必要があるので なかなか仕上がらないのが欠点ですが。

ガラスは手をかけるほど 良い作品になると思っています。そこでサンドブラストの素材として吹きガラス以外の何かはないかと考えてたどり着いたところにフュージングがありました。実際に工房で フュージングを作るには 電気炉が必要なので 設営から始めなければならないのですが、それでも 今年は今後に向けての大きな楽しみを見つけれたよい年でした。

夏に開催させていただいたサンドブラスト先輩諸氏と合同作品展では サンドブラストを作るうえでの一番基礎となるデザインの構成を色々と学ばせていただきました。そのことも本当にいい勉強になりました。日々の作業に追われ、なかなかオリジナルのサンドブラスト作品を作るのは難しいのですが、来年はしっかり時間をとって よりよい作品が作れるよう 調整していきたいと・・・・この証書とエスプレッソを飲む度に思い返そうと思う次第です。

まずは、一枝手折って。

カテゴリー: ガラス雑記

先週末はガラススタジオの日でした。
私は凝りもせず、ピンブローという技法でお皿を作っています。まだ納得できるほど、上手に制作できませんが。技法的にはそう難しいものではなく、通常ガラスを膨らますのに 「吹きガラス」や「宙吹き」というように、吹き竿に空気を吹き込んだり、空間で揺らして空気を竿元から入れ ガラスを広げます。ピンブローというのは ガラス玉にピンで穴をあけ、そこに自作の濡らした新聞紙を巻いた棒を押し当て、ガラスにその新聞紙の水蒸気でガラスを膨らますというもの。

この技法の私が好きなところは ガラスのお皿、足元部分からお皿の縁部分にかけてが、とてもなめらかなところです。私は、陶器のお茶碗でいうところの高台(こうだい)が苦手なのです。食器を購入するときも高台気にします。この高台がざらついていると食卓を傷つけかねませんから。まだ、底刷りが終わっていないのですが 私がピンブローで作ったお皿です。底からガラス縁へのラインの滑らかさがまだ十分ではないのですが、それでも、円錐的にガラス縁に向かって広がっていることが分かっていただけると、とてもうれしいです。


さて、このピンブローのお皿、 使い道は一つ。サンドブラストを彫るためです。ずっと スズランを彫りたいなあと思っていたのですが、一年とは早いものでスズランの花の季節ではなくなってしまいました。やはり季節ものでないと創作意欲は沸き立ちません。いくらコーヒー好きでも、冬にアイスコーヒーは好まないと同じことですね。

今、考えている候補は お正月が近いということで 千両をモチーフに考えています。庭の白塀際に3メートルほどにわたって千両を植えているのですが、ツゲに圧され気味で元気を無くしていました。ツゲはトピアリーにできるほど丈夫な低木樹。そこでこの秋にバッサリと3つのツゲを切り倒し、千両の根元にも陽が当たるように整地。庭地に余裕ができた分、白塀にオレンジ色に色づいた千両はとても愛らしく 日々の庭を楽しませてくれます。



ただ、この千両の枝と葉の重なり具合が上手に表現できるか不安なのですが、しっかりデッサンしてよいものに仕上げたいなあと。まずは一枝手折って、楽しみたいと思っています。


 


 


商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地