ガラスの猫

カテゴリー: ガラス雑記 , 日々のなかで

今や空前の猫ブーム!?

そんな理由からではありませんが 我が家のガラス猫をお披露目!!

ガラスの猫


このピンクのガラス猫は 昨秋イタリアに行った際、ガラスの島 ムラーノ島で買い求めたものです。あまりに我が家の猫と佇まいが似ていたのでサンタルチア駅の売店で見かけた時には絶対に買って帰ろうと。でも、ガラスの島 ムラーノ島に渡ったら この猫のシリーズがいっぱい。色はピンクがほとんどでしたが、大きさはバラバラ。たぶん猫好きなガラス作家の作品なのでしょうね。そして、たくさんのガラス猫の中から胴体と頭のバランスがうちの猫に似ていて、顔もなんとなく似ているこの猫を連れて帰ってきました。


せっかくなので もったいぶらず 我が家の白猫うーにゃんもお披露目しますね。
4歳の雄猫です。娘がこの冬まで育てていて その後を引き継いで育てています。ほんと、やんちゃで食いしん坊な猫です。

猫のうーにゃん


でもね。せっかくガラスを扱っているのだから、イタリアのガラス作家さんが作った猫にまかせずに、うーにゃんとよく似たガラスの猫を自分で作ろうと。桃の節句のシーズンにはガラスのお雛様、クリスマスの頃はガラスの雪だるまなど、丸みを帯びてぽっちゃりした形のガラスは吹きガラスの得意分野。

ガラスは吹く人間のクセや習熟度によって出来上がりが変わってきます。それでもイタリアのガラス職人よりうーにゃんに対する愛情は私の方が強い!いつか、おすまし顔のガラスのうーにゃんを作りたいなあと密かに計画中。


そして 実は猫のイラスト彫刻が多い当店のサイト。このガラスケースの猫たちもなかなかの人気ぶりです。(ガラスケースのキャッツ柄はこちら→)猫派のお友達への誕生日プレゼントや猫を育てているお友達のホワイトデープレゼントにどうぞ。

雪の日に。

カテゴリー: ブログ , 日々のなかで

西日本では数十年ぶりの大雪に見舞われた月曜日の朝。月曜日というのに、工房には定時になっても誰も来ない。そう、雪国の人から見ればビックリすることかもしれないけど、私の住んでる徳島では積雪数センチで車は往生し、あちらこちらで交通渋滞。普段路面が凍ることすらない道路で走っている人にとっては、ちょっとしたタイヤの滑りさえも恐怖なのです。


ある人にとっては当たり前のことでも、他人にすれば初めての経験、という話はよくあること。屋根の雪下しはテレビで見たことはあっても、実際の寒さや雪の重たさ、雪下ろしの道具さへ何を使えばいいのかわかりません。運転中のタイヤのスリップだって、スパイクタイヤとノーマルタイヤの違いさえはっきりしない私には スリップした後の車の状態は想像の世界でしかないのです。


これは天候に限ったことではなく、例えばパーティも同じこと。普段から結婚式やお祝い会など行きなれている人にとっては いつも用意している洋服に、いつものマナー、いつもの会話になるのだろけど、めったにないお呼ばれに行かない人にとっては、とても敷居が高い世界。何を着ていけば相応しいのか、テーブルマナーだって自信がない。知らない人と同席になっておしゃべりできるかな・・などなど不安が頭を過ります。


ですが、一度経験してしまうと それはもう不安ではなく話のネタになるというもの。北国の人にとっては屋根からの雪下ろしは日常茶飯事であっても、南国の人には武勇伝にさえなるものです。同じように 参加したパーティが如何にすばらしかったかを昨日の出来事のように鮮やかに語れたりするものです。誰だって最初は不安だけど 慣れてしまえば自信さえつきます。


誕生日プレゼントも 毎年誰かにプレゼントしている人にとっては恒例行事のようなもの。でも、とても素敵なものをみつけたとしても、普段からプレゼントをしていないと照れてしまったり 「気に入ってもらえるかなあ」と不安が先行します。ですが、プレゼントを贈らなければ その先に待っている相手の笑顔やあなた自身の満足感を得ることはできません。いつもお花や小物など 同じようなものばかりになっていませんか?たまには、名前入りのとっておきのプレゼントを。この贈り物でしか味わえない幸福の時間が待っていますよ。(降りつもった雪のようなガラスケースはこちら→


雪のようなガラスケース

ご両親も喜ぶプレゼント

カテゴリー: 日々のなかで

今日は成人の日。ご両親さまが用意された晴れ着を着て、成人式会場に向かう晴れかな姿を見るのはよそ様のお子様のことながら嬉しいものです。男の子は スーツ姿が多いので 自分で用意する部分も少ないでしょうが、女の子の和装となると大変。レンタル着物で手軽になったとはいえ、着付けや髪結いなどは夏や秋頃から準備されたことでしょうし、卒業式も兼ねて、振袖を作られたなら それこそ一大イベントだったことでしょう。


もちろん、そんな晴れ着姿をみて 一番喜ぶのは本人たちよりも親御さんではないでしょうか。その支度にいくら時間やお金がかかったとしても、お子様からの「ありがとう」の一言で報われるというものです。


健康で嬉しそうに笑うわが子の顔を見て それまでの苦労なんてどこかに行ってしまうというのが親心。子供が初めて振袖をきるように、相談された親だって始めての振袖用意だったりするわけです。無事に成人式会場に送り届けた時の安堵感といったら、自分が着の身着のままであったとしても、まるで自分がお式に参列するがごとくです。


そんな風にお子様を見送る親御さんは、年齢的にいうと結婚生活が20年以上経ち、会社や家族の中でも中心的な役割を果たす世代。子供からみれば まだまだパパ・ママかもしれませんが、世間からみれば立派な社会人です。


そんな親御さんに 子供としても、成人式のお礼や、またその普段の感謝の気持ちを記した贈り物を ご両親の結婚記念日やお誕生日にプレゼントしたいもの。二十歳といえば、まだ社会人になっていない人もいますから親の苦労などまだまだ分からない人も多いでしょうが、それでもこの成人式という一大イベントを通じて、何かしら思うことがあれば 言葉にしての「今までありがとう。」や、「これからもよろしくね。」の一言だけでもキチンと伝えたいものですよね。


親へのプレゼントは庭の花一輪だって、親にすれば嬉しいものです。ですが、晴れ着を着た最愛の子供の写真をポートレートとしてもらえたら、とてもうれしいものです。最近はスマホからLineで簡単に画像を送れたりします。ですが、二十歳を過ぎた今、大人として、ご両親へのお礼の品として名前入りのフォトフレームなら その写真も飾れるし 親御さんも大喜び間違いなしですよ。(詳しくはこちら→

二十歳のお礼に
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地