ガラスの猫

カテゴリー: ガラス雑記 , 日々のなかで

今や空前の猫ブーム!?

そんな理由からではありませんが 我が家のガラス猫をお披露目!!

ガラスの猫


このピンクのガラス猫は 昨秋イタリアに行った際、ガラスの島 ムラーノ島で買い求めたものです。あまりに我が家の猫と佇まいが似ていたのでサンタルチア駅の売店で見かけた時には絶対に買って帰ろうと。でも、ガラスの島 ムラーノ島に渡ったら この猫のシリーズがいっぱい。色はピンクがほとんどでしたが、大きさはバラバラ。たぶん猫好きなガラス作家の作品なのでしょうね。そして、たくさんのガラス猫の中から胴体と頭のバランスがうちの猫に似ていて、顔もなんとなく似ているこの猫を連れて帰ってきました。


せっかくなので もったいぶらず 我が家の白猫うーにゃんもお披露目しますね。
4歳の雄猫です。娘がこの冬まで育てていて その後を引き継いで育てています。ほんと、やんちゃで食いしん坊な猫です。

猫のうーにゃん


でもね。せっかくガラスを扱っているのだから、イタリアのガラス作家さんが作った猫にまかせずに、うーにゃんとよく似たガラスの猫を自分で作ろうと。桃の節句のシーズンにはガラスのお雛様、クリスマスの頃はガラスの雪だるまなど、丸みを帯びてぽっちゃりした形のガラスは吹きガラスの得意分野。

ガラスは吹く人間のクセや習熟度によって出来上がりが変わってきます。それでもイタリアのガラス職人よりうーにゃんに対する愛情は私の方が強い!いつか、おすまし顔のガラスのうーにゃんを作りたいなあと密かに計画中。


そして 実は猫のイラスト彫刻が多い当店のサイト。このガラスケースの猫たちもなかなかの人気ぶりです。(ガラスケースのキャッツ柄はこちら→)猫派のお友達への誕生日プレゼントや猫を育てているお友達のホワイトデープレゼントにどうぞ。

ワインへの絵付け

カテゴリー: ガラス雑記 , ブログ

自分が生まれた年や子供・孫の生まれた年、節目の年のワインに名入れしてプレゼントしたい!とお考えの方は多いのではないでしょうか。少し前は酒税法の関係で簡単にお酒の販売ができませんでした。(近くに酒屋さんがあるとお酒の販売ができない等)今は、酒類販売免許の取得もしやすくなり、グラスへの名入れ相性もいいので ワインボトルや日本酒の瓶に名入れを施すワイン屋さんやガラス屋さんも増えてきました。


最近ではテーブルワインではなくヴィンテージワインに、サンドブラストしたうえスワロフスキーの装飾を施したりと至れり尽くせりのワインへの名入れもあります。大切な人に名入れしたギフトを贈ることは私は素敵な事と信じているので、ワインであろうが日本酒・焼酎の瓶であっても サンドブラストされた名入れギフトが世の中に広まることはいいことです。


でも、私自身はサンドブラストといったコールドワーク以外に吹きガラスやフュージングなどのホットワークをしたいと思っているのでワインや日本酒の瓶への名入れや色を付けた加工は他店でご購入を!と、お願いしています。着色となると簡単にラッカー等で色付けすることはできますが、ガラスの場合はエナメル絵付けが基本になります。そうなるとワインに着色した後で電気炉に入れるから、アルコールが瓶に入っていると絵付けはできません。もちろん、ラッカー等の着色が悪いわけではありません。個人的に好きじゃないというだけのことです。


ワインボトルへの彫刻もサンドブラストをすれば できあがったワインボトルを水で洗います。それでワインそのものの品質が変わることはあまりないでしょうが、絶対ないとは言い切れません。通常 ワインは夏場であれば冷蔵で送られるほど温度管理の難しい飲み物です。そのためにワインセラーがあるくらいなのですから。


そして何よりワインは贈られたら飾っておかずに飲んでいただきたいとワイン好きの私は思うのです。ベースが主婦なので空瓶をインテリアとして部屋に飾るのもステキなことだと思います。でもね、空瓶を部屋に飾るのも好みじゃないし、ワインセラーにせっかくの贈り物を置くのも好みじゃないし・・・ということで、ワインへの名入れは他店にてお願いします^^;


エナメル絵付け 自分で宙ぶきしたお皿にエナメル絵付けしました。
このあと、570度で焼成して2時間焼成、575度で10分焼成、その後徐冷して再びお皿をブラストします。

今年初の吹き場。

カテゴリー: ガラス雑記 , 未分類

今期はガラススタジオに週2回入ってのガラス作りです。先週の金曜日は久しぶりのガラスの吹き場。昨年の18日以来なので 約1か月ぶりでしょうか。いつも作っているガラスは吹き竿(中が空洞のストローのようなもの)ではなく、穴の開いていないポンテ竿 もしくは種取り竿のようなもので作業を進めるのですが、誤って早々に吹き竿にガラスを巻いてしまいました。ドロドロに溶けたガラスを見ると「早く何か作りたい!」と気持ちが早まってしまったのでしょうね。
ガラス炉


気持ちが早まると 大体は失敗に終わるというのが世の常ではないでしょうか。ついつい急ぐと意に沿わないモノを買ったり作ったりするものです。私はお腹が空き過ぎてからご飯を食べると ついついたくさん食べて後から後悔します。案の定、誤って吹き竿で作り始めたガラスは途中で挫折。ポンテ竿に戻して再チャレンジとなりました。


何事も最初の段取りが大切なのは モノを作るのも、プレゼントを贈るのも同じこと。事前に相手が何が好みか 何を欲しがっているかをリサーチすることが大切です。そして、そのリサーチ結果が 相手の想いとドンピシャなら素晴らしい結果となることでしょう。ですが、往々にしてそうは行かないのも世の常です。例えば、彼女が「赤い口紅」を欲しがっていたとする。もしかしたら、テレビドラマの女優さんを見て そう呟いただけかもしれないし、翌日のパーティ用かもしれない。で、実際に「赤い口紅」を百貨店に買いに行ったとする。ブランドは何がいいか、口紅のホルダーの色は何がいいか、一言で赤といっても千差万別。そして、香りも値段も様々。そんな中から彼女にぴったりの1つを見つけたとしたら・・もう、それは運命の出会いでしょうね。


きっと彼女はどんな赤い口紅をもらったとしても喜ぶはずです。「うわ~キレイ。私にぴったり、ありがとう。」プレゼントとはそうゆうものであるのです。でも、それをずっと使い続けてくれるかは別の問題なのです。ならば、プレゼントも相手に合わせるだけでなく、「あなたらしさ」を強調してみてはいかがでしょうか。あなたらしさとは、プレゼントする相手を大切にする気持ちがあるということ。相手の欲しいモノばかり気を取られて、結局は無難な贈り物や不要なものになっていませんか?それよりも じっくりと大切な相手に伝えたいあなたのメッセージを考えて。きっとそこに答えがあるはずですよ。


商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地