クリスタルのりんごに言葉を刻んで。

カテゴリー: クリスタルりんご

昭和の頃、青森のりんごを四国で食べることは難しい時代でした。長野や信州のりんごは関西でも手にいれることは容易だったそうですが、現在のように輸送路が確立できておらず、東北からのりんごは貴重品でした。初秋から初冬にかけて 青森を旅すると山々にたわわに赤く色づいた林檎をみてとても幸せな気持ちになりました。


青森りんご


さとうガラス工房がある四国も有数のみかん産地である愛媛県を始め、高知の文旦や徳島のはっさくなどオレンジや橙、黄いろのかんきつ類が山のあちこちで色づき、晩秋から晩冬にかけて山を賑わせます。でも、なぜだかりんごをみたときの気持ちと異なるのです。きっと それは葉の緑とりんごの色のコントラストや身の丈以上の巨木にたわわに赤く実るりんごを人が手でもぎとって行く姿とか いろんなことが加味されていると思うのですが それでも「禁断の実」といわれる所以は、実際にりんご狩りを体験すると分かるような気がします。


クリスタルりんご


そんなりんごをクリスタルガラスで作ったこのクリスタルりんごのガラス。きっとこうゆうガラスのオブジェはみかんやカボチャとかでもできそうなのですが(笑)神聖さを感じるかどうかというとりんご以外のオブジェはないでしょう。透明感あふれるクリスタルのりんごにあなたの言葉を刻んで、大切な記念日に贈ってみませんか?(おすすめのクリスタルりんごはこちら


名前入りプレゼントを誰よりも喜ぶ人。

プレゼントになる品物は世の中に星の数ほどあります。言葉一つとってもプレゼントになり得るでしょう。その中から贈る相手が喜びそうなものをチョイスするのですが、1つだけ選ぶ苦労は大変なものですよね。そんな中、一生懸命選んだ名前入りプレゼントが 気に入られなかったら・・・それはちょっぴり淋しいことです。


私自身、プレゼントを贈ることは好きで いろんな人にプレゼントを贈ります。会社設立10周年のお祝いに会社の名前をガラスに入れたり、馴染みの美容室の新装開店にお店の名前をガラスに入れたり、出産祝いに赤ちゃんの名前をガラスに入れたり・・・会社やお店だと宣伝になるし喜ばれますが、出産祝いは赤ちゃんへのプレゼントというよりご両親に向けてのプレゼントなのですが、非常に喜んでいただけます。


会社名やお店の名前を入れたガラスをプレゼントする相手は その設立者である名前の名付け親になるわけです。その名前に対しての思い入れは誰よりも強いといっていいでしょう。同じように出産祝いの赤ちゃんの名前入りプレゼントを受け取るご両親も名付け親です。これから世の中で頑張って生きて行く子供に心を込めて名付けた名前。それがカタチになってプレゼントされれば 喜ばない人はいないでしょう。


逆に、名前入りプレゼントを受け取って躊躇する人は自分の名前が好きでない人です。
少し古いですが こんなデータがあります (マイナビニュース


Q.自分の名前は好きですか?
はい……689人(68.9%)
いいえ……311人(31.1%)


約30%の人が「いいえ」と答えたにしろ、それなりに人は自分の名前を気に入っているようです。また、これは年代別の調査結果はないのですが、年齢が上がるつれて愛着を持ち好きなる傾向が強いようです。名前は 音で聞くとよくある名前であっても漢字にすると意外に少なく、同姓同名の人に合わなかったりするものです。なので、とてもオリジナリティを感じる。また、名付けられた理由を理解するにつれ一段と好きになる。


自分に名付けられた名前の意味をしっかり理解している人は 名前入りプレゼントを喜びます。そして 自分の名前が少数派の人も少数派故に、名付けられた意味を探り、自分の名前を気に入ったりするものです。あなた自身はご自身の名前の名付けられた理由をご存知ですか?名付け親に 名前入りプレゼントを贈って尋ねてみるのも 思い出深い日になるかもしれませんね。(出産祝いの名入れプレゼントなこちら→


名入れ出産祝い クリスタルりんご

娘から母親への退職祝い。

娘が母親を「スゴイ!」と心から尊敬するのは自分が子育てを始めてからではないでしょうか。それまでの母親に対する尊敬は 何かしら薄っぺらいものを感じますが 自分も母となって母親を一人の「母親」と認識した時こそ母親を「スゴイ!」と思うことはないと思います。


仕事と育児の両立をしている子育て中の母親にとっては、育児は常に未知数の作業でありながら、その経験者の母親が近くにいることはとても心強く思うものです。何事も実際に自分が経験しなくてはその大変さは想像でしかありません。ですが、一度経験するとその大変さを淡々とこなす姿は自分の母親といえども尊敬に値します。


平成26年内閣府の調査で共働き世帯は1000万世帯を超え、さらに増加中だとか。ですが、50代後半の女性では就業率はピーク時の半分になっています。どんなに忙しくても笑顔を絶やしたことのない母親の表情がふと曇ったり、元気いっぱいに働いていた母親がある日仕事を辞めたり。女性は孫が生まれる位の年齢になるになると、身体にも変化が現れ 疲れやすくなったり気分が移ろいやすくなったりするものです。退職するということは、子育て同様に、仕事を卒業した証なのかもしれませんね。


そんな時は女性同士、ゆっくりと昔話を聞いたり、温泉や小旅行にでも行って親孝行してあげたいものですね。でも、そんな時間が取れないのも現役共働き世代の実情かもしれません。ましてや離れて暮らしていればなお更のことでしょう。ですが、母親から「退職した」の一報を聞いたら、娘として何かしらのリアクションを。電話やメールで「お疲れさま」の一言を伝えることも大切ですが、所詮は消えてしまうもの。それよりもあなたらしさの何かを形にした贈り物はいかがでしょう。きっと、それを見るだけで元気になるというのが母親というものです。


母親への退職祝いに。
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地