まだまだ若いものの世話には・・・

2016年(平成28年)に喜寿を迎える人は、1940年(昭和15年)生まれ、満年齢だと1939年(昭和14年)生まれになります。ちょうど第二次世界大戦が始まった頃。(第二次世界大戦 1939年9月1日~1945年9月2日)そんな難局のなか幼少時代を過ごした喜寿世代。その大変さは想像すら難しいものがありますよね。


いつも元気で 負けず嫌い。そんなイメージが77歳にあるのは 生まれた時代背景にあるのかもしれません。健康だったので、60歳の還暦祝いもせず、70歳の古希のお祝いだって「まだまだ老け込んでないのに、長寿のお祝いなんて」と遠慮してお祝いしなかった人も多いのではないでしょうか。喜寿世代の芸能人といえば、王貞治さん(1940年5月20日生)や 現役大臣の麻生太郎さん(1940年9月20日生)音楽評論家の湯川れい子さん(1939年1月22日生)女優の中村珠緒さん(1939年7月12日生)等々、みなさん お若い!!「長寿のお祝いです」なんて贈り物を渡すと叱られてしまいそうです。


喜寿は「喜」という字の草書体が七を3つ重ねた形で七十七と読めることで名付けられました。江戸時代の国学者大国隆正氏は「ななそぢに七つあまれる喜びは/あらたなる御世にあへるなりけり」と読み、今も喜寿を迎えられた人の中には「喜の年」や「ラッキーセブンの年」と位置付ける人もいます。長寿のお祝いにとどまらないというところが、喜寿世代らしいですね。


とはいえ、足腰が弱ってきたり、生活に対する不安も心配になる年代。ちょうど、孫の結婚式やひ孫の顔が見られるかどうかという年齢に差し掛かり、あともう少し元気に暮らして後の世代を見守りたいと思う気持ちも強いのではないでしょうか。喜寿を祝う子供世代も子育てが一段落して、親の介護までまだ少し時間が欲しいと願う年齢。そんな気持ちを素直に贈り物に託してはいかがでしょう。


「ひ孫の顔を見るまで元気でいてね。」ガラスに刻まれた文字を見るたび、「まだまだ若いものの世話には・・・」と奮い立ってくれれば贈った子供世代も嬉しいというものです。(喜寿祝いのお祝い品はこちら→)


喜寿祝いのガラス盾

退職されても続く絆。

職場を離れることは、なにかと不安がつきまとうもの。退職することで 社会とのつながりも疎遠になってしまう、そんな錯覚に陥ることもあるでしょう。ですが、実際には 在職中に築き上げた人間関係やその功績は残るものです。また、その繋がりやキャリアが後々まで本人を支える礎となったりします。引き続き、よりよいご縁を続けるために必要なもの。それは別れ際のより良い関係ではないでしょうか。


どれほど素晴らしい功績があったとしても、日常のコミュニケーションが円滑に行われていなければ 仕事は頼み辛いものですよね。私たちのガラス作りも一人で行っている訳ではなく、チームで作業しています。自分のミスをフォローしてもらう時もあるし 誰かのフォローに入る時もあります。そのフォローの出入りがスムーズに行われている時は仕事が偏らず、ある意味で一つの物事を全員で見守る良い体制になっていると思っています。


そんなチームで作る仕事だからこそ、繁忙期の「猫の手も借りたくなる」頃には、以前に働いてくれていた経験者を呼び戻したくなるものです。ただ、そうはしたいものの全員が寿退社なわけではなく、離職時につれなく別れることもあります。そうゆう時は 本当に寂しくも思い、結婚と就職は似ているなあと思ったりするのですが(笑


さて、そんな退職後の関係ですが 私も実際 塾講師をしていた時 独立時には先輩塾講師から教材の入手方法や最新の入試情報などを教えてもらっていたものです。今のようにインターネットが手軽ではなかったので、何事も人伝の紹介が一番信用のおける情報源でした。逆に、先輩講師が 出産でお休みをされる場合等は ピンチヒッターで教壇に立ったものです。


退職間際まで相互がよい関係を築けているとご縁は自然と続くというものです。退職時には記念品など贈呈される会社が多い理由はそんな所以にあるかもしれませんね。
どんな素晴らしい役職や肩書きがあったとしても、退職後に縁が切れるのは寂しいものです。また、「以前の会社の名前なんか忘れちゃったよ。」という発言も自分のキャリアを否定するようで、もったいないことです。お互いの絆が退職後も切れないように、会社名や功績を刻んだ記念品はいかがでしょう。お薦めはもちろんガラス盾ですよ。(くわしくはこちら→


ガラスのマウスパッド
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地