素材を知る。

菜の花をいただきました。食べちゃいましたけど(^^)v少し苦味のある春野菜を食べると、「大人になったな」と思います。わらびやぜんまいを、美味しいとは感じなくともあく抜きして食べる手間暇を愛おしく感じますし、白髪ネギやみょうが・シソをいただくときは気持ちにゆとりさえ生まれます。 小さい頃から好き嫌いの多い子供だったので、目に前に旬の食材をつかった料理が並べられていても 心の中で「ハンバーグの方がいい!」と思っていたものです。母親が新じゃがで肉じゃがを作っているときも その横で「カレー~カレー~」と、カレーコールを送り、食材そのものの味を無視したお子様メニューをリクエスト(笑。味などあまり気にしない子供でしたが、一人暮らしを始めて お料理の本を初めて手にした時に思ったのは 「美味しいそう!」より、「キレイ!」。なんとお料理のカラフルなこと。あの「美しさ」は衝撃でした^_^; 今でも私の料理の美味しさは 色のバランスで決まると思っています。例えば、パスタにモッツレラチーズを入れた時に溶けてしまったら美味しいとは思わない。白いお豆腐のようにモッツレラチーズが原型を残していれば美味しいと感じます。焼肉よりもステーキ。焼肉にはお肉を焼く楽しみはありますが、クレソンを一枝を添えられたステーキは格別。できることなら付け合せは 白いジャガイモに赤い人参を黄色のコーンも捨てがたい。 お野菜は彩のためだけでなく、お料理の味を引き立ててくれたり消化を助けます。子供の頃はそんなことなど考えずに お腹がいっぱいになることが最優先事項でしたが、いただいた菜の花を手にしたときも「菜の花を摘むのが大変だよね。お天気がいいとすぐに花が開いちゃうし。」と、年齢を重ねると余裕の発言ができちゃいます。そのモノのお味を舌で覚えて、収穫の風景さえ頭に描けるようになれば、自然と野菜への愛着も生まれるというものです。 私は、最初サンドブラストというガラスの加工から入りました。加工さえできればいい、それだけで美しいと思っていた時期もあります。でも今はその素材であるガラス素材の気泡やキズ・歪なども愛おしく感じます。それはそのガラス素材の作り手が どうしてそうゆう風になってしまったか想像することができるからです。逆に、どこで手を抜いたから、そうなったのかも想像がつきます。そんなすべてをひっくるめて 良いガラスを作れればと思うのです。(画像のガラスを使って作ったガラスは→こちらで、こんなものができるのです^_^;) ガラス素材
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地