猫になりたい犬。

カテゴリー: ガラス雑記 , 日々のなかで
我が家には猫二匹と犬一匹がいます。毎日あげるご飯を「エサ」と呼ぶと怒るみたいなそんな愛情たっぷりの飼い方ではなく、同居人的な飼い方です。愛犬マロンは2000年生まれなので もう14歳のウェルシュコーギー。中型犬ですから、人間でいうと76歳。ちょっぴりおばあちゃん犬です。 マロンは、昨年頃から腎臓を患ったり、皮膚病やらヘルニアやら 「痛い!」とは一言も言いませんが、お散歩を嫌がったり、ごはんを残したりして体調の悪さをアピールしてきます。でも、一番わかりやすいのは瞳です。ワンコ独特のあの訴えるような瞳で私を見つめてきます。(特に朝ごはんが遅れた時などは、ワンと言わずに、目をうるうるさせてきます。)その点猫は、気ままなものです。ピーチとレオという名前の二匹の猫たちですが、こちらもマロンと同じで人でいうなら80歳前後でしょうか。猫たちは年老いても あまり瞳をうるうるさせることはなく、日々ご機嫌伺いのように足元にすり寄ってきては、「遊んで~」とじゃれてきます。 よく人を犬派・猫派などと見立てることがありますが、私は完全な犬派です(^^)v正確には、「いつか猫になりたいと思っている犬」といったところでしょうか。犬や猫は人と違い、10年以上共に暮らしていても、それほど性格が変わることはありません。人は成長や環境とともに 本質的なところは残るけれど、それ相応に変わります。私は本質的なところで犬であり、猫の気ままさを欲しているだけど、手に入れることができないタイプなのです。だから、ピーチもレオも大好きだけど、マロンは愛犬マロンなのです(^_^) 人はないものねだりをするものです。それが自分に似合っているか 居心地がいいかは別として、まったく別のものを「嫌う」のではなく、て羨ましく思うものです。「いつも楽しそうな人はいいなあ。」「あんな風に気楽でいられる人はいいなあ。」他人と比べてみては、そう思うこともあるでしょう。私は、それを悪いことだと思いません。それは自分にその点が無いことを自覚しているのですから、自分をよく知っている人だと思うのです。 私は猫になれない犬だけど、猫は大好きです。自分にできないことを飄々とやり遂げて、それを苦ともしていない。だから猫はいつも傍らに置いておきたいと思うのです。。そんな猫も犬も大好きな私ですからワンニャングラスをこっそり、ひっそり販売していますご興味がある方は→こちら
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地