初節句

カテゴリー: お気に入りグラス
お雛様のシーズンはなぜかしら心がピンク色になります(笑。きっと面倒なお雛飾りを毎年出してくれた、懐かしい子供の頃の記憶が蘇るからかもしれませんね。人は時として自分を慈しんでくれた人のことや時間を忘れてしまいますが、何かのキッカケで心に蘇ってくるものです。お雛様にはそんなパワーがあるのかもしれませんね。 お雛祭り お雛様に限らず 端午の節句やクリスマスツリー・鏡餅、最近ではハロウィンなど懐かしい記憶を呼び覚ましてくれるイベントは心がワクワクします。もちろん、バレンタインデーやホワイトデーなどは 嬉しい・楽しい記憶だけでなく、思わずすべてを忘れ去りたい記憶もあることでしょう。それでも記憶が残るほどの体験は 1年365日あっても、数えるほどしかないはずです。そして、その記憶も徐々に厳選されて行き、記憶が薄れて、最後はなんとなくうれしかった気分や哀しかった気分だけが そのイベントの名前とともに心のどこかに残っているはずです。 あなたには どんなお雛様の記憶が残っているでしょうか。男の子には縁遠い話しかもしれませんが、なんとなくソワソワした気分になったら 幼い時に女の子の家にお雛祭りパーティにお呼ばれしたのかもしれませんね。ママやパパにとっては 後片付けが大変だった記憶や おじいちゃんやおばあちゃんにとっては初孫へのプレゼントの記憶かもしれません。 日本人は言葉で感情を表すのが苦手な人種だと言われることがあります。でも そのかわり四季折々の行事やお中元・お歳暮のご挨拶など、コトやモノで 相手に「ありがとう」や「おめでとう」を伝えることが得意といえるでしょう。そんな優しい感情を「カタチ」に代えてみませんか。その感情はきっと 相手もあなたも優しく包み込むはずですよ。

学校生活の記念品に。

カテゴリー: 日々のなかで
最近多いご注文は、法人さまの退職祝いもさることながら、大学や高校のクラブやゼミ また恩師への記念品・後輩から先輩への思い出の品ではないでしょう。当店は個数は1つからでもオリジナル商品を注文できることもあり、ゼミやクラブのロゴマーク、また学校の校章なども学校に許可を得て利用される方もいらっしゃいます。 すでに社会人となって数十年経つと夏休みや冬休みの有り難さや休講のラッキー感は薄れてしまいましたが、それでも学生生活が終わる寂しさは 春一番が吹く季節になると心痛く思い出されます。私は大学を出てすぐに就職したのが学校だったので(笑)、毎年送り出す側の気持ちも経験してきました。卒業してから学校に遊びにくる新社会人たちが異口同音に「学生時代はよかった。」と言っていたのをつい昨日のことのように思い出します。きっと春だからでしょうね。 大学の4年間 時間に関係なく毎日のように顔を合わせていた友人たちとその後再会したのは ゼミの先生の退官式だけだったのではないでしょうか。今のようにLineやメール・携帯が普及していなかったからと理由づけすることは簡単ですが、実際は忙しくて「用もなく」連絡することが大人げないように思ったからかもしれません。 それぐらい、学生時代と違い社会人に成りたては目まぐるしく時間が過ぎて行きました。ですが、社会人になってからの1年~4年と大学生時代の1~4年は、その時の輝きがまるで違いました。今でも鮮明に思い出すのは大学生の頃の時間ではないでしょうか。それぐらい変わらず心の中で光り輝く思い出となっています。哀しいかな、大した思い出の品も写真もないですが それでも心の拠り所としてある大切な記憶です。 ですから、記念のお品は心を込めて大切にお作りしたいと心から思っているのです。そして自信をもって大切にお作りしたものだけをこの世に送り出して行きたいと切に思う日々です。

量稽古。

カテゴリー: ガラス雑記 , 日々のなかで
私は量稽古という言葉が好きです。とりあえず、数をこなすこと。そうすれば それなりに上達するという考え方。もちろん、すべてにあてはまるわけではないし、非効率的かもしれませんが 「継続は力なり」と同じぐらい信じている言葉です。 ですが、量稽古はウソだなと思うこともあります。それは文字です^_^;私は 謙遜ではなく「美しい文字」が書ける人間ではありません。会社の机の中にはこっそりユーキャンのペン字講座テキストを忍ばせるほど文字は不得意です。昔聞いた話に、人生で一番多く書く文字は「自分の名前」ということを伺った記憶があります。 話の筋から考えるなら、人よりも美しく「美冬」という文字が書けなければならないはずなのですが、バランスがいつも今一つです。ひらがなも「みふゆ」の「ふ」が特にバランスが悪い^_^;嫁ぎ先の苗字の「さとう」や「佐藤」が まだ均整がとれています。ですから、量稽古という言葉は好きですが 眉唾ものだということも薄々は感じています。 それでも、私は量稽古の効果は信じています。そんなことで心折れて書かなくなればますますバランスが崩れると思っているからです。だから文字に関していうならば、私は人よりマイナススタートなのかな(笑。それを克服するには名前を書くたびに「美しく書こう」と意識することだと思うのですよね。 どれほど文字を書いても「よいものにしよう」や「美しくみせよう」という意識がなければ、お稽古になりませんもの。ガラスを作る時も一緒です。たくさんのガラスを彫ることより、1つ1つを丁寧に作り上げてこそ、技術は上達します。それでも、その丁寧な作業を1日に1つと1日に3つでは やはり腕前には差がでることでしょう。私はそこが職人と素人の差かな などとも思うのです。素人の世界でもガラス工芸を嗜んでいる方は大勢います。寝食を忘れて制作されている方もいらっしゃいます。ですが、職人は毎日朝9時から5時まで コツコツと寝食をしっかりとりながら 作業として量をこなしています。ですが 少し甘えると「文字」を書くがごとく流れ作業となるのです。「よいもの」を作り上げるために 今日もコツコツ丁寧に作業に取り組みます(^^)v
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地