消せないメールより、剥がせない付箋紙。

季節柄でしょうか。朝のワイドショー番組で今SNSで注目の画像として「しばらくは淋しいだろうけど、そのうち慣れるから・・・」といった走り書きのメモが。これは進学で親元を離れた娘に、引越しの手伝いを終えて自宅に戻る父親からのメッセージ。その言葉にひとしりき胸いっぱいになった娘がキッチンに立つと、次は母親がガス栓のそばに「ガスの元栓、閉め忘れ注意」の付箋紙。もう、親なら泣いちゃいますよね。


いまどき、そんな言葉はメールやLineで充分なのでしょうが、消せないメールより剥がせない付箋紙の方が ずっと想いが伝わると思います。我が家も子供たちは生まれたときからIHクッキングヒーターで育ったので「台所で炎をみたことがない」といい、一人暮らしになってから 初めてガスコンロを使わすことがとても不安でした。と、同時にそんな些細なことでさえ、「子育て間違ってなかったかしら」と不安になったものです。なので、お父さんからのメッセージもとても分かるのですが、お母さんからのメッセージには 本当に元栓が云々カンヌンというより、もっと深い意味があるような気がして思えません。


クリスタルりんご


そんな言葉の付箋紙がその後の彼女の生活の心の支えになって行くかどうか、それは分からないことです。もしかしたら、「そんな取り越し苦労を」と、一笑に伏されてしまうかもしれません。いえ、きっとそうなることの方が健全であり、親としても望ましいことだと思います。ですが、なにかの時に その一言が心を救うことだってあると思うのです。


子供と話していて いつも嚙み合わないのがお互いの記憶のピンポイントです。親としては忘れてしまっているような些細な会話を子供は覚えていたりします。例えば、台所仕事で忙しい時に背中越しに おもちゃをもってきて 「ねえ、みてみて」という子供に「お母さんは背中にも目があるから大丈夫。」と言い張ったことなど あまりにばかげていて忘れていましたが、子供心にはそういった会話の方が覚えているようです。


当たり前のことを当たり前に伝える。その手段や方法は時とともにメールやLine・SNSになってきているかもしれません。それでも手紙やギフトとして贈ることは前時代的であったとしても、いえだからこそ 効果的に伝えれると思うのです。あなたがちゃんと育ってくれてよかったと伝えておけばよかったと後悔する前に、伝えるチャンスの多い人生の節目時に。親から子供へ贈る贈り物。(実のあるりんごに想いを託して、くりすたるリンゴの贈り物。)


すくすくと育つ

雑草の季節です(笑。抜いても抜いても、勢いよく大きくなり その上根も深い。人も それぐらい困難なことに遭遇してもたくましく育ってほしいと願うものですが、雑草にとって 週末ごとに除草剤を撒く私は難事を越えて、悪魔かもしれませんね。


さて、2016年度の全国企業倒産数は前年度の比べ、3.5%減少。倒産件数の減少は8年連続で、今年は特に1990年度以来、26年ぶりの低水準だそうです。私がこの工房を立ち上げたのは1999年で、会社組織にしたのが2005年。おかげさまで12年ほど、世の中の荒波を搔い潜っております。


会社にした時は、書類1枚の提出で会社になるんだ~と、周りにスタッフもいなかったものですから気軽な気持ちだったのですが、なんやかんやと忙しくなって仕事を助けてくれる人が増えて。そうなると、そのスタッフたちのためにも会社を潰しちゃいけないなあと思ったり。子供と一緒で小さく産んで、大きく育てるのが人も会社も良いのかもしれませんね。


開店祝いに。


最近はお店を作るのも簡単になったようです。ネイルサロンやアロマテラピーなど美容や健康に役立つお店を始める女性は多いのではないでしょうか。小さいころから食に馴染み、良いものをみつければつい人に話したくなる、そんな好奇心旺盛で魅力ある女性のお店なら ずっと続いてほしいですよね。特に自分が馴染みで通っていたヘアサロンの美容師さんやネイリストのお姉さんが独立したなら、お店に足を運んだついでに開店祝いも届けたいもの。


実際にお店を始めると開業した記念日も忘れてしまうくらい忙しくなります。でも、その記念日を刻んだ記念品が手元にあったなら「ああ、自分ってこんなに長い間 頑張っているんだなあ」と、心の拠り所になるのではないでしょうか。もちろん、贈った贈り物がお店の片隅にオブジェとして飾られてあったなら贈った方も嬉しいですよね。お店を始めるのは簡単ですが、続けて行くことは大変なこと。その旅立ちの時に、頑張っての願いを刻んだガラスのりんごを贈り物にどうぞ。


こんなに待ち遠しいことはない。

春といえば新緑の季節。でも、このころの新緑で私が一番好きなのは紅葉です。


秋には、どっしりと手のひらのような葉っぱになるのに、今はほわほわの産毛が映えて頼りなく クシュッとした紅葉の葉っぱ。落葉樹は1年で芽吹きから落葉まで、その変化をまじまじと観察することができること。機会があればぜひ紅葉の新芽を探してくださいね。今しか見ることのできない紅葉の可愛さを堪能できるはずですよ。そして、そんな頼りなげな紅葉の新芽に出会うと 今から秋の紅葉が待ち遠しくなります。紅葉の木そのものは丈夫なので まず枯れる心配をすることはないし、養分だって樹木まかせで充分。ただ、その成長を見守るだけでよいのですから。


樹木は年単位でその変化を遂げますが、人はそうゆう訳には行きませんよね。数年かけて話すようになり、歩くようになり、知恵がついてきます。でも、樹木と同じように見守ることはとても大切なこと。「赤ちゃんが生まれたよ」の一報を聞いたなら、まずは「おめでとう」と伝えて、その後はともに成長を見守って行きたいものです。



出産のお祝いなどいうと 妙に「お母さんや赤ちゃんにプレッシャーを与えないかしら」と心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、人の成長を共に見守ることができるのは本当に幸せなこと。その事始めが「出産祝い」の贈り物ではないでしょうか。ベビー服や赤ちゃん用のお食事など、出産祝いも多岐に渡るギフトがありますが、名入れのガラス写真立てなら、赤ちゃんの時代を過ぎても使っていただけるはず。そしてなんといってもその醍醐味は、その赤ちゃんが大きくなって 言葉を喋るようになった時に、自分が生まれたときに贈ってくれた写真立てをみて、「ありがとう」と、赤ちゃん自らが言葉を発すること。


それはまるで長い長い夢物語のようなストーリーですが、そんな夢物語を築けるのも「出産祝い」を贈った人の特権。紅葉の葉っぱの新芽を春にみつけるがごとく、その成長を共に見守る出産祝いを誰かに贈ってみませんか。そしてその成長をご両親と一緒に楽しみましょう。(出産祝いにお薦めのフォトフレームはこちら


商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地