若い二人を優しく見守って。

風薫る季節ですね。


山々に芽吹く新緑が山の緑のグラデーションを美しく彩り、普段 スマホやパソコンばかり見る目に癒しを与えてくれます。木々を間近で見るのも新緑の勢いを感じて清々しいのですが、遠目から見る山の木々はほどよくオブラートに包まれているようで、なんだかホッとします。


それは物事も同じことが言えるのではないでしょうか。何事もストレートに物事を見ることは大切ですが、時には少しオブラートに包むのも良いかも。特にこの春から社会人になった人たちには、寛大な眼差しを向けることも大人として必要な術かもしれませんよ。


結婚祝いの名入れガラスケース


今はインターネットの婚活が流行っていますが、昔は結婚に関してお見合いが主流だった頃もありました。当時は検索で人のことを調べるなんてことはできませんでしたから、それとなく知り合いの伝手で情報を得たものです。その際、あまり良い縁でなかった場合、「便がよくない」とただそれだけ相手方に伝えました。決してあれこれ詮索じみた会話はせず、便がよくないとだけ。


人は詮索したくなるものですが、なにもかもあからさまにしてしまっては風情がないというもの。人は成長するものです。当時はそうであったとしても数年すれば見違えるほどの立派な人になっている場合も多々あるのですから。中国のことわざで「男子三日会わざれば刮目して見よ」とうのがあります。3日会わないだけで、驚くほど成長していることがあるという意味。


人は成長するから面白い!出会った頃の二人も多々失敗を繰り返しながら、ステキなカップルになるようなもの。だからこそ、そんな二人をオブラートに包んで。そんな想いをこめて、ダブルハートのガラスケースをブラストしてみました。


春の嵐

3月の三寒四温が終わると、お決まりのようにやってくる春の嵐。


酷い時には交通機関に混乱を生じさせたり、建物の倒壊を引き起こしたりと、結構クセモノです。でも、春の嵐だけじゃなくて、地震や台風といった自然災害はなかなか防災できるものではありませんよね。それに交通機関や建物への被害もツライですが、農作物への被害も大変です。昨年二度に渡って北海道を襲った台風のために、ポテトチップスが販売休止となったり、収穫前のりんごが落ちたりと。一年を通し、手塩にかけて農作物を育ててきた農家さんにとっては、本当に哀しいことです。


どんな人にも良い時と悪い時があると思います。でも、悪い時というのは自らが招いた被害というより、何かを被った時の方が大きいと思うのです。地震や津波・洪水の被災地からの被害報告は単に「運が悪かったね。」で済まないほどの、痛ましい光景を目にすることさえあります。


明日も頑張るガラスケース そんな人生の一番悪い時は 食料品や日常品といった物資こそが支えになるでしょう。でも、物資が整った後の心のケアは、そんな疲れた心を支える言葉にあると思うのです。たった、一つの言葉が「明日も頑張ってみよう」と思える原動力になることだってあると思うのです。


そして、そんな言葉掛けは会ったこともないような偉人より 等身大の身近な誰かの方が嬉しいかもしれません。もちろん、有名スポーツ選手や憧れの芸能人などの言葉も 一瞬は嬉しいかもしれません。でも、そんな縁遠い人より 何かのご縁でつながって会話できる人の方が親身に自分のことを心配してくれていると実感できたりするものです。


運が悪い時とは、災害にあったなどの特別な時だけではなく、志望校に進学できなかったや交通事故に遭った、病気やケガをした、仕事が上手く回らないや人間関係が複雑など多岐に渡ることでしょう。でも、「あなたを心配している」の想いを伝えるだけで、その運の悪さを乗り越えて、明日を頑張る力が沸いてくるかもしれませんよ。まずは 誰かに伝えてみましょう。「あなたは私から大切に想われているのだよ」と。


おめでとうを形に。

遠く離れている友人にお祝いごとがあったら、「おめでとう」と伝えたいものですよね。最近では電話よりもメールやLINEといった相手の時間を選ばずメッセージを伝えれるツールがあるので、嬉しいお祝いを知ったその瞬間に「おめでとう!」の一言が伝えれるのは嬉しいもの。


例えば、同じ習い事をしているお友達のお嬢さんや息子さんの縁談が決まったや、同窓会で久しぶりに会った友人がママやパパになったなど、わざわざお祝いをするために駆けつけるほどの人ではなくとも、その吉報を知って自分の心がほんわか温かくなったことは、「おめでとう」の言葉と一緒に伝えたいものです。


おめでとうの贈り物


久しぶりに会う友人への贈り物や、習い事でいつも会う友人のお会いしたことのないご家族の方への贈り物は勇気がいるものです。「どうしていただいたのかしら?」や「お返しはどうしよう?」と逆に気を遣わすのではないかと贈り物をしたい気持ちがあっても行動に移すことにためらいを感じることもあるでしょう。


でも、そういった時は立場を逆に変えて考えてみてはいかがでしょう。自分の親と仲良くしてくださっているお友達からその家族のお祝いということでお歓びが届いたなら、戸惑いというよりもそれほど普段仲良く接してくださっていることを嬉しく、またそんな友人を持つ家族を誇りに思うことでしょう。そして学校卒業以来、何年も会っていなかった友人への贈り物は、会わなかった時間を越えて、お二人の友情の絆は深まるのではないでしょうか。もしかしたら その1つの贈り物がきっかけで、人生でかけがえのない深い友情の始まりになるかもしれませんよ。


贈り物をいただいて、気分を害する人はいないでしょう。もちろん、不相応なほど高価なものだったり、また心のこもっていない形式的な商品券などをいただくと戸惑うことはあるかもしれません。でも、人は人の中で生き、人同士の心のふれあいこそが人の心を豊かにしてくれます。なんだか、いろんなことに疎遠になっているなあと思ったら・・・思いがけずのサプライズギフトを誰かに贈ってみませんか。きっと自分自身が一番幸せな心になれるはずですよ。(気軽な贈り物なら かわいいガラスの小物入れを。)


商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地