言葉の持つイメージ

カテゴリー: 日々のなかで
子供の頃、台風一過を台風一家だと勘違いしていました。大雨や暴風がセットでやってくるので、悪天候を家族に例えたのだと思い込んでいたのです。とてのほのぼのとしたネーミングだなと、結構大人になるまで思い込んでいました。同じような思い込みに、アジサイは6月に咲く雨の花というイメージがありますか?葉に斑(ふ)が入って、元気よく青空に向かうアジサイの葉っぱは雨空と無縁のようで元気いっぱいです。なので、言葉を音だけで、連想すると間違ったイメージを持ったりするものなのですよね。 紫陽花の花 仕事柄、ガラスという響きには「繊細で壊れやすい」というイメージがあると伺うことがあります。ですが、実際は簡単には壊れません。もちろん、床に落とした場合、割れたり、ヒビが入ったり、キズや欠けができますが、想像以上に丈夫です。ガラスは元々、珪砂(けいしゃ)という石砂を高温で溶かし、ドロドロにして作るものです。1000度以上の温度の中で形づくられたものは、その後徐々に冷却され、透明なガラスになります。冷却されたガラスは、砂やカッターで研磨されたり、もう一度火入れしたりして、ようやく出来上がります。強くなるように工夫されることで、コーヒーやお茶が飲めるガラスの器やお皿ができます。身近なものでは、高層ビルの窓ガラスや車のフロントガラスほど頑丈なものもありますから、ガラスが本当に「繊細で壊れやすい」かどうかは、ぜひとも疑ってほしいものですね。 ダブルハートのガラスケース 言葉から受け取るイメージはとても大切ですが、一番大切なのは印象ではなく、「そのものを見る」ことだと思うのです。例えば、いつもテキパキとした要領のよい女性も、影では、こっそり努力していることなどは彼女の発する言葉からだけでなく、行動や雰囲気で探る必要があります。また、6月といえば、ウエディングシーズン。結婚や婚約を照れてうれしさを口にすることが少ない一見クールな男性も、実はウェディングに向けてウキウキしているということもあるのではないでしょうか。「母の日や、父の日なんて興味ない」と言っているご両親も内心は、ワクワクとプレゼントを待っていたりしているかもしれません。言葉と思いは裏腹ということはよくあること。あなたの目は曇っていませんか?そこを見極めてこそ、大人というものです。まずは、いつも心近くにいるお父さまはあなたの目にどのように映りますか?よろしければ、こちらをご用意しております→父の日ギフト

職人であること。

カテゴリー: ガラス雑記 , 日々のなかで
私はお料理のなかで一番美味しいと思うのは、家族のために作る家庭料理だと思っています。それはお父さんが魚釣りに行ってグサグサになった身のお刺身であっても、子供向けの甘いカレーであっても、プロの料理人が作るお料理より家庭料理に勝るものはないと思うのです。 とはいっても、何度も魚釣りのお刺身ばかりであれば、煮つけや塩焼きも食べたくなるし、子供も成長すれば大人味のカレーが好ましく思うことでしょう。そのニーズを察知して腕を上げて行くのも家庭料理のプロといえるでしょう。そして、家庭料理は365日お休みがないということです。お料理が仕事ならば決まった休日がありますが、家庭では自分の気が向く、向かないに係らず、日々のワークとなっているのです。それは職人と似ているところがあります。 気持ちが集中した時に一気に作りあげるアーティストと違い、日々納期の追われ、毎日コンスタントに仕事をこなしていくことが職人には要求されます。かといって、前述したように、同じことばかりをしていたのでは自分自身も、また相手にも飽きられてしまいます。なので、少しずつでも腕を上げて行くという心構えがとても大切になります。 別に、そんなことどうでもいいや!と思ってしまうことは簡単です。ですが、上手になりたいと思う人しか向いていないというのも職人の世界ならではでしょう。 ガラスのカーネーション 今年から販売しはじめたガラスのカーネーション。数量オーバーで母の日前に完売しましたが、来年の母の日は今年以上の美しいガラスのカーネーションを作るべく、研鑚します(^^)v

時間を紡ぐ。

カテゴリー: ガラス雑記 , 日々のなかで
義務教育(中学校)が終わると高校では文系・理系・商業高校や農業校など、また大学ではもっと専攻が分かれて、音楽大学や芸術大学など、また文系・理系の一括りではなく、機械科や電子科、国文科や英文科など、それぞれに分かれて行きますよね。 例えば、仮に商業の道を選ぶとそこから工業への道への転身は難しいものです。ですが、職業として突き詰めて行くのではなく、自分の人生を豊かにする楽しみとして その道を歩むことはそれほど難しいことではありません。美術館や図書館など、美術館は芸大出身の方しか行かないという場所ではなく、好きも嫌いも視力さえあれば楽しめる場所ではないでしょうか。また図書館も、文芸好きでなくとも文字さえ読めれば 楽しく過ごせる場所ではないでしょうか。 私は根っからの文系ですが、美術館も図書館も大好きです。スキー場だって、テニスコートも好きです。なにが好きかって、描かれた絵を見て、そこから描いた人のストーリーを感じることが楽しいし、テニスだって、コートに立つ選手のそのメンタルを思うとどんなプレーにも拍手喝采を送りたくなります。人が介しているものは、その人の時間がそこにはつぎ込まれています。のほほんと自分が過ごしていた時間を、そのステージに立っている人は手間暇かけて紡いだ結果です。それは賞賛に価する価値だと思います。 私達の仕事は ガラス工芸なので一年のほとんどを、一日のほとんどをガラスのデザインや制作といった時間で費やして行きます。ですが、手工芸なので その作業は創造性やアイデアより技術の研鑽といったウェイトの方が高いでしょう。 自分たちが手を介したガラスが誰かのために役立つことは、自己満足のガラスを作るより意義のある仕事だ自負しています。そう思っているからこそ、休日は自分のためだけのガラスなどを作ったりもするのです。 ハッピープレート
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地