夢見る心は永遠に。

実はこんな職業に就きたかったや、結婚したらこんな理想的な家族を作りたかった等、人は哀しいかな戻れない過ぎ去った過去のターニングポイントを思い返し愚痴ったりするものです。それでも今ある生活は、それなりに自ら選択してきたことの積み重ねですから まんざら居心地の悪いものでもなく・・・それでもお酒に勢いや友人の武勇伝を聞いたりすると心がざわついたりするのかもしれませんね。


特に結婚生活については、「こんな人と結婚するんじゃなかった。」「今まで離婚を考えたことは数知れず・・」等、「本当にこの人と一緒になって良かった。」や「死が二人を分かつまで添い遂げたい。」など、お酒の席でもそんな惚気(のろけ)話を耳にすることはめったにありません。


結婚生活が長くなると惚気たくとも 周囲への配慮や気恥ずかしさ、また要らぬ噂話しとならないよう言葉を選んで自分たちの結婚生活が平凡であることをアピールすることもあるでしょう。もちろん、そんな言葉を鵜呑みにする人などは居ないでしょうが、人の心は不思議なもので何かしらの拍子にそんな悪気ない言葉さえも信じてしまう時があるものです。


サプライズギフトのビールグラス


それを人は「魔が差した」などと表現しますが、お互いを思いやっていたとしてもマンネリ感があればそういった感情に陥りやすいのかもしれませんね。そんな時大切なのは 時々のサプライズギフト。もちろん あまりにサプライズすぎて「何かあったの?」と勘繰られてしまうかもしれませんが、そんな時こそ しっかりとお互いの心を確認し合うよいチャンス。普段は家でも職場でもお互いが傷つかない程度に軽口をたたいていたとしても、時として本音で語り合うことはとても大切なことです。


人は誰しも夢を見て育ってきましたが、年齢を重ねるとそんな夢を忘れたり 追い続けたり実現させていくことに疲れたり。それでも、時々にはそんな夢をもう一度口に出して語り合えば 結構簡単に実現することは多いかもしれませんよ。本当は惚気たいけど、気恥ずかしい。でも、二人だけの時は惚気ないと幸せがどんどん遠くに行ってしまうかもしれません。お酒の力を借りてでも 夢を語り明かす時間を作ってみてはいかがでしょう。(夢を語るのにとっておきのビールグラスはこちら


長年連れ添ったご夫婦にこそ名入れグラス。

金婚式は50年、ダイヤモンド式なら60年・・・長く連れ添うご夫婦には二人だけの空気感があり、なんとも微笑ましいものです。どちらか一人の連れ添いが席を外している時はお互い言いたい放題だけど、一緒にいれば どちらからともなくお互いを労わる姿は本当にステキ。


結婚生活とは妙なもので、仲がいいからといって円満なわけでもなく 二人でケンカ腰のような会話をしていて周囲の人間が冷や冷やしても 実際の二人にはちょうどいいテンポだったり、ほとんど会話もなく 一緒にお出かけすることもないのに何故かしら いざというときには息があっていたり。夫婦の風景は、ご夫婦ごとに様々。


金婚式のお祝いの名入れグラス


でも、どんな夫婦の姿であれ、その家庭に育った子供はその夫婦の姿が基準となるでしょう。自分たちは結婚してもあんな夫婦にならないと反面教師のように思うこともあるでしょうし、あれこそ理想の夫婦と想い憧れることも。離婚されたご家庭に育った人にとっても自分が結婚する時には何かしら両親の姿には思いを馳せるもの。


それでも縁あって、まったく違った環境で育った二人が50年・60年と共に過ごすことはまるで人生の奇跡のよう。そうありたいと願ってもなかなか実現できることではできません。そんな二人と共に過ごしたことある子供や孫から、「さすが、人生の匠!!」なんてリスペクトされたなら、いままで何気なく当たり前のように過ごしてきたお二人も「もしかして、スゴイことを続けてる!?」なんて思うかも。平均寿命も80歳を越えるようになってきた昨今。きっと指折り数えれば 金婚式やダイヤモンド婚式のご夫婦も多いはず。まずはご家族が盛り立てて。ほんとにスゴイことなんですから。(金婚式やダイヤモンド婚式に人気の名入れペアグラスはこちら

ガラスに刻む文字への想い。

カテゴリー: フォトフレーム , 長寿祝い

真っ白な紙に墨で文字を書く時と同じように、ガラスに文字を彫る時はとても緊張します。書道も同じでしょうが、墨を最初に落とす時が一番緊張して、半ばごろは少しリラックスできて、最後の方はミスしないよう慎重になる。条幅の半紙にお習字したのは小学校の時だけでしたが、あの緊張感はいまでも忘れられません。


それと同じぐらい1枚のガラス、1つのグラスを彫る時も最初の吹き付けが一番緊張します。半ばごろは少し気が緩み 最後は無事完成するよう慎重になる。ガラスに砂を吹き付けるわけですから 強く吹き付けすぎると文字が飛んでしまいます。英語のeの中や画数の多い漢字など 直線で囲まれた文字より 曲線で囲まれた部分が難しく、その線で囲まれた部分を白くブラストしてしまうと 最初からの作り直しになります。


でも、この緊張感があってこそ、丁寧に真摯にガラスと向き合う時間が生まれます。誰かが大切な想いを伝えるために考えられた文字を丁寧に彫る。その文字数が多いや少ないなど関係なく、誰かの想いが込められたメッセージがそこにはあるから それを伝えたいという願いにも近い想いがわたしたち作り手にも生まれます。


長寿祝いのフォトフレーム


よく心が体を動かす、体が心を動かすというように 心と体は一体ですが 体は目にみえるのに対し、心は目に見えません。体の痛みは血が流れたり、腫れたりしますが、心がどれだけ深い傷を受けたかなど測ることはできません。相手がどれだけ喜んでいるのか、悲しんでいるのか、顔の表情から読み解くことができたとしても それは読み解く側の技量にもよります。


だからこそ、「これを贈れば喜んでくれるだろう」と思うことは相手を信じ、自分を信じる境地にも似ています。「ありがとう」とう言葉はとても重宝な言葉です。「ありがとう」と言われて嫌な気持ちになる人はいないでしょう。贈り物も同じです。何かしら物を贈られて嫌がる人はいないでしょう。でも、その「ありがとう」の言葉はそれを発した瞬間に消えますが、贈り物は漢方薬のようにずっとその人の心に染み入ってきます。受け取った時は、「こんなものいただいて・・・」で終わるかもしれません。ですが、その贈り物を飾って眺めているうちに 贈ってくれた人との関係やその人の気持ちなど様々な憶測をするのではないでしょうか。そしてその憶測が温かい気持ちとなって、いつしか強い絆になって行くのだと思います。


ガラスに刻んだ文字は消されることはなく、あなたの相手を思う素直な心となってずっとカタチとして残るのです。「おめでとう」や「ありがとう」の想いをカタチに。多くの絆で結ばれる人生は、きっとあなたを幸せにしてくれることでしょう。(絆を強めるガラスのフォトフレームはこちら


商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地