イタリアガラスの旅(4/4)

さて、イタリアといえば、ローマにバチカン市国・・・名所旧跡が至るところにあり、また有名な絵画や彫像にも実際に出会える場所です。日本で有名絵画をみようものなら 長蛇の列に並んで、瞬間的にしか見れないということがよくありますが、イタリアも館内に入るまでは2~3時間待ちなどありますが 一度入るとゆったりと見ることができます。


ティツィアーノ・ヴェチェッリオのウルビーノのヴィーナス


複製じゃなくて 本物ですよ(笑)というぐらい名画が身近で、ボッティチェリの「春」や「ヴィーナス誕生」もお写真OK!でした。実はイタリアの美術館は長い間写真撮影が禁止されていたようですが、グッドタイミングなことに2014年秋からフラッシュ無しの撮影なら、ほとんど撮影可能でした。こういった配慮は見る側にとってとても嬉しいことですし、一段と作品にも興味がもてて幸せな時間でした。


普段から私は高価なものであっても 後生大事に棚に飾っておくより使うべきだと思っています。特にガラスは割れるから、という理由で高価なワイングラスなどコレクションボードに飾って、普段はリーズナブルなグラスで、という話をよく耳にします。やっぱり使った方がいいですよ。ワインの味が全く変わりますから。そして高価なモノを手にすると、やはり大切に扱うようになると思うのです。その所作はモノを大切にする心と動きを育てると思っています。ですから、何事も本物に触れることが大切なのでしょうね。


さて、そんなイタリアの旅も10月に入ると薄手のセーターが必要なほど寒暖の差が大きくなり、日本に帰る準備をするようになりました。いっぱい作ったつもりのガラスも多いようで少なく・・・それでも無事終了証書はいただくことができました。


終了証書


2016年秋に思うのは、イタリアに行ったことは私の人生において 貴重な財産となりした。また、今年は諸事情で絶対に一か月職場を離れることができず、イタリアなんてもっての他。すべてはタイミング。縁あっての短期留学でしたが、何事も思い立ったときがベストタイミングと信じ、これからも勉強していきたいと思います。


イタリアガラスの旅(3/4)

さて、イタリア滞在中 一番時間を長く過ごしたのはアンジェラ先生のガラス工房。その中でもイタリアらしいなあとおもったのがアンジェラ先生の作ったガラスアート


ガラスアート


先生にはアメリカ人の血も流れているのでポップなイタリアらしい鮮やかな色目感だけでなく、スタイリッシュなデザインも混じっていて 本当にステキです。単にガラスを載せて焼いているように見えるのですが これはこれでセンスがいる作品。焼いた時に色が変わったり膨張するガラスもあるので、それを計算しての配置は見事です。ヴェネツィアの多くのガラス作品にはヴェネツィアガラスを証明するがごとく、ムリーニを使用します。


ガラスアート


でもですね。私、実はそのムリーニが苦手なのです。基本的に濃淡のあるガラスは好きなのですが、細かな模様がどうも不得意。例えば、風呂敷の柄にあるような江戸小紋とかもダメなのです(笑。本当にアンジェラ先生の授業で教えてくださるようなポップでモダンな感じのフュージングガラスがとても好きで、古典的なガラスはちょっと苦手。トンボ玉のような細かな作業が好きな方は古典的なガラスがお好きなのでしょうね。こうゆう細かな作業が好きなイタリアのガラス職人の技を見ると日本人との共通点を多く発見することができ、面白く感じたりします。


一緒にガラスをしているトラビスさんはアメリカ人なのですが、アメリカではガラスはクラフトであり、ヨーロッパではガラスはアートだそうです。イタリアに行ったことで私が好きなガラスはアートよりもクラフトに近いものかなと再認識した次第です。


数多くのガラスを見ることで、自分のガラスに対する好みの輪郭が分かってきたのも今回のイタリア短期留学での大きな収穫でした。今の仕事であるサンドブラストはガラスの色のグラデーションを作るには最適な技法です。でも、その素材となる色ガラスは年々入手することが困難になってきてます。そういった意味でも、色ガラスの素材から作れるようになることが私の今後の目標だなと感じました・・・と、4/4に続きます。

イタリアガラスの旅(2/4)

日々 ガラスの美しさに圧倒される日々だったのですが、イタリアにきたからには必ず行かねばならぬ場所があります。イタリア北東部にあるヴェネツィアにあるムラーノ島です。ヴェネツィアはフィレンツエから特急列車のようなもので2時間かからずに行くことができたので、滞在中に3回訪問しました。ちなみにこの特急列車では、飛行機なみにジュースや軽食のサービスがでるのですが さすが中国人がおかわりを何度もしてるのには驚きました。また、日本によくある4人囲み席みたいな感じで お喋り好きのイタリア人は やたらと声を掛けてくれて りんごやオレンジをくれたり、「どこから来たのか?」と聞かれたり。ただし「ニーハオ」と声を掛けてきたイタリア人には丁寧に「こんにちは」と言い直しました。私自身もイタリア人とドイツ人の違いが分かるかと言われれば自信はないのですが、海外だからこそ「 Sono giapponese. 」(ソノ ジャッポネーセ)=私は日本人です を主張したいものですね。話が反れましたが ムラーノ島のシンボル。


ムラーノ島


ムラーノ島までは船で渡るのですが 桟橋まではすべてGoogle Map が連れて行ってくれますし、船の発着時刻も全部教えてくれます。おかげでヴェネツィア島内をガイド無しで好きな場所に行くことができました。また、iPhone片手のバックパッカーも多く、女性一人でもレストランもバルも問題なしです。イタリアはスリが多いという話をよくききますが、キチンと行動すればとてもフレンドリーで親日の国だと思います。ただ、金銭感覚だけはルーズなので(たぶん、計算が苦手で悪気はない)お釣りのないようにした方が、金銭トラブルも起こらないように思います。(少額なら小銭がないという理由で、お釣りがもらえない時もありますから)


ムラーノ島


ムラーノでは大きなガラス作品から小さなものまで様々。ミニチュアガラス細工のお店もあればガラス素材を扱うお店、ガラスの照明器具をつくるほどの大きなガラス工房もあります。有名なガラス博物館もあります。ついつい面白そうなガラスの本を買い込んでしまい、ガラスよりも本の方を多く買い込んでしまいました。でも、フィレンツエやミラノではお土産品らしいものが無いのでヴェネツィアやムラーノで買ったガラスはよいお土産になりました・・・と、3/4に続きます。


商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地