そもそものお話。(入門編)

縁あって、社会学部の大学生からの「ライフヒストリー調査」を受けることになりました。どうやら、職業や世代ごとに分類した数人にインタビューしてその会話と時代背景から人間像を探るらしい。あまりおしゃべりは得意な方ではないのですが、依頼してきたのが娘なものですから ふたつ返事で「ハイ」と。 そんなインタビューの中で 思い出したガラスを作るキッカケを忘備録としてここにも記載しておこうと思いました。もともと、美術大学出身でもない私がガラスを始めたキッカケ。思い起こしたのは27~8年前のことでした。自宅から車で5分程度の場所にガラススタジオができました。当時はまだバブル経済が色濃く残っている時代。大阪の大学を出て、地元の専門学校の先生をしていた私にとって、お稽古事を習うのは花嫁修業の一つのようなものでした。 そんな独身OLの実家の近くにできたガラススタジオ。気になって仕方ありません。いずれは習いに行こうと思いながら、バブル崩壊とともに仕事のできるOLよりも専業主婦への憧れが強くなり結婚・転職・出産・・・特に出産は習い事をする余裕を無くしてしまいました。転職先は塾講師だったので 大学卒業以来 誰かに何かを教えることは一貫できていたのですが、初めての育児は「子供が好き」というだけでは済まされない責任やらハプニングでキモチはいっぱい。そんなバタバタした中で あっという間に10年が過ぎました。 再び「ガラス」という言葉が頭を過りだしたのは 1997年頃。18年前に遡ります。自宅で学習塾を開いていたのですが どこかで子供だけでなく大人にも何か教えたいと思うようになっていました。じゃあ、何を教えようか・・・と、思いついたのが「ガラス」です。ずっと習ってみたかったガラス。まず自分が熟知しなければ人に教えることはできません。多くの失敗をし、それを語ることにより共に歩むことの楽しさは塾講師を長年やっていて充分にわかっていました。 よし、ガラスを習おう!と、思ったのですが、これも時代の流れというものでしょうか。インターネットとの出会いが塾講師からガラス講師を目指そうと思っていた私を、思いもよらぬガラス販売への道に向かわせたのです。販売編はまた書き連ねたいと思いますね。ちなみに近日公開、作家編もお楽しみに。
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地