お気に入りを見つける

カテゴリー: 日々のなかで
テーブルウェアを集めることが趣味だと思うようになったのは最近のこと。それまで、食器は生活必需品であるからこそ こだわって当たり前と思ってたけど、実は自分のなかに必要以上のこだわりがあって探していた・・・と、友人と話していて始めて気づいた。 思い返すと テーブルウェアにこだわりだしたのは大学の授業で「人間工学」という言葉を習ったことかと。当時一組の「人間工学に基づいたデザインのカップ&ソーサー」をみて、それまでカップ&ソーサーって 「お茶が飲めればなんでもいい」と思っていた考えが一転した。 それ以降は テーブルウェアは気に入るのが見つかるまで探すようになった。理由は洋服などに比べて、テーブルウェアは価格がお手頃のイメージがあったから。そして毎日目にし、手にするものだから、気に入るものに出会うまでは買わないと。でも、「新しいカトラリーを探しているけどなかなかお気に入りが見つからない。」と友人に嘆いたら、そんなものにこだわっていたの?と・・・・(笑) カトラリー カトラリー(ナイフ・フォーク・スプーン)は陶器やガラスに比べて劣化も遅く ましてや毎日使っても欠けることもないので買い換えるチャンスは多くない。最初に買ったディナーナイフはヘンケルスで確か包丁と一緒に購入。その後、包丁は何度か買い換えたけどディナーナイフはそのままだった。次に買ったのはCutipol(クチポール)のカトラリー。これは洋食器を買い求めた時に購入した。まっ、ちょっと大きめだけど 真っ白の大きめのお皿にはよく似合うのでお気に入りに。そもそもCutipolのディナーナイフといっても2000円程度。耐久年数と使用頻度からいえば贅沢品というものではない。それでも気に入ったカトラリーが見つかると嬉しくなる。 最近 真っ白の大きめのお皿より土の香りのする和食器に興味がでてきた私としては、そのキラキラとした大きめのCutipolのスプーンが眩しすぎるようになってきた。そこで見つけたのが燕振興工業のgrafシリーズ。今までディナーナイフって洋食器だったから海外製品でなくちゃ、という思い込みがあったのだけど 少し大きすぎて使い辛い一面もあった。ところがさすが日本製。ちょっぴりこぶりのあたりがお箸と一緒においても違和感なく、マッドな感じも土モノの食器によくあう。また海外製品と比べて明らかに「和より」な感じがかわいい。 そして、このgrafシリーズをデザインされた会社はその名前のとおりgrafで中川政七商店さんなどの店舗を設計されているデザイン事務所だった。たったい1本のカトラリー探しに始まって和のデザインの会社に行き着くとは・・・なんだかおもしろいことになりそうな予感。
商品で選ぶ
商品一覧より
お選びください。
目的で選ぶ
お祝いごとやイベントで
お選びください。
予算で選ぶ
ご予算から
お選びください。
工房紹介
工房紹介
日々、たくさんのガラスたちが生み出される工房をご紹介します。
会員登録
会員登録
会員様だけのお得な特典満載!
登録・年会費無料!
初めての方へ
初めての方へ
さとうガラス工房がもっとも大切にするガラスに込めた5つの想い。
ガラスエッチングについて
初めてのエッチングギフト
職人が真心込めて、お名前やメッセージ、記念日、装飾を刻み込みます。
サンドブラスト製法について
サンドブラスト製法について
サンドブラストの工程をご紹介します。

さとうガラス工房

ご注文専用ダイヤル
0120-992-489
何を贈っていいか分からない方や お急ぎの方はご注文専用ダイヤルをご利用くださいませ。
専門スタッフがご対応します。
E-mailもありますので、そちらもご利用くださいませ。
E-mail
info@satoh-glass.com

はお休みです。
ご注文は承っておりますが、発送作業・入金確認・メールでのお返事はお休みとなります。

定休日
土曜日・日曜日・祝日
営業時間
平日 9:30~16:30
運営会社
有限会社 アートギフト
主宰
佐藤美冬
TEL
088-695-4489
FAX
088-695-4489
所在地